「鳩のフンは臭くない」

世界一周321日目(5/15)

 

情報収集へと
しけこもうか。

へえ。今調べたら
「お金がなくて部屋にこもる」
って意味もあるのか…。

IMG_7286

 

 

朝8:30に目覚めて外でタバコを一服。

プラスチックのテーブルの上にパソコンを広げた。

 

 

ガイドブックを持たない僕は
グルジアに何があるのか分からなかった。

「トレッキング」や「雑貨」、「世界一周」など
キーワードを打ち込んで検索をかけるも、
ざっくりとしたことしか分からない。

ふーん…。
ウシュグリの景色がいいのかぁ~。
そこは行ってみたいな。
そんくらい。

調べ過ぎるのも好きじゃない。

でも、情報は必要。
その絶妙なバランスが大事なのだ。

とりあえずトルコに抜けるルートは調べておく。
バトゥミという街からバスかなんかで行けるそうだ。

トビリシからバトゥミを目指す旅。
これからどんな出会いが待っているのだろうか?

IMG_7284 IMG_7281

 

 

そういう情報収集よりも、
日記を書く時間の方が長かったりする。

最近ちょっとだけどキーボードを
叩くスピードが上がった様な気がする。

「旅する漫画家」って見ないで
キーボードを叩けるようになった。当たり前か笑

やっぱ日常的にキーボードを叩いていないと
ブラインドタッチって身につかないんだろうなぁ。

それにキーボードを見ないで文字を打つことにも。

 

 

いつからパソコンに触れ始めたんだろう?

僕が中学生の頃には
「情報」みたいな科目が週一であった。

すげえデカい眼鏡をかけた
マッシュヘアのでっかい先生で、
ちょっと暗そうな先生だった。

教えている項目とは別にバスケが好きで、
時々、昼休みに僕たちと一緒に
バスケをすることがあった。

 

 

 

「慣れ」について考える。

IMG_7293

 

 

こういうのって、意識しないと上達しない。

旅で日常的に使う英語なんてもろそうだし、
外でバスキングをする僕にとって、
ギターなんかもそうだ。

未だにバレーコードに移り変わるときは
指を見て抑える位置を確認してしまいます。

前を見ながら唄えるようにならないとなぁ。
そんなんじゃレスポンス入んないよね。

 

 

 

 

 

そんな風にキーボードを
バシバシ叩いていたらあっという間に12時前だ。
外に出ないと!

入手した情報によると
「Didube(ディドゥベ)
というメトロの駅の近くに雑貨が売っているらしい。

宿の最寄り駅「Gramishvili」から二つ先。
Pennyで行くか。

IMG_7295

焼きたてチーズパン。1.5ラリ(87yen)。

 

 

僕はマップアプリを見ながら
ディドゥベを目指したがー、

 

 

 

うん、なんか道がー…

歩行者に冷たい…。

IMG_7298 IMG_7299

一応、歩行者用に道があるんだけど、
その横をびゅんびゅん車が過ぎ去っていく。

周りにこれと言ってお店があるわけでもない。
これはメトロを使わなくちゃダメだったか…。

茶色の川を見ながらPenny Boardをプッシュした。

 

 

 

汗ばむ体で辿り着いたディドゥベ

IMG_7314

 
ここにはバスターミナルもあるようだった。

何人かのドライバーが行き先を叫んでいる。
ここから離れた街までいけるみたいだな。

さぁて、肝心のマーケットの方はどうかなー?
いい雑貨売ってっかなー?

IMG_7309

 

 

うん..。
確かに雑貨なんだけどさー…。

IMG_7310 IMG_7317 IMG_7322

 

 

売っていたのは生活雑貨。
コスメやヘアピンとかだ。

その他にも服や電子機器なんかも売っていた。

パンはもちろんのこと、
野菜やフルーツもここで手に入る。
地元の活気あるマーケットが見たい人がいたら
ここを訪れるのもいいかもしれない。

でも、雑貨は売ってなかったかな?

 

 

そのまま僕はディドゥベからメトロに乗った。

IMG_7340 グルジアのコーラお姉さんもカワイイな!

 

 

 

 

 

 

楽器屋さんはある。
グルジアにも。

IMG_7328

 

 

もしかしたら!
もしかしたらだよ!

物価は上がったけど、
弦とかだったらセールとかで
安く手に貼るんじゃないか!!?

僕はそんな期待を持っていた。

前日に宿でどこに楽器屋さんが
あるのかは調べておいた。
「Medical University」の近くにあるようだ。

IMG_7330

 

アウトドア・ショップもそうだけど、
道具の売っているお店はワクワクするぜ!

 

 

見つけたのは
しっかりした感じの楽器店。

IMG_7333

 

見るからに高そうだ…。

ダダリオのエクストラ・ライトの
3セット入りの弦が売っていたで
思わずスタッフに声をかける。

IMG_7331

 

 

「19ラリだね(1,103yen)

マジか!

やっぱり僕の読みは間違ってなかった。
てか3セットでこの値段なんて、すげえ!

レジの別の店員に100ラリ札を渡す。

戻って来たおつりは43ラリ。

あれ?おかしくない?

 

 

「え?19ラリじゃ
なかったでしたっけ?」

不満そうな顔で値段を
チェックするレジのおじさん。

「あぁ、一セット分の値段だ」

 

 

なんだよそりゃ!

てか箱詰めされた弦を取り出して
バラ売りすんのか!!??
弦単一のバラ売りはやってねーって言ってたのによー!

まぁ何が言いたいのかっていうとですね、
グルジアは高いです。

アルメニアは割引までしてくれたってのにさ~。

こっからもっと高くなるのかなぁ?
はぁ…。

あ~、どうしよう。
バスキングするのにもまだ早いしなぁ。

 

 

 

マップを見ると

「Japanese POW die」

と書いてあった。何かのモニュメントのようだ。

POWってなんだ?

 

 

そっちの方向へ暑い日差しの中進んでいく。

それは公園の敷地内にあった。

IMG_7341

 

 

自己主張をするでもなく、
公園の景観を損なわないように
控えめに立っていた。

日本語で書かれた慰霊碑。

かつて第二次世界大戦後、
シベリアで捕虜になった日本人の方々は
強制労働に従事させられていた。
たしかそうだったと思う。

大学生の頃、「平和記念展示資料館」の広告を
電車の中で見たことがある。

水木しげるの描いたイラストが印象的だった。

日本に帰れずここで
命を落とした人のために立てられた慰霊碑。

僕はその資料館に足を運んだことがないし、
当時がどんなものだったかなんて、
なんとなくしか知らない。

これを見てもそこまで感じることはなかったが、
慰霊碑の前で手を合わせた。

僕は好きで日本の外を旅しているけど、
いつの日か必ず日本に帰らなくてはいけない気がした。

IMG_7342

 

 

 

慰霊碑のすぐ近くのベンチでまどろむ。

すごく眠たかった。

意識が遠のきかけたころ、何かが降ってきた。

「ペチョ」っと。

股間を見ると鳩のフン。

 

「ま~~~~じ~~~か~~~よ~~~~…」

 

 

あ~もう!あ~もう!これ洗濯したばかりなんだよ

何かが拭く物を探してあたふたしていると
隣りに座っていたベビーカーの女性が
僕にティッシュをくれた。

 

「ノープロブレム♪
あそこの水飲み場で洗うといいわ。
ノープロブレムよ」

 

いやね、確かに鳩の糞は臭くないし、
たかだか汚れですよ。

あ~っ..ちくしょ!
これ意外としつこい系の汚れじゃねえか!

股間を水浸しにして、
僕は公園を去ることにした。

なんだか今日は微妙な日だぜ…。

バスキング行く気もしない。

IMG_7349

 

 

 

 

 

 

 

そのまま
帰りのメトロに乗り込む。

IMG_7352

 

 

乗り換え駅のStation Squareで
別の路線へと続く通路を歩いている時だった。

通路でギターみたいな民族楽器を弾いて唄う
グルジアの男の子たちを発見した。

そのギターみたいな楽器を弾きながら
低い声で唄っている。
帽子の中にはそれなりにコインが入っていた。

今いる場所は改札を抜けないと入れないゾーン。
警備員もいるのにここで唄っているということはー…

 

 

ちゃりーーーん!!!

 

 

やー、やってみたかったんだよね。
メトロの地下通路でバスキング。
すぐよこには同業他者。

僕は彼らから20メートルほど離れて
ギターケースを置いた。

IMG_7357

 

 

常時電車が走る音が響いているが、
唄えないほどじゃない。

それにStation Squareは
一番人が乗り降りする駅だ。行ける!

 

 

そんな期待とは裏腹に、
レスポンスは全くと言っていいほどない。

バスカーの男の子たちの姿が
見えないところでやっているのに、
彼らの低く太い歌声が地下道に響く。

ちくしょー!二人には勝てないぜ!

 

 

唄っていると、
隣のプラスチック椅子に座っている
バスト・ウエスト・ヒップが
「ボン!ボン!!ボンッ!!!」
のおばちゃんが苦情を申し立てて来た。

彼女たちは何なのだ?

お金を入れるカップみたいなのも
持っていないので物乞いには見えないし、
何か商売しているようにも見えない。
占い師かなにかなのか?!

IMG_7355

 

 

「あんたがいるから
商売あがったりだよ!」

たぶんそんなことだと思う。

英語一切なしでこちらが理解していないのも
おかまいなしにおばちゃんは喋る。

 

 

「まぁまぁ、向こうでも
バスキングやってるじゃないっすか」

と僕もジェスチャーで応戦。

2~3曲唄うごとに、
わざわざ僕のところにやってきて
よくわからないことをわめく。

 

 

はぁ。はいはい。分かりましたよ。
やめればいいんでしょう?

 

 

 

気づいた時には、
民族楽器の男の子たちはいなくなっていた。

代わりに今度は別の物乞いが
そのポジションに立っていた。
たぶん時間制なんだと思う。

メトロには行き先が書いていない。
どちらのホームが目的地に向かうのか分からない。

僕が乗った電車は逆方向だった。

マップを見てアナウンスされる駅名が
全然違うことに気づいて、慌てて僕は引き返した。

やれやれ。

 

 

 

 

そんな僕を元気づけてくれたのは
宿のご飯とデザートのエクレアだった。

IMG_7361 IMG_7372 IMG_7375

 

 

やっぱ甘いものはうまい♪
そしてそんな些細なことで
僕は元気になれちまう。

————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

なんかこっちではギターみたいな民族楽器?
でバスキングする若い子たちがいます。
だいたい2組くらいなんだよね。

そんなポップな曲じゃないのに、コインが入る。
やっぱグルジア人同士ってことなのかなぁ~?

それにしても、メトロでどっち方面に
乗っていいのか分からないのは問題だ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★名刺アップしてます。
Facebookページ「旅する漫画家」もよろしく!

★時々Twitterも。
こっちは最近落書きとか
アップしてます「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!