「僕は安宿に泊まっている」

世界一周143日目(11/18)

 

「えっ!?
マンダレー行きの
バスチケットがない!!?」

 

「そうなのよ。
今トンジーでお祭りでしょ?
2日後までソールドアウト」

 

「そんな!
じゃあ僕は一体どうやって
マンダレーまで行けばいいんですかぁッ!
何か!何かアイデアをください!」

 

そんなやり取りのがあった昨日の出来事。

8日間も続くトンジーの
ファイヤーバルーンフェスも
よいよクライマックス。

そりゃ沢山の人が
あれを観にやって来るのは分かるんだけど、
一日に一本しかバスが出てない
ってどういうことだよ?

だって主要都市でしょ?マンダレーって?

 

せめてここ数日だけは
バスの本数を増やすといった
手配はできないのだろうか?

ミャンマーさん、
時々あなたのことが分かりません…

 

 

 

「う~ん…
じゃあこういうのはどうかしら?

ここからShwenyaung(シュウェンヤン)まで
ピックアップで行って、

そこからMeiktila(メティラ)まで
同じようにピックアップで行くってのは?

そこから列車が通っているはずよ。
10ドル以下で行けるわよ。」

 

つながり眉毛の
ぷっくりしたおばちゃんが僕に代案をくれた。

ミャンマー。アドベンチャーっす。

 

 

 

 

 

 

 

そんな冒険のために
僕は朝6時に早起きして
フリーの朝食をいただいた後、

パッキングを済ませ
ピックアップ(乗り合いトラック)が
出発する場所を目指す。

 

地名さえ言えれば
地元の人たちが親切に
「あっちだよ」と教えてくれる。

はっきりとした停車場もないし、
乗客でいっぱいにならないと
出発しないピックアップだけど、
乗り方さえ分かればミャンマーの移動も楽だ。

ひとまずシュウェンヤンまで1,000チャット。
約100円。安いっ!

 

 

 

 

ピックアップには
イギリス人の老夫婦が先に乗っていた。

IMG_5626

 

 

 

 

英語のリスニングもまだまだだけど、
クイーンズ・イングリッシュは独特のクセがあるから

「どこの国から来たんですか?」って尋ねて
「イングランドなのよ」ってなると
やっぱりなと思う。

首から望遠鏡をさげ、
かさばる天体観測用の望遠鏡を持っているお二人。

星や野鳥を見る旅なのかなぁ?
オランダ人のローもそうだったけど
いろんな旅する人がいるんだね。

IMG_5628IMG_5627IMG_5629「あなたのことも撮ってあげるわよ♪」

と言われて撮ってもらった自分の顔…
まるっっっっ!!! 

 

IMG_5647 IMG_5641

IMG_5642IMG_5640「だから言ったのよ『食べ過ぎ』だって…」

IMG_5639ショックのあまり荷台の籠も落ちた…

 

 

 

 

 

 

ひとまず
シュウェンヤンに到着した僕は
続いてメティラ行きのピックアップを探した。

IMG_5653 IMG_5654

 

 

ここまで乗ってきた車を降りると、
乗り継ぎ用のピックアップのポーターたちが
目的地を叫び合っている。

メティラ行きのピックアップは
すぐに見つけることができた。

 

「10,000チャット(1,019yen)だよ!」

IMG_5655

 

 

と行って助手席に案内される僕、

えっ!?そりゃ高くないか!
だって旅行代理店の人も6,000くらいって言ってたぞ!

 

「いいって!
助手席じゃなくて
おれも後ろでみんなと乗る!
後ろの方が安いんでしょ?」

 

「どっちだって10,000だよ!」

 

どうも腑に落ちない僕は

お金を払った後、
乗客の一人っぽさそうなおっちゃんに
ピックアップの値段を訊いてみた。

英語をあまり分かっていないおっちゃんは
ニタっと笑って
左手を広げて「5(,000)を作る。
助手席だと「10(,000)」だと。

 

 

ほらね!

IMG_5665

 

 

「ほら!このおっちゃんも
後ろだと5,000(510yen)って言ってるじゃん!

話と違うじゃん!騙してんじゃん!
おれは後ろに乗るからね!

だからお金半分返してよ!
じゃなきゃ『ポリス』だよ!」

 

相場を知らない外国人観光客だからということで
高い値段をふっかけてくるなんて
ふざけんなよ。

2倍も料金が違うんじゃ話にならん!
それに地物の人がこんな値段で乗って行くわけないのだ。

お金払っておいてなんだけど…。
「払わされた」に近いかな。

 

抗議のおかげもあってか
運転手は素直に半額を返してくれた。

乗客も増えてきたので
荷台のさらに上にも人が乗れるように
竹で作ったござを敷く。

この上に人が乗るのか?
いくら丈夫そうだと行っても
長距離ドライブにはちょっと心もとない。

IMG_5657IMG_5658

 

ピックアップが乗客でいっぱいになると
メティラに向けて走り出した。

IMG_5668

 

 

朝8時40分。
風に当てられると寒さを感じる。

地元の人たちで窮屈な。
揺れる荷台。
ひっきりなしに響くクラクション。
追い越して行く車の排気ガス。

IMG_5667 IMG_5673 IMG_5664 IMG_5662

 

 

だけど僕は
リムジンバスよりこっちの方が好きだ。

 

そりゃあ安いからってのもあるんだけど、
快適でタイ映画やミュージックビデオを
半強制的に見させられるバスより、

こうして自分で手配したピックアップに乗って
風を感じながら外の風景を見る方が好きだ。

IMG_5661IMG_5669

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップに
揺られること6時間。

辿り着いたMeiktila(メティラ)の町。
湖に反射する太陽、揺らめく湖面。

IMG_5676

 

 

「メティラの町は
まだそこまで観光化されていないから
ごはんだけじゃなくて宿も安いわよ」

 

と昨日のライトカバー屋さんが言っていた。

 

停車した近くに
マンダレー行きのピックアップがあったので
値段を訊いてみると3,000チャット(306yen)。
確かに10ドル以下で行けるな。

さあて、こっから安宿探しがはじまるわけだ。

すぐに見つかるといいんだけど…

 

 

 

宿のありかを知ってそうな人(バイク屋さんとか警官とか)に尋ねると

「Within」「Honey」

というふたつのキーワードが出てきた。

ちょうど宿泊客のパスポートをコピーした帰りの
Honeyホテルのスタッフに会ったので
シングルルームの値段を訊いてみた。

 

「30ドルだよ」

 

高っっっ!!!

IMG_5679

 

 

 

だぁあああああ~~~~~~っっっ!!!!
やっぱりここはミャンマーだよぉ~!
何が「観光地化されてない」だよぉおおお!!

 

道を尋ねた銀行のお姉さん(英語が喋れる)は
10ドルの宿だったら近くにあると言う。

 

汗でTシャツを濡らしながら
それらしきホテルに入って
レセプションで値段を尋ねると

スタッフは「空いていない」と言う。

後ろに空き部屋の鍵が
びっしりかかっている
というのに!

 

「なんだよ~!空いてるじゃんかよぉ!」

と鍵を指差して抗議するも
困ったように

「Full(満室)」

と言う。

 

「外国人だからでしょ?」

って訊くと。

「イエス…」

 

じゃあはじめっから
そう言えやぁあああああああ!!!!!

 

 

「ち、ちなみにシングルは何ドルなの?」

 

「30ドル?」

 

ダメだ…コイツはなっからおれを泊める気ねえ…

 

 

僕は悔し紛れに
ホテルの水サーバーで水を補給し、
再びバックパックを背負って歩き出した。

 

僕の姿を見つけたバイタクの運転手たちが
「よう!どこへ行くんだい?」と声をかける。

IMG_5680

 

イライラしながらも
安宿を探しているんだと言うと
案の定「Within」や「Honey」の名前を挙げてくる。

うん。知ってる。そこ安宿じゃないっしょ。

 

 

その中でウェンミンさんと名乗る
一人のメガネをかけた
ひょろいおっちゃんが日本語で喋りかけてきた。

IMG_5681

 

「ここから行った「Pressure」というところは
5ドルで泊まれますよ」

 

なにっ!5ドル!

 

「地獄で仏」はこのことかぁ~…!

 

 

「それにしても、日本語お上手ですね」

 

「はい。今はお亡くなりになられましたが、
日本語の先生がここにいました」

 

どういうわけで
日本語を学ぼうとしてくれたのはわからないけど、
日本語を喋れることが僕を助けたわけだ。

その先生にも感謝しないといけないな。

 

 

 

 

チェックインした宿の名前は

 

「Precious INN」

IMG_5684

 

 

うん。「プレッシャー」じゃなかったよね。

愛想のいいレセプションのおっちゃんにも好感が持てた。

IMG_5682

 

 

確かに部屋は5ドルのクオリティだ。

トイレやシャワーは当然別だし、
ボックスの様な部屋にベッドと
小さなテーブルと椅子が一台ずつ。

それに階段には
コンドームを入れた箱があった。

 

ここってー…

もしかしてー…

 

ラブホ!!!???

 

「ラブホテル」という概念が
ミャンマーにないことを祈りたい。

幸いそういうエロサウンドも
聞こえてくることはなかった。

(が、トイレのごみ箱やシャワールームに
空いたコンドームの袋を見かけた)

 

 

僕は「安宿」に泊まっている。

IMG_5685

———————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

マンダレーの宿にも同じ様なボックスが置いてありました。
安宿には海外からの旅人以外も宿泊するようですね。
性教育は大事ってことか。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入るしくみです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!