「インドで初詣」

世界一周187日目(2014.1/1)

 

そこまで
観光に熱心な旅行者ではない。僕は。

どちらかと言えば
ノープランでフィーリング
(っていうとかっこいいな)を頼りに
町に行ってみて、

その町の雰囲気を感じる。

できるだけ色々な場所に足を運んでみる。

それが今のところの僕の旅なんだと思う。

 

 

だけどもちろん僕だって観光はするさ。

世界中には
『絶対見てみてたい!』
という場所もいくつかある。

 

 

ここ、ティルチチナパリにやって来たのは
プリーの日本人宿「サンタナ・ロッジ」に
置いてあった地球の歩き方/インド編を
パラパラとめっくってみて
『あ~、ここ面白そうじゃん』と思ったからだ。

 

 

 

 

 

5:30に列車は
ティルチチナパリ駅に到着した。

辺りは真っ暗。

売店のチャイをすすって、
駅弁のプーリを食べながら日が昇るの待つ
(駅弁のプーリは信じられないくらい不味い)。

IMG_9315

 

 

駅構内にいる他のインド人のように
地べたに横になることに少し抵抗のある僕は
ベンチで座って目を瞑った。

さっきまで乗っていた列車で
細切れにしか寝れなかったのだ。

小田急線の列車の中でよくこうして眠っていたな。

IMG_9316

 

 

 

 

ジブリジャズの「カントリーロード」を聴いていたら、
あれって旅の歌でもあるんじゃないかなと思った。

自分の夢のため故郷を離れ、
その旅路の中で故郷を恋しく思ってしまう。

だけど、これは自分の選んだ道。

やるしかない。

今はまだ「あの街」に戻るという選択肢はない。

 

 

 

こうして日本を離れ、
世界を一回りすると決めた僕も
そんな簡単に戻るつもりはない。

これは僕の夢であり、
次に繋げなくてはならない旅だからだ。

 

 

あの後ー…、

雫とセイジくんは
どうなったんだろう?

 

僕はお互い夢に向かって邁進しながらも、
二人の心が離れていってしまう
そんな話の続きを想像した。

ストーリーの読み手側からしてみたら
セイジくんが日本に戻ってきて二人は結ばれる。

そんな未来を求めるのは当然なんだけど、

 

バロンの持つエピソードや
二人を取り巻く状況を考えたら、
結ばれることは難しいんじゃないかなって思った。

あの一瞬で燃え上がった恋は
徐々にその熱を失っていってしまうんじゃないか。

 

だから映画ものの「2(ツー)」とかは
やらない方がよかったりもするんだよね。

僕たちはこうしてストーリーが終わった後にも
「耳をすませば」の世界に入っていける。

物語の終わらせ方って大切なんだなー。

 

 

 

 

そんなこと考えてたら
眠れねぇぇぇええええ!!!!

なんなのおれ!!?
そろそろ25歳よ!!?

あ、僕の誕生日1月22日っすー♪

それを「もしも」の世界について
悶々と考えてるなんてバカか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8時前に
宿を探して歩き始めた。

年明けのインド。果たして宿はあるのか?

 

何件か当たってみて
262ルピー(435yen)の宿に決めた。

IMG_9454

 

 

200~250ルピーの
シングルが狙い目なんだけど、
やっぱりだいたいどこも300からなんだよなー。

まぁいいさ!

まずは宿確保!!所要時間は20分。

 

この街には1泊2日の駆け足の滞在だ。

一週間以上前に列車のチケットは取ってある。
サクサクっと見たい物を見て次の街に進んでしまおう。

 

 

 

 

荷物を置いて洗濯だけ済ませると僕は外に出た。

すぐ近くのバスターミナルまで歩いて行って
行き先を運転手に尋ねる。

IMG_9327

 

 

「Rock Fort?」

「?」

「だからぁ!
ロックフォートだってば!」

「?」

「あ~、オーケー、オーケー」

 

筆談アプリで「Rock fort」と書いて見せる。

「あ~ロックフォーとね~。このバスだ」と
集金係が教えてくれる。

時々発音が違うだよなぁ~。
カタカタ英語に近かったりするんだもん。

IMG_9319

 

 

 

 

世界を旅してきて
英語力が上がるものかと淡く期待していたが、

今のところはペラペラに喋る英会話よりも
シンプルに言いたいことを伝える
「グロービッシュ」
のほうが身に付いた。

 

中学レベルの英会話でも全然通用する。

単語や「What/When/Where/Who/Which/How」の
5W1Hを使った簡単な文章。

一番使う英語は「How much?」

IMG_9344

 

 

東南アジア~インドだったら
グロービッシュで旅ができてしまう。

僕は語学留学なんてしないで旅に出たけど
(大学の時に「単語耳」で発音練習したくらい)、
旅をする上ではそこまで困ったことはない。

相手の英語力が達者でも
「わかりませーん!」な顔をして、
要点だけかいつまんでもらえれば理解できるわけだし。

 

訛りがあるものの
インドは英語の普及率が高いので
英語が通じずに困るなんてこともない。

時々売店のおばちゃんが「?」って顔をするくらい。
看板なんかにも普通に英語表記で
何かしらが記されている。

 

 

 

 

 

最近Wi-Fiを通していないので
マップアプリの位置情報の精度が落ちてきた。

とりあえずの方角だけチェックして
ロックフォート付近のバスターミナルで降ろされた。

「ロックフォートにはすぐ左に曲がれば行けるから」

集金係のおっちゃんが教えてくれた。

 

 

 

狭い路地を抜け、

IMG_9331IMG_9337

 
建物の隙間から大きな岩山が見えた。

IMG_9358

 

あの場所だけ発している雰囲気が違う!

 

 

ビッグバザールの通りを抜け、

IMG_9350

 

 

あれ?どうやったらあそこまで行けるんだ?

IMG_9355

 

 

「こっちこっち!」近所のおっちゃんたちが案内してくれる。

IMG_9356

 

 

どうやらビッグバザールにあった入り口を
見逃してしまっていたようだ。

IMG_9347

 

 

ごったがえすロックフォート入り口。
入場料は6ルピー(10yen)。

IMG_9362

 

 

カメラの持ち込みはー…

なんだ、金取んのかよ?

僕はすぐさまサブバッグにカメラを押し込んだ(笑)

 

 

どうやら履物を脱がなければいけないらしい。

サンダルを脱いで手に持っていたら
おっちゃんに怒られた。

 

「おい!持ち込んじゃダメだ!預けて来い!」

 

せっかくここまで並んだのに、
戻らなくちゃいけないの!?

渋々列から離脱して靴を預けて再入場。

入り口のおっちゃんは列の横から通してくれた。

IMG_9376

 

 

 

 

ロックフォート内部の奥にオブジェがある。

IMG_9368

 

ヒンドゥーのお寺で良く見かける様な
カラフルで様々な神様がいるオブジェ。

 

 

だけど僕がこれを見た時、感じたことは
「まるで夢のようだ」ということ。

 

僕の未来を形にするとしたら
たぶんこんな感じなんだと思う。

まだ夢の中でそれがどんな形なのかは分かってないけど。

 

まだまだやりたいことは沢山ある。
可能性を掴んで創っていく自分たちの未来。

 

柱に寄っかかり飽きもせずに
15分くらいこのオブジェを眺めていた。

石でできた床がひんやりと気持ちいい。

IMG_9371

 

 

 

 

 

 

 

これだけで
ロック・フォートは終わりじゃない。

どうやら外に出れるらしい。

岩山に建てられたこの場所から
外を見渡したらどんな景色が見れるのだろうか?

 

 

 

ーって…

 

 

 

すごっ!

IMG_9377

 

 

頂上に祀られた何かを見るために
いびつな形の階段にずらっと並ぶインド人たち。

柵なんて無視しちゃって、
涼しい顔して岩肌に腰掛けるインド人も。

あれ滑って転げ落ちるヤツいないのかなぁ?

 

 

「バカは高い場所が好き!」

ここまで来たらあそこに
何があるか拝んでやろうじゃないの!

インド人の列に混ざって僕も並んだ。

 

ゆっくりゆっくり列が進み、
階段を一段、一段登っていく。

IMG_9378 IMG_9381

 

 

横にはティルチチナパリの街が
まるでモザイク画のように散らばっていた。

IMG_9382

 

 

遠くの方にひときわ大きな寺院が見えた。

まだ時間もあるし、次はあそこに行ってみよう!

 

 

じわじわと頂上まで辿り着いて、
祀られていたものをチラっと拝んでさっさと退場した。

カメラ撮影は禁止っぽいし、後ろから列が僕を前へ進める。

 

参拝者には灰色の塗料みたいなものが配られた。

「どうしたもんか…』とちょっと考えていると
係員のおっちゃんに「びゃっ!」と
おでこにその塗料を塗りたくられた。

あぁ、あのみんなおでこにつけてる
「アレ」だったのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローク・フォートから遠くに見えた巨大な建造物は
「スリ・ランガナサスワミ」と言うらしい
「と言うらしい」ってカタカナに当てるのがわからないから

 

先ほどやってきたバスターミナルで
行き先を尋ねると集金係のおっちゃんは
ニコニコして僕をバスまで案内してくれた。

IMG_9383

 

 

やっぱ元旦はみんながハッピーな気持ちになるのかなぁ?
何人かの人懐っこいインド人たちに
「Happy New Year!」って挨拶されたもん。

ちなみにバスの料金はどちらも4ルピー(7yen)。
ティルチチナパリの街はバスが安いね。

 

 

 

 

 

そして視界に入ってきた
「スリ・ランガナサスワミ」は巨大な門だった。

IMG_9387 IMG_9416

 

 

多くのインド人も参拝に訪れている。

それを抜けると鳥居の様に
中規模の門をくぐっていくわけだがー…

IMG_9429

 

最後にあるお寺の内部には入らなかった。

僕としてはあの巨大な門が見れただけでも満足なのだ。

また靴を預けるのもめんどくさいし、
中に入ったからって特別すごいものが
祀られているわけでもなかろう。

僕はヒンドゥー教徒じゃないんだし。

IMG_9449

 

でも、インドで初詣なんてなかなかできないよね!

アイ・ラブ・インド!

 

 

あっ、そうそう!まお店長!
ここでも仕入れときましたよっ!

旅する雑貨屋「DRIFT」の仕入れ状況、
詳しくはFacebookページ「旅する漫画家」で!

 

 

 

 

ティルチチナパリはまさしく
「みどころ」のある街だった。

IMG_9443

 

 

ときどきリーバイスなんかの
有名アパレル店なんかも見かけたし、

街自体も比較的きれいで道路もフラットな感じがした。

野良犬も少ないな。Penny Board乗れそうだ。

 

 

南部インドにはまだまだ蚊がいる。

日が沈み、タイでマルルさんからいただいた
塗り薬をして外にでる。

 

駅の外の通路。

雨よけの天井に歌声が響く。
久しぶりに自分の出す音を聴きながらギターが弾けた。

ポロポロ入るレスポンス。
差し入れてくれたオレンジジュースが喉を潤す。

 

日本にいる時は母親似怒られたり
近所迷惑だとか気にしながら、それでも唄ってた。

海外に出てそんなことを気にせず、
大きな声で唄えるってすげえ解放感。

バスキングの写真がないのは
唄ってる最中にカメラを盗られたくないから。

それに唄ってると忘れちゃうんだよね。

 

にしても、この街にも
ノートパソコン繋げてくれるネット屋がない…

IMG_9423

——————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

どびゃっとまとめてアップするシミの
一挙放出型ブログにこの度もおつきあいいただき
誠にありがとうございます。

ささっ、コーヒーを片手にスマホを指で
スクロールしてくれているあなた!

通信料なんて気にせずバナーをポチしてくださいな!

ページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
   

それと、相棒のまお店長にFacebookページを作ってもらいました。
一度限りの旅する雑貨屋「DRIFT」の仕入れ報告もこちらで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!