「未来都市」

世界一周285日目(4/9)

 

やはり緊張の
せいもあってか全然眠れなかった。

セットしたアラームよりも
早く目を覚ましてしまったので、
せめて持って来た大判ストールにくるまって
アラームの時間まで眠ろうとしたが、
眠りはやってこなかった。

寝ているリョウさんたちに悪いとは思ったが、
部屋の片側だけの電気をつけて
イメトレ通りにパッキングを済ませていく。
昨日干した洗濯物を取り込むことも忘れない。

荷物があるのでそんなに早くは
パッキングを済ませることができない。
最後の最後まで充電しておきたいので、
変換プラグや延長コードは出したままだった。

6時前に荷物をまとめ、
レセプション前で寝ている
スワラジをゆすって起こした。

宿泊代は前日に支払っておいている。
後はここを出て行くだけだ。

宿の前でなぜか
スワラジは僕と握手してくれた。

 

 

僕は段々と明るくなる空の下、
メインバザールを抜け、
ニュー・デリー駅を通過した。

IMG_4666

 

 

陸橋を渡るり、近くにいた駅員に
どちらに行けば空港行きの
メトロに乗れるのか尋ねる。
マップアプリでも確認していたけど
念のためだ。

 

エアポート行きのメトロには
全くと言っていいほど人がいなかった。

IMG_4667

 

 

ぽっかりとした地下鉄駅は
閉鎖されたビルを僕に連想させた。

宿で教えてもらった通り、
空港までの料金は150ルピー。

自動券売機の前にお姉さんが立ち、
僕の代わりにチケットを買ってくれた。

オートマチックとマニュアルの違いを考える。

 

 

ドンピシャでやってきたメトロに乗り込んで
僕はシートについた。
乗客はひとつ車両につき3人程度しかいない。

メトロが地上に出ると朝日が見えた。

IMG_4674

 

 

インドのいろんな場所で
朝日を見てきたがこれが最後の朝日だ。

デリーの朝日の下の方の空気は
どこか曇っていた。

それは朝焼けなのか
中国よりも高いとされているPM2,5なのか、
メトロの窓ガラスのせいなのか、
それともその全てが原因なのかは僕には分からない。

少し早足でここまで来たので、
体が火照っている。
タイのパーイで買ったヘンプの
ニット帽を脱いで呼吸を整える。

 

 

インディラ・ガンディー空港駅
に到着すると、

係員が僕のことを待っていたかのように
声をかけてきた。
大きな荷物を運ぶためのカート。
僕の荷物を運んでくれると言う。
もちろん有料で。

僕は日本語で「大丈夫。サンキュー」と言うと、
空港の入り口まで駆け上がった。

 

 

 

 

 

 

4年前は
混雑していた印象の国際空港は、
だいぶ洗練されていた。

以前ここを訪れた時には
こんなりっぱな像のオブジェなんて
なかった気がする。

IMG_4684

 

 

そのままチェックインはせずに
バックパックをベンチの脇に置く。

荷物をベンチの上に整理し、
僕はできる限り重ね着をし始めた

ここでバックパックを
できるだけ減量させなければならない。

結局わからずじまいだった受託荷物の重量制限。

一応ネットには15kgまでと書いてある。

それ以降は1kgの超過につき
250ルピー(423yen)がかかる。

30kgというのはバックパック、
サブバッグを合わせたトータルの重さだ。

でも僕の頭にはなぜか
30kgのバックパックを持っているという
強迫観念しかなかった。

15kg×250ルピー=3750ルピー(6,346yen)。

昨日、ギター修理で思わぬ出費がかかってしまったため
余計なお金は持っていなかった。

ここまで追い込まれると恥も忍んでいられない。

IMG_4676

 

 

さすがに下着は重ね着できないので
パタゴニアの水の上に薄手のパンツ。
雨具、ジーンズ、そしてハーフパンツを重ね着する。

上着はTシャツを三枚、ロンTを二枚、
白シャツ、パタゴニアのシャツ、
その上にフリース、一番上はアウターだ。

さらにポケットというポケットに
充電器やハードディスクなんかの
電子機器を詰め込んでいく。

海外にはこうやって機内持ち込みの
容量を増やす隠しポケットがいっぱいついた服が
売っているらしい。
10kgまでの荷物を持ち込めるんだとか。
まさに勝負服だ。

ここまで着替えただけで
汗をかいているのが分かる。

外で待ち合わせをしているインド人たちから
僕の姿を見ることができただろう。

でも、それは自意識過剰だ。

安心しろ。誰も僕のことなんか
気にしちゃいない。

IMG_4680

 

バックパックを背負うと、
今までで一番軽く感じた。
これなら行ける!

 

 

 

僕はカウンターに並んだ。

「15kgを越えてしまった場合、
超過料金はここで払えばいいんですか?」

念のためスタッフに聞いておく。

 

「?」

 

僕が何を言っているのか
分かっていない様子のスタッフ。
「受託荷物」って英語でなんて
言ったらいいのか分からないもどかしさ!

僕がeチケットを見せると、
何kgまでの荷物が持ち込めるのか
確認してくれた。

 

 

 

「お客様の預けられるのは
荷物の制限は30kgまでですね」

 

 

 

「はっ!!???」

IMG_4692

 

もう意味が分からない!
ここまで受託荷物の制限に頭を悩ませ、
無駄にATMでお金をおろし、
そして今汗ばんでいるおれって何よ!!??

 

 

「と、とりあえず!
重さだけ計らせてください!」

と言って軽量化したバックパックを
ベルトコンベアーに乗せると
「15.8kg」
という驚愕の数字を叩きだしていた。

もちろんギターとPenny Boardを入れた状態で。

これならどんなLCCに
乗っても怖くねーぞ!こらぁっっ!

チェックインの受付開始は1時間後だったので、
着過ぎた衣類を脱ぎ捨て、
もう一度パッキングをし直した。

 

時間になりチェックインの列に並ぶ。
以外と時間がかかった。

パッキングしなおした
バックパックの重さは「22.3kg」。

てか僕のバックパック30kgもなかったんだー。
と気づいたのはこの時だった。
サブバッグは7kgだけどね。

さてと、これでとりあえずは一件落着。
余ったお金はドバイでディルハムに代えてしまおう。

 

 

「これ、なんですか?」

カウンターでスタッフが
バックパックから突き出た
ギターケースを指差して言う。

 

「え?ギターですけど」

わざわざバックパックの中に入れて
その上からレインカバーもかけているんだ。
受託荷物として文句のつけようもないだろう!

 

「こういう壊れやすいものは
受託荷物用のビニールで包んで
いただかないといけないんですよ」

「え~~~~~~っっっっ!!!???」

IMG_4687

 

 

ここへ来た時、横目で見た受託荷物の梱包。

サランラップのようなビニールで
トランクなどの荷物をグルグル巻きにしている人を見て
『何をそこまでする必要があるんだろう?』
と思ったものだ。

だって300ルピー(506yen)もするんだぜ?

 

「それでは荷物を
梱包してきてくださいまし」

「えっ!?いや、だってー…」

強靭な体つきの男性係員が
カートで僕のバックパックを運んでくれた。

なされるがままにサランラップで
グルグル巻きにされる僕のバックパック。

IMG_4685

 

 

さすがにもう一度
並びなおすということはなく、
僕は無事出国手続きを終え、

IMG_4688
ドバイ行きの飛行機に乗り込んだのだ。

IMG_4696IMG_4698

ジェットエアウェイズで
まさかご飯が食べられるなんて…。
ちょっとあなどってたよ。ゴメン(笑)

 

 

 

大好きな国を離れて
これから向かう先はまだ見ぬ土地。

IMG_4700

 

 

いや、世界にはそんなところ
ばかっかりなんだ。

長くいたインドとは
これでお別れだと思うと
少し寂しい気持ちになった。

 

グッバイ・インド!またいつか。

IMG_4701

 

 

 

そして日記は続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時差はマイナス一時間半。
その分お得な感じがした。

IMG_4708

 

 

ここでの滞在は24時間もない。
翌日のシャルジャから出る
12:20の便でイランへと向かう。

降り立った国は
アラブ首長国連邦、ドバイ。

頭にターバンのようなものを巻いた人の姿を
チラホラ見かけるようになった。

入国手続きを済ませて向かった先は
インフォメーション。

とりあえずはドバイモールとやらに
行ってみてブルジュ・カリーファでも
見ようじゃないか。

あ、そうだ。シャルジャまで
どうアクセスするかも訊いておこう。

 

 

インフォメーションのお兄さんは
「コンニチハ!」と日本語で挨拶してくれた。

「今日はどこに泊まるの?」という質問に対して、
「友達の家に泊まるんだ」と応えたが、
ちょっとしらじらしかったかもししれない。

こんな物価の高そうな国で
泊まる余裕なんて僕にはない!
空港泊に決まっておろう!
ターミナルだ!(映画見てないけど…)

 

 

お兄さんから得た情報では
空港から直接メトロに乗って

「ブルジュ・カリーファ/ドバイ・モール駅」

まで行くことができるということと、

メトロかバスでシャルジャ空港まで
行くことができるということだった。

 

「だけど、明日は金曜日だから
メトロは13時からじゃないと動かないよ」

 

むぐぅ…。
明日のイラン行きのフライトは12:20だ。

しかたない。
今日中にシャルジャ空港に行ってしまおう。

 

 

メトロの片道切符は
25ディルハム(692yen)だった。
レート換算アプリで日本円に換算する。

やっぱりインドからやって来ると
アホみたいに高く感じてしまう。

メトロのチケットが
インドの宿代二日分だよ。すごいよね。

後から並んできたツーリストのおっちゃんは
僕と同じ行き先の往復チケットを
11ディルハム(304yen)で買っていた。

なんなんだ!このシステムは!
戻ってきた方が安いってこと?

すぐさま窓口のお姉さんに

「往復切符に代えたいんで
お金払い戻してもらえますか?」

と尋ねたところ、

「ドバイモール駅の
インフォメーションに行ってください」

とのことだった。
まぁいい。お金が戻ってくるならね。

 

 

 

プラットフォームに立ちメトロを待っていると、
アジア人顔の掃除のおばちゃんが
僕に声をかけてきた。

IMG_4711

 

 

「大丈夫?何か困ったことはないかしら?」

僕の姿がさぞ
お上りさんに見えていたことだろう。
バックパック担いでドバイをウロウロするなんてね。

 

「大丈夫だよ。
これからドバイ・モールに行くんだ」

「そう。それならよかった」

やさしそうなおばちゃんに見送られて
僕はメトロに乗り込んだ。

IMG_4713

 

 

そう言えば、ドバイに住む人の80%は
海外から出稼ぎに来た人たちなんだっけ?

ドバイで働くことはそこまで
難しくないそうなのだが、
何かちょっとでもイザコザを
起こしてしまうと働けなくなってしまうらしい。

メトロの中。アラブ、モンゴリアン、
アングロサクソン、色んな顔の人たちが乗る
車両の中で僕はそんなことを思った。

もしかしたらあのおばちゃんも
どこか別の国から出稼ぎに来た人
なのかもしれないな。

 

 

 

ドバイ・モール駅で降りると
僕はインフォメーションの列に並んだ。

IMG_4722

 

 

「往復券に代えてもらいたいんですけど」

「どこまで?」

この後僕はシャルジャへ行くバスの出る
「UNION」駅に行かなければならない。

 

「えっとユニオン駅まで」

「はい。じゃああと
4.5ディルハム(125yen)払ってね」

 

貧乏バックパッカーから
お金をムシりとって
何が楽しいんだぁあああ!!!???

なんでちょっと手前の駅まで行くのに
追加の料金を払わなくちゃいけないんだぁああ!!??

 

はぁはぁ、きっと僕が
何かを勘違いしているのでだろう。

 

交通費でお金がぶっ飛んでいく。
ヨーロッパとか入ったら恐ろしいくらいに
お金が吹っ飛んでいくんだろうな。

 

 

 

 

駅とモールを繋ぐ歩道橋には
ひたすらに長いベルトコンベアー
のような床が続いていた。

IMG_4723

 

窓ガラスの向こうに
ブルジュ・カリーファが見えた。

 

 

そしてようやく辿り着いたモールで
まず一番最初に目についたのはこれ。

IMG_4727
どこのテーマパークだよ…ここ?

 

 

僕はバックパックを背負ったまま
モール内を散策し始めた。

IMG_4728

 

世界一大きいとされる水槽では
何百匹もの魚たちが群れをなして泳ぎ、

IMG_4741

 

 

モール内にある滝のオブジェを見ると、

IMG_4760

 

『なんでこんなシュールな
ものを作っちゃったんだろう?』

と思わなくもなかったが、
そのスケールのデカさの前では
口を半開きにして立ち尽くすしかなかった。

 

 

カフェは無駄にお洒落だ。

IMG_4751

 

 

僕の好きなスケートボード・ブランドの
「ELEMENT」もこのモールで見ることができた。

店員さんたちは僕がつけている
ELEMENTのベルトを見せると
嬉しそうな表情を見せ、
一緒に写真を撮ってくれとお願いされた。

IMG_4765

 

 

コーヒーショップの3人の女のコたちは
僕に「中国人?」と尋ねてきたので、
「いいや、日本人だよ。君たちはドバイ出身なの?」
と反対に質問すると、2人はフィリピンで、
もう一人はカメルーンから働きに来ているコだった。

 

 

モールの外に出ると高い建物が視界を遮り、
ブルジュ・カリーファを見つけることができない。

日差しの中、出稼ぎに来たであろう
作業員たちが、道路に勤しんでいた。

IMG_4779 IMG_4815

 

 

一応、ネットでブルジュ・カリーファの
チケットを買おうとしてみたのだが、
4日間連続でどの時間帯もソールド・アウトだった。

よっぽど、この建物に対する
モチベーションが高くないとチケットは
手に入らないんだな。
僕は外から見るだけで十分だ。

IMG_4781

 

 

 

その下でスケボーをやっている少年が
人間味を感じさせた。

IMG_4786

 

 

 

3時間もバックパックを背負って歩くと
足がクタクタになった。

空腹を満たすために食べた
ピザパンは9ディルハム。249yen。
何もかもが高い…。

ここにいたら
お金がどんどん減っていってしまう。

IMG_4804

 

 

ユニオン駅までメトロで向かい、

IMG_4817

IMG_4819
そこからシャルジャ行きのバスに乗る。

IMG_4825 IMG_4826

 

 

20ディルハム(554yen)。
まさか磁気カードの切符を
事前に購入しなければならないなんて
知らなかったので、直前で切符売り場に
駆け込まなければならなかった。

IMG_4821

 

乗り込んだバスは
道路をひっきりなしに走り抜ける車の中に
なんとか入り込み、のたのたと走り出した。

車の量の割には外を
歩いている人がほとんどいない。

道路脇の空き地で遅くまで
サッカーをする子供たちの姿は
なぜか不自然な光景に思えた。

人工的な街の灯りがどこまでも、
どこまでも続いている。

手塚治虫が「火の鳥」で描いた様な
未来都市がいままさにここにある気がした。

ビルが立並び、車が途切れることなく走る。
人の姿はまったくない。

IMG_4829

 

 

これはドバイのほんの一面
にしか過ぎないのだろう。

東京に来た外国人が日本に対して抱く
イメージを僕はドバイに対して持っている。

ここに育った子は
どんな幼少期を過ごすのだろうか?

 

 

 

空港までの直通行きのバスは
5ディルハム(138yen)だった。

バスの中で僕はすっかり眠りに落ちてしまい、
運転手に起こされた時はシャルジャ空港だった。

寝ぼけた頭を覚醒させるために
とりあえずギターを弾く。

IMG_4832

 

 

「今、仲間が
お祈りしている最中だから、

唄うのはやめてくれ」

とタクシードライバーに注意された。

周りにいた人たちは
僕に笑顔で親指を立てる。

 

 

「お~!どっから来たんだ?」

「ジャパンだよ。そっちは?」

「コイツ以外は、
おれらみ~んなパキスタンさ!」

IMG_4841

 

 

空港前でタクシーを停めて
たむろしていたのはドバイ人ではなかった。

きっとこの国は外からやって来た者に対して
寛容なのかもしれないな。

お互いに助け合わなくちゃ
やっていけないのかもしれない。

そう思うと、彼らに対して
僕は仲間意識のようなものが生まれた。

IMG_4837

 

 

空港内に入り、
横になれないベンチに座って仮眠をとる。

IMG_4855 IMG_4854

 

 

眠れなくなってしまうと、
ダンキン・ドーナッツで一杯5ディルハムの
コーヒーをすすり、旅ノートをつけた。

IMG_4847

 

 

お兄さんがドーナッツをまとめ
お店の掃除をしているのを見て、

 

「もし、ドーナッツ
捨てちゃうんだったら、
ひとつくれないかな?」

とお願いすると、お兄さんは

「いや、ダメだんだよね」

と言いつつも、紙袋に入れたドーナッツを
そっと僕の前に置いてくれた。

深夜帯のシフトのお兄さんは僕に友好的だった。

この人も海外から
働きにやって来たのかもしれない。

 

 

いよいよ明日はイランだ。

IMG_4851

————————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

なんだかんだで、一日の密度が濃くて書くの超大変です。
ずっと書けるけど、その日を
無駄に過ごしてしまう気もしなくもない。

まぁ、今のところブログのアップは
できるのでのんびり更新していこうと思います。

今日も読んでくれてありがとね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします

★Twitterもね☞「indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!