「僕は旅する漫画家」

世界一周208日目(1/22)

 

誕生日を
インドの列車の中で迎えた。

IMG_0755

 

25歳。世界を旅する年だ。

 

 

列車の到着時刻より
早めにアラームをセットし、外を見ると
まるで日本の冬景色のように靄がかかっていた。

IMG_0759

 

 

それにインドで経験したことのない寒さを感じる。
次に訪れる予定のネパールはもっと寒いんだろうな。

 

バックパックを出入り口に運び、
駅に到着するのを待っていた。

同じくジョードプルで降りる兄さんたちと
ちょっとお喋りをし、
僕の誕生日が今日だということを伝えると
彼らは笑顔で「congraturation!」と握手してくれた。

IMG_0760

 

 

150ルピーで泊まれるような
安い宿が駅周辺にあるらしい。

だが、僕はそこへは泊まらないだろう。

 

列車は予定よりも少し遅れて
ジョードプル駅に到着した。

 

 

 

 

世界一周するために
日本でバイトをしていた2012年。
僕はいろんな人の世界一周ブログを読んだ。

そこでインドを訪れた旅人たちが
必ずと言っていいほど訪れる

「ジョードプル」という街。

崖に囲まれたこの街を高い場所から見渡すと、
いくつもの水色の建物が
この街を彩っているのを目にすることができる。

そんな写真をブログで知った。

 

僕は日本にいた時から
ずっとこの街に来たいと思っていた。

インドを旅しながら、25歳の誕生日を
この街で過ごしたら最高だろうなと思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

『さて、
どっちに進めばいいんだ?』

IMG_0771

 

 

とりあえずマップアプリで
ゲストハウスがいくつかある方向に進んでみることに。

駅を出て、トゥクトゥクの客引きをかわし、
あてもなく進んでいく。

道端ではストールを巻いたおっちゃんたちが
チャイをすすりながらたき火をしていた。

IMG_0766

 

 

近くにあった旅行代理店に
「ガイドブックなくしちゃってさぁ、
ブルー・シティには
どっちに行ったらいいのかなぁ?」と尋ねる。
ガイドブックなんて持ってないんだけどね(笑)。

代理店のおっちゃんはすぐに
「あっちだ」と教えてくれた。
進んでいる方向は間違いないようだ。

 

 

 

 

 

が、

IMG_0775

 

 

ゲストハウスのある場所へ進んでいっても
ブルーの建物どころか古びた
茶色い建物しか見えてこない。

これじゃブルー・シティどころか
ブラウン・シティーだよ!

IMG_0776

 

 

 

ここを訪れた何人かは
「青の街だなんて言い過ぎだ」
とブログに書いていた。

僕は間違った場所に来てしまったのだろうか?
ちょっと不安な気持ちになる。

 

いやいや!間違いじゃないはずだ!

さっき列車であった兄さんも
青い建物は有名だよと言っていたし、
旅行代理店のおっちゃんも
すぐにあっちだと教えてくれたではないか!

そう自分に言い聞かせる。

 

 

 

 

古びた茶色い建物の群れを抜け、
朝の市場に出た。

時計台がある。

IMG_0777

 

 

さっきまでは見えなかったが、
徐々に薄くなっていく朝靄の間から
街を囲む大きな絶壁が見えた時、鳥肌が立った。

IMG_0779

 

 

 

 

『間違いない!
僕が来たかったのはこの街だ!』

 

時計台を抜けると、
ゲストハウスや水色の建物を
目にするようになった。

IMG_0783

 

 

だが僕はいつものように値段を訊くどころか
入り口に入ることさえしなかった。

 

『違う。
僕が泊まりたいのは
ここにある宿じゃない』

 

街を見渡せる街の高い場所にある宿で
温かいチャイを飲みながら
青の街を眺める自分の姿のイメージが
ずっと自分の中にあった。

きっとそういうところは
ちょっと宿泊費が高いのかもしれない。

だけど、僕は
そこに泊まらなくてはならないのだ。

 

ガイドブックを持っていれば
どこに自分のイメージする宿があるのか
一発でわかるんだろうな。

だけど僕はガイドブックを持っていない。

そのほうが新鮮に感じることができるから。

 

当てのない予感とイメージで
絶壁に向かって進んでいった。
バックパックの重さが肩にきている。

 

 

 

急な坂道のてっぺんに
まさに自分のイメージしていた
ゲストハウスがあった。

IMG_0785

 

 

ニット帽をかぶったおっちゃんが
建物から出てくる。

IMG_0801

 

宿泊費を訊く前に値段交渉に入る。

 

「ここに一週間とまるから!
1400ルピー、いや!
1500ルピー(2,473yen)でいい?」

「う~ん…」

「そんなまとまったお金が手に入るんだよ?
ね?いいでしょ?」

「ちょっと待ってな」

 

 

「コンニチワ~♪」

いたずらっぽく笑う宿のママが
僕を出迎えてくれた。

さっきおっちゃんに言ったのと
同じことを宿のママに尋ねる。

IMG_0788

 

 

 

「それに今日は
僕の誕生日なんだ!
だからさ、お願い!」

「ホント~!!?オーケー。
そのかわり他のお客さんには
「シィ~~~ッ…」だよ」

そういってママは人差し指を唇の前に立てた。

 

「チェックアウトするお客さんがいるから
二階のレストランで待ってな」

IMG_3176 IMG_0791

 

 

バックパックを置かせてもらい、
宿のすぐ向かいにあるレストランのテーブルに着くと、
世話好きで愛想のいい韓国人の女のコが
メニューを持って来てくれたり、
Wi-Fiのパスワードを教えてくれた。

 

「君はここのスタッフなの?」

「いいえ。ただのお客さんよ」

 

20ルピー(33yen)のブラックコーヒーを注文すると
インドでは信じられないくらいの
大きなマグカップに入った
ブラックコーヒーが出てきた。

IMG_0789

 

 

まさにここは
自分がイメージしていた宿だ。

二階のレストランから街が見渡せる。

IMG_0792

 

 

朝靄でまだぼやぼやとしているが、
まばらに水色の建物を見ることができた。

宿のスタッフのひとりは
「マジデ~~~!!?」
という日本語のフレーズを知っていた。

 

 

 

 

 

 

チェックインした後は
部屋に荷物を置き、洗濯物を済ませて、
繋がらないWi-Fiをどうにかしてもらい、
(これにけっこう時間がかかった)
漫画製作をした。

IMG_3138

 

宿には他にも3人組の韓国人の男の子たちや
欧米人ツーリストの姿もあった。

 

 

 

 

 

西北に位置するジョードプル。
夕方になると寒さを感じる。

IMG_3171

 

 

夕方になり自然光が十分じゃなくなると
僕は少し街を歩いてみることにした。

IMG_0794

 

 

狭い路地。

絶壁に寄り添うように家が建っている。

IMG_3142

 

 

子供たちは僕の姿を見ると
元気よく「ハロー!」と声をかけてくれる。

IMG_3145 IMG_3150 IMG_3143

 

 

建物はどれもが水色というわけではない。

IMG_3154

 

 

だが、ほんの数分
この街を歩いてみただけで、
僕はすぐにこの街が好きになった。

IMG_3175

 

 

絶壁の頂上にある要塞には
曜日の関係で入ることができなかったが、
街を一望することができた。

IMG_3162

角張ったブロックの様な建物たちが
まるでおもちゃ箱に入れられた様に
ぎっしり詰まっていた。

 

 

 

日は沈み、街にはオレンジ色した
蛍光灯が灯る。

IMG_3192

 

 

 

『唄うしかない!!!』

 

 

ここは人通りもないし
バスキング向きじゃないけど、
このシチュエーションは唄うしかない!

自分の部屋に戻るとギターだけ持って外に出た。

 

場所によってはバイクやトゥクトゥクが
衝突防止のためにクラクションを鳴らし、
声がかき消されてしまう通りもあった。

だが、僕が唄い始めると子供たちは
面白いものを見るように集まってきた。

別のゲストハウスの前で数曲唄わせてもらうと、
「いいね~!」と拍手をもらい
パラパラとお金が入った。

IMG_3185

 

 

 

 

 

 

 

21時。
バスキングを終え、

暗いオープンテラスでキラキラと
赤や青の電飾が回る、人の少ないレストラン。

冷たい風を感じながらタバコを吹かした。

 

 

いい誕生日だったな…。

 

 

 

 

 

「シミサ~~~~ン!!!」

「ハッピーバースデー・
トゥー・ユー♪」

IMG_3194

 

 

 

「マジで~~~~~~っっっ!!!!!」

 

 

 

 

宿のスタッフが集まり、
ママの手にはバースデイ・ケーキが。

その場にいた何人かのツーリストたちも
バースデーソングを歌ってくれた。

 

僕は宿の宿泊費をディスカウントしようと、
かなりしつこく「ね!今日誕生日だからさ!」
と言ってきた。
(パスポートの出生日まで見せて証明したのだ)

ママは「じゃあ今日はパーティーだね~♪」
と言っていたが、冗談なんかじゃなかったんだ!

 

てかこのケーキ。

僕のために
わざわざ買ってきてくれたのか。

 

 

体中が幸せで満ちる。

IMG_3197

 

 

心の底からインドに戻って来てよかったな。
この街で誕生日を過ごしてよかったなと思った。

インドが、僕の誕生日を祝ってくれたんだ。

IMG_3200 IMG_3203 IMG_3205

 

 

 

「本当にありがとう。
おれ、幸せです。
インドに戻って来てよかった。

人生の様々なきっかけや指針をくれたのは
インドなんです。

おれー…
インドめちゃくちゃ大好きです!!!」

IMG_3208

 

 

 

スタッフのみんなは
ママが切り分けたケーキを
むさぼっている。

話を聞いてくれたのは横にいた
ドイツ人のお兄さんだけ(笑)。

ははは。インドらいしや。

 

 

二曲唄わせてもらい、
150ルピー(247yen)のキングフィッシャーを頼んだ。

後から戻って来た韓国人の男の子たちと
ビールを飲みながらお喋りをして、
僕の誕生日は幕を閉じた。

 

 

さよなら24歳。

今日で僕はひとつ歳を重ねた。
未熟な部分は多くて、
まだまだ迷惑をかけるだろう。

 

だけど、追い求めている夢は必ず叶えてみせる。

 

僕の名前は清水陽介。
ニックネームはシミ。

そして「旅する漫画家」だ。

————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

こんな幸せな誕生日って今まで体験したことなかったっす。

だいたいお母さんが買ってくるケーキを家族で食べて、
何人かの友達からお祝いのメールをいただくくらい。

旅に出ないと味わえないことばかりだよ。

ジョードプル。いい街だ。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒の作ってくれたフェスブックページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします。
ブログとは違い、漫画意外にも落描きのアップや
一回限りの旅する雑貨屋「DRIFT」の仕入れ報告、
旅の一コマをお届けしております。

★ちなみにけっこう前から
(モンゴルあたりから)Twitterで訪れた街で
感じたことを呟いてます。
アカウントは「indianlion45」です。
お気軽にフォローしてくださいまし。

4 件のコメント

    • >ちょみ

      とってもらった写真見て、
      自分でも『いい顔してる』って思ったわ笑。

      いつも応援してくれてありがとう。
      旅する漫画家、今日も旅します!

      次はネパールだ!

  • 誕生日おめでとう。素敵な誕生日が迎えられて本当に良かった。どんな誕生日になるか日本で心配してたから、安心したよ。これからも、旅を楽しんで‼︎日本から応援してるよ。

    • >まお

      日本でおれの誕生日心配してくれてたんだ。
      ちょっとね、予想はしてたよね。
      『孤独な誕生日になるんじゃないか』って笑。

      でも、
      それも旅なんだと思う。

      まおの応援はほんと心強いよ。
      おれ一人で旅してる気がしない。
      強力なサポートがある登山家みたいだ。

      プロモーションのほうも
      もうちょっと頑張ります。

      マジで筋トレ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!