「ハバロフスクとビタリィ」

世界一周6日目(7月4日)

 

12時間
列車の旅を終え、
ハバロフスクの街に降り立った。

IMG_4865

 

重たいバックパックを背負い、
フリーのWi-Fiをキャッチして
予約していたホテルを探す。

Googleマップで見ると
近くにありそうだ。

 

さっそうとPennyBoardに乗って
車道脇を滑り出した途端、

コケた。

 

 

昨日までの雨のせいで
路面の砂が滑りやすくさせていたのだ。

「ズザザザザザァァァ…」

って感じでコケた。

 

荷物へのダメージは
幸い、ギターケースが擦れて
ちょっと穴が空いたくらいだったが、

左足と左腕に擦り傷を負ってしまった。

くそっ…

 

それにこの街は
ハエなのかモスキートなのかブヨなのか 
よくわからない
がうじゃうじゃいる。

傷口に卵を産みつけられたらそうしよう…

 

 

 

ハバロフスクの街は
Googleマップじゃ全然分からない
くらいに広い。

IMG_4879

マップには必要最低限のことしか
書かれていない。

 

 

散々遠回りしながらも
ようやく

Corona Hostel

に辿り着いた。

IMG_4872

 

“Hostelworld”で予約をしていたので
部屋の心配をする必要はない。
一泊650rub(1950yen)。

管理人さんがかなり優しい♪

 

 

 

 

ロシアは
物価が安いわけではない。

長く滞在しても
宿代がかさんでしまう。

僕はモンゴルへ早く入ろうと考えた。

 

そうなると次なる目的地は
ウランウデという街だ。

モンゴルとの国境の街。
約2日かけて列車で向かうのだ。

 

 

 

今回列車の切符を買うのは一人だ。
もう、頼れるアスカさんはいない。

果たして上手く切符を買う事ができるのだろうか?

心なしかお腹が痛い…
てか便がユルイ…

 

 

ネットで列車の時刻を調べて
管理人さんに切符の買い方を確かめたら、
日本語が喋れるロシア人に
電話をかけてくれた。

そこまでしてくれなくてもよかったのに…
やさしすぎるぜ…

 

 

「ワタァ〜シ ハ
ニホンゴ スコォシ シャベレマス!」

 

おれは切符の買い方を
確認したかっただけなんだけどな…

彼に切符の買い方を確認したんだけど、
なんだか、向こうも僕の用件が分かっていない
みたいだ。

 

彼の上司、大橋さんという方が
電話に出て来て少し話した後、

よかったらお茶でも飲みませんかと言う。

 

なんだか面白そうだったので
ムラヴィヨアムルスキー通りの44番地の
ビルの4階にある
大橋さんの事務所へ遊びに行った。

IMG_4875

 

 

 

「シミズサンデスカ?」
事務所の外で待っていてくれたの彼は
ビタリィ。23歳。

IMG_4874

 

最近、大学を卒業し、
大橋さんと一緒の事務所で
別々の仕事をしているらしい。

大橋さんは日本製品をロシアに輸入し、
ビタリィはロシア製品を日本に輸出する
ビジネスをしているそうだ。

IMG_4877

 

しばらく話して
じゃ、そろそろ切符買いに行くねと
バイバイしようと思ったら

ビタリィが駅まで送ってくれると言う。

 

ビタリィ、良いヤツじゃねえか。

IMG_4882

 

 

とは思いつつも、
内面ではいつボラれるのか
ビクビクしていた。
「自分の力でなんとかするよ」

と言っても、

 

「ダイジョブデスヨ!」

とか言って、手伝ってくれるこのパターン。

 

 

ロシアは東南アジアやインドなんかの
ボラれ大国
じゃないと言えるにしても

ここまで積極的な好意は
断る方が難しいと思った。

こういう風にして断れないで
おれ、最後には高額なチップとか
要求されちゃうのかなぁ…

 

 

 

 

 

ロシアの切符
購入するのは骨だ。

「カッサ」
(たぶん「窓口」とか「カウンター」の意味)

と呼ばれる受付のおばちゃんと
戦わなくてはいけないのだ。

おばちゃんちゃちは揃いも揃って無愛想で、
日々の業務に追われているのか
いつもなにかに対して起こっているように見える。

 

 

そこでビタリィと二人で並んでいると
彼は横にあるATMのような機会を見て
こう言った。

IMG_4884

 

「アッチノ 方ガ 早ク買エマスヨ」

 

 

なんだか怪しいぞ!

じゃあなんでロシア人はみんなそこで
切符を買わないんだ!?

もしかして
おれのクレジットカードと暗証番号を
盗むつもりなんじゃないのかぁぁああ!!!!

 

『わざわざこんなクソ遅い列に並ぶ
日本人の気が知れないよ!』

 

的なジェスチャーをしてきたもんだから

 

 

『じゃあそっちで
やってもらおうじゃないの!』

 

と券売機のところへ並んだ。

 

券売機担当のお姉さんもいるし、
彼女に訊けばなんとかなるだろ。

 

 

 

カッサよりずいぶん早く自分の番になった。

ビタリィが横から
ポチポチボタンを押していく。

 

英語表記を選択し、
クレジットの暗唱番号と
目的地(キリル文字で)と
ネットで調べ列車の名前
日付をインプットすると、

7月7日の3rdクラスの列車が
一番安いことが分かった。

パスポート番号や
その他の設定を終え

 

「confirm」ボタンを押すと

 

 

 

 

 

「システム障害です!」

 

 

 

 

….

 

 

 

はっ?

 

 

 

 

どうなってんだぁああああ!!!!!!????

 

 

 

てか、
カッサと大差ねええぇぇぇぇええ!!!!

 

 

 

おれの前で切符を買ってた2人組も
同じ画面で「なんだよこれ!」
って係員さん呼んでたもんなぁ〜。

IMG_4885

 

 

だからか。

 

設置されたばかりのロシアの券売機は
しょっちゅうシステム障害を起こす。

おれの場合はプリンターの紙が切れたことが
原因だった。

なら、最初にそういう画面にしとけや。

 

 

 

 

やはりロシアで切符を買うことは
消耗することなのだろうか?

若干不機嫌になりながらも
ビタリィの日本人の友達、

「イマムラサン」

と安い店でご飯をた食べることとなった。

 

 

 

 

メシ屋のテラスで。

IMG_4886

 

今村さんはシミと同い年。

大学卒業後、
ここでサッカーを学んでいるんだって。

コーチングとかかな?

 

 

 

「ビタリィ、こいつね!

こいつのマイペースさにはほんと
まいっちゃうよなぁ〜!

だけど、安心しなよ。
ビタリィ良いヤツだよ!

チップ要求してくるようなヤツじゃないから!」

IMG_4887

 

日本人の同い年の人と話すと安心する。

 

そして、人をどこまで
受け入れるかの難しさを思い出した。

ーーーーーーーーーーーーーー
世界一周ブログランキングに参加しております。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ビタリィに「漫画家志望なんだ」と言ったら、
漫画に興味のある人向けに
授業(?)を持つことになりました。

マジか!

 


「ハバロフスクとビタリィ」” への9件のコメント

  1. やっと,見れました。なぜかずっと見れなかったので、こちらのブログが見れて嬉しいです。車を買った時ロシアの方から買ったのですが僕も失礼ですが、騙されないだろうかと心配になりました。写真とても綺麗ですね。とりあえず、見れなかった更新catch upさせて頂きます. 楽しんでください

    • >Shotaさん
      ブログが見れなかった!!?サイト管理の能力があまりないので
      そういうご意見はドキッとしました。
      Wordpressというソフトを使っているのですが
      もし、役に立ちそうな情報なりテクニックなりありましたら
      教えていただけると幸いです。

      僕の場合は切符購入を手伝ってくれた程度のものでしたが、
      Shotaさんの場合、ロシアから車を買うなんて、
      高い買い物をされたようですね。

      だからこそ、猜疑心もよりいっそうなものに
      なってしまうのかもしれません。
      (今もShotaさんのお車は大丈夫なのかなぁ。)

      • いや。僕が多分国外だからでしょうか。。。でも今は見れています :) ロシア人の方から買ったのです。アメリカは人種も多いので。毎日ブログ楽しみです。

    • う〜ん…
      もっと色々なところにって言ってもなぁ。
      どこ行きゃいいんだろう?

      こう考えると、
      旅する前の情報収集って大事だね。

      それと
      ロシアってそんなに物価安くないんだぜ?
      (売店のパンとか安いけどさ)
      一番の出費は宿泊費なんだよね。
      カウチサーフィンも1週間前じゃ遅すぎるみたいだし…

      まあウランウデで様子みてみるよ。
      治安よくないみたいだけど…

  2. 遅まきながら世界一周スタートおめでとー!
    以前、渋谷スペイン坂スタジオに遊びに来てくれたとき
    (KEMURIゲストの時ね)お話した作家のたざーです。

    シミ君の一歩踏み出す勇気と実行力は
    羨ましいとともに尊敬に値します。
    常人ではなかなか経験できない道を歩み始めているわけで、
    世界のリアルな現状を、美しい景色を、未知の音を
    目で耳で鼻で手で舌で、全身の感覚をフル活用して
    体感してください。
    そんでもって、なんもしらねー我々にも
    同じような感覚を感じさせてくださいな。
    そして楽しんでください!
    漫画も楽しみにしておりますよ!

    ところで、ラジオで
    (この前見に来てくれたTOKYOFM「Skyrocket company」)
    シミ君の旅がはじまって、現在ロシアにいるよ!
    みたいな話をしてもいいかしら?

    とりあえず、健康とポケットの財布には気をつけて!
    はばーないすとりっぷ!

    • >たざーさん
      先日はどうもお世話になりました。
      公共の電波で
      ペラペラ喋り過ぎて後から後悔しました…

      こんな調子こいたビッグマウス野郎に声を
      かけていただけて嬉しかったです。

      「Skyrocket company」の方で
      紹介していただけるなんて
      こらまた嬉しい限りです。

      リスナーのみなさんをほんのちょっとでも
      楽しませるのに貢献できればなあと思います。

      また、
      もし、こんな自分にでも
      なにかできることがありましたら、
      なんなりとお申し付けくださいまし。

      世界一周という旅の中で
      自分にできる限りのことを
      やっていきたいと思います。
      今後共々(って言うほどでもないかもですが)
      よろしくお願いします。

      2013,7/5 清水陽介

  3. なんだか早速いい旅してるね。体調に気をつけて。
    応援してるよ。

    • さんきゅー。こうたつ。

      とりあえず、お腹がゆるくなりました。

      いや!メシは美味いんだよ!
      でも、ドミトリーが24時間態勢で冷房が入ってるんだ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>