「吹っ飛べ思考!風を切れ」

世界一周114日目(10/19)

 

昨日、
Central Backpackers
よりも安い宿を見つけたので
移る事にした。

 

単に安いからというか

ここのドミトリーに泊まってる欧米人たちは
夜遊び組なので24時前でもうるさいし、
なかなか部屋の電気が消えない。

宿のサウンドも重低音でドコスカしている。

宿のスタッフにいたっては
親しげな笑顔で

「ハッパ?」

って訊いてくる。

 

そういうヒッピーテイストな
宿なんですね。

 

えっ?僕がハッパ?

そんなことやるわけないじゃないですか!
自転車泥棒初犯でしょっぴかれるような男ですよぼかぁ!

 

 

 

 

 

電気の灯らない薄暗いドミトリーで
荷物をパッキングし、

次の宿に移る事にした。

 

ドミトリーの空きがあるとのことだったが、
12時にならないとベッドが用意できないらしく、
荷物だけ預かってもらう事にした。

こういう時に
パックセーフがあると便利だ。

パックセーフにくるんだバックパックを
レセプション前の重たい椅子に
ダイヤルロックで括り付ける。

 

 

ええっと、
「パックセーフ」ってのは
スリ防止とかのための
バックパックを包む金網ね。

時間さえあれば
荷物は盗めちゃう様なしろものなんだけど、
気持ち的に安心するんだな。これが。

まさか
その利用者の大半が日本人
だということは
正直、旅に出るまで気づかなかったな笑。

 

乗り合いバスで一緒になった
マレーシア人の女のコに

 

「それしてるの
大体日本人よね」

「そうそう!」
(あいの手を打つシンガポール人男子)

 

って言われて
なるほどそうかと思わされたよ。

だってパックセーフしてる
他の国の旅人みたことねーもん笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷物を預けて
僕が向かったのは
宿の目の前にあるレンタルバイク屋。

IMG_3143

 

 

一日からのレンタルで
オートマ80,000KIP(993yen)
マニュアル30,000KIP(372yen)。

僕がマニュアルを借りたのは
言うまでもない。

IMG_3073IMG_3078

 

 

 

ぎこちなく走り出すマイバイク。

最初の目的地はガソリンスタンド!

借りた時点では
1リットルしか入っていないので
ガソリンを補給しなきゃいけないのだ。

 

バイク屋のおっちゃんから地図をもらって
右側通行のラオスの道を
僕は走り出した。

日本のマニュアルのバイクと違い、
ここで借りるマニュアルのバイクは
かなりシンプルな作りをしている。

 

日本のバイク講習で乗り越えねばならない
クラッチ なんてついていないのだ。

あるのは左足にあるフットギアだけ。

ギア自体もファーストから「4」まで。

それをエンジンの調子を見ながら
徐々に上げていくのだ。

 

 

 

 

ガソリンスタンドで
おにいやんに2リットル(20,000KIP/248yen)
で補給してもらった後、

僕はバイク屋のおっちゃんからもらった地図を
再度確認し、バイクのアクセルを握った。

IMG_3079

 

 

 

目指すは

滝!

そして

狩猟民族!

 

 

 

昨日お会いした
ラオス在住の日本人の方に

「ちょっと山奥まで行けば
狩猟民族に会えるよ〜」

と教えていただいたのだ。

 

これは行くっきゃない!

 

『えっと…

このまままっすぐ行って
ちょっといったら右に曲がればいいのね

簡単♪簡単♪』

IMG_3081

 

 

 

 

だが、
いつまでバイクを走らせても
右に曲がる道は
見えてこない。

IMG_3085

 

 

『おっちゃん
「7km」って言ってたと

思ったんだけどなぁ…』

 

 

バンビエンの中心地から
少し離れると、

辺りの景色は
ぐっと田舎チックになった。

 

 

 

放し飼いにされた牛たちが
道路沿いをのんびり歩いていたり、

おなじみの巻きスカートをはいた
女性がトボトボ歩いているかと思ったら

集落のようなところで
子供たちがボールを蹴って遊んでいる。

IMG_3099

 

今日はラオスのお祭りなんだったけ。

学校もお休みだね。

IMG_3146

 

 

後ろから僕のことを抜かすバイクも
めっきり少なくなった。

ラオスの道はどこまでも続く。

横手に見える岩肌をむき出した山が
ぐんぐん近づいてくる。

IMG_3105

 

 

時速40キロで走るバイク。

風が気持ちいい。

 

 

 

 

 

「ちょっと中心地から離れるとさ、
送電線は走っていても
家まで電線が通ってないんだよ。

電気を買えないからね。」

IMG_3091

昨日お会いした方はそう言っていた。

 

 

 

そうか。

やっぱり、観光地のにぎやかさは
ラオスを表しているわけじゃないんだな。

 

ここに住む人たちは
なんて質素に暮らしているんだろう。

ラオスの自然に囲まれながら
周りにあるものだけで
シンプルに行きていく。

ここで人生を過ごすというのは
一体どんなことなんだろう?

IMG_3089IMG_3093

 

 

 

 

彼らの暮らしぶりを横目に
日本で生きるという事を
改めて考えた。

 

ここで暮らす人たちと比べ
日本の生活は物質的にかなり豊かだ。

人生の選択肢も多くて。

チャンスもある。

 

 

そう。
チャンスもー…

IMG_3168

 

 

 

 

 

日本の束縛的な社会に
疑問を持っていた。

一度社会にコミットしたら
そこから出られないんじゃないか
とも思った。

日本の社会に生きるということは
居場所を定め、
その一員として働くことなんだと。

 

もちろん
そんなことはなくて
自分のライフスタイルを
自分で創って行く人はいる。

 

でもそれは
選ばれたほんの一握りの人で
自分は彼らのようには
なれないんじゃないか?

おれが追いかけているのは
単なる夢でしかないのか…?

 

ラオスの人たちの質素な暮らしと
自分の人生の複雑さ、
(贅沢な悩みだなぁオイ…
じゃあラオスに住むかい?

いや、おれは旅がしたい!
世界が見たい!)

 

 

 

そんなことを考えてー….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっひゃあぁあああああ〜〜〜!!!
風が最高に気持ちいい〜〜〜!!!

IMG_3103 IMG_3097

 

 

 

もうラオスの自然に
そんなごにょごにょした思考も
ふっとんじゃうよね。

IMG_3133IMG_3116

 

 

あれ?

僕は何しにここへ来たんだっけ?

 

あっ!

そうそう
滝と狩猟民族。

 

 

でもー…

 

 

いっか♪

IMG_3110

 

 

 

適当なところで
Uターンして、

僕はバンビエンの中心地に戻った。

IMG_3109

 

 

 

 

途中に寄ったレストランの
麺がけっこう辛かった。

IMG_3125 IMG_3132

 

 

僕の今の旅なんて
そんなもんさ。

IMG_3127

 

 

考えてる事は
めんどくさくても

旅はシンプル♪

IMG_3150

——————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

えっ?
シミさん免許持ってるのかって?

もちろん!
持ってますよ!
ちゃんと日本で取ってます!

オートマ限定の普通自動車免許ですがー…

何か?

 

あっ、
バンビエンならいいかもですが、
都心だと点数稼ぎの警官に狙われるので
おススメはしません。

何のことかって?

さて?
なんのことでしょうね笑。

郷に入っては郷に従えってね
こっちでは中学生がノーヘルで
僕より早いスピードのバイクを乗り回しています。

つまりはー…

そういうことなんじゃないでしょうか?

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
にほんブログ村のランキングに反映されるそうですよん♪

あ〜…
マジで冒険だった…

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!