「夜空。揺れる炎」

世界一周219日目(2/2)

 

ネパールの
朝は寒い。

IMG_4154

 

 

ちょっと早起きしたところで、
ベッドから出る気にはなれない。

今眠らせてもらっている部屋は
ビジェイのお父さんと一緒の部屋。

ここに来てから特にiPhoneのアラームを
かけるようなことはしていない。

ビジェイ一家と同じ生活リズムで
僕の一日が始まるのだ。

 

 

起きたのは10時前。

あれ?みんなと一緒の
生活リズムはいずこに?

や!ちょと待って!
弁解させて欲しい!

IMG_4166

 

ビジェイ家のご飯のボリュームは
かなりのもんなのだ。
ガッツリレベル。

IMG_4162

 

 

僕の一日の食事量の半分くらいはある。
それにビジェイの食べるスピードは
かなりのものなので
僕もそれに負けじとガツガツ食べる。
もちろん美味しい♪

それに
一日に4回くらい出される
甘いブラックコーヒー。

大きなマグカップに並々と入っている。

 

貧乏性の僕がめちゃくちゃ喜んだのは
言うまでもない。

 

まぁー…
何が言いたいかと言うとですね、

 

食べ過ぎです(笑)

 

『やべえ…
朝メシ喰う気しねえ…。
寝よ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブラザー!
(時々ビジェイは僕のことをそう呼ぶのだ)
今日は歩いて15分くらいの
妻の両親の家に行こう」

IMG_4148

 

 

ビジェイのうちの裏には
小さな家庭菜園がある。

 

「貧しかった頃は
ここに家が建っていたんだ。
トイレなんてこれさ」

 

と言って菜園にある
こじんまりとしたトイレを指差すビジェイ。

一念発起、マレーシアへの出稼ぎの末、
DXNというグローバル企業に
就職することができたビジェイ。

めちゃくちゃ頑張ったんだろうな…。

 

 

 

インド人顔のおっちゃんと立ち話。

IMG_4137

 

 

こういうのを見ると
小さなコミュニティの繋がりを感じる。

「立ち話もなんだから、
うちでコーヒーでも飲んでいってくれ!」

そういって不動産業を営むおっちゃんの家で
コーヒーをごちそうになった。

ここに来てから
コーヒーめちゃくちゃ飲んでるなぁ…。

IMG_4139

 

「彼もね、今の職に就く前は
色々な仕事を経験してきたんだよ。

そのどれもうまくいかなかったんだけど、
今はこうして不動産業で
暮らしていけるようになったんだ」

ビジェイもそうだけど、
さっきのおっちゃんも
ガッツのある人だったんだ。

その優しさは今まで
くぐり抜けて来た苦労によって
培われたものなのかもしれない。

IMG_4141

 

 

 

 

畑のあぜ道を通り抜けるのは
ちょっとしたアドベンチャーだ。

IMG_4142

 

 

僕の母親の実家を思い出す。

埼玉県、籠原という小さな町。
小さい頃、畑や田んぼで
ザリガニ釣りして遊んだ。

 

ビジェイの奥さんの実家で
クッキーを食べながらサッカー観戦した。

IMG_4146

 

 

今回ごちそうになったのは
ジンジャー・ティー。
飲み過ぎるとトイレに行きたくなる(笑)

奥さんの実家のみなさんも
ニコニコして温かく僕を迎えてくれた。

IMG_4145

 

 

あぁ、なんかこういうのいいなぁ。
「家族」を感じる。

ガキの頃はそういう親戚同士の付き合いが
退屈に感じたけど、今はその良さも
理解できる歳になったのかもしれない。

 

インドに来る際に一緒になった
ビジェイの義父さんと。

IMG_4151 IMG_4157

 

 

分かりやすくネパールの言葉で
何かを僕に説明してくれた
みたいなんだけど…

ネパール語は
さっぱりわかりません。 

みんな爆笑してた(笑)

IMG_4155 IMG_4158

 

 

 

 

 

「午後からは
ネパールガンジにあるオフィスに行くけど、
ヨスケはどうする?」
ちなみに僕の名前は「陽介(ようすけ)」だ。

「僕は絵を描くよ」

「そうか。
それじゃあ僕は3時か
4時には戻ってくるから」

 

そう言ってビジェイは
僕に作業場を与えてくれた。

IMG_4188

 

やっぱり僕はお金のことを
どうしても考えてしまう。

使わせてもらっているベッドは
本当は家族の誰かが
使っていたものなのだろう(実際そうだと思う)とか。

毎日の食事とコーヒーは
やっぱりどこからか
買って来ているんだろうなとか。

そういうにに対して、
お金のやり取りは発生するものだろうか?

たまたま国境で会った日本人に
ここまでしてくれるホスピタリティーは
どこからやって来るんだろう?

 

だけど、僕にはそんなに
沢山お金を払うことはできない。

「ありががとうございました。はい5千円♪」
みたいにね。

 

 

 

自分にできることー。

 

 

 

作業机に向かって
ビジェイの家族の絵を描いた。

寒さで鼻水がしょっちゅう出るし、
かじかんだ手で上手く線を引くことはできない。

描かないスパンが空いてしまうと
やっぱり下手になる。

日本から持って来た限られた数の色ペンでは
表現できないところもある。

 

できあがった絵は漫画家としては
アレなレベルだけど、温かさは描けた。

IMG_4190

 

 

返ってきたビジェイに絵をプレゼントした。

「おお!サンキュー!」

喜ぶビジェイ。

 

そのワンフレーズで僕は嬉しいんだ♪

IMG_4198

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『さてと、
ブログの下描きでも
しましょうかねぇ…』

とパソコンを広げて
しばらくすると
ヤツが来た。

IMG_4175

 

 

ダッシュでトイレに駆け込む。

 

原因は分かってる。

 

 

 

食い過ぎだ(笑)

 

 

 

これでも7ヶ月いろんなところ
を旅してきたんだ。
どうして自分が今こうして
「はうあっ…」ってなってるのか分かってる。

中国でメシの上手さに
一日5食くらい食べていた時のあの症状。

あの時はー…そうだな。
一日アイス5本くらい食べてたね!
おかげで4キロ太ったんだった。
今は体重計に乗ってないから分かんねーけど。

 

とりあえずインドの下痢止めを
半錠噛み砕いて飲んだ。ベッドに横になる。

 

「おーい!ヨスケ。
奥さんの実家に行こう!」

「うっ…うん!
その前にー…
トイレ行っていい?」

 

 

 

寒空の下、
バイクに二人乗りして
電灯のない夜道を走る。
星と月が見えた。

「ビジェイ、
僕は奥さんの実家に行けるけど、
メシは喰えないから!」

 

 

 

停電でロウソクの灯る真っ暗な家。
家の裏でみんながたき火を囲んで
楽しそうにしている。

IMG_7716

 

 

「ネパールではね、
この季節こうして食事の後に
みんなでたき火を囲むんだ」

「へぇ…」

 

パチパチと音をたてて燃える
薪とゆらゆらと揺れる炎。
炎を見てるとどこか落ち着いた。

 

「ヒンドゥー教ではね、
炎は神様の力が宿るとされているんだ。
人は生まれた時に火の温かさを必要とし、
人は死んだ時に火を必要とする。
だから食べ残しとかは
火にくべたりしないんだ」

 

おじいちゃんが乾燥した
トウモロコシの芯を
持って来てそれを火にくべた。

 

「こうやって食べ終わった後も
燃料として使えるだろ?
それに灰は肥料になるんだ」

 

ビジェイの家庭菜園もオーガニック。
化学肥料は一切使っていない。

日本で時々耳にする僕は、
遠くは慣れたネパールで
体験することになったのだ。

IMG_7719

 

 

 

 

「ほら、お食べ」

おじいちゃんが次に持って来たのはターリー。
じいちゃんにも食べれないって言ったのに…。
いじめか!!!?

 

「び、ビジェイ、僕、
これ以上食べれないって言ったー…

うえっぷ…
気持ち悪くなってきた…」

 

そのままビジェイの奥さんの
実家のベッドにダウン。

20分ほど休ませてもらって、
ビジェイの家に戻った後、
歯を磨いてソッコーでベッドに横になった。

——————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

でもさー、やっぱ家族ってあったけーわ。いつかは僕もー…。

 

「仕事は何してるの?」と尋ねられる度に、僕はよくこう言います。

「僕はプロの漫画家じゃない。アマチュアなんだ。
だから No job. No money. No honeyさ! 」

そんな旅する漫画家に明るい未来はあるのかぁあああああ!!!???

 

その勢いでポチダァあああ!!!
ページの読み込みが完了するまでおとなしく待ってるんだぞぉ~!
そうしなないとポイントが入らないからね!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
★相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」も

「イイね!」しちゃいな~!

★ちょーし乗ってさーせん、Twitterもやってました。
アカウント名前は「indianlion45」ですぅ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です