「今日の宿はどっちだ!?」

世界一周119日目(10/25)

 

ルアンナムサ
到着した時は、
辺りは真っ暗だった。

IMG_3711

 

そして寒い…

 

 

一緒におりたラオス人たちは
チケット売り場の前のベンチに
各自持参した毛布にくるまって、
さっさ寝てしまっていた。

っていうか
ターミナルで朝日を待つはめになることを考えて
毛布を持ってくってすごいな。
準備周到というか。

 

中には地面で寝れるように

「ござ」

まで持って来てる人もいたくらいだ。

IMG_3717

 

 

それにしても
クソ寒い。

パタゴニアのアウター、
無印良品のVネック、
WILD THINDSのハーフパンツ、
KEENのサンダル

それが僕の格好だった。

 

 

いくら東南アジアが
日本に比べて気温が高いと言っても、
ラオスの夜明け前の、
しかも山奥の気温は低い。

 

自分の体をすっぽり覆える毛布を
持っていなかったラオスの少年は、

寒くて眠れないのだろう。
貧乏揺すりをしたり、
ベンチから立ってターミナル内を
行ったり来たりしていた。

 

 

 

僕はいつもサブバッグに
きれいに折りたたんで忍ばせている
サバイバルシートを身にまとった。

IMG_3715

 

 

 

風に煽られてうまく体に密着させる事ができない。

なんとかベンチに座りながら
体を包もうと格闘しているうちに、
サバイバルシートが破けてしまった。

 

ここまで旅をしてきて、
コイツに助けられたのは

モンゴルの草原でバスが止まってしまった時、

タイの宿で扇風機の寒さから身を守る時

だった。

夏に世界一周に出発したので
今のところ訪れた国はそこまで
寒くはなかったというのもある。

 

 

 

サバイバルシートは
破けたらガムテープで修繕してたんだけど、
今回は修復不可能なくらいに破けてしまっていた。

一応、モンゴルで他の旅行者からもらった
別のサバイバルシートがあるので、
一代目のシートとはグッバイした。

 

まぁ次のもダメになったらどこかで
新しいのを買えばいいさ。
きっとネパールあたりで役に立つことだろう。

 

 

朝方の冷え込みは厳しく、
サバイバルシートは気休めくらいにしかならない。

僕は荷物の心配もあり、
一睡もすることができなかった。

体温が下がらないように
貧乏揺すをして寒さをしのいでいるうちに
段々空が明るくなって来た。

 

 

トゥクトゥクに数人のラオス人が
乗り込んだのを見ると、

僕は運転手に行き先を確認して
10,000KIP(120yen)支払い
それに乗り込んだ。

ルアンナムサのバスターミナルと中心地は
離れたところにあるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中心地に着くと
僕はマップアプリを頼りに
ゲストハウスを当たって行くことにした。

IMG_3718

 

 

ここにも外国人向けの
ゲストハウスはいくつかあった。
中には欧米人のバックパッカーが
泊まっているところもあった。

だが、
全て高い!

 

シングルルームで50,000KIP(618yen)。

いや、これで「高い」なんて
言っちゃダメなんだろうけど、

僕からしてみたら10,000KIPもあれば
良い物が食べられるのだ。

宿以外の出費のことを考えると
「50,000」という数字はデカい。

 

 

小高い丘の上に金色の仏塔が見えた。

まだ勝負は終わってないぜ。

 

ラオスでは
「お寺に泊めてもらう旅人」
がいるという。

今晩はお寺のご厄介になるとしよう。

 

犬に追われながら、
重たいバックパックを背負いながら、
僕は丘の上にあるお寺を目指す。

IMG_3721

 

 

 

お寺に着くと、
敷地内のベンチにひとまず腰をおろした。

IMG_3725

 

 

テーブルにはジャージを着た
がきんちょ2人が
僕を見てニヤニヤしていた。

IMG_6685

 

 

「おっす!」

 

日本語で挨拶する僕。

 

やっぱ泊まらせてもらうからには
神主さん的な人に
許可をもらわなくちゃいけないんだろうな。

外堀から攻めて行こう!

ガキが落ちれば、
神主も落ちるはずだ!
もちろんそんなゲスなことは考えてないっすよ?

 

 

いつものように何気ない会話から、
iPhoneの写真を見せて
自分が旅する漫画家であることを
子供たちに教える。

すると一人の子坊主が
ペンと2ページ分切り抜いたノートを持ってきた。

僕が彼らの似顔絵を描いてやると、
途端に打ち解けた感じがした。
(その割には写真に移りたがらなかったのな)

ハーモニカとギターを
披露するとつかみはバッチシだ。

 

 

いい感じで温まった場に
ボスの坊主が登場した。

人を安心させる様な
温かい微笑みを浮かべて
彼はこう言った。

 

「NO STAY…」

 

 

ぐはっ…!!!

IMG_6684

 

 

 

…うん。わかってた。
そう簡単にお寺に泊めてもらえないことくらい。

そりゃそうさ。
そんなどこもかしこも
気軽に旅人を泊めてやるわけないもんね。はは。

 

 

お坊さんが去った後、
「これ、よかったら」
と申し訳なそうに小坊主は
オレンジジュースを差し入れてくれた。

そんな気遣いが心に沁みる。

 

だが、
『時々自分も吸ってます』
的な雰囲気で「タバコ吸う?」は
いらなかったかな笑。

意外とラオスの坊主たちもスノッブだ…

 

 

 

折られた心を引きずって
ちょっとお寺のてっぺんにある
黄金の仏塔を見に行くことにした。

 

てっぺんからはルアンナムサの町が一望できた。

 

いつも嫌でも耳に入ってくる
バイクや自動車の走行音や、
にぎわう人の騒がしさ、
その他のノイズは
遠くの方からしか聞こえなかった。

 

 

『静かだ…』

IMG_3729

 

旅をしてきて
ここまで静かなのは初めてかもな。

僕はゆっくりとタバコを吹かし、
下に降りた。

 

 

 

 

下に降りてお坊さんと一緒に
ひまわりの種をかじりながら世間話をした。

ラオスの「物」の70%は輸入品だという
お坊さんの話は興味深かったな。

そのほとんどが中国産やタイ産。

リンゴが中国産だったことには驚いたし、
あの伝統ある袈裟はタイ製だった笑。

IMG_3733

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町に戻ると、
僕はあてもなく町をふらついた。

IMG_3734

 

 

「Hi! Are you japanese?」

 

一軒のお店の前で
人の良さそうなヤツに声をかけられた。

「こっち来て座りなよ」と言ってくれたので
僕は言われるままにバックパックを降ろし、
お店の椅子に腰掛ける。
なんで日本人って分かったんだろう?

 

 

彼の名前はブチャ。23歳。
写真屋を営んでいる。

IMG_3747

 

 

3ヶ月前に日本の旅人と友達になり、
日本の写真に興味を持っているそうだ。

僕のiPhoneの写真にとても興味を示し、
僕がウトウトしている間、
ずっと写真を見ていた。

 

 

そろそろ本題を切り出そうか…

そうです。僕には宿がありません。

 

 

「ちょっとさ、
お願いがあるんだけど、

一晩ここに寝かしてくれないかな?」

 

「もちろんさ!

それよりも明日空いてる?
よかったら自然保護区に
写真を撮りにいかないか?」

 

うはぁ~!良いヤツぅ~っ…!!!

 

 

僕はブチャにお礼を言い
バックパックを置かせてもらうと、
仕事の邪魔にならないように
カフェに漫画を描きに出かけた。

 

5,000KIP(62yen)の
ベトナムコーヒーを飲みながら。

IMG_3750

 

Wi-Fiはないけど、作業環境はばっちしだ。

12時前から描き始めて
今回も長いことテーブルを使わせてもらった。

IMG_3748

 

 

 

ブチャの写真屋に戻ると
彼は僕の顔をみるとこう言った。

 

「ごめん!
今日急用ができちゃって
出かけなくちゃいけないんだ。

だからシミをここに泊めてあげることが
できなくなっちゃったんだ」

 

 

ぐはっ…!!!

IMG_6684

 

 

う、うん。分かってた。
そう簡単に寝かせてもらえないくらい。

そうだよね。
旅ってそんなに甘くないよね。

あれ?
デジャヴュ…?

 

 

「大丈夫大丈夫。
全然問題ないよ。
I don’t care!!(ニコッ)」 

 

 

できるだけ彼に
気を遣わせない日本人の演技力よ。

IMG_3724

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方になると
犬は吠えだし、
デカいバックパックを背負った
僕の姿を見て吠えかかってくる。

 

「なろうっ!
やんのかコラァッ!!!」

 

毎度ビックリするけど
このシチュエーションにも
段々慣れてきた。

 

安全な距離がとれるまで背後はとらせない。

手を振り上げて自分を大きく見せる。

狂犬病に感染した犬なら
きっと水を怖がるはずだから
ペットボトルの水をちらつかせる。

隙を見て路上の石を手に取る。

石を投げるフリをする。
(半分くらいはこの動作にビビる)

追ってくる犬には
噛まれない間合いをキープしながら
飼い主に仲介させる。

 

まあ今のところ
僕にできる対向手段はこんなもんだ。

 

 

 

僕はなんとかして
朝方到着したバスターミナルへ
戻ろうとしたが

IMG_3763

 

 

こういう時に限って
トゥクトゥクの姿が見当たらない。

いつもは
バックパッカーを見る度に
「トゥクトゥク?」
って訊いてくるくせに…

 

 

やっとのことで捕まえたトゥクトゥクは
運転手の野暮用に僕をつき合わせたばかりか
出発前になって値段を
6倍にふっかけてくるヤツや

はなっから
2倍の料金をふっかけてくるヤツしか
いなかった。

トゥクトゥクなんて嫌いだ!

IMG_3762

 

 

それに
バスターミナルまで
せいぜい15分くらいの距離なのに
行きと帰りの値段が違うって
どういうことだ?

 

 

 

 

 

とりあえず僕は
中心地にあるローカルな
バスターミナルに辿り着いた。

 

逃げ込んだカフェで
6,000KIP(74yen)の缶コーヒーを注文した後、

それには一切口をつけず、
出されたお茶をお供に
ブログの下書きをした。

IMG_3765

 

 

頃合いを見計らって
オーナーのおっちゃんに
外のテーブルでいいので
寝かせてくれないかと僕は頼んだ。

もちろん、おっちゃんは
YESと言ってくれるわけがない。

 

 

 

「ちょっとこっち来い」

手招きするおっちゃん。

 

えっ?もしかして

「ここはダメだけど、
ここならオッケー」

のパターンかっ!!?

 

淡い期待を抱いて
おっちゃんの後について行くと

 

その先には
ホテルがあった。

 

 

 

で、ですよね。
観光客はホテルに泊まれと。

もう自分でも
なんでここまで節約してるのか
わかんなくなってきたよ。

 

 

 

「カプチャイ…」
(ラオス語で「ありがとう」の意味)

 

お礼を言って
僕が向かった先は
ホテルではなくー…

すぐそばにある
誰も住んでいない民家
だった。

 

空き家なのだろうか?

しっかりした作りで
野宿に丁度良いスペースがあった。

 

 

念入りに野良犬がいないことを確かめ、
荷物を置いた後、

人がやって来ることがないか
息をひそめて辺りの様子をうかがう。

バスターミナルの敷地内には
バーやカラオケがあり、
重低音やバイクの走行音、
酒が入った人の笑い声が聞こえてくる。

 

 

30分ほど様子を探り、
とりあえずは寝れそうだと分かると、

野良犬が入ってこないように
洗濯ヒモでバリケードを作り
僕は寝袋にくるまった。

————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

限られた予算で長く旅を続けていくには
「質素なライフスタイル」が必要不可欠だと思うのですよ!

いくら東南アジアが物価が安くたって
ぼかぁ最低ラインで攻めたい!

この姿勢がのちのち活きてくるって
信じてるから!

それに
ドミトリーとかの安宿の金額と比べると
2倍近くに金額が跳ね上がるのが
許せないんです。

てか、安宿もそこそこする宿のシングルルームも
あまり大差ないのに
なんでここまで値段がかわっちゃうんだろう…?

なんか優しくないよね。

っていうか
おれ変なヤツだよね。

 

うん。わかってる…

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!