「ここは水着で来るべきだったな…」

世界一周367日目(6/30)

 

目覚めると

僕の足下に首輪をしていない犬がいた。

IMG_1725

 

 

ソイツは頭を持ち上げ

「あ、起きたの?」
とでも言うように頭を上げて目と目を合わせると、

「ふうっ…」という感じで
再び組んだ前足の上に頭を置いた。
時々群がるハエを食べようと口をパクつかせていた。

黒いゴールデンレトリバーみたいなヤツで、
大人しく優しそうな目をした犬だった。

 

 

「そっかぁ…
僕のこと守ってくれたんだ。ありがとな」

そう言って犬の頭を撫でた。

IMG_1726

 

 

ここはコイツの寝床なのかもしれない。

人と一緒にいるのが好きなのかもしれない。

以前アルメニアでベンチで寝ている
ホームレスの足下に野良犬がいたのを思い出した。

僕も今そんな感じなんだけど、
犬がいてくれるとどこか心が温かくなる。

やっぱり犬が好きだ♪

IMG_1728

 

 

 

荷物をまとめた。

昨日公衆トイレで選択して干しておいた
下着やジーンズはまだまだ湿っていた。

パンツはバックパックにとりつけ、
ジーンズはそのまま穿いてしまった。

ここは暑い濡れたまま着ていても乾くだろう。

 

 

 

 

近くに僕と同じように寝ているおっちゃんがいた。

上半身裸で、首から金のアクセサリーをしているけど、
たぶんニセモノだろう。

 

 

「なぁ、悪いんだけど、5リラくれないか?」

「悪いね。僕もイスタンブールに行くのに
お金が必要なんだ」

「メシ喰う金がないんだよ」

「どっちも同じさ。
おっちゃんの5リラは僕の5リラでもあるんだ。
おっちゃんのメシは僕のメシだよね?悪いね」

 

お金をせびってくる上裸のおっちゃんに
爽やかに別れを告げて僕は近くの売店で
しっかり朝ご飯を食べるとトラムの切符を買った。

IMG_1733

 

 

マップアプリで確認するとトラムに乗れば
街の端っこまで行くことが出来るみたいだ。

値段は5リラ(239yen)。
磁気カード分のお金も含まれているんだろう。

街によってトラムのカードが変わる。

おっちゃんの5リラは僕のトラム代だったんだな。

 

 

トラムは滑らかにアンタルヤの街を走った。

窓ガラスは少し水色で涼しげな印象を与えてくれた。

海の街にふさわしい乗り物だ。

IMG_1735 IMG_1737

 

 

 

そのまま僕はトラムで町外れまで行き、
幹線道路で親指を立てた。

止まってくれたのはトラックだ。

いつものように自己紹介を済ませ
「カワサキに住んでるんすよ~!ブルゥン!」
なんて冗談を言ってドライバーのおっちゃんと笑い合った。

IMG_1742

バイバイ。今日もありがと。

 

そこからデニズリまでの幹線道路で降ろしてもらい、
近くにあったガソリンスタンドで
景気付けのジュースを飲み干す。

や、いつもジュース飲んでるんすけど笑。

 

 

 

ガソリンスタンドの脇に僕と同じように
ヒッチハイクをしている
トルコ人のお兄さんの姿が目に入った。
日陰でやる気なさそうに親指を立てている。

「メルハバ~!お互いがんばりましょ~ね~!」
と笑顔でお兄さんの前を通り過ぎる。

 

 

『はっ!あんな日陰で
無表情で親指立ててるヤツに
俺が負けるわけなかろう!
アイツよりも先に
車ゲットしてやるんわっ!』

 

 

よくわからい対抗心むき出しで、
15メートル離れて荷物をおろした。振り返ると

 

 

 

お兄さんがいない。

 

 

えっ~~~…

荷物を置いて目をはなしている隙に
車ゲットしたってんですか~…。
瞬殺じゃないっすか…。

 

 

 

な、なろう!
僕も負けてられるかってんだ!

元気よく親指を立てた。

次の目的地のデニズリまでは
ハイウェイが一直線に続いている。
車もいい感じで流れてるぞ!

IMG_1739 IMG_1743

 

 

だが、車はなかなか止まってくれなかった。

 

あれー…?

 

いつものようにスマイル100%で、
時にはコミカルにダンスしてまで
親指を立ててるってのになぜだぁああああ!!!

 

「ォォォォ….ン」

 

あっ、止まった。テシュケレ~♪

 

 

乗せてくれたのは無口なドライバーさんだった。

そこからデニズリまで。
(途中のヒッチハイクポイントで降ろされ
そうになった時は焦ったけど)

いいヒッチハイクだ♪

IMG_1745 IMG_1746 IMG_1748 IMG_1750 IMG_1751 IMG_1752

 

 

 

 

 

 

 

目的地は
デニズリじゃない。

そこから少し離れた
パムッカレという場所に行きたいのだ。
そこへアクセスするためにデニズリに来た。

パムッカレは旅のブログに
かなりの確立で出て来る観光地だ。

僕も旅の資金集めをしている時に読んだブログで
ここの存在を知った。

 

 

デニズリからパムッカレへと続く道で
すぐにミニバスに乗ることができた。

バックパックを背負った僕の姿を見て、
ミニバスが止まってくれたのだ。

「パムッカッレっしょ?」みたいに(笑)。
3.5リラ(167yen)。安いね!

IMG_1754

 

 

町の中心地につくと、目の前のカフェから
「待ってました!」とばかりに駆け寄って来る
お兄さんの姿が見えた。
ふふふ。なんか微笑ましいな。

IMG_1755

 

 

「日本人?どこいく?宿あるの?安いよ!」

お、おれかっっっ??!!

 

 

「荷物置くだけだったら
そこのバス会社使ってもいいよ。
宿はどうする?」

「え~どうしよっかな?
日帰りのつもりなんだよ。
このあとデニズリ戻るんだ」

「デニズリどこ泊まる?」

「や、公園でキャンプしょうかなって」

「ソレ、ヨクナイヨォ。ホテルテープ。
20リラ(956yen)デイイヨ!
ブレックファストツイテルヨ!」

 

 

安っっっ!

 

 

カッパドキアでもドミ25リラだったぞ!
それよりも安い。と、泊まっちまうか?

日本語の喋れる客引きは時にボってくる場合がある。

様子を探るお兄さんの車ですぐ近くのホテルに向かった。

 

 

 

 

「ホテル・ギョレメ」
というのがホテルの名前だった。

IMG_1786

 

 

てかパムッカレなのにギョレメ???意味分からない。

名前は置いておいて、その設備に僕はやられてしまった。

なんと中庭にプールがあるのだ

あとから知ったが、
パムッカレのホテルには必ずと言っていいほど
屋外プールがついている。

しかも今は夏真っ盛りと言っていい気温。

ここ泊まっちゃえ!

 

 

すぐに20リラ支払いった。

部屋が片付くまで待って欲しいとのことだったので、
そのままお兄さんたちの車で目当ての観光地へ。

 

 

ここには石灰棚があるのだ。

 

 

入り口の前で青いタオルを買った。

キャンプ生活に必要なんだよねー。

体を拭ったりする時に役に立つ。
それに多少汚れてもそこまで気にならない色だ。

いつもより高いドンドルマを食べ、
僕は石灰棚へと向かって行った。

IMG_1756

 

 

 

入場料25リラ(1,194yen)。

IMG_1780

 

たかっ!!!!

 

 

なんだよその料金設定!

宿代以上もするなんて信じられん!

だが、これを見るためにここに来たんだ。
素直に入場料を支払う。

 

 

 

 

土足禁止でサンダルを手に持って石灰棚を登っていく。

白い地面は思ったよりもすべすべしており、
足下には温かい水が流れていた。

IMG_1759 IMG_1761

 

 

 

まわりには水着を着た観光客の姿。

僕ジーンズ。

 

 

そうかー…

ここは水着で来るべきだったな…。

写真撮るくらいしかできねえ。

IMG_1777

 

 

 

敷地内を一通り歩き、
「うわぁ~すげ~!」って言って
元来た道を引き返した。

楽しかったけどね。
水着着てくりゃよかった…。

しかも奥にあるヒエラポリスを
観て来なかったのも痛い。

ローマ劇場の遺跡行ってみたかったな~。

なんで引き返したんだろ?

もう『宿のプールでいいや~♪』って思ったんだよね。

悔しかったので上裸で自撮り。

IMG_1774

 

最近喰いまくってるからななぁ~、
体重意識しないと…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑さに
フラフラしながら

宿に戻った。

IMG_1783 IMG_1784

 

 

髪を結わえないで泳ぐと、
水面から顔を上げるだけで、
長い前髪が顔にワカメみたいにかかった。

懐かしい泳ぐという感覚。

宿のいたずら少年は夏休みらしく、
一緒にプールで遊んだ。

 

 

プールから上がると、軽い疲労感があった。

軽食をとりに宿の外へ。

今朝までいたアンタルヤも暑かったけど、
ここはもっと暑い。そりゃプールも必要だわな。

IMG_1785 IMG_1792

 

 

 

町の中心地でお兄さんたちに囲まれて
ギターを弾いて宿に戻った。

書きたまっているのに日記も書く気にならなかった。

IMG_1796

 

 

 

 

 

 

日本の憲法が明日変わる。たぶん。

Facebookから日本の様子が伝わって来た。

多くの人が官邸前に集まりデモをしている。

集団的自衛権の法的解釈の変更についてだ。

これが容認されれば、
日本が戦争に参加できるようになる。

 

 

一体日本は何をやりたいってんだ?

今まで色んなことが
マイノリティーの意思を反映して変わっていった。

そして、それに反対する声が
全く政治に反映されていないのを度々目にした。

僕はそれを観るたびにうんざりした気持ちになった。

 

 

歴史を学んでも戦争なんて金儲けとして起こっている。

どこかで人が殺されば金を儲けているヤツがいるのだ。

戦争の発端もすごいあやふやなことが多い。

こちらから仰々しい大義名分をかかげ
仕掛けていくものばかり。

ビジネスのために殺したり殺されたり、

ナンセンスにもほどがある。バカかってーの。

今の日本は利益に捕われた企業みたいだ。

 

 

僕がしたことと言えば、
自分の気持ちをTwitterにぶちまけることくらいだった。

 

ピースフルな環境で、
僕は自分の生まれた国のことを想う。

そんな夜だった。

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

2 件のコメント

  •  入場料がアホみたいに高いですね。

    昔は無料でしたが、観光客が少なくてガラガラでした。トルコを含めてヨーロッパはそろそろ行きたいのですが、円安と燃油代の高さで足が向きません。それで次もタイのエアアジアでバンコクに飛ぶことにしたのですが、関空から9900円でした。和食には飽きていますので、アジア飯が楽しみです。本当は鯖サンドを食べたいのですけどね~。

    • >citydeさん

      お気持ち分かります。

      日本から直接ヨーロッパへ向かうとなると、
      なかなか腰が上がりませんよね。
      僕も今回のような旅路でなければ
      ヨーロッパだなんて
      行かなかっただろうと思います。

      昔のパムッカレが
      どんなだったか興味あります笑。

      アジア旅楽しんでください!
      コメントありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です