「なんだかんだで列車の旅が好き」

世界一周280日目(4/4)

 

荷物を
部屋の外に出した。

 

チェックアウトを済ませて、
近くの売店にチャイの材料を買いに行く。

宿に戻っていつものようにiPhoneをいじる。
デリーに行く前、最後のWi-Fiに
今のうちにありついておこう。

これから乗るバラナシ発、
ニューデリー行きの列車
KV Express。

スタッフのバダイが言うには、
到着するまでめちゃくちゃ時間がかかるため、
インド人ですらあまり乗らないような列車らしい

 

「よく故障するヨ。
田舎のインド人が乗るネ」

 

どうりで4日前に
チケットがゲットできたわけだ…。

てかそんなこと知らんし!

ここに泊まっていた大学生たちは
24時間列車が遅れて、
国内線を使ってデリーに飛ばざる得なかった。

バラナシ、デリーを結ぶラインは
もしかしたらすっごく遅れるのかも。

 

そう予想して、ドバイまでのフライトの
6日前の列車のチケットを取ったのだ。

てか田舎のインド人!!?

そんな話を聞くと
だんだんと不安が募ってきた。

 

 

不安要素はまだある。(僕はビビりなのだ)

デリーからドバイへ
行くために購入した航空券。

「Airticket24.com」というサイトから
「JetAirways」のチケットを購入したのだが、
受託荷物の超過分のチケットを買う項目が
出て来なかったことがそうだ。

僕のバックパックは30kgあったはずだ。

 

最初は

『別に30kg荷物くらい
預けられるって
ことなのかなぁ~。あははは』

と調子ぶっこいていたのだが、
周りの人の話を聞いていくうちに
だんだんと焦ってきた。

このままでは
超過分の料金が発生してしまう
!!!

 

 

航空券購入後に空港会社のサイトなんて
ノータッチだもんだから、
どこから手をつけていいのかもあやふや。

えっと、自分のアカウントがあるんだ…よね?

 

 

 

 

そんな中でさらに
僕に追い打ちをかけた出来事がある。

 

宿に泊まっている
青年海外協力隊あがりの
タケシさんという方が
僕と同じギターを持っていた。

Martin Backpacker。
まさにそれだ。

アボリジニ・アートと呼ばれる
ドット基調のカラフルな幾何学模様を
ボディに施したギターは
インドを旅する最中に割れてしまったそうだ。

だが、それを修理することができたという。

マジで!!!??

 

 

デリーにある
「BIBA MUSIC EMPORIUM」
というところで3,000ルピー(¥5,156)で
直してもらったそうだ。

かかった日数は5日。

なにやらその楽器屋から工房までは
2時間の距離にあるらしく、
日曜日は定休日。

受け取りの日にかなり長く待たされ、
あやうく列車に乗り遅れるそうになったと
タケシさんは教えてくれた。

 

直せることなら直してやりたい。
ガムテープまみれになった僕の愛用のギター。

ロシアのハバロフスクでスケボーでコケた時以来、
8ヶ月以上も割れっ放しで
バスキングを乗り越えてきた、
いわば僕のゴーイング・メリー号だ。

 

えっと、今日は4日で、
列車が遅れずにニューデリーに着いたとしてー、
フライトが10日だからー…

だ、ダメだ…!
どう考えたって
間に合いっこないYO!!!

 

 

 

そんなこんなで、
若干お腹が痛くなりながらも、
僕はサンタナ・バラナシの
みなさんに見送られて宿を後にした。

IMG_4345

 

 

僕が角を曲がるまで
ずっと手を振ってくれたユキさんたち。

IMG_4349

 

 

あぁ、あの宿に16泊もしたんだなぁ。
今まで旅してきて一番長くいた宿だった。

あっという間のできごとだったけど、
長くいた分、何か親近感のようなものが湧いた。

IMG_4350

 

 

 

 

 

トゥクトゥクが集まる
ゴードリヤでトゥクトゥクは拾わず、
そのまま先まで歩いた。

IMG_4353

 

 

バラナシ駅からここまでくるのに、
30ルピー(55yen)だった。

それなのにゴードリヤから乗ろうとすると
150ルピー(258yen)とかふっかけてきやがる!

旅人なめんじゃねえぞ!

1キロくらい歩けば、
もうちょい安くなるかなと思ったのだが、
運転手のヤツらは一向に
値段を下げてこようとしない!
中には300ルピーとかぬかしてくるヤツもいる!

オイオイ、
300ルピーったら
宿代じゃねえかよ!

 

僕も80ルピー(138yen)で妥協して
バラナシ駅に着いたのは、
列車の出る5分前だった。

IMG_4352 IMG_4354

 

 

あぶなかった…。

IMG_4351

 

 

 

もっているチケットは
スリーパークラスのもの。

バラナシが始発ということもあって、
僕の車両は全然混んでいなかった。

これから16時間かけて
ニューデリーへと向かう。

心のモヤモヤを晴らすべく
20ルピー(34yen)のチョコアイスを2本食べ、
僕は靴を脱いでシートに上がった。

IMG_4357

 

 

 

 

これがインド最後の
列車の旅か…。

IMG_4356

 

 

インドを旅してきて散々、
色んな列車に乗ったもんだ。

セカンドクラス、スリーパーはもちろんのこと、

コンファームされていない
ウェイトリストのチケットで立ち乗りしたり、

ジェネラルコーチで耐久戦をやったり。

けっこうファニーな列車旅だったな。

 

今日でその列車旅のしめくくりだ。

窓の外の景色をみながら
僕はしばらく黄昏れていた。

IMG_4362

 

 

 

そこからの旅はこれといって
トラブルがあるようなことはなかった。

目の前の3段づつの寝台には
女の子ばっかの家族だったし、
田舎のインド人なんてどこにいるの?って感じ。

IMG_4358

 

 

サイド席の上段を予約したはずなのに、
下段を割り当てられてたけどー、まぁいいか。

昼寝をしたり、新しく買ったばかりの
ペーパーバックを読んだりして
列車の中での時間を過ごした。

IMG_4373IMG_4375

 

 

 

「じゃあ、そろそろ寝るから」

上の段のおっちゃんが僕に言う。

「ああ。お休みなさい」

そして僕も歯磨きを済ませると横になった。

 

 

夜になると列車は速度を上げる。

ガタガタと弱化の揺れを感じるけど、
寝れないほどじゃない。

 

 

 

 

寒いな。

 

閉めたはずの窓が
ほんの少し空いている

そうだ。サイド席の下段は
風が吹き込んでくる席なんだっけ?

 

閉めても閉めても、
気づけばほんの少し空いてる車窓。

サブバッグからパタゴニアのアウターを
引っ張りだし体にかけると、
車窓を背にするように体を丸めた。

 

 

そろそろ、僕のインドの旅も
終わりを告げようとしている。

このまま旅慣れた環境に
身を浸からせていたいと思う気持ちと、

これからやってくる未知なる世界へ
飛び込む不安が僕の中で混ざり合っていた。

IMG_4376

 

 

さみぃ…。

————————————————-
世界一周ブログランキングに参戦しております。

イランかぁ…。てかその前にドバイっすよ!ドバイ!
一日しかいないけどねー!ブルジュ・ハリファってなんですかー!

フライトはまだまだビッグイベントです。僕にとっては。
受託荷物どーしたらいいんでしょう?誰かおせーてください。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくよー。

★Twitterもゴニョゴニョ言ってます「indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!