「つかえない旅行代理店」

世界一周199日目(1/13)

 

体の痒さで
全然眠りにつくことができなかった。

夜中何度も痒さで目が覚めて、
ウトウトしてほんのちょっと眠る。

それの繰り返し。

 

 

『アイツらを
呪ってやるぅぅぅ…』

あまりの痒さに宿のスタッフたちに殺意まで湧いた。

 

藁人形と五寸釘があったのなら、
すぐさま僕は近くのヒンドゥー寺院にかけこんで
僕は丑の刻参りをすることだろう!

 

ブルーシートをベッドにかけて
寝袋まで使って寝ているのに
虫に刺されるなんてことがあるだろうか?

そりゃたしかに体に何カ所かは
刺された痕があるんだけど、
そんなにたいした数じゃない。

 

だけど、皮膚にじんましんのような
無数の赤いポツポツが出ているのだ。

ここへ来た時からずっと気になってたんだけど、

もしかして
この部屋自体に原因があるんじゃないのか?

 

この部屋から発せられる薬品の臭いのもとに
(たぶん壁の塗料だと思うんだよね)
体がアレルギー反応的なものを
起こしているんじゃないか?

だとしたらこの宿けっこうヤバくねえか!!?

 

 

 

そんな仮説を立てた
今日の3:00AM。

起きたのは6:30。

もっと眠ってたいけど、
寝袋に入るとまた痒みを覚える。

 

仕方がないのでパッキングを済ませ
宿のスタッフに文句を言っておいた。

 

「この部屋にはベッドバグがいる!
もう耐えられない!
3日分の宿代を払ったが、
残りの1日分は返してもらうからな!」

「お~!
これから殺虫剤をまくから、
部屋を替えればいいんじゃないか?」

「いや!おれは
ここから一刻も早く出て行く!」

 

 

 

 

 

 

 

とは言ったものの、
他の宿が営業を開始するのは8時過ぎ。
まだ1時間以上もある。

近くの広場で朝食のバナナを食べながら
朝日に照らされぼおっとした。

IMG_0199

 

自分の好きな時に移動できないのも難儀だなぁ…。

 

 

 

8時をまわると僕はさっそく次の宿を探し始めた。

メインの通りを挟んだ反対側にある200ルピーのシングル。

IMG_0206 IMG_0207

 

 

 

うん!
シングルとはこういう部屋のことを言うんだよ!

IMG_0204

 

 

50ルピー余分に払っただけで
さっきまでいた独房みたいな部屋とは大違い。

 

無事部屋を移った僕は漫画製作道具一式を持って
いつもの「Cafe Coffee Day」へ。

IMG_0213 IMG_0209

 

 

その前に旅行代理店に行って
いくつか先のルートまで列車のチケットを
買っておこうと思ったのだがー…

お店の女のコは
「ボスが3時になったらくるから、その時また来て」と
よくわからないことを言ってきた。

「それならしょうがない」と
その時は素直に旅行代理店を後にしたのだが、

列車のチケットを手配をできる人物が
3時にならないとやって来ないってどういうことだ?

そういうテキトーさがインドにはあるよね。まったく。

 

 

カフェで漫画の下書きをして
『おっ、そろそろ時間だな』と旅行代理店へと
再び向かったのだが、
ボスは時間になっても現れなかった。

女のコはチケットの情報は調べてくれたので
自分のルートの列車を調べてもらったのだが、
ここでもほとんどの列車がWL(ウェイト・リスト)。

 

 

自分でチケットの手配もできるんだけど、時々、

「旅行代理店だったらチケットが取れる」

ということがある。

 

今回はそれを頼りに旅行代理店へとやって来たのだ。

僕もネット屋で事前に調べてみたのだが
WLにはかわりなかった。

 

先日チケットをここの旅行代理店で買ってみて
マージンが少なかったから、
じゃあもう一度お世話になろうじゃないかと
再びここに足を運んだのだがー…

ボスの使えなさ
といったらなんの。

 

 

「えっ?いつの列車の
チケットが欲しいんだい?

何日?あ~、ダメだね。この日はWLだ。
次は?あ~、この日もWL。次は?」

僕の出したスケジュール通りのことしか調べてくれない。

 

WLなのは分かってるの!

そこをどうしたらチケットがうまく手配できるのか?

たとえば2~3日予定をずらしてみれば
WLじゃないよとかそういう代案が欲しかったのに!

 

前回のチケットはたまたまだったんだな。

旅行代理店としての仕事はお粗末過ぎて話にならない。

WLを旅行代理店のうんたらかんたらで
正規チケットにしてくれるという話もあったのだが、
200ルピーのマージンが発生するという。

もうダメだこの店。

 

「あっ?バス?
なんだよ、最初っから
そい言ってくれればー…」

提示されたバスの金額はやっぱり高かった。

インドで千円越えて
それに代理店のマージンがかかってくるんでしょ?
却下!

 

 

 

 

 

 

旅はうまくいかない時もある。

IMG_0227

 

 

 

うまくいかないと

『果たして自分は何をやっているのだろうか?』

と自分に自信が持てなくなってきてしまう。

 

僕はこの街に何をしに来たんだろう?

IMG_0224

 

 

 

 

漫画道具を入れた手提げバッグを片手に
フラフラと行ったことのない方へ。

IMG_0219

 

 

 

マイソールにはいくつかある大学のまわりを
テクテク歩いたり、ぼへっとタバコを吸ったり。

IMG_0215IMG_0218

 

 

 

そしてたまたま見つけた町外れのネット屋は
一時間15ルピー。

IMG_0228

 

 

久しぶりの最安値。

それになぜかジュース屋も同時に営業していた。

IMG_0229

 

 

僕がブログを編集したり、Facebookを見ていると
店員は興味津々に何度も
僕のパソコンの画面を覗きにやって来た。

あまりのしつこさに
最終的には「プライバシー!」と
手で追いやって店員を撃退した。

 

国や文化や生活習慣の違いだとか
そーいうのもわかるんだけどさ、
最低限のラインはあってもよかろうに。

IMG_0233 IMG_0230 IMG_0234

やっぱフライド・ライスは最高だ。

—————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

う~む…またどんどんブログが書きたまっていってしまいます。

できるだけリアルタイムの更新で書いていきたいんだけど、
予約投稿とかしなくちゃだめなのかなぁ?

あいかわらずインドにはWi-Fiがありません。
ほんでこのあとイラン行ったらブログ自体更新できないかもなんでしょー?

旅しながらブログ書くって本当に大変です。

これが誰かに届けばそれで嬉しいんですけどね♪

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★Facebookページの方もよろしくお願いします。
☞「旅する漫画家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!