「ドミで探偵のような人と出会う」

世界一周282日目(4/6)

 

日本人宿サンタナ
のいいところは
朝ご飯が食べられるところだ。

IMG_4462

 

 

一人一杯のスープとチャイ。
おかわり自由の食パン。

これでジャムかバターがあったら
何枚でもいけるんだけどなぁ。

 

トーストしたパンを
チャイやスープにひたして
そんなことを思った。

 

 

デリーのサンタナの宿泊料は
一晩350ルピー。約600円。

首都だから物価が
少し高くなっちゃうのは分かるんだけど、

200ルピーであの居心地の良さの
サンタナ・バラナシとどうしても比べてしまう。

Wi-Fiも時々動かなくなってしまうのも
困った所だーって、
どんだけ贅沢なんでしょう?僕は。

恵まれた環境に
身を置いてしまうとそれに慣れてしまう。

いかん!いかんぞ!
これからハングリーな旅が始まるんだ!

この整った環境に感謝せねば!

イランのネット規制はハンパないみたいだ。
Facebookはもちろんのこと、
ブログのアップだなんてとてもとても。

だけど、その規制をかいくぐる
裏技なるものがあるらしい。

「VPN」
がどうたらこうたらって…

 

ぜんっぜんわかりません!!!

マジ意味ワカメです。

たぶんこの後、
ブログの更新放置かもしれません。

IMG_4467

 

 

昨日、英語の拙いメールで
ジェットエアウェイズに
受託荷物の超過料金をどうしたらいいのか
尋ねたのだが、メールは帰って来ない。

今日は日曜日。お休みなんだろうか?

 

慣れない情報収集に
時間がどんどん過ぎていく。

気づいたら四階の共有スペースで
「ハヤテのごとく」の37巻を読んでる始末だ。
この漫画も9周年か…。
この作者さん、頑張ってるよなぁ…。

ーって!いかん!
いかんぞ!
このままじゃダメだ!!

 

 

ここでやろうと
思っていたことのひとつ。
雑貨の仕入れだ!

メインバザールの外から
僕は攻めていこうと思った僕は

「Khan Market」

という場所に目をつけた。
なにやら原宿のような小洒落た場所らしい。

うんうん!
たまにはこういう場所で
雑貨を仕入れるのもありかもしれないな!

 

最寄りのRama Krishna Ashram Narg駅から
メトロに乗って2回ほど乗り換えて

IMG_4471 IMG_4475 IMG_4480

 

やってきたカーン・マーケット。

 

 

地上に出るとすぐ先に
アディダスの看板が目に入った。

IMG_4481

 

 

何軒かお店を冷やかして思ったことは、
ここには自分のイメージしていた雑貨は
ないということだった。

お洒落なツーリストや
インド人たちが来るような場所だ。

IMG_4483

 

 

それに今日は日曜日。

IMG_4491

 
お店の半分以上は閉まっていた。
来る日を間違えたってのもある。

IMG_4494

 

 

くやしいので、ひと缶70ルピーの
リプトンのレモンティーを買って、
近くでタバコを吹かして
僕はカーン・マーケットを後にした。

 

 

 

 

 

 

 

このままじゃ
つまらねえな。

IMG_4502

 

 

来た道を戻るのは面白くない。
せっかくPenny Boardも持ってきたんだ。

オフライン・マップアプリの
「Map with me」で自分の現在地を確認し、
向かった先はインド門。

IMG_4505

 

 

やっぱデカいもんは迫力が違うねぇ~!

と気持ちが高揚したのは
ほんの5秒程度。
ムンバイでもインド門見たしなぁ。
そしてー…

 

アツイ…。

 

バラナシからヘアゴムで
髪を結ぶようになってきたんだけど、
やっぱりまだ慣れない。

しかもさっきカーンマーケットで
トイレの鏡見て髪結んでいたら、
白髪が少し増えてきたことに気がついた。

若白髪なんだよねー、僕。
コールフィールドも若白髪だっけ?

 

そのままテンションも上がらないまま
コーンノートプレイスへ向かう。

その途中にあったATMで
6,000ルピーお金をおろすも、
お金をおろした後に必要な分に
足りないことに気がついた。

そうだ…。
フライトの時に受託荷物の
超過料金払わなくちゃいけないんだった…。

何かひとつうまくいかないと、
それが連鎖するような気がする。

まぁ、そんな深刻な問題じゃないんだけども。

 

 

 

 

4年前は工事中でそいらじゅうの地面が
ボコボコだったコーンノートプレイスは
今では見違えるほどに綺麗になっていた。
歩いている人たちも心なしか
お金を持っているように思える。

IMG_4512

 

 

ここでも何軒か冷やかして、
地下のパーリカー・バザールに僕は足を運んだ。

荷物検査をされ、持って来たカメラを
バッグの中にしまわされた。

前回ここに入った時はムシムシして
空気の薄さのようなものを感じた。

だけど、今回驚いたのは
冷房が効いているってことだった。

ドーナッツ状のバザールには
小さな衣類店が腐るほど並び、
客引きたちが僕の腕をひっぱる。

人の多さは相変わらずだ…。
なんかここにいると疲れるなぁ。
外に出よう。

無駄にドリンクや水を買って飲んだ。
なんだかここにいるとお金を使ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

シャワーを浴びてしまうと、
やることと言ったら日記を書くことくらいだ。

IMG_4500

 

 

いや、情報収集など他にも
やるべきことはあるんだけど、
僕はベッドに腰掛け
パソコンのキーボードを叩く。

そんな中このドミトリーに
新しくやって来たお兄さんがいた。

サブバッグのような軽量化されたバッグと、
高性能の一眼レフ。旅慣れた感じがする。

「もしかしてカメラマンの方ですか?」

リュウさんが冗談めかしてお兄さんに尋ねる。

「いや!まさか!」

いきなりの質問に少々驚いた様子だった。
お兄さんは僕の隣りのベッドに荷物を置いた。

 

 

僕はこの後の旅のルートを
お兄さんに話すと色々なところを
旅の情報を教えてくれた。

ドバイのブルジュ・ハリファから
臨める夜景は世界一だとお兄さんは言う。

3500円分のお金を払ってでも
行くべきだと、撮った写真を僕に見せてくれた。

 

お兄さんと僕は各々のパソコンに向かう。

きっとお仕事のメールか何かを
書いているのかもしれないな。

カタカタとキーボードを叩く音を耳にしながら、
僕もMacのキーボードを叩いた。

 

 

「くっくっく…」

突然笑いだすお兄さん。
YouTubeの面白動画でも見ているのだろうか?

 

 

 

 

「あの、もしかして
漫画描いてる人ですか」

 

ビクッッッッッ!!!!!

 

 

僕が漫画を描いていることがバレている!!??

このお兄さんには
個人的な情報は一切もらしていない。

情報を辿られるとしたら、
やはりブログだろう。

おれ、何か変なこと
ブログに書いただろうか…?

 

 

「どうして分かったんですか?」

同様を悟られないように
少しおどけたフリをしてお兄さんに尋ねる。

 

「いや、
スケボーとギター持って
旅している人って少ないなー
と思って調べてみたんですよ。
そしたら最初はPenny Boardとか
出てきたんですけど、
ブログも見つかりました」

 

こ、怖ぇぇええええ!!!
この情報収集能力!

このお兄さん、
探偵かなにかなんじゃねえの!!!

僕より年上なのにもかかわらず、
物腰柔らかなのが
ミステリアスな感じを演出している!

 

 

話をするうちにお会いした方は

「無職旅」

というブログを書かれている
お兄さんだと言うことが分かった。

少なからず無職さんのブログには
(っていう言い方はなんだか失礼な気がします笑)
お世話になっている。

僕がロシアビザを取得するために
「無職旅」さんのブログを参考にさせてもらったのだ。

 

「最初の方の記事に
「無職旅さんに教えていただきました」
って記述があるけど、
僕はそんな何かをしてあげたって
気持ちはないんですけどね(笑)」

 

こ、これは婉曲的に
「その記述をを今すぐ消せ!」
ということなのだろうか?

ミステリアスな「無職旅」兄さんの前では
下手な発言はできねえぞと思いながらも、
その後のブログトークに花を咲かせた僕だった。

———————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

その後、油や(あぶらや)兄さん(「無職旅」兄さんの
お名前)にお話を聞かせていただくうちに、
なんだか僕なんかよりも別次元の旅をされている方だなぁ
という印象をうけました。

100カ国以上旅してるなんて凄過ぎです!
色々と情報ありがとうございました。
どうかよい旅を。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もどうぞよろしくお願いします。

★Twitterもね☞「indianlion45」(アカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です