「プーサットには何がある?」

世界一周84日目(9/20)

 

 

朝イチの
バスに乗るため
6:30に起きた。

 

朝からお腹の調子が悪い。

そんな変なものは
食べてはいないはずなんだけどな…
思い当たる節は
けっこうあるんだけど、
服を着たまま汗をかくのがいやだから全裸で寝てるとか
毎朝ブランケットがずれているとか

 

その中で有力なのは

カンポンチュナンの水を
電熱コイルで湧かしたら
不純物が出てたことだ。

ミネラル的なものだったらいいんだけど…

 

浮いたミネラル的なものを捨てて
インスタントコーヒーを飲んでしまったのは
やっぱりよくなかったのかもしれないな。

 

ちなみに
ミネラルウォーターを湧かしてみたら
不純物は出てこなかった。

これからの旅先、
水を湧かして煮沸消毒すればいい
ってわけにもいかなさそうだ。

 

 

僕はモンゴルでアルタからもらった
下痢止めを、
一錠では効き過ぎるので
半分に割って飲んだ。

 

弱ったお腹を
すりすりしながら
洗濯物を圧縮袋にぶちこみ

パッキングを完了させると
バス停に向かった。

IMG_0690 IMG_0691

 

 

 

次なる目的地は

Pursat(プーサット)

どんな町かはわからないけど
とりあえず行ってみよう。

 

そんな気ままな旅さ。
シミの旅は。

IMG_0685

 

 

 

 

 

 

 

いつものように
バスの中で爆睡をかまし、
バスは中心地の手前で停車した。

 

運の良いことにすぐ目の前が
ゲストハウスだった。
5ドル。

IMG_0766 IMG_0765

 

 

今は安宿を探す気力も体力もない。

僕はWi-Fiが使えるかを確認した後
この宿にチェクインした。

 

 

 

 

しばらくおいて
体調が回復してきたので
町歩きを開始した。

IMG_0706

 

 

マップアプリには

「Bamboo Train」

と書かれているんだけど…

 

書かれた場所に行ってみたが
線路に草がお生い茂り、
ニワトリや野良犬が
トコトコ歩いている。

IMG_0710

 

 

カンボジアの列車事情は
どうなっているのだろうか?

線路はあれども
列車が走っている気配はない。

 

 

 

とりあえず何かお腹に入れようと
ガソリンスタンドにあるコンビニで
カップヌードルとクッキーを購入。

IMG_0714 IMG_0713

 

 

横のテーブルのあるスペースには
大人たちがヒマそうに
だらだらとくっちゃべっていた。

ここにはWi-Fiもないのに
彼らは何を待っているのだろう?

 

 

 

 

 

最近気づいたのは
ゲストハウスのあるような
中規模の町なら必ず
マーケット(市場)があるということだ。

IMG_0732

 

 

まあ、売っているものは
大体どこも同じで
大量生産された洋服やら
化粧品やら生活雑貨、
それに地元の人たちが口にするような
食料が売られている。

そして
マーケットに共通することは
どこも薄暗い
ということだ。

IMG_0728

さらに言うなら
ちょっと生臭いんだ。

 

 

ここでは観光客の姿は
全くと言っていいほど
見られなかった。

 

マーケットの外に
ゴツいカメラを構えて
建物を撮っている欧米人をみたくらい。

IMG_0731

 

 

ということはだよ。

ここは未開の土地なのか?

IMG_0735

 

「誰も訪れたことのない」
なんて言うことはないんだけど、
そういう情報のない場所は
ちょっとだけワクワクする。

 

 

 

 

マーケットの横に
工事中のお寺のようなものがあった。

IMG_0742 IMG_0741

 

お墓のようなものが
窮屈そうに並んでいる。

僕はそこに入ってみることにした。

IMG_0744

 

中では芥子色の服を着た
若いお坊さんたちが
机に座って勉強をしていた。

IMG_0749

ここはお坊さんの学校なのかなぁ?

 

そしてー…

 

 

 

 

 

この秀逸なセンスの
オブジェたちは
なんなんだろう?

 

 

 

IMG_0746
「やっちまえ!」

「はっはっは…
私に勝てますかな?」

 

 

IMG_0748

「….」
グロイ。

 

 

ここの建物には
他にもハイセンスな
オブジェがいくつもあった。

IMG_0750

 

 

あいにく、いつものように
雨が降り出してしまったので
一眼レフはしまわざるえなかった。

ていうか
カンボジアのオブジェのセンスは
秀逸だよね。

どんな町にも
その町を表すような
オブジェがひとつかふたつは
必ずと言っていいほどある。

 

時々、

『これ、ギャグなんじゃねえのかなぁ?』

って思っちゃうよ。

 

 

これなんて
かなり低予算で作られたことが
予想できます。

IMG_0716

前からしか見ちゃ行けないオブジェ。

 

 

カンボジアンオブジェを
シリーズ化したら
けっこう面白いんじゃないかな?

 

 

お気に入りなのは
カンポンチュナンのオブジェ。

タイトルをつけるなら

「落馬姫」(笑)。

IMG_0575 IMG_0576

 

 

人魚もいたよ。

IMG_0606

カンボジアにも人魚はいるんだー…

 

 

 

 

雨はすぐあがったのだが、
体調も優れなかったので
宿に引き上げることにした。

 

漫画を描くのに
ちょうどいい机があったので
この日の活動はこっちのがメインだったかも。

やっぱりGペンの使い方がわかりません。

漫画は試行錯誤、悪戦苦闘の連続です。

上手くいかないと凹んだりします。

 

そんなプーサット。

面白いオブジェはまだまだあります。
ヒマな旅人は是非起こしください笑。

—————————————
世界一周ブログランキングに参戦しております!

ここでもPenny Boardとギターは
ウケがよかった。

IMG_0770

 

僕が部屋で漫画を描いてると
宿の少年が「貸して!」
って訪ねてきました。

IMG_0771

 

さっきも乗らせてあげたので
もちろん貸したんだけどー…

コイツなぁ〜、
Pennyを水洗いするんだよ。

錆びるからやめれって!

 

返ってきたPennyは
今度は砂まみれでした笑。

 

そんなお茶目なカンボジア人に
好感が持てる人はポチッ!

オブジェのセンスが分からないあなたは
幼稚園の展覧会に行ってみることをお勧めします。

ねんどで作られた子供たちの作品が
きっとあなたをカンボジアへ導いてくれるでしょう笑。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

 


2 件のコメント

  • 初めてコメント書いてみましたー!
    清水君が世界に旅立ってから実は欠かさずブログ読んでます( ´ ▽ ` )ノ

    今回はあまりにもオブジェが気になってしまって…ググってみちゃいました。
    そのプーサットというところは
    石細工とバンブートレイン
    が有名なとこらしいですね。

    大理石の石細工:プーサットは石像/石工の町。何でも、ここにカンボジアで一番質の良い石があるとかで、石像、石細工を売っているお店が数軒ある。製造&即売をやっている所も。
    コピペ:http://p.booklog.jp/book/12163/page/391766
    だそうです。
    あと、バンブートレインは想像している列車とは違うものだと思われます。画像見て思わず
    おぉう…
    と思いました(´・_・`)

    清水君の繊細なお腹が心配です、体調には気をつけて無理のない素敵な旅を続けてください♪
    日本で待ってます( ´ ▽ ` )ノ

    • >樋口さん

      うおぉいっ!!!
      何こっそり読んでくれてるのさー!
      しかもコメントくれるタイミングが絶妙笑。

      情報ありがとう。
      プーサットねー、そうなんだー。
      でも、あの町には一日しかいなかったんだよね。
      今はバタンバンという町に来ています。

      バンブートレインも手漕ぎトロッコみたいな感じだね。
      バタンバンにもあるんだけど、
      地味に高いし、いっかな笑。

      拙いブログですが引き続き
      シミの旅におつき合いくださいまし。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!