「歴史の上に花が咲くよ」

世界一周72日目(9/8)

 

前日、
キリングフィールドに
連れて行ってくれると
約束を取り付けた
ヴァンタン
宿の前で待ち合わせした。

 

宿の前には
似た様なバイタクの
おっちゃんたちが
いつものようにたむろしている。

IMG_9453

 

 

僕は危うく違うおっちゃんに
着いていきそうになった。

 

えっと…
ヴァンタンは
エラのところに
変な髭が生えている
はずなんだけどな。

 

どういうわけだか
ここら辺のおっちゃんたちは
みんな変なところ(主にエラ近辺)に

「副髭」
とでも言うのだろうか?

毛を生やしているのだ。

 

 

 

 

約束通り9時にやって来た
ヴァンタンに
念のためもう一度値段を確認すると

 

「キリングフィールドは
遠いんだよ。
しかもトゥクトゥクだからな。

片道5ドル。
往復10ドルだ。」

 

なんてぬかし始めた。

 

ちくしょう!
これだからバイタクの
おっちゃんは信用できねえ!

ていうか
バイクじゃないかったのかよ!

 

 

 

「あっそう。
じゃあ乗らないよ。
他のドライバー探すから!」

 

 

とこっちも強気に出ると、
ヴァンタンは普通のバイクなら
往復5ドルで大丈夫だと
兄弟(?)のバイタクを紹介してくれた。

 

 

 

 

 

オンボロ
HONDAのバイクの
後ろにまたがって
プノンペンの街を出発する。

IMG_9500 IMG_9509

 

 

 

バイクを走らせること20分。

連れて来てもらったのは
自然公園のような場所だった。

IMG_9455

 

 

「これがキリングフィールド?」

 

ちょっと想像と違うな。

もっと殺伐とした
原っぱみたいな場所を
想像していたんだけど。

IMG_9472

 

 

「じゃあ
おれはここら辺で待ってるから」
とヴァンタン(兄)は
どっかに消えた。

僕は6ドルのチケットを支払って
日本語の音声ガイドを借りた。

 

 

物静かな男性のナレーションが入り
キリングフィールド内の
案内標識に書かれた番号をプッシュすると
説明の音声が流れるしくみだ。

IMG_9456

 

 

そこから聞こえてくるのは
淡々とした説明だったが、

昨日行った
トゥール・スレーン博物館同様
大量虐殺の生々しさが
伝わってきた。

IMG_9489

 

 

キリングフィールドってさ、
ここひとつだけじゃないんだってね。

カンボジア各地に
300ものキリングフィールドがあって
チュンエク村という場所が
歴史を語るための施設となっている。

 

 

 

たぶん、
多くの人がこの場所を訪れ
その想像を絶するような歴史を
目の当たりにして
様々な感想を持つんだろうな。

 

僕がこの場所に来て
一番印象深かったのは
過去と現在の対比だった。

 

ヘッドホンから流れてくる
おぞましい史実とは裏腹に
今のキリングフィールドは
静かな公園のような場所になっている。

IMG_9473

 

施設の人たちが
綺麗に管理しているのもあるが

 

草花が生い茂り、
おとなしそうな野良犬が
目の前を横切っていく。

ニワトリの親子は
草をついばむ。

IMG_9493

 

施設の向こうには池が広がる。

IMG_9478

 

 

池に浮く水草を眺めていると
少しのどかな気持ちになる。

 

 

 

ガイドの音声と展示される
被害者たちの遺品がなければ
ここはほんとに
のどかな公園なんだろうな。

IMG_9486

 

 

かつて犯した人間の過ちを
広大な自然が癒してくれるような

そんな気がした。

IMG_9484

 

 

 

キリングフィールドの中心に
大きな慰霊塔がある。

IMG_9467

 

 

数十年前に
自分の意思とは関係く
この世を去っていかねばならなかった
人間たちのぬけがらが

僕らに何かを語りかけているようだ。

 

 

 

 

「歴史を忘れるな」

IMG_9460

 

 

 

 

僕らは過ちを犯す。

人間の歴史なんて
失敗の連続じゃないか?

 

だが、
失敗から学び
前へ進むことができる。

 

 

今でも争いはなくならないけど
歴史を学び
同じことは繰り返されないことを
祈るばかりだ。

 

 

そして、

僕の旅は
正しい道を辿って来ただろうか?

 

 

それは分からない。

 

今はただ、
迷いながら、戸惑いながらも
振り返らずに
進むだけだ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングというものに
参加しております。
クリックしてにほんブログ村のページの読み込みが
完了するとポイントが入る仕組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です