「サンタニスト」

世界一周281日目(4/5)

 

車窓から見える
デリーの町並み。

IMG_4380

 

 

コンノートプレイス付近の
コンクリートで舗装された道を見下ろした時、

『あぁ、ここで
初日1万3千円
ボられたんだなぁ~』

と四年前の記憶が蘇った。

もう何人たりとも信じないぞ!
(インド人限定で!)

IMG_4384

 

 

 

朝のメインバザールには
ほとんど人がいなかった。

IMG_4385

 

 

これから向かう先は
日本人宿サンタナ。

コルカタ以外のサンタナは
全て泊まり歩いてきた。

ここまできたら、インド最後の宿も
サンタナのお世話になろうじゃないか。

それにフライト前の
最後の情報収集もしておきたい。

ニューデリーのメインバザールに
サンタナがあることは知っていたけど、
詳しい立地は調べて来なかった。

まぁ、人に訊けばわかるでしょうと。

 

 

すぐに見つかるわけでもなく、
僕はメインバザールの裏通りを
野良犬と戦いながら探し歩いた。

トゥクトゥクによく似た
乗り合いタクシーの運転手の兄さんは、
僕がサンタナの場所を尋ねると、
場所も知らないくせに
僕と一緒になって探しはじめる。

うん。これは最終的に
チップを要求されるパターンだね!

ぜってー金は払わねーぞ!

 

 

僕はお兄さんのことなんか
まるっきし無視で路地を歩き回り、
人に訊きまくった。

場所を知っているトゥクトゥクの運転手が

「そこの”VIVEK”の看板
を右に曲がればあるよ」

と教えてくれて、
ようやく宿にたどり着いた。

さっきから一緒になって
探している(フリ)をしてくるヤツが、
レセプション前まで着いてきたけど、
気にしないでおこう。

 

 

「ドミトリーあります?」

「あるよ。でも、
シングルルームもあるぞ?」

 

受付のインド人スタッフのおっちゃんが言う。
ドミトリーは350ルピー(601yen)。
シングルルームは400ルピー(687yen)だ。

さすがに首都ということもあって、宿の値段は高い。

 

「いや、ドミトリーで」

「シングルどうだ?」

「ドミトリーで!」

 

ここに来て、日本人宿のスタッフから
シングルルームを推されることになるなんて…

さすがデリー!

IMG_4395

 

 

サンタナ・デリーは細長い建物にある。

一階はレセプションのみでは
2階~4階と泊まる部屋があるのだ。

2階の階段を上り切ったところ
にある喫煙スペースで
サンタナ・バラナシでお会いした
リュウさんと再会した。

リュウさんは
「リカンデント」
という体をシートにもたれるようにして
漕ぐ特殊な自転車で
世界一周をしているチャリダーだ。

リカンデントで世界一周をする日本人は
リュウさんしかいないようだ。

現在はウズベキスタンのビザ待ちで
ここに滞在しているという。

 

 

そこにもう一人。

23歳の元デザイナーで、タメ口で
フレンドリーに話しかけて
きたそうにしている男の子だった。

時々「なんとかでしょ?」みたいな感じで
瞬間的に切り替わるのだが、
またすぐに敬語に戻るのに
何かぎこちなさのようなものを感じた。

インド到着初日で10万円ボられたらしい。
警察もグルになってたんだとか…。

 

「インドのGDPの5%はそういった
「ボる」ことで稼いだお金らしいんだよね!
だから僕の10万円がインドのGDPに
貢献したことは間違いないですね」

 

うん…。
お気の毒としかいい様がない。

 

 

 

 

バラナシでも名刺交換をしたヒロさんと、
ここに今日やってきたコウスケさんと一緒に
近くの露店にチャイをしばきにいった。

IMG_4388

 

 

「えっ?「しばく」って….、
ちょっとヤンキー的な言葉か何かですか?」

「え?「しばく」って言わない?
「お茶しよう」とかそういう意味だよ」

「チャイしばきに行きましょう♪」

デリーのチャイは10ルピーと
少し高かったが、
みんなで飲むチャイは美味しかった。

IMG_4398 IMG_4390

この子、女のコだったよ…。

 

 

「じゃあ僕は
ギター直しに行ってきます!」

「はーい。
じゃあまたあとでねー♪」 

IMG_4392

 フランス人のおばあちゃんはカワイイ!

 

 

 

 

ここにやって来た目的の一つは
ギターの修理だ!

バラナシでMartin BackPackerの
ひび割れを修理できたという情報を入手した僕は、
これに賭けてみることにした。

『同じ型を直したことがあるのだから、
前回よりも短時間で
修理できるに違いない!』

 

 

首都ニューデリーの路面は
まさにPenny Boardにうってつけの場所だ。

IMG_4406 IMG_4408

 

 

徒歩とPennyのプッシュを
織り交ぜること30分。

教えてもらった場所には
いくつも楽器屋があった。

 

「BIBA MUSIC EMPORIUM」

というのがお店の名前だ。

IMG_4409

 

 

うん。閉まってるね。

IMG_4410

 

 

となりのホテルの従業員に
何時に開店するのかを尋ねると
12時だと言う。

しかたがないので、売店で
ジュースをしばき(使い方あってる?)
日記を書いたりして時間をつぶした。

IMG_4412

 

 

BIBA MUSIC EMPORIUMには
ロッキーさんという店主がいるみたいなんだけど、
お店にいないことの方が多いそうだ。

ヤツめ…
「地球の歩き方」に紹介されたからって、
仕事サボってるんじゃないだろうな?

まぁ、その代わりに
英語の喋れる弟のリッキーが店頭に立っていた。

IMG_4416

 

僕はこのお店を紹介してくれた
タケシさんの写真を見せると
リッキーさんは嬉しそうにして僕に握手してくれた。

 

「このギターなんだけど、
直せますか?」

「これはけっこうヒドいね」

と言って
ためらいもなくガムテープを
はがすリッキー!

 

「ちょっ!ちょっ!

はぁ、ビックリした…。
な、直せるんでしょうか?
いくらぐらいかかりますか?
僕、4月9日にフライトがあるんで、
それまでに直せないのであれば
お願いできません」

「3,000ルピー(5,156yen)。
それじゃあ9日の19時に取りにおいで」

 

 

きたぁああああああああ!!!!

IMG_4418

 

 

まさかの3日で
修理を依頼することに僕は成功した!
ありがとう!タケシさ~~~ん!!!

ひび割れのギターを抱えること8ヶ月。
ここにきてようやく修理できたよぉおおお!!!

 

 

まぁー、実を言うとですね、
バラナシでも修理できたみたいなんですよ。
楽器屋さんもけっこうあったしね。

漫画ばかり描いてたせいで
そんなことちっとも知りませんでしたよ。
その事実を知った時のショックと言ったら…。

ギターを修理したい人は是非デリーかバラナシへ!

 

 

 

 

 

 

来た道とは
違う道を通って帰ろうと思ったら、
路地に迷い込んだ。

IMG_4425 IMG_4436

 

 

周りにはイスラム教徒のインド人を
よく見かけるようになった。

IMG_4423
デリーにはこんな場所もあったのか…。

 

 

まもなく僕が足を踏み入れる
ことになるであろう中東。

イメージとしては
どこか危険なイメージだ。

だが、僕の出会ったイランを
旅したことのある人々は
とてもいい印象を受けたと言っていた。

 

 

 

 

宿に戻ってクタクタになった僕は
昼寝をかました後、パソコンを開く。

 

『えっとー、
ジェットエアウェイズの受託荷物の
追加オプションってどこにあるんすかね?』

 

持ち込み制限15kgまで。

現在のバックパックの重量は30kg。

1kgあたりの超過に対して
かかるお金は250ルピー。

15kg分だと6,445円。

 

ぐぬぅ…。どうしたら…?

お腹が痛い。

IMG_4422

こんな鉢に入ったラッシー飲んだからかな?

—————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

ちょっと早くデリーに着き過ぎちゃいました。
今やるべきことは情報収集かもしれません。

でも、おれ情報収集って好きじゃないんだよ。
すぐにサボっちゃう。

そして心のどこかでは
『なんとかなるっしょー』と思ってる次第です。
 

4月10日は勝負っす!
超過料金を抑えられるのかぁああああ!!!???

「開幕!中東編!君のバックパックは何kg?」
乞うご期待です(笑)

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入るしくみです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです!

★モソモソ呟いてますTwitter▷「indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!