「カフェ難民」

世界一周186日目(12/31)

 

チェックイン/アウトが
24時間制の宿はわかりやすくていい。

IMG_9259 IMG_9260

 

 

自分がやって来たのと同じ時間までに
出て行けばいいのだから。

 

 

荷物をまとめてバックパックだけ宿に預けた。
パックセーフにくるんで付属の南京錠で
中の物が盗れないようにロックする。

宿のスタッフたちがギターに興味津々だったので
ギターは外に持っていくことにした。

 

 

 

 

監視カメラのついている宿だったので、
客の私物に手を出すようなことはないと思ったが
念のためだ。

金網の隙間からサイドポケットの物は
取り出すことができてしまうが、
こういう時にパックセーフは安心感を与えてくれる。

 

 

 

さてと…。

まずは列車のチケットのコンファームからだな。

 

今回取ったチケットはWL(ウェイト・リスト)ではなく、
WLよりも優先順位の高い
「RAC」というもの(なんの略なの?)。

調べたところによるとキャンセルが出次第、
席がもらえるということらしい。

キャンセルが出ないなんてことは
ほぼないから、このチケットは実質有効だ。

6日も前に取ったチケットなので、
駅に行ってコンファーム(チケットの有効化みたいなもの)
してもらうことにした。

ネット屋が近くにないので
直接駅に訊きにいくしかない。不便だなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あなたの
乗ることになっている列車は
ここには来ないわよ」

「えっ!!?」

「だってこれ、
「Chennai Egmore駅」発の
チケットだもの」

どこだよ!!?チェンナイ・エグモアー駅って!

 

チェンナイは大きな街なので複数の駅がある。

チケットをネットで取る際、
出て来た選択肢を特に何も考えずに選んだのだが、
まさかここに来ないなんて!

てかマジでエグモアー駅ってどこにあるの!?

 

 

「ここからだいたい
2キロくらいね」

 

歩いて行けないくもないけど、
今夜の列車旅を考えると
無駄な体力の消耗は避けたい。

バスだな。安いし。

 

まぁ、ラッキーだった。事前に分かって。

これが出発の1時間前とかだったら
アウトだったもんね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

列車の
発車予定時刻は22:30。

パソコン、一眼、アウター、
その他諸々の7キロのフル装備のサブバッグと

移動用に20枚程度に軽くした原稿用紙、
Gペンなど漫画製作のための
道具が入った手提げバッグ、
そしてギターを持って

まずはネット屋に足を運んだのだが、
やっていない。

年末だからか!!?
あ~もう!ブログがどんどん溜まってっちゃうよ!

 

 

 

しかたなしに今度は
漫画製作できそうなカフェを探すことに。

 

『このテーブルはよさそうだな』と
ホテル兼カフェの外から眺めていたら
若い店員に手招きされ、
僕は呼び寄せられるように中に入っていった。

IMG_9268

 

一杯20ルピー(33yen)のチャイなんだか
ミロなんだかわからないホットコーヒーをお供に
旅ノートに漫画の構想を書き始める。

IMG_9263

 

お店には僕以外にお客さんはいない。
これならたっぷり作業できそうだ!

 

 

そう思ったのも束の間、
開始10分でボス的店員から
嫌な視線を感じた。

 

「サー、他にご注文は?」

『おい…お前、
コーヒー飲んで
さっさと出て行けよ…』

 

直接言わなくても副音声が聞こえてくる。

 

 

確かにお店側からしてみたら、
吉野屋みたいに食べ終わって
お金払ってバイバイまたねー!的な
回転率を上げる方がいいだろう。

フードも頼まずにコーヒー一杯で
長居するのは厄介な客なのかもしれない。

 

でも僕はね、
これは「あり」だと思うんだよ。

だって加藤登紀子も唄っているじゃないか

「コーヒーを一杯で一日」って。

えっ?何の歌かって?「紅の豚」だよ。
「時には昔の話を」って曲名で
エンディングに流れるだろう?

 

そりゃお客さんでいっぱいの混雑時は
コーヒー一杯で粘ってるようなヤツを
追い出してもいいと思う。

お店も利益を出さなくちゃいけないしね。

でも今は11時。
しかも

「ノーゲス(お客さんが一人もいないこと)

なんだぜ?

 

 

「サー、他にご注文は?」

「うん、今はこれだけでいいよ。
もしかしたら後で頼むかも」

「すいません、
ここの部屋はまだ掃除してないんですよ。
他の部屋に移ってもらってもいいですか?」

 

奥の部屋はホテルの宿泊客が朝食をとる様な
薄暗い照明の部屋が。作業するのには向かない。

 

「いや、僕はこっちのテーブルがいいんだ。
掃除の終わった場所のテーブルを使うよ」

「ですが、サー。
掃除しなくてはいけないんです」

 

鼻を手でつまみ、スプレーをばらまく仕草をする店員。
そういえば何匹かハエが飛んでるな。

 

「わかったよ。
じゃあそっちに移るよ」

 

案内された別室で
できるだけ照明の明るいテーブルを選んで
ノートを広げた。

IMG_9266

 

今度は5分もしないで
偉そうなマネージャーみたいなヤツがやって来て
僕に言った。

 

「ここは個人的な
仕事をする場所ではない。

チェックしてくれ」

 

オイオイオイオイ!
まだ30分も経ってねえじゃねえか!
こっちもむざむざ20ルピーは払う気はない!

 

「他にお客さんいないじゃないですか?
せめて1時間はいてもいいでしょう?」

「ダメだ」

 

まじクソファック!
ガラガラのお店で追い出しを食らうなんて
思わなかった。

僕を手招きして呼んだ若造は
「10分くらいで出て行くかと思ったから」なんて
言い訳がましく言う。

僕はお小遣い帳をつけただけで
ファッ◯ンカフェを後にした。

IMG_9267あ〜、よかったねお客さんが来て。

 

 

 

 

 

 

 

 

「カフェ難民」だ。僕は。

IMG_9275

 

 

一体この街のどこに行けば
漫画製作にうってつけのテーブルに
ありつけるっていうんだ?

 

他の国でもそうだったが、

特にインドでは、日本の様にちょっと行けば
チェーン店のテーブルにありつけるわけではない。

宿にはほとんどテーブルなんてないし、
照明の不十分な部屋のテーブルで
絵や文字を描くのは骨が折れる。

頻繁に客の出入りがある飲食店じゃ
1時間以上作業するのは無理だろう。

 

となるとカフェしかない。

まぁコーヒーすすりながら作業するのが
好きなんだけどね。

 

 

 

 

 

マップアプリを頼りに
2キロ先のマクドナルドを目指す。

とりたてて目印もない中途半端な場所にあるので
何と言ってバスに乗ればいいのか
分からないので歩いて行く。

 

じわじわと照りつける太陽。

車の排気ガスに巻上る砂煙。

 

バスで行けばあっという間の距離だが、
歩いて行く2キロは、
しかも通ったことのない道は長く感じる。

大きなカフェの入っていそうな
商業用のビルかと思いきや車の販売店だったり。

歩いてもマックが見えてきそうな気配はない。

 

 

『はぁ…はぁ…、
おれ、なんでこんなこと
してんだろう?』

 

 

そう思った矢先に
まるで想像が現実になったような
カフェが入ってきた。

IMG_9276

 

 

こっ…!これだ!

 

 

カフェの店員がようこそ!と言わんばかりに
僕に笑顔を向けてくれる。

 

さっきの二の舞は避けたいところなので
「ここで数時間絵を描いてもいいですか?」と尋ねると

「もちろん!さぁ!中に入って!」と
僕の到着を待っていたかのように
カフェに案内してくれた。

 

 

 

お洒落な内装に2階建て。

IMG_9289 IMG_9287

 

 

やはりカフェということで
いつも食事を済ませる安いメシ屋に比べたら
格段に高いんだけど、

僕は一番安い49ルピー(81yen)の
サウス・インディア・コーヒーと
55ルピー(91yen)の桃の天然水的な
ペットボトル飲料をオーダーして
2階のテーブルについた。

IMG_9281

 

 

コーヒーを運んできてくれた店員は
「ほんとうにご注文はこれだけでいいんですか?」と
けっこうな食い下がりっぷりだったが、

「まずはこのコーヒーを楽しませてくれ」と
ちょっとかっこつけて言ったら
それ以上は追加のオーダーを訊いてきたりはしなかった。

 

 

出されたコーヒーに僕は驚きを隠せなかった。

IMG_9284

 

 

きめ細かいフォームにマキアートが施されている。

このクオリティの高さはインドを越えた。

ハイデラバードのカフェで頼んだ80ルピーの
グランデサイズのカプチーノなんて目じゃない。

 

僕はこんどこそ正真正銘のコーヒーをお供に、
3時間ほど漫画を描いた。

ほんとうは、もう少しいたかったんだけど…

 

 

うなりをあげるエア・コンディショナー。

IMG_9286

 

 

最初は涼しいと感じていたのだが、
気づいたら徐々に手の感覚がなくなってきた。

線もうまく引くことができない。

 

僕は店員に「寒いから温度を上げてくれ」と頼んだが、
気持ち程度にしか室温は調整されなかった。

時刻は16時。

そろそろ宿にバックパックを引き取りに行って
チェンナイ・エグモアー駅に向かうとしよう。

IMG_9290

 

バスでセントラル駅まで戻り、
宿に行く前にバスキングをしたのだが、
3~4曲でストップがかかった。

はいはい。すぐ去りますよっつの。

 

預かってもらっていたバックパックを引き取り、
エグモアー駅へ向かうバスを教えてもらい、
駅前で再び唄った。

IMG_9294

 

 

場所が悪くて音なんて全然聞こえなかったので
かなりシャウト。アガリはそこそこ。

IMG_9298

 

 

「あなたは何で唄っているの?」

女のコが僕に尋ねる。

 

「パフォーマーだからさ♪」

 

そんなことをしていると時間はすぐに経つ。

IMG_9296

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間通りにやって来た
列車のサイドアッパーに横になり
目を覚ますといつの間にか25時をまわっていた。

2014年。旅に出て6ヶ月が過ぎた。

IMG_9307 IMG_9309

 

 

寝台の物を入れる網にトンボのミイラが入っていた。
横になってそれをぼんやり眺めながら考えていたのは

相棒のこと。

IMG_9313

 

 

僕が今こうして旅しているのも、
漫画家という目指すべきものができたのも
アイツがいるからだ。

アイツがいなかったら
僕は世界一周の旅なんて
していなかったんじゃないか?

 

そう考えると不思議だよな。まおくん。

君の存在はやっぱりデカいんだ。

 

目には見えない沢山の物をもらったよ。

今度はこっちが返していく番なんだと思う。

さて…、僕に何ができるんだろうな?

 

 

僕の旅はまだまだ続く。

——————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

去年の今頃は中学校の同級生たちと集まって
近くの神社に初詣に行ったっけ。

相棒から打ち明け話があった。

 

「おれ…清水に謝らなくちゃいけないことがあるんだ…」

「なに?Pennyなくしたとか」

「実はー…そうなんだ」

「マジで!!!!???」

 

就職祝いにプレゼントしたPenny Boardが
あっけくなく置き引きにあった。

対する僕のPennyは2年以上使った今でも
こうして僕と一緒に旅をしている。

インドに来てから使っていない。
ただの「重り」でしかない。

 

 

日本に送り返してぇぇぇえええええええ!!!!

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★そんなまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」も
どうぞよろしくお願いします♪

最近の投稿は漫画の製作現場や
仕入れ状況です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!