「Into IRAN(イランへ)」

世界一周286日目(4/11)

 

朝4時頃に
トイレで髪を洗っていると、
掃除のお兄さんに背中を
ぽんっと叩かれた。

ここはアラブ首長国連邦に
あるシャルジャ空港。

IMG_4861

「ぐう…」

 

 

ここにいる人たちのほとんどは
海外から働きに出てきた人たちのようだ。

みんなどことなくフレンドリーで、
物価の高いこの国にいても、
僕を少し安心させてくれた。

 

ベンチで最後に一眠りをかますと
僕は早々にチェックインカウンターに向かった。

さっきダンキン・ドーナッツのお兄さんに
フリーWi-Fiがないものかと尋ねたら、
搭乗ゲートの前ならあるかもよと言われたからだ。

いくらお金持ち国家のドバイと言えども、
や、ここはシャルジャなんだっけ?
フリーのWi-Fiにはありつけていない。

かろうじて昨日行ったドバイ・モールに
フリーWi-Fiは飛んでいたのだが、
いくら試しても接続できなかった。

 

 

 

まずはチェックインだ。

プリントアウトしたEチケットを見せると、
お姉さんは僕に

「お金は持っているのか?」

と確認してきた。
イランでATMが使えないのは有名な話

「大丈夫です。300ドル持ってますから!」

と少し少なめに申告しておく。

 

「これ何ですか?」

お姉さんはバックパックから突き出た
ギターケースを指差して僕に尋ねてきた。

またか…。

 

 

「えっと、ギターですけど、何か?

(わざわざバックパックの中に
入れとんだろうが!)

 

「あ~、こういう壊れやすい物は
梱包していただかないとダメなんですよねぇ…

(貧乏人は言われた通りに
梱包してくりゃいいんじゃいボケェ!!)」

 

 

というのは頭の中で
繰り広げられた妄想でありまして、

僕は素直に20ディルハム(555yen)払い
バックパックをラッピングした。

梱包をしてくれたお兄さんは

「これで大丈夫だぜ!」

と自信満々で僕に言ってきたが、
僕としてはまた無駄な出費が
かかってしまったことが気を重くさせた。

これでロスト・バゲッジでもしたら
七代祟ってやるからな♪

IMG_4867

 

 

 

 

 

 

各搭乗ゲートへと
続く通路。

IMG_4862

 

 

僕はさっそくiPhoneを取り出し
Wi-Fiがあるかチェックをしたのだが、
フリーのWi-Fiなんてどこにもなかった。

見つけたラウンジの有料Wi-Fiは
一時間100ディルハム(2772yen)という
驚愕の価格設定。

IMG_4859

誰がそんな大金払って
Wi-Fiなんか使うかよ!ばかぁ!

 

 

仕方なしに細かいお金も崩す目的で
カフェでチョコデニッシュパンを
たべながら日記を書いた。IMG_4871

 

 

そして搭乗の時間になり、
イラン、シーラーズ行きの
エア・アラビアに僕は乗り込んだ。

IMG_4875

 

隣りに座るおっちゃんは
頭にターバンを巻いている。

いよいよだ。

IMG_4876

 

 

あっという間に飛行機は離陸し、
アラブ首長国連邦は遠ざかってく。

飛行機は海を越え、どこの国だろうか?
地球の表面上でうねる山脈を見ると、
地上からじゃ絶対この景色は見れないなと思った。

IMG_4877

 

飛行機はシーラーズに
さしかかると高度を落とした。

そこで見えたのが
ピンク色の湖。

IMG_4879

 

 

なんだこりゃ…。

窓際の席からずっとその湖を見ていた。
これってガイドブックに
載っているんだろうか?

前の生に座っていた子供も、
僕と同じように食い入るように
ピンク色の湖を見ていた。

IMG_4880

 

 

 

 

やって来たシーラーズ空港。

IMG_4882

 

 

飛行機から滑走路に降り、
入国管理局まではバスで移動する。

IMG_4883

 

 

僕が乗って来たエア・アラビアの
機体の写真を撮ろうとしたら、
ノリのいいあんちゃんが
ポーズを決めてくれた。

IMG_4884

あれ…?なんだこの感じ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラン入国の
ビザを持っていない。

アライバルビザを捕らなければならない。

IMG_4886

 

 

なぜ、このシーラーズ空港を
選んだのかと言うと、
アライバルビザが簡単に取れるという
情報を入手したからだ。

っていうとかっこいいんですけど、
単に親切な誰かさんのブログの
情報にあやかっただけっす。

 

アライバルビザ申請の人たちが
窓口に並ぶ。僕の目の前には
アジア人のおっちゃんが二人。

「アライバルビザって
ここでいいんですよね?
僕、ビザ取れるでしょうか?」

不安をまぎらわすために
ついつい訊いてしまう。

「あぁ、そうだよ。
シーラーズで取るのは簡単だよ」

ニコニコしてリラックスした
雰囲気の二人は台湾出身だった。
やっぱり僕は彼らのことが好きだ。

 

 

窓口で渡された用紙に必要事項を記入して、
別の窓口に申請しにいく。

ビザ申請の費用は
15日で40ユーロ。55ドルだ。

あれ?ユーロだと?ドルしか持ってないよ。

 

 

窓口のおっちゃんは
他の申請書をさばきながら、
あたふたとしている。

僕が100ドルを支払うと

「それじゃ銀行にこれ出してきて!」

と僕に差額を返そうとしない。

「えっ?ちょっと待って下さいよ。
今100ドル渡しましたよね?
ほらレートだと
あと45ドル返してもらえるはずですが?」

「え?あぁ、そうだったね!
え~と…ごめん。
今手持ちのドルがないな。
とりあえず銀行に行って来て」

こんなやり取りを三回ほど繰り返す。

 

 

一時的な業務にキャパオーバーしているのか、
それとも慌てたフリをした確信犯なのか。

いずれにせよ、レートアプリで
いくら返ってくるのか分かっていてよかった。

45ドルも損するなんてシャレになんねえよ。

 

 

空港内にある銀行窓口で領収書をもらい、
それをさっきのあわてんぼうおじさんのいる場所で
書類を書いてもらい、申請用紙をもらった窓口に
提出するというこんな流れだ。
なんで一括でやってしまわないんだろう?

ここでずいぶんと待たされる。
何枚かまとめて申請用紙を受理すると、
窓口のおっちゃんはどこかへ行ってしまう。
どうやらパスポートのコピーを取っているようだ。

 

 

ようやく僕の番がまわってきて言われたことは

「ホテルの名前がない」

だった。

僕はホテルの予約なんかしていない。
とりあえずビザ申請のために住所だけ
おさえておいたのだが、宿の名前を
メモしておくことをすっかり忘れていた。

急いでマップアプリでシーラーズの地図を
ピンチで拡大し、適当なホテルの名前を
見つけてそれを記入した。

宿の名前と住所は合っていない。
調べられたらめんどくさいことになるぞ…。

そこからの10分はアホみたいに長く感じた。
アライバルビザを取得した人たちが
どんどん周りからいなくなっていく。
さっきの台湾人の二人はとっくに
入国審査を終えてどこかに行ってしまった。

 

 

 

「YOSUKE!!!」

バサッ!

投げつけられるように
窓口に置かれた僕のパスポートには
イランビザがばっちし貼り付けてあった。

 

「おぉおおお~~~!!!」

思わずガッツポーズをとる僕。

こ、これでイラン入国だよ!やったよ!

世の中にはこれよりも数段入国審査が
厳しい国があるだろう。

それに比べたらイラン入国なんて
お茶の子さいさいだと思う。

簡単にアライバルビザが取れると聞いて
僕はここへやって来たわけだし。

徐々にそのレベルを上げていけばいいのだ。
最初っからエベレストにトライする必要はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空港の外に出ると
エアポートタクシーの運転手たちが
声をかけてきた。

IMG_4891

 

 

イマイチ相場が分からない。
運転手たちは最初米ドルで7ドルだと言い、
僕が相手にしないと5ドルまで落としてきた。
もっと安いと思うんだよね。

マップアプリを頼りに
シーラーズの中心地へと歩き出す。

 

空港の敷地から車道へと続く道。

花壇にはパンジーの花が風に揺れる。

IMG_4892

 

遠くの方に見たことのないような山が見え、
空にはデカい雲が浮かんでいた。

 

 

イランっぺぇ…

IMG_4893

 

 

むこうからやって来た
大型トラックの運転手は
僕の姿を見ると手を振ってくれた。

迷彩色の制服を着て、
銃を手荷物警備員は
その格好に似つかわしくない笑顔をくれた。

 

 

バックパックを背負って車道に出る。

目の合う人たちは
だいたいニコニコしている。

IMG_4894

 

これがイランなのか?
想像してたのと全然違うぞ。

 

 

 

しばらく歩いたところで
僕の横に車が停まった。

「どこまで行くんだい?」

あんちゃんたちが
3人ほど乗った自家用車。
たどたどしい英語で僕に尋ねる。

 

「シーラーズまで行きたいんだ」

「じゃあ乗っけてってやるよ!」

IMG_4898

 

 

車は時速70キロを越えて
道路を走り出した。

音楽を爆音でかけたり、
僕が喋るとすぐに後ろを振り向く
運転手のあんちゃん。コイツ…いつか死ぬぞ!

 

「じゃあな。
おれはタクシーの運転手だからさ。
なんかあったら電話してくれよな」

と行って僕に電話番号を教えてくれた。
ここまで1.7ドルくらい。

IMG_4904

 

さて、どうしようかな?
一体どこに行けば宿があるんだろう?

マップを見て、タクシーに
乗ってみて分かったことは
この街はかなり広いってことだ。
歩いて回るのは骨が折れるだろう。

ぐちゃぐちゃで汚くて、
それでいていたるところに売店があって、
宿がある場所はだいたい決まってる
そんなインドとは大違いだ。

道路はだいたいまっすぐに伸びていて、
コンクリートで舗装してある。
もちろん野良犬犬なんていない。

 

 

てかシーラーズ何があるんだ?
調べてねーや。

もうエスファハーン行っちまうか!

 

 

どこかテーブルのあるカフェかなんかで
一人作戦会議をしようかと
ぼっとつたっていると、

メシ屋の前に出されたテーブルで
食事をとっていたおっちゃんが
僕に声をかけてきた。

IMG_4908

 

「何を探しているんだ?」

「う~んと、
エスファハーンに
夜行バスで行こうかなと
考えているんだけどさ、
バスターミナルってどっちかな?」

「お前さんがやって来た方向とは逆だよ」

 

教えられた方角は
ついさっきまであんちゃんたちと
かっとばしてきた逆の方角。

バスターミナルも
すっ飛ばしてきてしまったわけだ。

 

「あちゃ~…
通り過ぎちゃったわけだ。
じゃあ歩いていこうかな?」

「歩いていくのは時間がかかるぞ!
待ってろ!タクシーを呼んでやるから!」

おっちゃんは食事中にも関わらず
タクシーを呼び止めて値段交渉までしてくれた。

「Five thousand(5,000)

とタクシーのおっちゃんは言う。
レートアプリで確認する僕。

『0.2ドル!安っっ!』

IMG_4915

 

バスターミナルに到着すると
僕は言われた通りに
5,000リエルをおっちゃんに差し出した。

 

「?何言ってるんだ?」

 

まぁ、なんとなくわかってましたけどね。
ベトナムとかでも千の桁なしで
言うこととかあったからね。

きっとイランでは
一桁少なくいうのがフツーなんだろう。

20,000リエル札2枚と
10,000リエル札で支払った。

1,96ドル。
まぁそんなもんなのかなぁ?

IMG_4919

 

 

 

 

 

バスターミナルには
いくつものバス会社がしのぎを削っていた。

IMG_4924

 

 

「エスファハーンに行きたいんだけど」
と僕が言うとカウンター越しに
「こっちに来い!」としきりに
僕を呼び寄せようとする。

提示された金額は
25万リエル(9.8ドル)。
あれ?そんな高かったっけ?

胡散臭いヤツは信用できないので、
念のため隣りのバス会社にも
値段を確認してみると
こちらは125,000リエル(4.5ドル)だった。

この国でもボられないように
気をつけなくちゃあいけないのかぁ。
やれやれ。

 

 

 

イランではインドのように
英語がスムーズに伝わることはない。

値段を訊いても「?」と
眉毛を上げられたりすることだってある。

 

チケット売り場の外でタバコを
一本買おうとしたのだが、
お店の男の子は英語を解せず、
タバコを一本だけ売ってもらうことに苦労した。

試しに買ってみたKENTは
一本5,000リエル(0.2ドル)だったが、
英語の喋れる大人たちがやって来ると
2本出てきた。よくわからない。

 

 

 

「英語がな、
ちょっとだけだったら
分かるんじゃよ」

IMG_4927

 

 

ターミナルで働くアクーヴァおじさんと
少しお喋りをした。
細長いESSEを二本ほど僕に分け与えてくれた。

バスの時間まで
そこら辺を歩き回ってくるよと言うと
僕のバックパックも預かってくれた。

や、優しいぞ!

IMG_4929

 

 

 

シーラーズの街を適当に歩き、

IMG_4935

IMG_4936 IMG_4938
たまたま声をかけてきた
気のいい兄さんたちの横に座ってギターを弾く。

IMG_4942

 

 

ここでバスキングするつもりなんて
全然なかったけど、何曲か終わる頃には
ホメイニーさんがイランのみなさんの
手から受け渡された。

IMG_4942

 

目の前がアイスクリーム屋さん
だったこともある。

イランでもバスキングはできそうじゃないか!

僕は気分良くバスターミナルに戻った。

 

 

エスファハーン行きのバスが
出るのは23時。現在8時。

あと3時間ほどあることだし
それまでいっちょ唄いましょうかね!

チューニングの段階でめんどくさい絡みの
イラン人お兄やんズが出現し、
それでも気にせず2曲唄うと
彼らは陽気に去っていった。

 

 

 

 

 

そして、二人の警察が現れた。

 

「あんた何やってるの?」

「あ~、はいはい。すいません。
こんな場所で演奏したらダメっすよね。
すぐに片付けますね!」

ギターをしまおうとすると
警察が僕にストップをかける

ん?すぐに去るって言ってんのに
邪魔すんなよな。

 

 

「ちょっと署まで来てもらおうか」

はぁあああっっっ!!??

 

ちっ、まぁいい。
どうせあと3時間待たなくちゃ
いけないんだ。いい時間つぶしになったわ。

 

 

バスターミナル内にある
警備員のオフィスまで僕は連れて行かれた。

IMG_4948

 

 

「だから、すいませんって
言ってるじゃないですか。
5分くらいしかやってませんよ?」

「パスポートを見せろ!」

「はいはい。
ほらエスファハーン行きの
バスのチケットだって持ってますよ?
何か問題でもあるんですか?」

「ここでの路上演奏は禁止されている。
場合によっては警察署まで連れて行くぞ」

一人はポケットから手錠を出し、
いやらしくチラつかせた。

 

「はぁあぁあ~~~!!??
いや、マジ意味わからんですって!
たかだか唄ってただけじゃないですか?
それも5分くらい!
別に誰かを傷つけたわけでもないでしょう?
それはありえないですって!」

 

 

事務所の中には制服を着た
威圧的な二人の警官(警備員?)。
迷彩色の服とブーツを履いた
のっぽのアーミーの青年二人。

彼らは眼鏡をかけた大人しそうな
アーミーの青年を
僕の見張り番として事務所に残し、
どこかへ行ってしまった。

 

 

おいおい。イラン初日でこれかよ?

いままで路上演奏を
注意されたことがあっても、
捕まることはなかったぞ!!??
てかバス間に合うのか?

 

 

「なぁ、
いくらなんでもやりすぎじゃないか?
僕はそんな悪いことしたのかなぁ?」

と眼鏡の青年に話かけるが、
その子は英語をあまり解さないようだった。

「大丈夫だって」

とは言ってくれるものの、やはり不安だ。

 

「ねえ、君、音楽は好き?」

「…
好きじゃない」

はぁ…

 

 

事務所の中にある
トランシーバーの受信機からは
途切れることなくペルシャ語の
報告が流れてくる。

青年はおもむろにテレビをつけ、
サッカー中継にチャンネルを合わせた。

僕は目を瞑り、椅子に深く腰掛け
警官がが返ってくるのをじっと待った。

 

 

 

 

30分ほどして帰ってきた
警官は僕に言った。

 

「さぁ、ほら出てけ!」

「あ~、はい。
すいませんでした」

 

ギターを持とうとすると
またもやストップがかかる。

 

「23時まで我々が預かっておく!」

「いや!待って下さいよ!
だって僕のバスは23時出発なんですよ?
22時にしてください!」

 

 

バスターミナル内のベンチに座って
僕は約束の時間を待った。

IMG_4952

 

 

大学生の男の子が人懐っこく絡んできて、
慣れない英語で「I LOVE YOU!」と
言われた時には苦笑するしかなかった。

ギターは無事に戻ってくるのだろうか?

 

22時をちょっと過ぎたころ、
今度は自分から再び事務所へと向かう。

波風たてないように
反省し切った弱々しい感じで
ギターを回収する

 

「I’m sorry…」

補導された不良になりきれない
中学生の用に頭を下げると、
警備員は満足したような顔をしていた。

そうだよ。

バスキングやったくらいだって
捕まってたまるかっつーの!

禁煙のターミナル内で
タバコふかしてるようなヤツがいるんだぜ?
そっちをとりしまれよな!

心の中で捨て台詞を残した。

 

 

預かってもらったバックパックを返してもらい、
アクーヴァおじさんにお礼を言って
僕は23時エスファハーン行きのバスに乗り込んだ。

IMG_4954 IMG_4956

 

いろいろあって疲れたよ。

—————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

やって来ましたイラン!初日はほんといろんなことがありました。
ひとつの日記を書くのに大分時間がかかりましたよ。

ね。まさかバスキングで捕まるなんて驚きです。

そしてじわじわと物価の上昇を感じております。
いや!インドが安過ぎたんだ!

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくね。
イラン中規制がかかって更新できないけど、
ビジネスカードとか見てってよ。

★Twitterも…indianlion45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!