「少年、雨の中を駆け抜ける」

世界一周71日目(9/7)

 

カンボジアへの
入国は一筋縄では
いかないかもしれない。

そう思っていた。

 

バスが提携のレストランに停まり
アライバルビザの申請のためだと
手数料をとられてしまったり、

国境の手前でおろされてしまったり、

パスポート用の写真を割高で
取らされたり、

有り金全部をリアル(カンボジアの通貨)
に換えさせられて
マージンを取られたり。

あの手この手の
入時に待ち受ける難問を
旅人たちから聞いてきた。

 

さらには
入国時の賄賂の要求。

 

 

 

僕はカンボジアへのビザを
国境で取ることにしていた。

 

ベトナムからのバス会社によっては
ビザ取得の代行をしてくれる会社も
あるみたいだったが、

僕の行ったバス会社は
チケットは安かったものの、
代行まではしてくれなさそうだった。

 

 

 

パッキングを済ませ
宿の前に停まった
朝7時のバスに乗り込む。

これでベトナムともお別れだ。

 

 

プノンペンまで11ドル。
全席リクライニングシート。

思っていたよりも快適だ。

IMG_9308

 

 

さらには
バスの中で乗客に水が配られた。

IMG_6048

 

 

すごい!

この会社けっこう
いいんじゃないか?

 

そして!
運のいいことに

添乗員のお兄さんが
一人一人にカンボジアのビザを
持っているか尋ねてまわる。

持っていない人は
25ドルを支払うことで
ビザの代行をしてもらえるのだ。
なぜか顔写真は要求されなかった。

 

ベトナムにいる時に
旅人たちから聞いた情報によると
カンボジアビザの相場は
20~25ドル。

幸先がいいぞ!

 

 

 

 

 

数時間後
バスはカンボジアの国境
到着した。

IMG_9318

 

 

各バスごとに乗客がかたまり、
出国審査員の前に
パスポートの束が置かれる。

審査員のおっちゃんは
単純作業に飽き飽きしたような顔で
流れ作業的に
パスポートにスタンプを押していく。

 

乗客中には自分のパスポートを
早く返してもらおうと
お金を挟む者もいたが、

 

僕はそんなことしなかった。

 

 

出国審査も入国審査も
あっという間に終わってしまった。

入国時に
両手の指紋をとられたことには
ちょっと驚いたが
まあいいさ。

 

 

世界一周
6カ国目。

カンボジア
に僕はやってきたのだ。

IMG_9336IMG_9339

 

 

 

 

バスは途中国境近くの
レストランに立ち寄った。

インフレが進んでいるのか
ベトナムと食べ物の値段が
違わない気がする。

むしろ
コーヒーになどに至っては
カンボジアの方が高かった。

国境付近ということ
だからなのだろうか?
13時には
首都のプノンペンに到着した。

バイタクの客引きたちが
乗客を待ち構えていたかのように
一斉に声をかける。

 

僕はいつものように
オフラインのマップアプリで
宿のありそうなところに健闘をつけ
バックパックを背負って
歩き始めた。

 

途中、
CANADIA BANKのATMで
お金をおろしてみた。

ベトナムで
楽天と戦って以来、
初めておろす。

出て来たのはアメリカンドル。
100ドル札。

ここカンボジアでは
カンボジアのお金、リエルと一緒に
アメリカンドルが基本通貨として
流通している。

リエルは小銭みたいなものだって
誰か言ってたっけ?

 

 

 

安宿街につくと
僕は一件ずづ値段を訊き始めた。

どうやら最安値は5ドルのようだ。

僕がチェイックインしたのは
Hong Phann Hotel。

IMG_9353

 

ここではドミトリーは存在せず、
あるのはシングルのみ。

近くにある
Capital Guesthouseも
5ドルだったのだが、
2階への階段が急でやめた。
バックパックで階段を登るがいちばん足にくるんだ。

 

ちょっと広めのレセプションのある
こっちのホテルでチェックインして
案内されたのはー、

 

 

 

 

 

5階だった…

 

 

 

 

 

僕の鍵には404と
書いてあったのだが、

何故かこのホテルは
フロアのナンバーが
2階から101が始まる。

 

シングルルームの扉を開けると
「むわっ」とした
空気のこもったにおいがした。

天井に大きなファンがひとつと
窓はひとつしかない。

 

荷物を置いくと
僕は地球の歩き方を繰って
ある場所を探した。

トゥール・スレーン博物館

IMG_9372

 

 

カンボジアの名前を聞くと
僕は世界遺産の遺跡か

陰鬱な歴史しか
思い浮かべなかった。

 

日本で買った旅漫画

「ディープなアジアの歩き方」

にも主人公の杉田くんが
この博物館を訪れている描写がある。

 

 

 

 

 

僕は
PennyBoardを持って
路上を滑り出した。

博物館は
ポル・ポト政権が監獄として
使っていた建物を
そのまま博物館にした作りになっている。

IMG_9377

 

 

外からでも
重たい空気が
ただよってくるのが分かる。

 

 

2ドルのチケットを買って、
僕は監獄のひとつひとつを見てまわった。

IMG_9383

 

 

時を越えても
生々しさは色あせない。

当時はもっと酷い状況だったのだろう。

 

高級官僚の監獄以外は
レンガ作りのものだったり
木造の物だったり
程度は様々だったが、

そのどれも非常に狭く
日の光が全く届かない
息の詰まる様な場所だった。

IMG_9413 IMG_9419

 

 

ひとつの監獄へ
自分も入ってみたが、
1分間も耐えきれなかった。

 

 

こんな場所に
人間が入れられていたなんて…

 

人が人として扱われない
そんな場所だった。

IMG_9394

 

 

気づくと
スコールが降り出した。

IMG_9428

 

ベトナムの時もそうだ。

負の遺産が生きている者へ
何かを訴えかけるように
雨が降る。

IMG_9435

 

 

 

 

 

雨の中を
上半身裸の男の子が
走り抜けた。

IMG_6053

 

 

この場所がどんな場所かなんて
今はまだ分からないんだろうな。

いや、
分かってても
彼がこの世界を生きることには
変わりはないんだ。

IMG_6052

 

 

 

一応、ここへくる前に
Wikipediaでざっと
ポル・ポトについては
勉強してきた。

国の補助金で
フランスに留学したこと。

帰国後、教師の職に就いたこと。

共産党のグループに所属していたこと。

毛沢東に感化され
自分の理想社会を創ろうとしたこと。

猜疑心の固まりだったこと。

 

 

そして
ポル・ポト政権下で
カンボジアの4分の1の人口が
失われた。

 

 

 

なんだそりゃ?

そこまでして
彼は何を創りたかったんだ?

 

卵が先か
ニワトリが先かじゃないだろう?

 

 

国は、
人だろう。

IMG_9361

 

 

 

今の日本だってそうだ。

震災が起こったあとに
長いことモヤモヤが消えなかった。

今だって
自己矛盾みたいなものを抱えてる。

 

おれたちは
何に怯えてるんだ?

電力不足か?

貧困か?

良い方向に
変わっているのか?

 

 

本当に守るべきものは
利権だとか
そういうのじゃないだろう。

 

人がいてからこその
国なんじゃないのか?

 

 

 

権力を持った人間が
国を台無しにしてしまった事実。

国と言うものは
個人の意識を
越えちまうのかもしれないな。
きっと。

 

 

自分には理解できない
世界の狂気に悶々としながら、
僕は雨の中宿に戻った。

世界を旅するといることは
勉強でもある。

 

 

 

 

 

 

宿に戻ると
バイタクの客引きのおちゃんたちが
いつもの様に陽気に
声をかけてくる。

 

「キリングフィールドに行こうぜ!」

IMG_9439

 

と声をかけてきたおっちゃん、
ヴァンタンと
値段交渉の末、5ドルの約束を取り付け、
僕のおごりで商談成立の祝杯をあげた。

IMG_9437

 

 

凄惨な歴史を
ぬぐい去るかのような
彼らのポジティヴな態度に
ちょっとだけ嬉しくなった。

 

—————————————–
世界一周ブログランキングに参戦しております。

ポチしてにほんブログ村の読み込みが完了しますと
僕にポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です