「逢いたかった。君に」

世界一周485日目(10/26)

 

 

周りがフェンス
で囲われ、

それでいてちょっとアクセスしにくい
小山の上にある遊具の脇。

 

 

それが昨日僕が選んだ
テントの設営場所だった。

IMG_8697

 

 

 

人が来ないという意味では
ベストなチョイスだったが、
地面が少し斜めになっておいり、

 

 

あぁ!もうッ!
なんで寝れねえんだ畜生!

 

 

それでも昨日みたいに
警官に起こされるのはもうこりごりなので、
8時前には撤収した。

 

 

 

 

ここはオランダ、アムステルダム

向かうはハーグ

IMG_8701

 

 

 

 

僕はハーグまで
ヒッチハイクで向かおうとした。

IMG_8702

 

 

 

だけど、朝8時の郊外を歩いていて
その静まった感じに先行きが不安になった。

オランダの人たちは
ヒッチハイカーには優しいようだが、
肝心の車が走ってなけりゃあ…、

どうなのだろうか?

 

 

ヒッチハイクのポイントまで
30分以上かけて歩いて向かった。

そして辿り着いた場所は

 

 

 

 

 

只今絶賛工事中。

IMG_8706

 

 

 

はぁーーーーー…、

 

 

もう、うんこしたいから電車で行こっと。

 

 

 

 

ハーグまでは11ユーロだった。

IMG_8709 IMG_8710

 

 

 

電車は30分ほどでハーグに到着した。

これだったらヒッチハイク
しなくてもよかったかもな。

それにオランダって
そこまで電車の料金が高い気がしない。
ドイツやイタリアに比べたらだけど。

IMG_8712

 

 

 

朝の目覚めのコーヒーが飲めないものかと、
駅構内で一番最初に見つけたキヨスクみたいな場所で
2.1ユーロ(287yen)のコーヒーを買った。

値段の割にはそこまで容量もなくて、
紙コップに入ったシロモノだった。

そしてふと後ろを振り返るとスターバックス。

1.9ユーロでもっと美味しくて
たっぷり入ったコーヒーが飲めたのに…。

この20セントの差は
何から生まれるんだろうと考えてしまう。

 

お店のお姉さんが言っていた
「have a good day」の分だろう。
そう思うことにしよう。

 

 

 

駅構内にそのようにある
ライバル店のベンチに座って
僕はさっき買ったコーヒーをすすった。

IMG_8717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここへ来たのは

 

 

“会いたい娘”

 

 

がいるからだ。

IMG_8737

 

 

 

 

僕はずっと彼女を知ってるけど、
彼女は僕のことを知らない。

わざわざ日本から会いに来るなんてさぁ?

一途だなぁ、おれ。

 

 

 

マップアプリを頼りに進んで行った。

彼女は美術館にいる。

IMG_8734

 

 

 

僕は昔っから彼女のことを知っていて、
彼女が出ている映画を弟のトシと一緒に観た。

マウリッツハウス美術館のチケットは
14ユーロ(1,916yen)。

バックパックとギター、サブバッグも
預けなければ中に入ることができない。

受付のスーツを来たオランダ兄さんの表情からは

『オイオイマジかよ。
なんで美術館にバックパックで来るんだよ??!!』

というのが表情から読み取れた。

「ゴメン、このあとすぐに
電車に乗らなくちゃいけないくてさ、
チェックアウトしちゃったんだよね」

どーでもいい嘘をつくが、
オランダ兄さんの耳には届いていない。

 

 

午前中の来館だったので、
美術館はそこまで混み合ってはいなかった。

IMG_8729

 

 

 

それでも僕の他には観光客の姿があったし、
絵を見るためには並ばなくてはいけなかった。

浪人時代に世界史を選択したおかげで、
美術史なんかも勉強してきた。

そこで幾度となく世界中の名作の名前と
作者の名前を頭に詰め込んだ。
今ではもうすっかり忘れてしまったけどさ。

大学の一般教養の授業でも
美術史を一度だけ選択したことがある。

教養レベルになると、
複雑過ぎてもう誰が何を描いているんだか
さっぱりだ。

それでも、あの暗い講堂で
プロジェクターに映し出された絵画を
今自分が見ることになるだなんて思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「真珠の首飾りの少女」

IMG_8728

 

 

 

は見たかった絵の一つだ。

フェルメールが描いた作品。

映画はどこかの病気みたいに
色の白い女優さんが(まぁ、きっとメイクだろう)
フェルメールの家で働く下女を演じていた。

一体どれくらいの人が
彼女の前に立って写真を撮っていったんだろう?

 

 

館内で写真撮影をしているのは
日本人か中国人くらい。

欧米人はここではほ
とんど写真を撮っていなかった。

それは作品に対する
リスペクトの形なのかもしれない。

 

 

だけど、この絵の前では違う。

どうせここで写真を撮ったところで、
ネットや資料集の方が綺麗な画像で
絵を見ることができるってのに、
なんで人はこの子の絵を写真に撮るのだろうか?

 

 

 

暗闇に浮かぶ、ハッとさせるような女性の絵。

世界中の人から愛されるいい女。

僕は彼女に会いに来たのだ。

 

 

 

絵の正面にあるソファに座って、
入れ替わる人の背中越しに
彼女のことをずっと見ていた。

IMG_8731

 

 

 

さてと、そろそろ僕も行くか。

バイバイ。また、どこかでね。

 

 

 

 

 

ハーグの街で
バスキングをしてみようと思った。

IMG_8746

 

 

 

アムステルダムはかなり厳しいのは、
あの街が自由を謳っているからだろう。

決められたルール内での自由。

だから、勝手にバスキングなんてやると
罰金をくらうのだと思う。

 

 

だがここはハーグだ。

あそこほど厳しくはないに違いない!

しゃーーーーっっっ!!!やったらーーな!

 

 

街はバスキングしやすい路地があるだけでなく、
僕の他にはバスカーの姿はなかった。

もはや敵なし!

だけど、初めてバスキングする国では
どこか緊張する。

この国の人たちのレスポンスは
どんなものなんだろうか?

IMG_8736

 

 

 

よさそうな場所を見つけると、
反応を確かめるようにバスキングをしていった。

「うるさいからここでやってくれるな」と
ストップがかけられたり、
自分からどこでやっていいのか訊いてみたり。

 

 

そんな感じで移動を繰り返し、
ショッピングストリートを一本抜け、
誰からも注意されない場所に行くと、

IMG_8741

 

 

 

久々に感じる手応え。

 

 

そして僕は新しい技を身につけた。

カズーという声帯を震わせて
ファニーな音を出すおもちゃみたいな楽器を
持っていたのだが(お値段なんと3ユーロ)、

演奏のさなかに口にくわえると、
曲がぎこちなくなってしまうのだ。

 

 

だが!

僕の編み出した技は
ピックを持つ右手の指の間に挟み、
アップストロークとともに口にくわえるとうもの!

ガキンチョのウケはいい!

それに自分のパフォーマンスにも幅が出た。

やべぇ…!!!これは来たよ!

 

 

ハーモニカとかは吹けない代わりに、
カズーで出す音を増やす。

ハーグの街のみんなが
ニコニコしてコインを入れてくれた。

合計5カ所くらいで
バスキングをやっただろうか?

夕方になってパフォーマンスを終了し、
コインをかき集めると、久々に
「ずしっ…」という感じがした。
うへへへへ…。

IMG_8757

 

 

 

 

さっき、小腹を満たすために
入ったケバブ屋で
アガリを集計したのだが、

44ユーロ手元にあった。

食費に加え、毎日コーヒーを飲み、
カフェに行く僕にとってはありがたい収入だ♪

IMG_8753

 

 

 

 

いつものように寝るまでの時間は
マクドナルドで過ごした。

20時になり、少し早めの
二階のフロアが閉まる時間になった。

IMG_8759

 

 

 

とりあえず僕は荷物とともに外に出た。

今日、バスキングができなかった
ショッピングストリートを歩いていると、
夜のアーケードで二人のバスカーが
ギターを弾いていた。

IMG_8762 IMG_8764

 

 

 

僕は20セントほどコインを入れ、
演奏を聴かせてもらった。

静かなアーケードに唄が気持ちよく響いた。

 

 

「このあと21から近くのバーで
セッションがあるんだけど、見てくかい?」

「うわッ!なにそれ!
超面白そうじゃん!
行くよ!行く行く!」

 

 

ははは。

まったく一日の最後の最後まで
何があるかなんてわからないもんだぜ。

それに自分も路上で
ギター弾いているからこそのつながりだな。

ハットをかぶった一緒に
スタンバイミーを熱唱すると、

どこからともなくアジア人の
ちっちゃい子供がやって来て、
二人の演奏にノり始めた。

IMG_8761

 

 

 

こんな小さな子供でも音楽にノれるってー、

うんうん。君はわかってるよ!

 

 

だが、いつまでも二人の
パフォーマンスは続かなかった。

 

 

 

 

「うるせぇぞ!
さっさとやめねえか!」

 

 

近くのバーのマスターが
鼻息を荒くして苦情を申し立ててきたのだ。

二人の曲は全くうるさい選曲じゃない。

どこか心に沁みるのびやかなものばかりだ。

 

 

「そんな!いつもここでやってるけど、
うるさいだなんて一度も言われたことないですよ?」

「うるせえったらうるせえんだ!
次やったら警察呼ぶぞ!
ファックオ~~~フッッ!」

「あぁ!てめえだよ
ファックオフなのは!」

 

 

どちらの会話も英語だった。

 

 

「残念だったね。
全然うるさくないのに…」

「あぁ、全く分からないよ」

「今日はもう行くよ。
これ、いい演奏だったぜ!」

 

 

僕はそう言って1ユーロと
小銭をギターケースに入れた。

 

 

「オイオイ!いらないって!
むしろこっちが2ユーロ渡すよ!」

「いや意味わかんねーって!」

 

 

なんだこのお金の譲り合いは…???

 

 

「実は今日のお昼に
この近くでバスキングやらせてもらったんだ。
だから、僕は君らからコインを
もらうことはできないよ」

「そうか。
だけど、この1ペンスはもらってくれ。
君の幸運を願って!」

「サンキュー!」

 

 

真夜中の粋なバスカーとハグをして別れた。

 

 

 

そして余った時間は
ケンタッキーでコーヒーをすすりながら日記を書いた。

今日の寝床は静かな公園。

つい先日まであんなに寒かったのに、
今日は意外なほどに温かかった。

IMG_8774

—————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

絵も見れた。バスキングもできた。
素敵な出会いもあった。

もうこれ意外に何を臨もうか?

求める物はシンプルでいい。
心の豊かさは自分次第。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

IMG_8771

カエルダッシュさん用に絵も描いたことだし。
満足満足。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です