「あの子の笑顔とキャッシュウィズドロー」

世界一周125日目(10/31)

 

ケイダイとの
バスキングの後、

IMG_4195 IMG_4212

 

 

マックの前の階段で
「青春トーク」
を繰り広げた僕が宿に戻ったのは
深夜3時過ぎ。

こんな夜遅くまで
外を出歩いたことなかったよ。

 

深夜のチェンマイは
遅くまで営業しているバーや屋台も沢山あり、
そこまで危険な香りがしないでもないが、

売春婦のおねーちゃんたちが
すれ違う度に

「サワディ〜…」

と声をかけてくるのが印象的だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

9時に目覚めた僕は
いつものように飲み放題の
インスタントコーヒーで目覚め、

昨日起こった出来事を
ブログに書き起こしてみたが

自分の体験した事を100%
再現するのは難しいと感じた。

あの時、あの場所で感じた事は
言葉なんかじゃ到底表現できない。

 

 

 

 

 

ブログを書き上げると
僕はクレジットカードとパスポートを持って
サブバッグにいつも入れて肌身離さず持ち歩いてるけどね
銀行へ向かった。

 

ファッ◯ン楽天銀行の支払い確定後、
2営業日を待ってようやく
お金がおろせる状態になったのだ。

このあとに控えている
ミャンマーやインドに入る前に
現金を余分に用意しておきたい。

 

 

 

海外でATMからキャッシングする際に
頭を悩ませている事がある。

「手数料」だ。

 

国ごとやATMの種類によっても
変わってくるようなのだが、

特にタイはひどい。

 

一回の引き下ろしの際に
450円(150バーツ)
もとられてしまうのだ。

カンボジアでさえ210円だったのに
2倍以上に跳ね上がりやがった。

 

 

だが、
その手数料を支払わなくて済む
「抜け道」があるという情報を
僕はゲットした。

 

 

 

その名も

 

「Cash Withdraw」

 

銀行にクレジットカードと
パスポートを持って行き、

 

「I would like to cash withdraw
(キャッシュウィズドローしたいんだけど)」

 

って言えばやってくれるらしい。

 

 

 

この情報をバンコクで入手した時、

僕は勝ち誇った気分で受付のお姉さんに
このフレーズをぶつけてみたのだが、

8割方のお姉さんは

 

 

「えっ?
ATMありますよ?


(なんでわざわざ受付まで来て
お金おろそうとしてんの?

超絶ダルいんですけど…

なんで昼間っから
こんなアホ面メガネの
対応しなくちゃいけないのよ?

マジ最悪…

あ〜あ…
早くお昼になんないかなぁ
)

 

 

的なリアクションで対応してくるのだ!

 

そりゃそうさ!

ほっとけばアホな外国人観光客が
わざわざATMで手数料を払ってまで
お金をおろしてくれるのに

なんで利益にもならない
手間のかかることをしなければ
いけないのだ

と。

 

 

うん。

それは理解できるんだけど

じゃあ、
キャッシュウィズドローなんて作んなよ!

と僕は言いたい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両替ブース
(そこでこの前はすんなりと対応してくれた)
に行くと

ブースの中には誰もいなかった。

 

 

「御用の方は
中までお越し下さい」

 

的な英語で書かれた立紙が
ブースの中に置いてあった。

 

僕は言われた通りに銀行の中に入り、

整理券を取って自分の番になると
いつもの台詞を口にした。

 

「キャッシュウィズドローしたいんですけど」

 

受付のお姉さんは
困った顔をしてこう言う。

 

「ATMなら外にありますよ?」

 

ほらね。
またこれだよ。

 

 

 

「いや、僕はここで
お金をおろしたいんです。

っていうかこの前は
ここで対応してもらえましたよ?

(↑もちろんウソだ)」

 

すると
先輩的お姉さんが横の受付から
僕をまくしたてるように
口をはさんできた。

 

「ここでは
お引き出しはやっておりません!
引き出す機械がないですから!」

(クソウゼぇ…)

 

「外のブースには
中で用件を聞いてくれるって
書いてありましたよ!」

 

「それは担当の子が
表示を切り替え忘れたからです」

 

「じゃあその子は(「She」と言ったのだ)
いつ帰ってくるですか?」

 

「さあ?
お昼ご飯だから
30分くらいじゃないですか?」

 

 

 

 

 

チクショウ!

なんでったって
たかだかお金をおろすのに
こんな不快な思いをしなくちゃいけないんだ!

 

ああ待ちますとも!
待ってやるよコンチクショー!

 

 

僕は近くのセブンイレブンで
カップヌードルと大好きなクッキーを買って
コンビニの前で食べた。

 

麺をすすりながら
刑事ドラマの張り込みのように
ブースの方を時折見たが
「ホシ」は現れない。

 

昼ご飯を食べ終わった僕は
再び銀行の階段に立って待ってはみるものの
ブース担当の子が帰ってくる気配は
感じられなかった。

 

 

 

 

 

まぁー…

確かにこんな狭いブースの中で
いつ来るかも分からない外国人相手に
何時間も仕事をするなんて
ちょっと気が滅入っちゃうよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、
いい加減
帰ってきても
いいんじゃないか?

 

 

気づけば30分以上が経過し、
危うく僕はさっきのウゼえ先輩面した人に
クレームを言うために
銀行の中に行きかけたが

 

だいたいこういう時って
クレーム言った後くらいに
ジャストなタイミングで
当の本人が戻って来るんだよなぁ。

それでちょっと気まずくなるんだよ!

 

落ち着け!
落ち着くんだおれ!

こんなんじゃインドを旅できないぞ!

 

 

 

 

僕が中にいる警備員のおっちゃんに
アイコンタクトで「待ってるよ!」
アピールをしていると
おっちゃんはケータイで
その子を呼んでくれたみたいだった。

 

ようやくやってきた女のコは
前回も担当してくれた子だった。

その時は月額引き下ろし制限で
お金がおろせなかったけど、
今回は大丈夫。

 

「キャッシュウィズドローしたいんだけど」

 

 

愛想のいい笑顔のその子に
嫌そうな気配は微塵もなかった。

「待たされた」という気持ちは一瞬で吹っ飛び
お金を無事手に入れる事ができた僕は

ギターを抱えて
Pennyでチェンマイの街を走り出した。

IMG_4225

 

 

 

 

 

 

 

宿を出る前
僕がPennyを脇に抱えていると
隣りの部屋のフランス人が

堀の外にスケートパークがあることを
僕に教えてくれた。

 

写真を撮るのにうってつけだし
近くに大きなショッピングモール
もあるらしい。

 

 

 

 

 

 

….

IMG_4228

 

 

遠くから見た時、
それは大きな城の様に見えた。

IMG_4229 IMG_4242

 

 

中にはアパレルか飲食店まで
様々なお店が建ち並んでいた。

IMG_4234 IMG_4238 IMG_4239

 

 

 

僕は楽器屋を見つけ

IMG_4232
持っていた新品の弦を
張り替えてもらった後、

 

IMG_4233

 

 

メインの入り口とは別の
裏手にある小さな出入り口で歌った。

IMG_4240IMG_4249

 

 

人通りがあり、
車の走行音に邪魔をされない。

 

CARAVANの曲は
こういうちょっと静かな場所によく合う。

IMG_4236

 

夕方の一時間半ほど歌って
アガリは580バーツ(1,830yen)。

IMG_4248

 

 

 

 

明日も来ようかな(笑)?

IMG_4250

—————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

明日はリベンジのインドビザ申請!

パスポート番号も今回は確認したし、
シングルでもなんでもいいよ!

とりあえず、
インドに行かせてください!

 

でも、
これで一週間後の受け取りじゃなかったら
ラオスへビザランしに行かなきゃです。

うぅ〜〜〜〜….
どうなんだろ?

 

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!