「勝利のゆくえはどこにある?」

世界一周124日目(10/30)

 

朝イチで

インド領事館に殴り込みをかけるべく
僕は6時にセットしたアラームで
目を覚ました。

ゲストハウスの
飲み放題のコーヒーで
目を覚ます。

 

 

今日は

インドビザ申請の日

だ。

 

多くの旅人が
その面倒臭さから

「日本で取ってった方が
断然楽!」

と言ってやまない
タイでの取得インドビザ。

 

なぜ僕が日本で
インドビザを取っていかなかった
のかというと、

 

 

 

 

 

 

単に
面倒臭かった
からだ。

 

 

 

 

 

いや、ほらさ!

日本にいる時は串焼き屋さんで
バイトに励んでいわけですよ!
(あの時はマジでお世話になりました!)

空いてる時間あっても
他のことに漫画を描いたり
無駄な装備品を手に入れたり
そういうことに使いたかった。

 

それに
他の人のブログを呼んでたら

『なんだ。海外でも
インドビザ取れるのかぁ。
か〜んた〜んじゃ〜ん♪』

と調子乗りまくり
なめくさりまくりだったわけです。

 

 

 

なんででしょうね?

こういう時に
都合のいい情報しか
目に入ってこない
のは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェンマイにある
オシャレな
「旅する服屋さん」

nanairo

で買わせていただいた
勝負服を身にまとい、

必要書類をサブバッグにつめこみ、
Penny Boardを片手に持って
マップアプリをチェックして
僕はターペー門の外に出た。

 

明け方に降った雨のせいで
路面は濡れていたため
インド領事館までは徒歩での移動。

首から下げた一眼で写真を取りつつ
マイペースに領事館を目指す。

 

 

 

 

 

ちなみに
9時開館(笑)

 

ゲストハウス出たの7時。
2時間前。

 

そうです。

シミさん、こういう「勝負!」の時には
アホみたいに前乗りしちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと行ったのに
領事館へ到着したのは
8時ジャストだった。

IMG_4087

 

スタスタ歩けば50分も
かからないかもね。

 

領事館の前で
調子に乗って記念撮影!

IMG_4088

 

もう、ビザ取れる気しかしないっっっ!!!

 

 

当然僕が一番乗りだった。

 

30分くらい待っていると
中からインド人の駐在員さんが出てきた。

一緒に待っていたタイ人のお医者さんと3人で
ちょっとお話をした。

IMG_4095

 

 

僕が持って来た必要書類を伝えると
駐在員さんは

 

持ち物は
全部そろっているな」

 

とビザ申請受諾のお墨付きのような
一言を僕にくれた。

 

こ、これで行ける!
ていうかいけるきしかしない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時に
領事館がオープンし

IMG_4097

 

 

ビザの申請者は
5分前にやって来た欧米人と合わせ

わずか3人。

 

 

はは。
一時間前に来る僕って
なんなんすかね…。

 

 

 

中では別の駐在員さんに
必要書類を提出し、

彼は表情ひとつ変えないで
作成したオンラインフォームに
目を通した。

 

 

「職業がWRITER(作家)
ってなっているがほんとうか?」

 

「漫画家だって
話を作る上では
作家と同じです!

それのどこに問題があるんですか!

飛行機のチケットだって買ったし
ホテルも予約しました。

滞在中のスケジュールだって
英文で作成してきたんですよ!

だから
マルチ(ビザ)
ください!」

 

 

「いや、
君にはシングルか
ダブルしかやれん。
しかも3ヶ月のだ。

6ヶ月のマルチは
自分の国で取るんだな」

 

 

そう言って
駐在員はタイ人の女性スタッフに
書類のチェックをさせた。

 

「それでは
この書類に大文字で必要事項を記入し、

新しくスケジュールを書き直してください」

 

 

 

く、くそうっ…

やはりタイじゃ6ヶ月間有効の
期間内何回でも入国できるマルチビザは
取れなかったか…

 

 

僕は我慢して
急いで書類を書き込み、
新しくでまかせでスケジュールも作った。

出来上がった書類を女性スタッフに渡す。

 

 

「今回のビザ申請書類ですが
受理することはできません」

 

 

「えぇっ!!?
なんでですか!!?」

 

 

「だって
パスポートの
番号違うもん」

 

そんなことあるか!と
返却されたプリントアウトしたフォームの
パスポート番号を確かめる。

 

 

 

 

 

『はっ!』

 

 

 

数字がひとつ多いパスポートの番号。

最近はパスポートの出し入れの手間を省こうと
番号を語呂合わせにして覚えていたのだがー…

30分の時間制限つきという
オンラインフォームのプレッシャーからか

してはいけないミス

を僕はしてしまった。

 

 

「それでは
またオンラインフォームを作成し
後日提出に来てください」

 

「ちょ、ちょっと!
待って下さい!

たかだか一文字じゃないですか!
なんとかならないんですか!!」

 

「この部分は
“重要”ですから」

 

 

勝負する前から
既に勝敗は決していたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩を落として
僕は宿に戻った。

テンションがた落ちのなか
ぶつくさ言いながらオンラインフォームを
再度作成し、

すぐ近くでプリントアウトした。

 

インスタントコーヒーを作って
テーブルに旅ノートを広げ、
ボールペンでタイの日程を書き込む。

IMG_4109

 

 

次の申請は早くても2日後。

 

仮にビザ申請を受理してもらったとしても
一週間でパスポートが戻ってこなかったら

ラオスまで往復3,000円を使って
ビザランをかけなくちゃいけない。

 

 

『はぁ…
マジで何もやる気しねぇ…』

IMG_4110

 

 

 

テンションを上げるために
僕が取った行動は

物欲を満たすこと
(nanairoで気になっていた
Tシャツを購入し)

IMG_6734

IMG_4100さちこさん。色いろお話聞かせていただきありがとうございました!

IMG_4099 IMG_4098

 

 

ヤケ食いすること
だった。

 

 

それらを終えて宿に戻った僕は
とりあえずテーブルについた。

何もすることがない。

 

いや、あるんだけど、
何もする気になれない。

 

どうしよう?

どうするー?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路上ライブっしょ=☆

 

 

僕は部屋からギターを持ち出し
nanairoの前でふてぶてしく2曲歌って
ウォーミングアップした後、

ターペー門へ向かった。

 

 

そこには既に
洋楽アコギシンガーのおじいちゃん
がいたので、

路上マナーを守るべく
少し離れたところで僕は歌った。

 

だが、
人通りがあるのは
ターペー門の前だけだ。

ちょっと離れるだけで
とたん誰も通らなくなる。

 

 

僕は練習のつもりで
しばらく歌っていると、

タイ人のおばちゃん(?)が
声をかけてきた。

 

「グゥ〜ド!

スゴイね!
ここよりあっちの方がイイヨ!」

 

おばちゃん(?)に言われるまま
路上販売の隣りにギターケースを置き
そこで歌うのを再開した。

 

人通りは全くなかったけど
純粋に楽しかった。

お金も63バーツ(189yen)入った。

IMG_4115

 

 

屋台は一食30バーツ。
コンビニのカップ麺は13〜15バーツ
大好きなクッキーは10バーツ。

 

食費としては十分な額だ。

 

錆びた一弦がついに切れてしまったので
引き上げようと片付けをしているとー…

目の前を
一人のバスカーが
通りかかった。

IMG_4119

 

僕ぐらいの身長で
NORTH FACEのバックパックを背負い、
7部そでのカットソーに
ドクターマーチンのシューズを履き、

むき出しの
アコギを持っている。

この旅で初めて
日本人のバスカーに会った。

 

 

 

「あ、Are YOU Japanese?」

 

思わず声をかけた僕に彼は

 

「い、YES…

YOU (too)?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケイダイ
3コしたの社会人(だった)。

IMG_4130

 

 

3週間ほどのショート・トリップで
タイで5万円ほどのツアーを
無理矢理組まされて

宿と移動手段意外のお金がない
極貧生活を強いられている。
(帰りの航空券は持ってるらしい)

 

1,500バーツのアコギを手に入れて、
お金を稼ぐハングリー精神に
僕は衝撃を受けた!!!

 

 

 

「しゅ、
取材させてください!」

 

 

お互いタイでは日本人の旅人には
あまり会う機会がなかったので

テンション上がりまくりだった。

 

ケイダイの置かれた
稼がなければいけないシチュエーション
を聞いた僕は、

 

「わかりました!
今日は稼いじゃってください!
おれ、サクラやりますから!」

 

と急遽、

 

 

「ケイダイどこまで稼げるの!?
目標500円分(笑)⇦かわいいっしょ?

夜のバスキング企画」

IMG_4128

 

 

が始まったのであった。

 

 

 

 

 

 

チェンマイの堀の外は
ケイダイのテリトリーらしく

IMG_4132
彼について行った先は
つっても2泊くらいしかしてないみたいだけどね笑

ナイトマーケット。

IMG_4135 IMG_4146 IMG_4145

 

だった。

 

 

「昨日もここでやったんですよー」

IMG_4142

 

 

よさそうな場所を見つけて
ケイダイは目の前にビニール袋を置き、
座って歌い始めた。

IMG_4150

ソッコー止めにくる
警備員。

 

 

「今日はガンガン行こう!」

と諦めずに警備員の外で
再び歌い始める。

僕は他の人もお金を入れやすいように
20バーツ札を置いた。

IMG_4151IMG_4158IMG_4175

 

 

 

お金の入りは
正直そこまでだったと思う。

仲間内でつるんでるように思われたのかもな。

 

それでも
バーのギタリストが声をかけてきたり
香港人のエディーと一緒にサクラをやったり

IMG_4205

 

ちっちゃな女のコたちが
ダンサーをやってくれたりと

IMG_4187 IMG_4195 IMG_4203

 

 

最高に楽しいバスキングだった。

IMG_4204

 

 

最後のしめくくりは
バーのギタリスト、ポールとのセッション。
ちゃっかり僕もここで歌わせてもらった!

IMG_4212

 

 

アガリは210バーツ。
630円。

IMG_4218

 

地味に目標達だ。

 

 

 

僕たちはコンビニで
缶ビールとおつまみを買って
マックの脇にある階段で
小さな祝杯をあげた。

IMG_4224

 

———————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

全てのことに意味があるように感じます。

インドビザがすんなり受理されてたら
路上になんて出なかった。

 

お金じゃないんだ。

出会いに、
経験に、

旅でしか味わえない価値がある。

IMG_6741IMG_6740 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周


2 件のコメント

    • >ケイダイ

      おーっ!
      またどこかで会えたら面白いね!

      ケイダイもまた一歩前に進めたら
      近況聞かせてくれよな!

      応援ありがとう♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!