「ipodの中の古いソングとナイトバス」

世界一周118日目(10/24)

 

ルアンパバーンの
バスターミナルに到着すると、
ビエンチャンからバンビエンへ行く際のバスに
一緒に乗り合わせた
シンガポール人の男のコの姿があった。

IMG_3677

 

 

前回は
マレーシア人の女のコをはべらせていたのに、
今回は欧米人(どこの国かは知らないよ)
女のコをはべらせている。

やり手なのだろうか?
僕も女のコといちゃいちゃしたい。

 

 

 

そんな彼に対する僕の印象は
決していいものではなかった。

彼らシンガポール人は
けっこう癖のある英語を話すくせに、
僕が何か話す度に

「えっ?」

いちいち聞き返してくるのだ。
僕の発音が悪いのだろうか?

まあそれはいいとして、
その「えっ?」
(っていうよりかはむしろ「はっ?」に近い)
リアクションが僕をイラッとさせた。

 

 

 

彼の中指を見ると、
ギブスで固定してあった。

 

どうしたのかと訊くと
(もちろん彼は「えっ?」って言ってきた)

ツアーの滑車下りで骨折してしまったようだ。

 

内心僕は『ざまぁ…』と思ったのだが、
彼は実に前向きだった。

 

「いやぁ、指で良かったよ!
だって足だったら旅できないもんね!
実にラッキーだよ!」

 

そのアメリカンなユニークさが
女のコといちゃいちゃできる
秘訣なのかもしれないな。僕も見習おう。

 

 

 

彼らの邪魔をしては悪いので、
僕は日本人的な心配りを見せ、
早々にバスに乗り込んだ。

IMG_3679

 

 

目指すは

Luang Namtha(ルアンナムサ)

IMG_3676

 

 

マップアプリで確認したら
いくつかゲストハウスを見つける事ができた。
もしかしら観光地化されているのかもしれないが、
安宿もきっとあるだろう。

 

 

 

 

一旦バスの外に出て
歯を磨いていると、
例の彼がやって来た。

 

「やぁ!奇遇だね!
僕も同じバスなんだ」

 

あちゃ~…
コイツと一緒かよ。
できるだけ関わり合いになるのは避けよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の席に座り、
バスがいよいよ動き出すと、
僕はiPodを取り出す。

このiPodには僕が高校から、
浪人時代、大学生の時に聴いた
音楽たちが詰まっている。
その多くがちょっと昔のロックとジャズだ。

その時に使っていたパソコンに
これらの音楽が入っている。

同期するのがめんどくさいので
そのままにしてあるのだ。

 

 

流れて行く窓の風景を見ながら
久しぶりに聴きたくなった
銀杏ボーイズの青春ソングを聴いているうちに、

歌詞に登場する「僕」は
報われない恋を遂げているんだなぁと思うと
ちょっと切ない気持ちになった。

どんなに人を好きになっても
報われないことってある。

そう。韓国ドラマみたいに。

 

 

 

日はあっという間に沈み、
辺りは街頭ひとつない道に変わった。

っていうか
真っ暗。

 

頼りはヘッドライトと民家の明かり。
よくこれで事故を起こさないもんだ。

これは道からはずれて落ちたら
まず生きて帰れないだろうな。

でも大丈夫。
僕、運いいからー….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パンッ!」

 

 

 

突然何かの破裂音が聞こえた。

ちょっと焦げ臭い。

 

これってもしかして
襲撃された!!?

なんか場所によっては
山賊出るらしいってのは
ほんとうだったのか!!?

 

 

えっ!?ちょっと待って!

銃を突きつけられた時、
どんな
リアクション
とっていいのか

分からないよ!!!

 

 

「清水アウト~(笑)」

 

って年末にやる音楽番組みたいに
撃たれちゃったらシャレにならない。

 

お、怯えたフリ!
こ、声を裏返させるのなんてどうだろうか?

 

あーっ…
サブバッグのMac盗られたら
けっこうショックだなぁ…

 

まあ死にゃしないだろう…。

人間意外と冷静!

 

 

 

破裂音を耳にした時、
そりゃもちろん「ビクっ!」としたさ。

だけど
「襲撃」「タイヤのパンクかなにか」だと
可能性を絞り込んでいた。

 

 

 

 

 

ビンゴ!

IMG_3683

 

 

 

他の乗客と一緒に外に出てみると
後輪のタイヤがパンクしていた。

まぁ、ラオスのみなさん誰一人として
パニックになってる人いなかったしね。
冷静でいられたのはそれもあるかな。

IMG_3684

 

 

 

だが、
ここに
犠牲者がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼だ笑。

IMG_3686

 

 

ツイてないヤツって
ほんとツイてないんだよね~。おっと失礼!

 

パンクしたタイヤの真上に
座席があったらしく、
その破裂の衝撃で足を痛めたらしい。

幸い、大ケガや火傷を負った
というわけではなかったが、

まさかピンポイントの位置で
座っているだなんて…

 

タイヤの真上の座席は衝撃で傾き、
座れなくなっていた。

 

 

 

 

 

僕はけっこう

「運」

ってヤツを信じる。

 

「勝負運」や「恋愛運」だとか
その色々種類もあるけど、

僕は「人生トータルの運」がいい
(っていうかそう思うようにしている)

 

特に旅に出てからは顕著だ。
人生に良い影響を与えてくれる
素晴らしい人たちに出会うことが
できていることなんか特にそう思う。

 

「ツイてるヤツ」「ツイていないヤツ」
という場合もあれば、
良くないことが起きてしまうサイクルに
入り込んでしまう場合もある。

多分彼はそうだったんじゃないか。

 

 

「ひょっとしたら君は
運がよかったのかもよ?

だって
もしかしたら大きな事故で
死んでたかもしれないんだから」

 

と彼にポジティヴな言葉を投げかけたが、
この時ばかりは彼の顔は引きつっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運転手と助手は
応急処置を済ませ、

バスは「ペタコッ!ペタコッ!」
ひと回転ごとにまぬけな音を立てて
ゆっくりと走り出した。

 

タイヤを交換できる中継地までバスが着くと、
僕らはバスを降り、
お互いの旅のルートを話し合った。

IMG_3701IMG_3698

 

 

彼は僕の2コ下であることが分かった。
大学を卒業し、就職前に
1ヶ月の旅をしているそうだ。

どういうわけだか、
この時は「えっ?」とは
訊き返されなかった。

IMG_3703

 

変な話さ。
アクシデントが僕たちの距離を縮めたなんてさ。

グッド・ラック。良い旅を。

——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

バスに乗るまで漫画の道具のこと書いたけど
(読んでくれた人、手ぇ上げてぇ〜)
まさか最後の最後でこんなハプニングがあるなんて!
一日が二回分あるような日でした。

 

些細なアクシデントがきっかけで人と仲良くなれたりしません?

お笑い芸人的には「おいしい」んだろうけどね。

まぁ、彼にケガがなくてなによりです。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
おひとりさま一日一回までらしいです。
ふーん…

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です