「どこかに行ったエンドピン」

世界一周155日目(11/30)

 

「ほら、
ご覧の通りデモだから
バスが来るかどうかは
分からないわよ」

IMG_7037

 

 

 

デモメシ(デモで無料でもらえるご飯)
を朝食がわりにして

IMG_7032
僕が向かおうとした場所は

チャトチャック・
ウィークエンドマーケット。

 

チェンマイにあるお洒落な服屋さん
「nanairo」の店長、
SHINさんの仲間が手がけるお店が
チャトチャックにあると訊いて
僕は是非ともそのお店を訪れてみたいと思った。

だが、
デモの影響は交通手段にも影響していた。
ラチャダムヌン通りはデモとは言いがたい
お祭り騒ぎみたいになっているし、

首相官邸前や政府主要機関では
デモ隊と機動隊の攻防が
繰り広げられているようだ。

 

人から話を聞いたり、
自分でデモの発端を調べて行くうちに
このデモは都市部の人間の利権問題が
絡んでように思える。

渦中の人物は東部の貧困層に力を注ぐ
タクシン元首相。

現在の首相、インラックさんは
タクシンさんの妹。

数年前の外遊中にクーデターで政権を奪われ、
かつ刑事責任を着せられてしまったため
タイに戻って来ることができなくなったタクシン元首相を

帰って来れるようにしようとする
恩赦法案が議会に出たことが
このデモのきっかけだ。

 

まぁ、
「王様ラブ」なタイでも
今は見事にまっぷたつに割れてしまっている。

詳しいことはめんどくさくて書けないけど
タイのデモに興味のある方は調べてみてください。

2010年にも大規模でもが起こっているから
けっこうホットな話題なんだね。

 

 

 

 

 

 

 

「船とMBTで行けば
確実に着けるわよ」

ツーリスト・インフォメーションのおねえさんは
僕にそう教えてくれた。

地図に降りる場所と乗り換える場所に
印をつけてもらって、
僕は船に乗ってみることにした。

IMG_7043

 

 

観光客用だけではなく
地元の人の足代わりにもなる船の運賃は
10バーツ(32yen)。意外と安い。
※ちなみに毎回レートアプリで日本円に換算しております。
デモの影響で円高になったのかな?

IMG_7045 IMG_7047

 

 

乗っているとちょっとした
アトラクション気分を味わうことができる。

IMG_7052IMG_7051

 

 

スカイラインに乗り換えるため
ローカルな船着き場で降りて

IMG_7058
昨日バスキングが全然うまくできなかった
MBKを横目に

IMG_7059

 

チャトチャックのあるモーチット駅までの切符を
42バーツ(134yen)で購入。

IMG_7061

 

日本円に換算すると確かに安いんだけど、
バスだったら8バーツそこらで行けるんだから
高いと感じずにはいられない。

貧乏バックパッカーの性です。

IMG_7063IMG_7067

 

 

 

 

 

「何だって2回目の方が楽だろ?」

とバクマンのシュージンが言っていた。
(イントネーションが未だに分からない僕としては「シュート」の「シュー」)

えっ?最近ちょいちょい
微妙なネタを出し過ぎだって?

言ってることは確かでしょ?
ただ僕は出典元を明かしているだけさ。

興味のある人は「バクマン」の一巻を呼んでみてね。
漫画家を目指す若者の話だから。
原作、作画は「デスノート」の人たちだから。

 

 

まぁ、何が言いたいかというとですね、
こうして知らない土地で
交通手段にガンガン乗って行くと
ちょっとずつ慣れてくるということですね。

迷ったって誰かに訊いて
戻ってくれば良いだけの話。

気軽に乗ってこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで辿り着いた
チャトチャック。

IMG_7072

 

 

スカイラインの線路の上からは
その規模の大きさが見て知ることができたし、
改札を抜けるとマーケットを訪れる人々で
ごったがえしていた。

 

最近人ごみに
イライラすることが多くなったんだけど、
どうしてだろう?

停煙してるからかなぁ?

 

 

さてと、
ここに来たのは
日本人の方が経営されるアパレル店

「TRAPS/WANA」

があるから。

 

ネットで調べたけど、
様々な情報誌やサイトから
取材を受けているそうだ。

ひとつのラインで大量生産するのではなく
店長のTeppeiさんが自分の足で
素材や工場を見つけて発注をかけるため
お店に出ている商品の
ほとんどが限定品。

ワンシーズンずれると
同じ服は手に入らない。

なんだか書いていて
ワクワクするようなお店だよ。

 

 

いくつもあるセクションから
「26」を探し出し、
メインストリート沿いに
TRAPS/WANAを見つけ出した。

IMG_7076 IMG_7074

 

 

チャトチャックにはオシャレなお店がたくさんあるが、
このお店はひと味違う雰囲気をかもしだしている。

 

入り口には存在感のあるドリームキャッチャーがかかり、
(オーダーメイドしたそうだ)
店内に入るとお香の香りがする。

決して広くはないけど
商品のちりばめ方は計算され、
いるだけで楽しくなる様なお店だ。

こういう空間作りって
日本人はうまいよなぁ…

IMG_7073

 

 

初対面だっていうのに
店長のTeppeiさんは明るく僕を迎えてくれた。

この日のためにチェンマイで買った
TRAPS/WANAの服を着てきたんだ。

 

「うちのお店、
チェンマイと比べて勢いあるでしょ?」

IMG_7075

 

 

忙しそうに服をたたみながら
Teppeiさんは言う。

お店にはタイ人のスタッフ一人と
日本人のスタッフ一人の
三人体勢で回しており、

頻繁にお店にやってくるお客さんに
英語やタイ語で接客をしているのを見ると
このお店がノっていることが分かった。

勢いがあるっていいね!

 

僕はシンプルなワントーンの
Tシャツが欲しかったのだが、

今シーズンはインパクトのある柄物が多い。

「ちょっとビビッとくる物がないっすねぇ…
すんません…」

と僕が言うとTeppeiさんは

「そういう時はスルーするのがいいよ」

と言ってくれた。

 

ただ遊びに行っただけになってしまったが
こういうフレンドリーさで
迎えてもらえるってすごい嬉しい。

IMG_7078

 

 

 

 

 

 

 

 

ばったり会ったのは
さっきのTRAPS/WANAでも見かけた
小柄な日本人の男性だった。

IMG_7088

 

岩手で雑貨屋さんを営んでいるらしく
年に2回、こうして買い付けにくるそうだ。

会った場所はカトラリーを扱うお店。
名前は尋ねなかったが
物腰の柔らかい丁寧な方だった。

 

 

「やっぱり仕入れるときは
沢山購入した方が安くしてくれますよね?」

旅する雑貨屋の僕は
職業病的に訊く。

「う〜ん、でも10本単位で買って
それでも卸値でしか売ってくれないね。
扱っている物も良い物だからね」

IMG_7087

 

 

安いカトラリーもあるのだが、
僕の心を奪ったのは
チーク素材でできたものだった。

IMG_7085 IMG_7083

 

「なんですか?『チーク』って?」

「チークは船やタイの住居に
使われたりする木材で
けっこう品質が良いんだよ」

と岩手の雑貨屋さんは教えてくれた。

 

 

僕は3セットずつくらいで
カトラリーを選んでいった。

お会計の前に
「ディスカウント(できる)?」と
訊いていたので

お会計の時に再度尋ねると
お店のボス的おばちゃんは

「ダメダメ!
うちは値引きなんてしないよ!」

とはなっから値下げしてくれる様子はない。
岩手の雑貨屋さんには卸値で売ってるのに!

 

「そんな!僕だってけっこう買ってるじゃないですか!
ねえ、そんなこと言わずにディスカウントしてよ、ね?」

おばちゃんはそんな僕をシカトして
僕の選んだカトラリーをボンスカボンスカ
ビニール袋に詰めていった。

まだ値段も聞いてないのに。

 

提示された値段は予算オーバー。
値切れた金額はわずか30円ちょっと。

そんなの変わらないじゃないか!

 

僕が納得のいかない表情を見せると
おばちゃんは露骨に態度に出して
カトラリーをお盆にぶちまけた後、
お店の女のコに
「これ、戻しときな!」
と言った。

やれやれ。
そんな物を見せられてしまって
嫌な気分にさせられた僕は
僕は何も言わずにお店を後にした。

IMG_7093

 

 

もっと「言い方」ってものがあるだろうに。

「これは固定価格なのよ。
値引きはできないの。
10個単位で買うんだったら
卸値で売ることもできるわ」

みたいに言ってくれれば
僕も納得してお金を払っただろう。

IMG_7097

 

 

 

「雑貨が多過ぎて逆に買えない病」
にかかってしまった僕が
仕入れたのは象の置物

IMG_7102

 

お店のおばちゃんは明るく
「すごいネー!カワイイネー!」
と知っている日本語振る動員で
フレンドリーに接客してくれた。

IMG_7103

 

もちろん値段を下げて売ってくれたし、
気持ちよく買い物ができた。

それだよ。
それが大事だよね。

IMG_7100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「6時になれば無敵!」
らしい。

チャトチャックに来た時
「稼げないわけがない!」
と思った。

 

これだけ人でにぎわってるんだから
バスキングにはもってこいじゃないか!

だが、チャトチャックマーケット内は
警備員が絶えず見回りをしているため
18時以降にならないと
路上演奏は止めれてしまうらしい。

 

そんな情報をTeppeiさんから入手し
僕は時間になって
チャトチャックの路上に立った。

目の前を絶えず人が行き来している。

IMG_7105

 

 

歌っても、その多さに音が負けてしまい、
イマイチ自分の存在感を
アピールすることができなかった。

終いには目の前の工事現場から
「ギュィィイイン!!!」と金属音が聞こえてきて

場所を変えて再開したら一弦が切れた。

エンドピンもどこかにいってしまった。

 

僕はまたしても敗北感を味わい、
交通費の足しにもならないレスポンスと一緒に
ギターケースを閉じた。

IMG_7112

 

 

3番バスに乗り
宿のあるカオサンロードへ帰って
40バーツのエンドピンを買った。

IMG_7117

 

デモメシでお腹を満たした僕は
車の通らない歩行者だけの道を見つけた。

演説もそこまでうるさくない。

 

CARAVANの曲は
暗闇に滲んで行く。

楽しさを思い出すかのように歌うと
少しずつレスポンスが入った。

バイタクのうんちゃんたちは
「こっちで歌いなよ」
とセブンイレブン前で歌わせてくれた。

 

へへへ。
やっぱり歌うことは楽しいや♪

IMG_7118

—————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

気持ちよく買わせる技術ってのも
大事なんだなーと思います。

そんなビジネス本売ってるよね。

僕は大学時代、ああいった本を
エンターテイメント感覚で読んでたんだけど、
(仮にも経営部だったしね)

一理あるなと思います。

 

値下げに応じないんだったら
それなりの書き方をすればいいのに…

そうだ。
「TRAPS/WANA」バンコク店のホームページはこちら 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!