「女人禁制」

世界一周172日目(12/17)

 

余裕を持って
起きるつもりが

アラームをスヌーズに切り替え
二度寝、三度寝をかまし、

起きたのは列車の
出発の1時間前!

IMG_8437

やばい!
はやくパッキングして宿を出なくちゃ!

 

 

急いで洗濯物をとりこみ
洗濯紐をコンパクトにまとめた。

寝袋をカバーに押し込むのにももう慣れた。
と言うより、寝袋がしなびた?

たぶん寝袋って使い始めは
焼きたてのパンみたいに
ぷっくりとふくれているんだと思う。

それが使っていくうちにつれてだんだんと
しなびたキノコみたいになっていくんだよ。きっと。

 

 

5ヶ月も旅をしていると
圧縮袋
のジップロックの部分がつぶれてしまって
うまく噛み合わなくなってしまった。

でもバックパックに入れちゃえば
そこまで関係ないだろうと

ジップロック部分をクルクル巻いて
空気があまり逃げないようにして
バックパックにぶちこむ!

 

一番上にKEENのシューズでふたをして
バックパックの口の部分を絞れば
パッキングは完了だ!

 

 

あぁ、チクショウ!忘れてた!
パックセーフ
があったんだった。

最初は荷物がパンパンに入っていた
バックパックも旅を続けるにつれて
多少シェイプアップした。

今はそれほど苦労なく
パックセーフをかぶせることができる。

 

今のところパックセーフは
外からのスリ対策
相手に精神的なプレッシャーをかける
ことくらいにしか役に立ってない。

 

まあ使っている方も多少は安心するんだけどね。

駅でトイレに行きたい時なんかは
ベンチに固定してお留守番しててもらえるし。

たぶん、ユーロなんかの
ドミトリーでも活躍してくれるはずだ。

 

少し気になっているのは

東南アジアのどこかの国で
バスの荷室にぶち込む時に
むき出しの配線の電気にやられ、
てっぺん付近の網が切れてしまったことだ。

ガムテープで補強して繋げてはいるものの、
あそこさえ破れば金網の隙間から
手を入れることができてしまう。

 

まあ考えていてもしょうがないさ。

盗られる時は盗られちゃうんだから。
そういう時のために一年半の保険に入ったわけだし。

まだ一回も保険使ってないんだけど、
使わないに越したことないね♪

このまま無事に旅が続けられることを祈ろう。

 

 

 

 

 

ここまで歯磨きしたり
うだうだと30分。

パックセーフでバックパックを終えれば
あとはインドに来てから
一度も乗ってないPenny Board
Martin Back Packer(ギター)を
括り付ければおしまいだ。

宿の人にデポジットのお金を返してもらって
僕はブラフマパル駅にやって来た。

IMG_8439

 

 

 

 

来る時には階段の上の方に

「WEL COME TO BRAHUMAPUR」

と書いてあったんだけど、

 

ここから出て行く時に目を向けると

「WISH YOU A HAPPY JOURNEY」

と書いてあるじゃないか。

IMG_8440

こいう遊び心好きだぜ♪
バイバイ、ブラフマパル。

 

 

 

 

ヒンドゥー語の後にやって来る
英語のアナウンスをかろうじて聞き取り
列車の番号と到着するプラットホームの番号を確認する。

なんなら近くにいたおっちゃんに
自分の切符を見せて
「この列車ここに来ますよね?」と念を押す。

2重3重チェックは大事!

IMG_8441

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても、なんかこの切符
変なんだよね。

 

今まで2回乗った列車の切符は
自分で取ってたから

プリントアウトしたeチケットの
どこに車両番号やら座席番号が
書いてあるのかが分かったってたんだけど、

旅行代理店を通して手に入れた
このチケットには座席番号が書いてない。

気になるのは「WL」の文字ー…

 

 

 

 

 

 

あぁ…
「ウェイティンングリスト」か…。

 

 

 

 

 

周りの旅行代理店と値段を比較するために、
かなりしつこく調べさせて手に入れたチケット。

中には「ウェイティングリストだけどいいか」
と訊いてくるところもあった。

 

そんなチケットを買ってどうする?

引換券みたいなものなのか?
駅で次の日の切符に取り替えてもらうとか?

てかあの野郎!
そんなことひっとことも言ってなかったぞ!

 

 

 

う~ん…

 

 

 

 

 

 

乗っちまうか(笑)

IMG_8442

 

 

 

 

最悪、演技力を駆使して

「旅行代理店のヤツに
騙されたんですぅ~…」

としらばっくれれば
追加料金とかでなんとか乗せてもらえるだろう。
払いたくないけど笑

 

時間通りにやって来た列車に僕は
ためらうことなく乗り込んだ。

すぐに寝台の上段にバックパックを押し込み、
自分も上がり込む。

そして
狸寝入りを決める。

た、頼む!!!チケットのチェックに来てくれるな!

 

 

 

 

 

 

 

 

寝台の上段は
窓も何もないから本当に退屈だ。

IMG_8443

 

 

 

バックパックのせいで体もうまく伸ばせない。

本をサブバッグの中に入れておくんだった。
いや、こんな揺れるところじゃ読めやしないだろうな。

Wi-FiもないからiPhoneに
動画を入れておくこともできない。

ひたすらに壁とにらめっこをして1時間やり過ごした。

 

 

スリーパークラスって
前日に購入しようとすると
だいたいは「ウェイティング」なんだけど、

こうして乗り込んでみると
以外と席が空いている気がする。

それにどう考えても
寝台の数以上の人間が
乗車している。

IMG_8444

 

僕の下にいる二人は狭そうに
ひとつの寝台に身を寄せ合って寝ている。

空いているのなら上の段を使えばいいだろうに。

 

「ひとつのチケットに対して
3人まで乗車可能!」

とかそんなルールがあるのだろうか?

インド人もウェイティングとか無視してるのか!!?

 

 

イマイチわからない列車のシステム。

結局チケットの確認はされなかった。

 

 

 

今度は降り過ごさないように

GPSの矢印は参考程度に、
停車時間の長い駅名とマップを確認し、
ピンを落として現在位置を確認していく。

そこから目的地までの
おおよその時間を予想し、

昼寝をとったり音楽を聴いたりして過ごした。

 

 

 

 

そしてやって来たのは
Visakhpatnam(ヴィシャカパトナムって言うのか?)
という街。

空港もあって割とデカい。

IMG_8453 IMG_8450

 

 

 

Wi-Fiを通さないので
近頃マップアプリの現在地を割り出す精度が落ちた。

自分の嗅覚を頼りに安宿を探していく。

もちろん徒歩で。

トゥクトゥクなんて信用できないから。

IMG_8457

 

 

 

 

 

この街は道路が比較的舗装されている。

IMG_8492

 

 

交通量も多く、安宿とは言えないまでも
(インドにしては)綺麗なホテルがいくつも立ち並ぶ。

IMG_8447 IMG_8469

これはアパート。

 

 

少し街の中に入るとアパレル店が何件もある。

男たちはお上品に素焼きの容器ではなく
ソーサーを片手にティーカップでチャイを飲んでいる。

露店にはサモサを多く見かけるようになった。

 

 

 

 

 

 

「ホテルの密集する
ところに安宿あり!」

これは僕が安宿を探す上で目安にしていることだ。

そして見つけた
「DOMITORY」の文字。

IMG_8501

 

近くには「BOYS HOSTEL」
なんて言う看板も見つけた。

 

 

なんなら150ルピーの
ちょっと危険な香りのするドミもある笑

IMG_8481 IMG_8483

 

 

 

バックパックを背負いながらの階段が一番キツイ。
何かのトレーニングをしているみたいだ。

建物の4階まで登り、
レセプションで泊まれるか訊くと返された言葉は

 

 

 

 

「お前はヒンドゥー教か?」

 

 

 

 

「うん。
ちょっとね(「ちょっと」ってなんだ?)
ジャパニーズヒンドゥー?ダメ?」

 

今までヒンドゥー教オンリーの宿やらお寺やらで
つまはじきにあってきた僕は
ここでハッタリをかましてみた。

でも、僕、
ヒンドゥーのお祈りなんて知らないぞ?ググるか?

 

 

たぶん、嘘は見透かされていたと思う。

ダメなら他を当たってみようと思っていたのだが、
案内されたのは200ルピーの部屋。
ベッドが2つもある。

IMG_8445

 

「このあと他の誰かと一緒に
この部屋を使ったりするのかな?」

「いや、あんた一人で使っていいぞ」

 

ん…!!?

ドミトリーと書かれた宿で
でシングルの部屋を使うことになった僕。

まわりのインド人が面白そうに僕のことを見ていた。

IMG_8502

 

 

 

ごちゃごちゃした街。

IMG_8480

 

 

10ルピーの赤いバナナ(バナナにしては高い)

IMG_8496 IMG_8497

 

 

パサパサの思わず水が飲みたくなる
タマネギのはさまったサンドイッチ。

IMG_8460 IMG_8461

 

 

宿の近くにいくともある
一時間15ルピー/25yenのインターネットカフェ。

IMG_8510

 

 

そしてなぜか
僕の泊まっている宿は壁に触れると
白い塗料がチョークのように付着する。

IMG_8503

 

IMG_8500

——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

それでも「住めば都」って言いますもんね。
水道水でふつうに歯磨きしてます。

大きめのバケツに水をためて
手桶で体を洗うのにも慣れました。

低めにセッティングされた蛇口で頭を洗います。
シャワーヘッドのないシャワーだと逆に洗いにくい。

トイレットペーパーもインドに入ってから買ってません。

「郷に入っては郷に従え」って言いますもんね。

もちインド式ですよ。

いや、インド式ではなく
それをさらに昇華させた「シミ式」です。

左手は不浄の手です。あれ左手だっけ笑?

 

にしても安宿はシラミ率が高いんだよなぁ~…
寝ていると露出部がやられる!

今日はブルーシートをベッドにかけて寝てみます。

南京虫(床シラミ)ではなくノーマルなシラミ。

ドラマ版「臨死!江古田ちゃん」に
江古田ちゃん扮する鳥居みゆきが
全裸でちゃぶ台の上にうつぶせになって寝ていたシーン
を思い出します(笑)

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用(マジでブログ村わかんねえ)
にほんブログ村 世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!