「そろそろ行こうかね」

世界一周165日目(12/10)

 

5時に
目覚ましをかけて起きてはみたものの
外は真っ暗だった。
太陽が昇って来る様子は全くない。

IMG_7156 IMG_7157

 

 

明け方というより深夜。
明日は6:00の列車に乗らなくてはならない。

ということはパッキングをして
歩いてハウラ駅に行くためには
出発はもっとはやくなくちゃならない。

あ~、ちょっとマジいなぁ…
と思いながらも二度寝を決めた。

 

 

 

 

 

 

『もしかしたら
ブルーススカイカフェの
横にあるカフェでも

Wi-Fiが使えるんじゃないか?』

IMG_7159

 

 

すぐ近くにあるこじんまりとたカフェで
パソコンを広げてみたが、

ビンゴ!

ちょと遅いけどバッチシWi-Fiが使える!

 

テーブルがぐらぐらするのと
天井にとりつけてあるファンからの風が
直撃じゃなかったら言うことなしなんだけどな。

30ルピーのホットコーヒーを注文したつもりが
がっつり50ルピーのサイズで(もちろん値段も)出てきたときは

『もう、ここは使わねえ』

と思った笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今日こそは!』
とGoogleマップ(アプリ)先生に
ルートを教えていただいて
気合い入れて向かった先は
ソルトレイク。

それってインドじゃないんじゃない?
なんかそういう地区をマップアプリで見つけたんだよ。

 

しっかりと区画整理されており、
いくつかショッピングモールのようなものを
確認することができる。

ふふふ、お金のにおいがするぜ!

 

カメラの受け取りは16:00。
ガッツリ稼いでそれまでに戻ってくればいいかな。
ふふふふ…。

 

 

 

下心むき出しで
先生に教えてもらった場所でバスを待ったが、
バスはなかなかやって来ない。

「SOLTLAKE」と書いたバスが
やって来たのを見て僕はそれに飛び乗った。
9ルピー(15yen)。だから安いって!

IMG_7171

 

ナオト・インティライミの世界一周で言ったら

「ジモッティー」感溢れるバス。

乗客の99%はインド人、そして一人の日本人。
バスに乗り込むと集金係が「そこに立ってろ!」と
きっちしかっちし乗客の立ち位置を決めて行く。

そうすると次に乗って来る人がスムーズに乗れるよね。
日本だったら、自分から奥へ
詰めて行かなくちゃいけないシチュエーション。

時々いるよね。
そんなんお構いなしに入り口に固まってるヤツら。
置くの方はまだ人が立てるスペースがあるってのによぉ…

自発性に頼よるより
「お前、そこ行け!」と指示されるほうが
いいのかもしれない。

まぁ、人口の多いインドならでは。

IMG_7167

 

 

 

 

 

 

バスに揺られること一時間。
僕はソルトレイクに到着した。

IMG_7205

 

 

綺麗に区画化された街。

IMG_7182

 

 

あたりにボロボロの家は見かけられない。

IMG_7185

 

 

ちょっとオシャレな家々が立ち並び、
サダルストリート周辺の騒々しい感じは全くしなかった。

IMG_7186

 

 

オフィス街なのかなぁ?

IMG_7194

 

 

静かなインドってなんか新鮮だ。

それと同時に人も少ない。
いつもの「ぐちゃぁ~」っとしたインドは
ここにはない。

IMG_7213

 

しょ、ショッピングモールに行けば
人がいるんじゃないかな!?

 

マップアプリを頼りにショッピングモールを目指す。

IMG_7197IMG_7198

 

 

そうそう。
帰りの交通手段をちゃんと知っておくのも忘れずに。

交番で何番のバスに乗れば
サダル・ストリートまで帰れるのかしっかり訊いておいた。

IMG_7192

 

 

 

 

ローカルな場所を通り抜けて歩いて行くと
段々分かってきた。

IMG_7201

 

 

ここはもしかしたら
街ができあがっては
いないんじゃないかって。

IMG_7208

 

 

遠くの方から見ると
人が沢山いそうなショッピングモールも
近くに行ってみると全く人がいない。

IMG_7211 IMG_7212

店内に入るとガラガラ。

写真を撮る気さえも起こらなかった。

きっとこれから所得のある人たちが
ここに移り住んでくるんだろう。
バスキング向きじゃないな。
これならまだニューマーケットの方が人が多いよ。

IMG_7217IMG_7215

 

 

 

諦めた僕は
サダル・ストリートへ戻るバスを探したが、
どこからバスが出ているのか分からない。

マップアプリに示されているバス停へ行っても
それらしきものは見当たらない。

 

あれっ?
もしかして戻れない?

IMG_7218

 

 

 

いや、少し歩いて
メトロを乗り継げば帰れるんだけど
やっぱり9ルピーのバスは魅力的だ。

何人も人に訊いて、
とりあえずはハウラ駅までのバスには
乗れることが分かった。

宿まで少し遠いけど、
明日宿から歩いてハウラ駅まで行くのに
どれくらい時間がかかるか実験してみようじゃないか。

 

 

 

「ハウラハウラ!
うんたらかんたらぁ~っ!」

と集金係のおっちゃんが
連呼しているバスに乗り込んだ。

IMG_7223

 

 

車内はきれいに
女性側と男性側とに分けられていた。

やるなおっちゃん!これなら痴漢もないね!

ってインドに痴漢ってあるのかなぁ?

 

 

 

 

 

 

 

徒歩50分。
ハウラ駅から宿まではそのくらい時間がかかった。

IMG_7224

 

 

バックパックを背負って、
人でごった返していて交通量も多いのを考えれば
同じくらいの時間で行けるかな?

 

問題は犬だ。
アイツらが夜明け前に
どれだけ凶暴化するか。

インドの野良犬たちを見る限り、
東南アジアよりもまったりしている印象を受けた。

ここでは彼らは日向も日陰も関係なく
死んだように眠っている。

まぁ、大丈夫だとは思うけど。

 

 

宿に戻った僕は、
一眼レフのボディを持って
昨日のカメラ屋に向かった。

列車のチケットは取っちゃったから
「直ってない」とは言わせない。

 

 

ニューマーケットの混雑具合に
うんざりさせられながら
なんとかカメラ屋まで辿り着き、

渡さされたレンズで試し撮りをしてみたが、
はなんの以上も見られなかった。

 

後でまた同じように壊れたらー…

まぁしょうがないか。
でもちゃんと修理できてるでしょ?

 

 

 

 

カメラ屋の店員は専門知識を並べて説明してきた。
分かったのは部品を新しいのに取り替えたと言うこと。

 

「それで、300ルピーが~」

と金額が出てきて僕は
「ピクっ」とした。

このままでは
お金を
請求されてしまう!

 

 

「うん、修理ありがとね。
もちろんノーマネーだよね?」

カメラ屋の不手際もあり
直接的にはお金を請求できない店員。

 

「いや、別に請求はしていないんだよ?
ただ、サーキットの部品を交換したからー…」

「言っとくけど
お金は払わないから♪

きっぱりと自己主張する。

 

「だって、今回の故障はお店側の責任でしょ?
僕はこのお店にクリーニングをしに来たの。
それなのにカメラが壊れて戻って来るなんて
おかしいでしょ?」

「いやさ、
サーキットがうんたらかんたら~」

確かに、中古のレンズの部品を
無料で交換するというのも割に合わないだろう。
だけど、僕だって余分なお金は払いたくない!

 

「そんな専門知識言われても
こっちは分からないから!

部品交換代を払えって言うんだったら、
こっちもキャンセルした列車代払ってもらうよ?
『明日にならないと修理が終わらない』
って言ったから
こっちだって列車のチケットを
キャンセルしたんだから!」

 

 

 

 

 

列車のチケットの話は
もちろんウソでありまして(笑)

直ったレンズを引き取って
さっさとこの場から立ち去るのがベスト!
と僕は判断した。

あ~…ゲスだなぁ…おれ(笑)。

 

「いい?
こっちだって損してるんだよ?
だからこの話はこれでおしまい?
分かった?」

「うっ…」

「はい!フィニッシュ!
それじゃバイバイさよなら!」

 

何枚か写真を試し撮りして
僕はこの場を離脱した。

今回レンズの修理を担当したアイツ、
ぜってーオカマだ…。

IMG_7747

 

 

 

 

さてと、
レンズも修理して戻って来たことだし
コルカタを離れることにするとしよう。

目指すは
ブバネーシュワル。

インドを南下する旅が始まる。

IMG_7227

———————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

「シミさん分かりましたよ!
なんでランキングの順位が上がらないか!」

「なに!?ほんとうかぁっ!」

「こういうふうに書き溜めたブログ
まとめてアップするじゃないですか。」

「ほむほむ」

「読んでくれてる読者さんは
アップされたら一気に読むと思うんですよ」

「それで!」

「で、このランキングバナーってのは
一日に一回までしかポチが有効じゃないから、
まとめてアップした分だけ
一日のポイントがもらえないわけですよ!」

「なるほどー!そうかー!
決しておれのブログが
つまらないわけじゃなかったのかぁ〜!」

「いや…
もちろんそれも考慮した上でです…」

「…」

 

そんな脳内会議を繰り広げた上で
僕が出した結論は

「もう、考えるのもダルい」

でした笑。

確かに順位が上がると嬉しい。
けど、それに捕われるのも違うよね。

そんなマイペースなシミのブログにお付き合いくださいまし♪

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

別にしなくてもいいです。
これはね、読んだよっていうレスポンスに過ぎないから。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!