「ここはインドであり、インドではない」

世界一周250日目(3/5)

 

ダージリンから
ジープに揺られること約2時間。

IMG_2164

 

 

僕がやって来た最初のシッキムの町は
Jorethan(ジョータン)という町。

IMG_2178 IMG_2180

 

 

 

ここへ入る前、検問のような所で
ジープを降ろされてパーミットと
パスポートをチェックされた。

シッキムはインドの
自治州として存在するエリア。

繰り返すようだけど、ダージリン以降、
インドっぽさを感じない。

 

「ヘイ!フレンド!
トゥクトゥク!

ノーマネー!チープ!」

なんて声をかけてくる客引きは皆無だし、
人は穏やかだ。

ここにいる人たちの顔は
僕たち日本人のものに近い。

山の上にあったダージリンは
けっこう寒かったけど、
山から降りて来ただけで
かなり暖かくなった。

 

たまたまジープで乗り合わせた
見ず知らずのおっちゃんが、
僕のシッキムでの旅の予定や
ルートを聞いた後、僕を近くの
ホテルまで案内してくれた。

おっちゃんは僕をホテルの前まで
連れて行ってくれた後、
「それじゃ♪」という感じで
サラっと去っていった。

優しいぞ!

IMG_2197

 

そして宿のスタッフに至っては
「ここよりも、向かいのホテルの方が安いよ」
と僕に教えてくれたのだ。

商売敵じゃないのか?
(ちなみに、ここの宿は400ルピー(659yen)だった)
これがシッキムなのか!!??

向かいのホテルのシングルルームの料金は
200ルピー(329yen)。
は、半額じゃないか!

案内された部屋はベッドに
簡易テーブルに薄暗いライトがひとつ。

まぁ、典型的な安宿ですね…。
安いんだから文句は言ってらんない。

IMG_2166

 とりあえず併設のバーでスプライトを(笑)

 

 

 

 

 

軽量化した
バックパックを置いて、町を散策した。

分かったことは
この町がとっても小さいってこと。

30分もあったら
一周できてしまうんじゃないか?

 

町には似た様な売店がいくつかあって、
バザールのある通りにいけば
モモやチョーメンが食べられる。

IMG_2187 IMG_2194

 

 

酒屋さんも何軒かある。

そうだった。
シッキムはお酒の販売/製造を
認められていたんだったね。

 

また、タバコを売ってる場所は少なく感じた。
売店によっては「No Smoking」と書いてあったり、
禁煙を訴えかける張り紙をよく見かけた。
ここにいたら喫煙量減るな。

IMG_2170

 

 

少し驚いたのは
ごみ箱がいくつもあるってことだ。

IMG_2177

 

 

インドではポイ捨ては当たり前。
もはや文化と言ってもいい。

東のコルカタから、
インドの南や西を旅して来たけど、
どこもかしこもごみだらけだった(清掃員もいたけどね)

 

だけど、ジョータンは
こんな小さな町だっているのに、
歩いているだけでごみ箱を
いくつも見つけることができる。

IMG_2173

 

 

「シッキムを、
ジョータンをクリーンに!」
なんてメッセージの書かれたごみ箱や

「Use Me!」
なんて書かれたごみ箱がいくつもある。

そうそう。バザールの露店の前には
使い終わったバナナの葉で作られた
お皿を捨てる段ボール箱が置いてあるんだよ。
それもひとつの露店につきひと箱。

IMG_2189

 

 

たまたま見つけた
ツーリスト・インフォメーションで
シッキムの地図をもらった。

シッキムの観光名所からトレッキングルート、
町から町の距離が書かれたクオリティの高い地図。

 

「それ何?」

「え、ギターだよ」

「ちょっと弾いてよ」

 

ツーリストオフィスのスタッフたちに
リクエストされて、数曲唄わせてもらった。

オフィスにほどよく音が反響し、
いい気持ちで唄うことができた。

 

 

外では何かのデモが行われていた。
この町の規模を考えれば沢山の人だと思う。
みんなそれぞれにプラカードを掲げて、
何かを訴えている。

 

この町でよく見かける赤、黄色、青の傘マークと
「SDF」と書かれた政策ポスター。

英語で書かれた文章を読むと、
リーダーシップがどうとか、
シッキムをひとつにみたいなことが書かれていた。

 

小さなエリアだ。

州をまとめるのも大変だし、
同じ場所に住んでいる人の間に
軋轢も生まれるんだろう。

彼らはシッキムをどのようにしたいのだろうか?

IMG_2191

 

 

 

 

 

 

近くにある
お寺に行ってみた。
お寺まで急な階段が続く。

IMG_8067

 

 

そこでは猿がはばをきかせていた。

お寺から生えるバナナの木には、
猿たちがバナナを取りやすいように
竹の棒が添えてあった。

IMG_8072

 

 

猿たちはやって来た僕を見ると、
鼻息をならして威嚇してくる。

ざっとお寺を見物し、
大きなマニ車を回して、

IMG_8070

 

 

帰りの階段の中腹。

IMG_8066

 

 

猿がフゴフゴいいながら後尾していた。
メス猿は「キッ…!キッ…!」と
高い声をあげて鳴いている。

そんなの見たくもないんだけど、
階段は一方通行だし、
近づくのも気が引けるので、
遠くから心なしか足音を大きめにならして
自己アピールをかましてやった。

猿たちはバツが悪そうに、
フェンスの向こう側へと去っていった。

 

やれやれ。
平和なんだか。なんなんだか。

IMG_8073

 

 

 

とりあえず分かっていることは、
ここはインドだけど、インドじゃない。

IMG_2176

———————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

狂犬病は犬だけが持ってるわけじゃないんですよ!
ネコもコウモリも猿も持ってるんです!

ね?怖いでしょ?
噛まれたら超絶ダッシュで病院に行かなきゃいけないし、
助からない可能性だってあるんですって!あな、おそろし!

 

にしても、Wi-Fiがないな。
更新滞っていたのはそういうわけでした!

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★Facebookページ
旅する漫画家」もよろしくね。

制作者のまおくんには感謝!

★隠れTwitterもよろしくどーぞ。
「indianlion45」がアカウントです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!