「この川の向こうにタイがある」

世界一周120日目(10/26)

 

思った以上に
快適に寝られた。

IMG_3774

 

 

朝6時。

ここはルアンナムサの
中心地にある
ローカルなバスターミナル。

辺りはうっすらと
明るくなっていた。

 

 

野宿をすると人間の防衛本能が
いつもよりも働くのだろうか?

2時間おきぐらいに

 

「はっ…!!!」

と目を覚まし、

辺りをきょろきょろして
とりあえず問題がないと再び寝る
っていうよくわからない
サイクルができていたが、

ちゃんと睡眠をとれていた感覚はある。

 

 

人に見つかる前に
ここを出よう。

ここから
昨日の明け方到着した
メインのバスターミナルまで
戻らなくちゃならない。

 

そこから朝9時に
タイへの国境の町

HOUAYXAY(ホァイサイ)

へのバスが出るらしい。

 

 

野良犬よけのバリケードにした
洗濯紐やPenny Board、ギター、
パックサーフを手早く回収し、

IMG_3775

 

 

パッキングを済ませると
運良く目の前にトゥクトゥクが停まった。

 

運転手は他の乗客を
乗せるのに付き合ってくれるのなら
10,000KIP(123yen)でいいとのことなので

バスの出発まで時間のあることだし
僕を乗せたトゥクトゥクは
マーケットに向かった。

IMG_3778

 

 

 

朝だというのに
マーケットは地元の人たちで
にぎわっていた。

IMG_3782

 

 

マーケットの向かいにトゥクトゥクを停めて
おっちゃんと僕は
バスターミナル方面へ行くお客さん待つ。

IMG_3781

 

 

だが、15分くらい待っても
他の乗客を確保できる気配はなかった。

周りにもマーケット帰りの人を狙った
他のトゥクトゥクがあったのだが、
みんなヒマそうにお客を待っている。

IMG_3779

 

僕はタバコをおっちゃんに勧めてみたが、
おっちゃんは喉をさするジェスチャーで
受け取らなかった。

ふーん。
タバコを吸わないトゥクトゥクの運転手も
いるんだなぁ。

 

タバコの代わりに僕はマーケットで
ひとつ1,000KIP(12yen)のミカンを4つ買い
おっちゃんに「いる?」かと訊いてみた。

だが、手を振って受け取らないおっちゃん。

「いいから!いいから!」と
ちょっと強引に進めると
おっちゃんは「それじゃあ…」と
小振りなミカンを選んだ。

 

遠慮しているのだろうか?

それともー、

 

僕がご機嫌取りに
走っていることを
見抜いているのだろうか!?

 

だってさ、あとで
ふっかけられたりすんの嫌じゃん!
こういうジョブ
後々効いてくんのさ!

 

 

 

 

お客が乗る見込みが今はないと
見切りをつけたおっちゃんは

僕一人だけを乗せて
メインのバスターミナルまで
トゥクトゥクを走らせてくれた。

 

ほらね。
効いたでしょ?

IMG_3809

 

 

 

 

 

 

 

 

おっちゃんに
お礼を言ってお金を支払い
(ふっかけられることはもちろんなかった!)

バスターミナルに到着した僕は
時間までの間、ホォアイサイ行きのバスの中で
ブログの下書きをした。

IMG_3794IMG_3800IMG_3798

 

ターミナルにはバックパッカーの姿も
チラホラ見かける。

彼らはここへ何しに来たのだろうか?

 

9時になり、乗客を乗せたバスは
ホァイサイへと走り出した。

 

 

 

出だしは好調。

バスの中で
半強制的に運転手のチョイスの
ラオ・ミュージックを
聴かされるのにも
もう慣れた。

僕はイヤホンを耳につっこみ
流れる外の景色を見ていた。

 

バスは山道を走る。

朝食は軽めに取っていたので
酔うことはなかったが、

途中休憩で停まった際
道端でヴォミットしてるラオス人女子を見て

 

『あぁ、
この山道は
ラオス人でもキツイんだな…』

 

と妙に親近感を覚えた。

IMG_3819IMG_3816IMG_3817

 

 

 

バスでの移動は
考え事をするのに丁度良い。

IMG_3815

 

やることがないから。

 

 

 
大学一年生の冬休みに
「自分探し!」とか言って
青春18切符片手に

小田原から
深夜特急と普通列車を乗り継いで
鹿児島まで行ったときも

ずっと列車の中で
考え事してたなぁ…

 

 

おれって
なんなんだ?

って笑。

IMG_3821

 

 

 

人生の中で
一度しか見ないであろう外の風景に
自分の思考を溶け込ませる。

 

 

 

尊敬すべき友人が
世界一周に旅立つ前にFacebookに
メッセージをくれた。

 

 

「おれは最近、

Facebookやブログで
全く会っていない人が
投稿しているのを見ると

どうもその人たちを
最近会ったことの様に
感じてしまうんだ。

それは嬉しいことの様にも感じるけど
おれは少し寂しい気持ちになる。

 

だから、
陽介(僕の名前だ)が帰ってきたら
応援してくれた人たちのところへ行って

自分の口から直接
自分が何を見て、何を感じたのか
伝えて欲しい。

 

 

あっ、
別に帰ってこなくてもいいんだぞ。

屋台で物売って現地で暮らすってのも
選択のひとつだぞ笑」

 

 

まぁ、
覚えているだけで
こんな感じのメッセージだった。

 

自分の口から
今、僕が味わっている
この世界一周という旅を
伝える事ができるだろうか?

自分の中に
「旅」という体験を
落とし込んでいかないと
それはきっとむりだ。

「楽しかった!」

で語れちゃう旅なんてもったいないぜ。

IMG_3822IMG_3823

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホァイサイの
バスターミナルは
中心地から離れたところにある。

 

もういいよ…
このパターンも慣れました。

 

そうだな。

きっと現地の雇用創出と
トゥクトゥクの需要を生み出すために
わざと離れたところにバスターミナルを
作ったんじゃないかな?

 

 

もちろん
歩いたけどねッ!!!

 

 

 

その距離6キロ。

総重量約30キロの荷物と一緒に。

 

バスを降りると
いつものようにトゥクトゥクの運転手たちが
乗客に群がった。

中心地まで10,000KIPで行けるらしい。

まあ、乗客が確保できるときの相場だな。

 

僕はバスに乗っていた他の旅行者たちと
一緒について行こうかと思ったのだが…

 

トゥクトゥクは
6人までしか
乗れない

(バックパックありで)

 

と言う。

 

 

「は〜い!

じゃあ中心地一緒にいくひと〜?」
(いや、こんなノリじゃなかったよ。
でもシチュエーションとしてはこんなだ)

 

「は〜い!×7」

 

「ひとりー…
多いね…」

 

次々と他の乗客を乗せたトゥクトゥクが
ターミナルを出発していく。

途端口数が少なくなるみんな。

残されたトゥクトゥクはあと一台。

 

 

「あっー…

おれ、やっぱりいいよ。

歩いて行くよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわかりでしょう。
それが日本人の僕です。

 

朝、マーケットで買った
ミカンの残りをほおばりながら、

重たいバックパックに
ヒーコラ言って歩いた。

IMG_3824 IMG_3830

 

 

途中に見つけた小さなレストランで
食べた10,000KIPの
カオ・ソーイ(ラオスのうどん)が美味しかった。

IMG_3828IMG_3827

 

 

 

中心地へ続く川沿いの道。

この川の向こうがタイだ。

IMG_3826

 

 

僕はまたタイに戻るのだ。

IMG_3832

————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております

しかも中心地も宿が高い!

50,000KIP(617yen) が底値だなんて…

風呂なし2日間連続はキツいんで
2泊しちまいました。

まぁ、シングルで部屋までWi-Fi届いて
ホットシャワーが使えると

まぁそんなもんなのかなとも
思わなくもないです。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入るしくみです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周
  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!