「かき氷の味を覚えてる?」

世界一周85日目(9/21)

 

徐々に
アンコールワットのある
シェムリアップへと近づいていく。

ここまでのカンボジアの旅は
いわゆる

「タメ」

だ。

 

 

 

「タメ」ってほらー、

 

「喰いだめ」とか「寝タメ」とか

「タメ撃ち」とか

言わない?

 

あっ、僕まともにロックマンやったこと
ないんですけど笑。

 

 

とにかく、
カンボジアを旅する人は
必ずと言っていいほど
アンコールワットを訪れるだろう。

そのアンコールワットを
「パパッ」と見てしまうのではなく

カンボジアの旅の集大成として
僕はシェムリアップにはすぐ行かずに
カンボジアの他の場所を旅してきたわけだ。

 

早い話、
もったいつけてる
わけっす。

IMG_0812

 

 

 

 

日中の
活動時間を確保するために
僕は朝7時45分のバスに乗って
次なる目的地

Battumbang(バタンバン)

へ向かう事にした。

 

シミさんのリサーチによりますと、
カンボジア第二の都市らしくてですね、
コロニアルなフランス建築が
見れるらしいのです。
という情報をここに着いてからwikit travelで知りました笑。

 

 

バスの中では爆睡。
睡眠に磨きがかかったようだ。

隣りの席に乗客がいなかったのもあるが
「夢」にうなされるくらい
寝てましたもん。

 

下車し忘れて、
そのまま遠くへ運ばれる夢で

「はうわっ!」

って起きたらバタンバンだったよ笑。

IMG_0776

 

あぶね〜っ…。

 

 

 

 

 

 

さてと、
まずは宿探しだ。

IMG_0778

 

 

マップアプリに出ているような
有名どころはどこも
シングルルーム5ドルだった。

いやいや!
どこか4ドル以下の宿があるはずだ!

食費がかかってる分だけ
こういうところで節約せんと!

 

 

バタンバンの町は
分かりやすく区画化されており、
安宿は大体、大通りから
ちょっとはずれた場所にある。

大通りを外れた路地で
ゲストハウスの文字を発見した。

 

一泊いくらかと尋ねてみると
4ドル。

IMG_0781

 

 

じゃあここにしますと
案内された部屋はー…

 

 

 

 

 

 

 

ここは
独房か!?

IMG_0779

 

 

一眼の写真では明るめに写っているが

窓には
(プライバシーを確保するためだろうか?)
黒い板で光が入らないようになっている。

かといって
中の照明が明るいわけではない。
本を読むのも精一杯。

そして
水道はシャワーのノズルのみ。
歯磨きもここか…

トイレは溜置きの水を
しゃくですくって流すタイプだ。

もちろん、
Wi-Fiもない。

そして
ごみ箱すらなかった。

 

 

 

宿の女のコが思い出したように

 

「free water♪(ニコッ)」

 

と冷えた水を差し出してくれた。

 

うん!
おれ明日宿移るわ!

 

 

 

 

 

ここで僕が理解したことは

Wi-Fiがあって
一人に一部屋割り当てられて
それなりに環境の整った5ドルの宿か。

何かが足りない
4ドル以下の宿か。

そういうことだ。

 

中にはもちろん
観光客向けに安くて
環境も整った良心的な宿もある。

カンポットのドミトリーなんてそうだった。

 

 

 

 

 

僕は諦めて
バックパックを置き、

近くのカフェで
0.5ドルのブラックコーヒーをすすりながら、
ブログを更新した後、
町を歩いてみることにした。

この町の道路はデコボコしていて
スケボー向きじゃない。

歩いてどこまでまわれるだろう?

IMG_0793

 

 

 

まず目についたのはお寺だ。

IMG_0818 IMG_0827

 

 

中に入ると壁一面に宗教画が描かれており、
西洋の教会との共通点を発見した。

IMG_0828

比較的最近のお寺なのかもしれない。

 

 

 

そして、
日本とカンボジアの合作アート。

IMG_0846 IMG_0848

数々の鉄クズで作られたナーガの像は
見ごたえがあった。

 

 

 

川を渡り、

IMG_0852
プチバイヨンを見た後ー、

IMG_0860

 

 

 

バタンバンのデカいオブジェを見てー…

IMG_0870

 

 

IMG_0871

 

 

 

 

 

 

 

 

!!!!!

IMG_0865「しゃあぁああぁっっっ!!!
人魚捕まえた!!!」
「ぎゃあ〜〜〜〜!!!
この変態っ!!!

触ってんじゃないわよ!」

 

カンボジアの町にはかならずひとつ
面白いオブジェがあるわ…
期待を裏切らねぇ笑。

 

 

 

 

 

町外れの
ローカルな場所も歩いてみた。

IMG_0891

交通量もぐんと減り、
のんびりとした雰囲気。

青草が風になびく。

IMG_0890

 

エンドレスで朗々とした
ばあちゃんの歌声が
スピーカーから流れてくる。

 

 

途中で見つけたかき氷屋さん。

IMG_0905 IMG_0907

 

カンボジアにもかき氷はあるんだね。

日本を思い出しながら食べた。
まだまだこっちは暑い。

IMG_0904

 

 

旧知事官邸の前で
新郎新婦が写真撮影をしていた。

IMG_0911

「Congratulation!」

「Thank you!」

 

 

 

 

 

お寺に入ると
インスト音楽が
リピート再生で流れていた。

IMG_0916

 

これを聴いていて
お祈りに集中できるのだろうか。

頭がおかしくなっちゃわないか?

いや、
だからこそ悟りに近づけるのであろうか?

 

 

じいさん…

IMG_0914

わかった。
お寺には像があるもんなんだ笑。

そして
ツッコんじゃいけないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

歩きまわって
擦れた足を引きずって
僕は宿に帰った。

 

部屋が暗すぎるので
机を外に持ち出して漫画製作。

IMG_0934

みんな興味津々で僕のことを見る。

 

 

日が落ちて光が十分になくなると
僕は撤収し、
外にギターを持ち出して弾いた。

 

宿の子供たちは
僕のまわりに座って、
一曲終わるごとに
拍手をくれたんだ。

 

良いコンディションで歌えてないのに
拍手だなんて…

お前ら良いヤツらだな。。。

IMG_0937

 

 

この宿は
レストランもラウンドリーサービスも
行っているらしい。

僕はパタゴニアのアウターを洗濯したあと
アイロンを貸してもらい
ゴアテックスのメンテナンスをした。

 

 

そんな旅人の一日。

アンコールワットが近い。

—————————————–
世界一周ブログランキングに参戦しております。
バナーをポチして、
にほんブログ村のページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

 

この夏、

「今年もかき氷喰ったなぁ〜…」

って人はポチを。
いつまでも童心を忘れないで下さい。

 

「かき氷なんて
ここ何年食べてないんだろう?」

って人はとりあえずコンビニで
ガリガリくんを買ってきてですね、

器に移し替えてシャクシャク砕いて
シャーベット状にして食べてみて下さい。

マジでうまいから!

 

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!