「人ごみ。童心」

世界一周244日目(2/27)

 

「え?
シバラートリィ
見て行かないの?」

IMG_1726

 

僕が泊まっている安宿、
Hotel Elite(一泊250ルピー)を
教えてくださった
ナガヤマさんは言った。

 

シバ神の誕生日を祝うお祭りが
パシュパティナートというお寺で行われるそうだ。

IMG_1730 IMG_1728

 

インドビザも取得したことだし、
そろそろネパールを離れようかと
国境まで行くバスを調べている時に
ナガヤマさんに偶然再会したのだ。

僕は滞在を少し伸ばすことにした。

1日くらい出発が遅れたところで
インドは逃げやしない。

 

 

おや?

 

IMG_1733

 

 

集団でお金をせびるガキんちょども。

IMG_1735 IMG_1736

 

 

 

タメル地区から乗り合いのミニバンで
パシュパティナートまでは行けるとのことだったが、
僕は歩いていくことに。

 

途中にあった日本語の書籍を
扱う本屋さんで立ち読み。

IMG_1740

 

 

旅をしてきた他の国と比べると、
カトマンズのタメル地区には
けっこう本屋さんがあると思う。

今、原書でレイモンド・カーヴァー
(アメリカの短編作家/詩人。
村上春樹が敬愛し、彼が訳した日本語訳も出ている)
を探しているんだけど、
そんなピンポイントで見つからないのが世の常だ。

しかし、ABC順を無視して
並べられた本の山から背表紙を
チェックしていくのはちょっと面白い。

CDの「ジャケ買い」のように
中には興味をそそる本もある。

気になる本があるったから買っちゃおうかな?

 

 

毎日新聞掲載「ののちゃん」の作者さんが
以前に描いていた漫画をたまたま発見し、
夢中になって読んでいると

「日本語の本、
買い取ってますヨ♪」

今まで黙っていた本屋のおっちゃんが
僕にそう言った。

婉曲的に送られてきた
『お前立ち読み辞めろ!』
というシグナルを敏感に察知して、
僕は本屋を後にすることにした。

IMG_1743

 

 

パシュパティナートまで
まだ距離があるっていうのに、
通りには凄い数の人でごったがえしている。

IMG_1745

 

 

数十メートルおきに
アイスクリームやレモンソーダの屋台があり、

IMG_1753

 

う〜ん…
そんな色したアイスは買わないかな?

IMG_1754

 

 

そしてー、
それは何か違う気がする。

IMG_1764

 

 

「オイオイ。誰がレモンソーダに
砂糖が入っているって言ったよ?」

IMG_1751

 

 

 
地面にはシートを敷いて服やら
雑貨の叩き売りが行われていた。
そんなのお構いなしに砂煙が朦々とたちこめる。

IMG_1756

 

この人なんて
マジやる気なし。
IMG_1762わたあめ喰っとるし。

 

 

 

そんな中でもバイクがクラクションを鳴らしながら
人ごみの中を進んでいったり、
見回りにきたパトカーは
数十センチ単位でしか進めていない。

そのくらいここには人がいる。

ネパールの一体どこに、
こんなに大勢の人がいたっていうのだ!!??

IMG_1765

 

 

 

人ごみに飲み込まれると
僕は自分の意思では進むことができなくなった。

後ろから前へ、大勢の人が作り出す「波」に
前進するしかない。

念のためスリ防止にサブバッグをまえにかけた。
ネパールにもスリはいるのだろうか?

 

遊園地に入るのにずらっと人が並んでいる。

IMG_1767

 

 

横入りされないように
体をピッタしとくっつける人たち。

最初は楽しそうだなぁ。
と呑気なことを思っていたが、

この日差しの中、砂煙にも負けず
自分の順番がやってくるのを待つ。かなりの根性だ。

IMG_1759

 

 

かく言う僕も、
まわりの人たちと同じように
じわじわと前に進んでいった。

てかシバラートリィって何なのだ?

たぶん初詣みたいに参拝する
順路みたいなのがあると思うんだけど…。

 

僕がやって来たのは
どうやらパシュパティナート・テンプルの
ひとつ隣りの道だったようだ。

お寺に向かう列になんとか並ぶことができたのだが、
この30分ほど波に飲まれただけで、
精神的に疲れてしまった。

座って煙草を吹かしていると
砂煙が舞う。やれやれ。

IMG_1769

 

列はどこまで続くのか全く見当もつかない。

まるで脱獄するかのように金網をよじ上ったり、
切れ目から中に侵入し、
ショートカットを試みる人たちもいた。

IMG_1773 IMG_1771

 

警棒を持った係員が、それを阻止しようとする。
一体なんなんだ?このお祭りは!!?

 

 

 

パシュパティナートに近づくと
いよいよ順路がわからなくなっていた。

みんな一斉に山を登り始める。
僕も彼らに従って山を登ることに。

IMG_1774

 

こ…これって、順路じゃないよね。

IMG_1777

 

 

そしてパシュパティナートの
敷地内にようやく辿り着き、
僕は人が流れる方へ進んでいった。

IMG_1790 IMG_1779

 

 

ヘリコプターから
何かが巻かれるのをみんなが追いかけたり、
座っていたサドゥーが突然棒を振り回したり。
みんなそれを面白がっている。

IMG_1782

 

 

ふふ。ご覧よ。
ひな壇芸人なんてまるで目じゃないよね。

IMG_1787 IMG_1789

 

 

大きな水路。通行止めする警備員たち。

IMG_1791

 

 

あ!GoProだ!

IMG_1792

 

 

抜け道を探し、水路を越えるネパールの人々。

IMG_1795 IMG_1797

 

 

これ、カメラの腕がよかったら
ピュリツァー賞もらえたんじゃないかな?

IMG_1798

 

 

列に並んでいたんじゃ埒が空かないから、
僕は水の中から柵を越えた。

IMG_1796

 

 

 

「シバラートリィの日には
どこもかしこもマリファナだらけさ!」

IMG_1799

 

 

なんてタメル地区で聞いたけど、
サドゥーからもらえるのかなぁ?
靴を脱いで待っている若者たちの姿もあった。

IMG_1802

 

 

うん。分かるよ。僕もそんな気持ちさ。

IMG_1808

 

 

進める方向へ進んでいったら、
いつの間にかゴールのような場所に出た。

IMG_1810

 

 

な、なんだったんだ?シバラートリィって?

どいつもこいつもショートカットしようと
躍起になっている集団アスレチック・フェスティバル
のイメージしかないよ。

IMG_1804 IMG_1803 IMG_1809

 

 

このお寺の全貌も分かってないと
どこに行ったらいいのか分からないな。

IMG_1781

 

夕方から始めたネパール最後のバスキング。

レスポンスは良好。
空に舞うパラシュート部隊が登場した所で
1時間半のパフォーマンスは終わった。

IMG_1825

 

 

そして、この日の夜。
絆食堂(かれこれ5回行った)で
サンタナポカラでお会いしたヨウさんに訊くと、
お寺の真ん中では火葬が行われていたそうだ。

 

ふむ。そうだったのか。

僕にとってのシバラートリィは

「みんなで童心に還る」

そんなお祭りだった。

IMG_1814IMG_1813

 

つ、疲れた…

IMG_1812

 

 

日が沈み、街角で
たき火をいくつか見た。

ビジェイも言っていたな。
ヒンドゥー今日では火を神聖視するって。

IMG_1827 IMG_1829 IMG_1828

 

 

さてと。
これでネパールともお別れだ。

素晴らしい人や景色に出会った。
漫画も描いたし、雑貨も仕入れた。
そして僕はまたインドへと戻っていく。

4年前に訪れたバラナシ。
一体何が僕を待っているのだろうか?

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

トレッキングの話を聞くと、
『あぁ、おれもやっておけばよかったなぁ~』と思います。
エベレストのベースキャンプとか超綺麗なんだろうなぁ~。

まぁ、ビザの延長もできなくもなかったのですが、また今度ね。
そういう楽しみがあった方が、いつかまた
ネパールに戻って来れる気がするから。

 

『シバラートリィ!何?超おもしろそう!』って君はポチを。
たぶん人ごみにうんざりすると思うけどね…。

『混んでるとこ…嫌いなんだよね…』っていうあなたは
一回好きなアーティストのライブに行って
モッシュから経験してみよう!
個人的には藍坊主の2回目のアンコールの「殴れ」が好きです♪

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★Twitterのアカウントは「indianlion45」
テーマは「世界のWi-Fiから」です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です