「スペース・ライオン」

世界一周209日目(1/23)

 

深夜まで
宿のすぐ近くでライブが開かれていた。

アンプを通した生演奏をずっと
聴かされていたもんだから
うまく寝れなかった。

 

まだもうちょっと眠っていたいけど、
昨日仲良くなった韓国人男子3人組にち
ゃんとバイバイしておきたかったので
毛布から這い出た。

IMG_3212

 

 

それに昨日の夜別れ際、
彼らがシェアしている自分たちの部屋に戻る時に

「たぶん君はまだ寝てると思うけど、
僕たちは10時にチェックアウトするよ」

という言葉がちょっと寂しく感じたのもある。

IMG_3214

 

 

時刻は8時半。
朝ご飯を食べに行くことにするとしよう。
25歳になって初めて迎える朝だ。

 

 

 

 

 

1月のジョードプルの朝は寒い。

IMG_3219

 

 

上着はパタゴニアのシャツやフリース、
ユニクロのダウンなんかを持っているんだけど、

下はというと、
穿き始めてそろそろ一年が経過する
お気に入りのnudie jeans(regular Alf red selvege)と
パタゴニアの薄いパンツしか持っていない。

 

足が寒いなぁ。
でもたまにはnudie jeansも休ませてやりたい。

そうだ。僕は無印良品の
レギンスを持って来ていたんだっけ?

防寒着を入れている圧縮袋の底から
レギンスを取り出して
WILD THINGSのボーダーパンツと合わせた。

IMG_3213

 

 

一体、誰が考えだしたんだろうなぁ、
この組み合わせ。

ええ。分かっています。
ちょっとしたオシャレ気取りです。

 

 

 

 

宿レストランを営業しているため、
ゲストハウスの集まる要塞付近には
残念ながら安いメシ屋はない。

IMG_3215

 

 

素敵な宿に泊まらせておいてもらってなんだけど、
宿のご飯ってちょっと高いんだよね。

 

 

 

売店で3ルピーのパンをほおばりながら
時計台を越えるとチャパティとビリヤニに似た
インドチャーハン(プロウ)を売っているお店を発見した。

IMG_3224 IMG_3223

 

 

男たちが屋台を囲んで立ち食いをしている。

チャパティは2枚で25ルピー(41yen)だった。
明日も来よう♪

 

 

 

食後は9ルピー(15yen)のチャイでしめくくり、
宿に戻ることにした。

IMG_3218

 

 

 

 

宿に戻りWi-Fiの届くレストランで
iPhoneをいじくっていると
ちょうど韓国人男子たちがチェックアウトするところだった。

彼らはこのあとプシュカルやアーグラーなど
インドの北へ行き、バラナシへ向かうそうだ。

 

「Have a nice Trip!!!」

2階のオープンテラスから僕が言うと、
彼らはにこやかに手を振り返してくれた。

IMG_3226

 

 

 

 

 

 

 

さあて、
僕も漫画を描かないとな!

ブラックコーヒー(33yen)をオーダーして
11時から17時まで漫画製作をした。

IMG_3232

 

 

 

僕の泊まっている

「Hill View guest house」

は家族経営で宿のママ姉妹が経営している。

 

子供たちは時々、僕の漫画製作現場に
(って言ってもレストランのテーブルなんだけどね)
やって来ては興味深そうに眺めて
すぐにどこかに行ってしまう。

そこまでしつこくない。

観光客慣れしてるんだろうな。

ヴィシャカパトナムのデッカン・フライドチキンで
漫画描いてた時なんてヒマなスタッフたちが
しょっちゅう見に来てたもん。

 

それでも僕は
子供が怖い。

だって、ヤツら
何しでかすか
わからないじゃないですか(笑)

 

 

昨日は久しぶりのWi-Fiで
ネットにちょくちょく繋いだり、
ブログを読んだりしていたため
作業効率は全然よくなかったけど、
今回はいい感じに集中できたと思う。

寒さで鼻水が原稿用紙に垂れてしまった時は
さすがに集中力が切れたけど。

 

この日は背景のペン入れを終わらせた。

残すはベタのみ!明日で漫画の完成だ!

IMG_3233

 

 

 

 

 

 

そして僕は
ギターを持って街に出る。

IMG_7568

 

ここはバスキング向きじゃないことは分かっている。

今回は少しやり方を変えてみようじゃないか。

 

 

どこが一番唄いやすいポジションなのか確かめるべく

2~3曲唄っては次ぎの場所へ
唄う場所を代えていった。

「ど~も~!ありがとうございます!
それでは!」みたいにね。

 

ジョードプルの人たちは
今までとは違った旅行者に対し、
興味を持ってすぐに集まって来てくれる。

ただ残念なのは、
演奏中にトゥクトゥクやバイクが
しょっちゅう横切ることだ。
走行音がうるさい。

けど、僕はここでは
単なる背景に過ぎないんだよなぁ…。

 

 

 

集まってくる人の
ほとんどはガキんちょだ。

IMG_7565

 

 

「うわぁ~!何コイツ?
おっもしれ~!」

ってな感じで、僕が唄っているのにも関わらず、
演奏そっちのけでガヤガヤと騒ぎ立てる。

うぅ…うっさいなぁ。
ねえ、君たち聴いてんの?

 

 

 

雰囲気のいい交差点。

ライトの下で唄っていると、
近くにあったカフェのマネージャーが出て来て
僕にお店の前で唄ってくれと言ってくれた。

残念なことにお店の前も交通量が多く、
過度にクラクションが鳴らされる。

ありがたいんすけど、
ここってー…
バスキング向きじゃないよなぁ。

 

 

「じゃあ、
僕そろそろ次の場所に行きます。
唄わせてくれてありがとう」

「えっ?もう行っちゃうの?
まだやってけばいいのに?」

「いやぁ、もしかしたら
お客さんに迷惑なんじゃないですか?」

「そんなことないって。」

 

 

雰囲気の良いお店は扉がないため、
ふつうに走行音が入ってくる。

IMG_7567

 

 

ただ、僕が立っていたお店の前ほどじゃない。
欧米人の旅行者たちは
普通のトーンで会話をしていた。

 

「一週間も滞在するなら、
毎日ここで唄ってくれてもいい。
時間は何時でも構わないよ。

そうだチャイをごちそうしよう」

 

と言って出されたのは
大きなマグカップに入ったチャイ。

IMG_7566

 

甘過ぎない上品な味わいのチャイだった。

 

 

うん。明日も来よう(笑)

 

 

その後、時計台付近で
同じ様にバスキングを繰り返し、
この街の感触を掴んでいった。

 

 

 

 

 

 

 

宿に戻り、
誰もいない屋上で唄っていると
一人の欧米人がやって来た。

く、苦情かっっっ!!!???

 

 

「えっ、あー…」

「ああ。気にしないで。
続けて」

 

 

そう言うと彼はHill View ゲストハウスの
屋上から見えるジョードプルの夜景を見ながら
タバコを吹かしていた。

 

 

なんとなく始まった会話。

デンマーク人の母親を持つ
ドイツ人の彼の年齢は20歳。

うわぁ~…ふつうに歳上かと思ったよ。

 

インドを3ヶ月旅している割には
他の欧米人ツーリストの様な
ヒッピーさは感じなかった。

膝の擦れたジーンズにパーカー。
シンプルな格好だ。

 

「20歳ってことは大学生?」

「いや、高校を卒業したばかりだよ」

「?」

「コールセンターで働いていたんだ。
今年の春から大学に行くんだ」

 

そういう彼はトータルで
7ヶ月インドを旅するそうだ。

6ヶ月のビザを使い切り、一度ネパールへ入国し、
1ヶ月トレッキングを中心の旅をして
インドのビザを取り直した後、また一ヶ月旅をする。

 

「バラナシには行った?」

「まだだね」

「昨日の夜みたいに、
夜通しずっと音楽が流れてるよ。
4年前に行ったんだ」

「昨日のは葬式だったみたいだよ。
宿のスタッフに聞いたんだ」

 

 

25年前の1月22日の昨日、僕は生まれた。

だが、その日に日本から遠くは慣れたインドで
誰かが弔われていった。

 

この世界のどこかでは毎日、
誰かが生まれ、誰かが去っていく。

 

人間だけじゃない。
何万年、何億年と繰り返されてきた生命の営みに、
僕は宇宙の神秘を感じずにはいられなかった。

 

今夜も遅くまで音楽が鳴り止まない。
————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

 

ブログタイトルの「Space Lion」とは
ジャズの散りばめられた昔のアニメ
「COWBOY BEBOP」のサントラの曲です。

この日のジョードプルの夜はまさにこんな感じでした。
音源がないのは残念です。

 

なんだかんだ、Wi-Fiが使える今、かなりの夜更かしさんです。

昨日なんて(あっ、これ書いてるの1/25です)3時過ぎに寝ました。

不思議なことに何かがあるんです。ここでは。
まるでジョードプルが僕のことを待っていたみたいに。

今日はとびっきりのイベントみたなことはなかったけどね。

ブログの下書きとかしてるとー…
やべっ、もう1時過ぎだ。寝なきゃ!

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★新しい短編アップしました!
Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくお願いします♪

★地味にTwitterもやってます。
Wi-Fiの入る環境で思い出した様に呟いてます。
アカウント名は「indianlion45」です。
過去ログをちょっと遡っていただいても楽しめると思います。

2 件のコメント

  • おしゃれ♫
    ヌーディージーンズの色落ちはどんなかんじに仕上がりました?

    • >れーな★ちゃんさん

      やや!nudie jeansをごぞんじで!
      だいぶ色落ちして来ましたよ!
      たぶんどこかで形状変化の記事書けたらなぁと思います。

      そして気づいたことは
      スウェーデンと日本の気候は全然違うんだなってこと。
      6ヶ月も洗濯しないで日本で穿くなんて
      厳しい話なんだなと思いました。
      ベトベトじめじめでジーンズが破れやすくー…

      ってすいません。
      ついついnudie愛を語ってしまいました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!