「ヒッチハイクと格闘家」

世界一周364日目(6/27)

 

僕は迷っていた。

一体どうしたものか…?

IMG_1568

 

 

なんとなく首都のアンカラに来たものの、
ここは都会っぽい都会で、
旅人の僕はそこまでアンカラに惹かれなかった。

お酒を飲める友達と来ていれば
ちょっとは面白かったかもしれない。

バスキングに対してセキュリティが
いつも目を光らせているってのもある。

素敵な出会いはあったけどね。

 

 

ここはトルコの首都アンカラのバスターミナルだ。

ベンチの上で僕は目を覚ました。

寝袋から出て、iPhoneとにらめっこ。

悩んでいるのは次の目的地。

 

 

ここから北に向かうと世界遺産の街、
サフランボルがある。

本来だったらここはルートには含まれていない。
ここを訪れたとしたらイスタンブールはすぐそこ。
トルコの最終目的地だ。

反対に、南に少し戻ったところに
コンヤという町がある。

これと言ってとくに見所はなさそうなんだけど、
前々からのルートではここに行ってみる予定だった。

そしてその先にある石灰棚で有名なパムッカレ
名前を聞いただけでワクワクするイズミルがある。

世界史で「イズミルの戦い」とか会った気がするっっ!

 

 

 

これをルートから外していいものか?

サフランボルまで行って引き返すってのも考えたが、
時間とお金もかかる。

ヒッチハイクするのがめんどくさくなって
イスタンブールに行ってしまうだろう。

 

 

 

よし!

IMG_1572

 

 

僕はアンカラの街を抜け出すために
街の中心からミニバスに乗って、
端の方にあるギョルバシへと向かった。

IMG_1574

 

 

2リラ(95yen)。街の中での移動だったら安い。

運転手のおっちゃんにギョルバシ以降の目的地告げ
(もちろん英語がそこまで通じないので単語だ)、
そこへと続く幹線道路の入り口で降ろしてもらう。

IMG_1576

 

 

 

さぁ、今日もヒッチハイクだ!
元気出して行こう!

 

幹線道路には車がいい感じで走っている。

が、けっこうなスピードだ。

僕はいつものように歩きながら左手の親指を立てた。

歩きながらだと後ろが見えないので、
車が来る気配を感じたら、腕を伸ばし親指を立てる。

それだけだとつまらないので、
振り返って『乗せて~!』
とブンブンと左手を振る。

ブオォォォン…
と走り去っていく車。

へへ。そう簡単には行きませんか。

IMG_1577

 

 

 

何台も車を見送った。

助手席から「ムリムリ」や
「頑張ってな」とハンドサインを送ってくれる車。
エールを送るように
軽くクラクションを鳴らしてくれる車。
僕のことなんて目にも留めない車。

ただ通り過ぎるだけでも、
色んなレスポンスが感じられる。

 

 

30メートル先にトラックが止まっていた。

あれはきっと僕を待っているんじゃない。
すぐに出発してしまうだろう。

トラックとの距離が詰まっていく。

あれ…もしかして…。

 

 

 

「もしかしてコンヤまで行かれます?」

思わず日本語で訊いてしまう?

 

 

「コンヤ?」

「おぅ!乗れ!」

 

 

快く僕を乗せてくれたアサーンさん。
熟練のトラックの運転手だ。
服のヨレ具合がたまらなかった。
この道一筋で長く働かれていたことが分かる。

IMG_1578

 

 

いつものように出だしはハイテンションで
「ドンドルマ美味いっすね~!」
とコミュニケーションをとっていく。

アサーンさんもけっこうご機嫌だ。

朝からいいヒッチハイクができたぞ。

 

 

「シミット!
(ちなみにトルコでよく見かける
胡麻パンの名前が「シミット」だ)
チャイ飲むか!」

「あっ!はい!あざっす!」

 

 

トラックの中には電子ケトルみたいなのが置いてあって、
アサーンさんは車の揺れに水がこぼれることを
お構いなしでお湯を沸かした。

ダッシュボードには
大きめの紅茶のパックが箱詰めで置いてあった。

てか、車内にいながら
お湯が湧かせてチャイが飲めるって、
どんだけチャイに愛情注いでるんだよ。

とトルコのチャイ愛に思わず関心してしまう。

IMG_1580 IMG_1581

 

 

ダッシュボードにはトルコでは
見慣れたガラス製のチャイカップが置いてあった。

それを1リットルのペットボトルに入った水で
「サカサカサカ~ッ」と洗い、
できたチャイをグラスに注いでくれた。

もちろん角砂糖とスプーンもある。さすがだ!

 

 

「ほら、タバコ吸うか?」

「ざっす!」

 

 

意外とヒッチハイクをすると
ドライバーからタバコを勧められる機会が多い。

トルコに入ってからタバコを買わなくなった。

別に禁煙してるわけじゃないけど、
こういう時にタバコを勧められると
素直にもらってしまう。

断ると、ドライバーさんも「吸っていいかい?」と
気を遣わせてしまうことがある。

助手席から風に吹かれて吸う煙草は旅の味がした。

トラックの運転手たちの中ではキャメルが定番のようだ。

IMG_1583

 

 

 

「いやぁ~、にしても、
こんだけ同じ様な道がずっと続いていると
眠くなりません?」

「あぁ、なるよ」

「ですよね~」

 

 

会話がなくなってくるとお互いあくびをした。

アサーンさんは運転席の上にある
カーステレオの電源を入れる。

ポップミュージックでも民族音楽でもない曲が流れた。

これは日本で言うとどういう位置づけなんだろう?

そんな風にしてドライブは続いた。

 

 

 

 

「じゃあ、ここでお別れだ。この道がコンヤに続いてるよ」

 

分岐点でアサーンさんは僕を降ろしてくれた。

「今日も乗せてくれてありがとうございます」

助手席側のミラーに向かって頭を下げて手を振る。

走り出す赤いトラック。

「じゃあな」と言うように
リズミカルなクラクションが鳴った。

IMG_1584

 

 

 

すぐそこにおっちゃんヒッチハイカーが立っていた。

時々トルコの人もヒッチハイクをしている。

おっちゃんの脇に速度を落として止まるくるま。

てか、僕のことも呼んでる。

えっ??!!何?
降りた瞬間次のヒッチハイクができるなんて!!!

 

 

テンションの高い
おっちゃんヒッチハイカーと車に乗り込んだ。

「テシュケレデレム!マイネームイズ、
シミ!What’s your name?」

「おれの名前?ジンギス・ハンさ」

 

 

名乗るほどの名前は持ち合わせてないんだ
とでも言う様なクールなお兄さん。

英語が喋れる方だった。そしてクルド人だった。

車内に3人いると会話ははずむ。

というよりおっちゃんヒッチハイカーが
けっこうなお喋りでトルコ語で
楽しそうにお兄さんと喋っていた。

僕もニコニコしながら会話に耳を傾ける。

何言ってるか分かんないけど。

IMG_1585

 

 

おっちゃんは大学の事務員だと言っていた。

そんなふうには見えない陽気な人だった。

IMG_1586

 

 

 

おっちゃんは途中で降り、
車内は僕と運転手のお兄さんの二人だけになった。

お兄さんはエンジニアでイスタンブルに住んでおり、
朝早くからアンカラまで車を走らせ、
運転開始から10時間経過したと言っていた。

隣りのドライバーさんも眠そうだ。

 

 

「トルコの色んなところに行ってみて、
何人かのクルドの人たちに会いました。
みんなそろって
「アイム クルディッシュ」って言ってたけど、
アイデンティティみたいなものがあるんですか?」

「ん~、アイデンティティっていうよりかは
「出身」に近いかなぁ?ほらアメリカの人たちも
「カム フロム ロサンゼロス」とか言うだろ?」

 

 

クルド人の歴史は長い。

国の成立に伴って、住む場所を
隔てられてしまった人たち。

単なる民族問題ではないのだ。

それでも、クルドの人たちは自分を
クルデイシュと自覚して、
その国に溶け込むようにして生きている。

お兄さんもそのうちの一人だ。

 

 

 

 

お兄さんの友達と合流し、途中休憩を挟んだ。

トーストサンドをごちそうになり、
チャイを三杯いただいた。

日差しがジリジリと暑かった。

IMG_1589 IMG_1590

 

 

僕もお返しに名刺を描く。

IMG_1591 IMG_1592 IMG_1593 IMG_1594

「ははは。これがおれたちかい?」

 

 

似顔絵が似てないのは似顔絵と呼ぶのだろうか?

お兄さんは今日はコンヤに滞在して、
明日イスタンブルに戻るらしい。

街の中心で降ろしてもらった。

IMG_1597

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンヤの街は

そこそこの大きさで
街にはトラムが走っている。
街並も整っており綺麗な印象を受けた。

さてー、とりあえず街の中心にでも行ってみるかな?

バックパックを背負いながら
まだまだ暑い16時の街を歩き出す。

こまめに水分を補給する。

ここでバスキングできんのかなぁ~….。

IMG_1598 IMG_1599 IMG_1606 IMG_1609

 

 

見つけたのはめちゃくちゃいい感じの通り。

IMG_1611

ここでやれば稼げるよっっっ!!!

 

 

新しい街で唄いだすのにちょっと緊張した。

果たして小汚いアジア人の僕に
どんなレスポンスが返ってくるのだろう?

演奏を開始して何人かが足を止めた。

パラパラと入るコイン。
笑顔で「ティシュクレデレム!」と言う。

そして5分もしないで
笑顔でやって来る警察。

ニコニコしながら手を横に振る。

IMG_1602

 

 

で、ですよね~!キビシイッッッ!!!

そそくさと荷物をまとめる。くっそう!

IMG_1612

 

 

その後も周辺で試してみたが
『スタンバってるの??!!』ってくらい
迅速に警察が出て来て、
中心地でバスキングなんてできなかった。

 

 

諦めて少し離れた路地でギターを弾いた。

近くにいた「ウサギ占い」(そういうのがあるのだ!)
のおっちゃんが「そこでやりなよ」と言ってくれたからだ。

路地裏のギター弾き。

まぁなんかこんなのもアリかな?

IMG_1614

 

 

メインの通りほどではなかったが、
ボチボチとレスポンスが入った。

道行く人がニコニコしてりゃあ僕もハッピーだ。

IMG_1613

 

 

それにさっきから聴いてくれている
ガタイのいい小柄な青年がいる。ありがとう!

英語はそこまで通じないんだけど、
何やら僕の助手を買って出てくれていることは分かった。

僕がバックパックを背負って歩き出すと
「大丈夫。おれに任せてくれ」
とわざわざ僕の重いバックパックを背負ってくれる。

上腕二頭筋の膨らみがハンパなかった。

 

 

19時を過ぎたので最後に調子に乗って
メインの通りで再びバスキングを試みたのだが、
間髪入れずに警察が登場して、すごすごと退散した。

や、だってね、彼が
「ここでやっても問題ないよ」
って言うんですものと責任転嫁だ。

 

 

 

 

 

彼の名前は
ユサフと言った。

IMG_1616 IMG_1615

 

 

ここでムエタイをやっているらしい。

あぁ~なるほどだからそんなにムキムキなのか。

えっ…???トルコでムエタイ??!!!

トルコ在住のイラン人で
忍者ラブらしい。

トルコでお世話になっているカフェ、
「シミットサライ」でチャイを飲みながら
Google翻訳で会話した。

や、Google翻訳ってトルコ語にも
対応してるんだね!すげーよ。

iPhoneのキーボードにトルコ語を加えて
交互にワードを打ち合う。

IMG_1617

 

 

 

何やらユサフは日本に来たがっているようだった。

 

「どうすれば日本に長く滞在できますか?」

「すいません。知りません」

「私は忍術を愛しています」

「ありがとう(僕にどうしろっていうのだ?)

 

 

それでもユサフが日本に憧れを抱いているのが分かった。

イラン人が日本に長期滞在するには
どうしたらいいのか調べてみる。

けっこう厳しいな..。

ちゃんと滞在目的やしっかりしていて、
書類もないとダメっぽい。

短期の滞在でもだ。

日本人の招待状(?)みたいに、
保証人になれれば簡単みたいだけど、
僕まだ日本に帰らないしなぁ。

IMG_1618

 

 

トルコ人なら比較的長く日本に滞在できるみたいだ。

でもユサフはトルコ在住のイラン人。
パスポートもイランのものらしい。

国によって日本に来やすいかが異なるんだなぁ。

パスポートの違いを改めて感じた。

 

 

「今日はどこに泊まるの?」という質問に対しては
「キャンプさ!」と応えておいた。
このポジティヴな響きがいい(笑)。

 

 

ユサフがジェスチャーを交えて言う

 

「うちに泊まりにおいでよ」

ってマジっすか!

「さ、サンキュー!」

 

 

え?初めてのお泊まりなんですけどっっっ!!!
ちょっとワクワク!

 

 

 

「じゃあそろそろ行こうか」と
僕はユサフの住んでいる場所に案内された。

また僕のバックパックを背負ってくれている。

格闘技やってるから力に自信があるんだろう。

あのムエタイの肘鉄みたいなの喰らったら
一発でのされる自信があるな笑。

 

 

 

 

ユサフはトルコ人のおっちゃんの事務所に
住み込みをしているようだった。

IMG_1619

 

 

そこで体を鍛えている人間が食べる
低タンパクのごはんを一緒に食べた。

パンと卵焼きと鶏肉。脂肪の多い皮は食べない。

IMG_1620

 

 

淡白な味わい。
塩の味が利いている。
それでも美味しかった。

パンをちぎって僕にまわしてくれる
ユサフを見ていると、

「分かち合う(シェア)」という言葉を
連想せずにはいられなかった。

これが分け与えるということなのだなと。

大学で少し触れた聖書の場面にも
イエス・キリストが弟子たちにパンを分け与える
シーンがあったな。
酒がキリストの血でパンが肉だっけな。

意味合いが違うけど、
今こうして目の前でパンを分け与えてもらうことに
僕は何かを感じたのだ。

 

 

ユサフの住んでいるところのシャワーは水だった。

僕は洗面台で髪の毛だけ洗った。

ユサフは僕のすぐ後ろで
「くふっ~~~~…」と寒さにこらえながら
シャワーを浴びていた。

冬はマジでキツいだろうな。

ムエタイをやっているユサフの
ハングリーさが伝わって来る。

 

 

24時をまわるとユサフとおっちゃんは
事務所の床にブランケットを敷いた。
僕にはソファをあてがってくれた。

ユサフは気を利かせてiPhoneの充電をさせてくれた。

 

 

「グッナイ」

 

 

そういって事務所の電気が消えた。

閉め切った事務所が暑く、
僕は何度も寝返りを打った。

—————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

やっぱり出会いはバスキングをやってた方が
いろんな人に出会うことが出来ます。

ユサフがプロの格闘家になろうとしているのか
どうかは分からないけど、頑張ってんなーと思いました。

いつか日本に来れると良いね♪

…って簡単に言うけど、
よっぽど根性がないと無理なんだろうな~。
動機をはっきしさせてビザも申請して。

だれそれ構わずこれちゃったら、
就労問題とかも出て来るだろうしなぁ。

国家間の信用問題ってほんと不思議。
僕が生まれる前はイラン人はノービザだったなんてね。

 

バナーをポチしてページの読み込みを完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★写真けっこううまくとれてます。Twitter「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です