「フラッシュバック」

世界一周173日目(12/18)

 

僕のことについて
少し書こうと思う。
なんだか村上春樹みたいだな。

IMG_8523

 

 

今世界を旅してしているわけだけれども、

変な話、10代やそれ以前は
外に出て行くことに対して興味を抱いていなかった。
むしろ嫌いだったくらいだ。

中学生を過ぎるまでろくに電車に乗れなかった。

行き先は前か後ろしかないのに
表札に書いてあることが全く頭に入って来ない。

これに乗ってしまったら
一体どこへ連れて行かれるのだろうか?

切符を片手に座席になんか座らず
ひとつひとつ着く駅を確認した。

 

 

 

中学校の時
電車に乗る機会は多々あった。

その主な理由は卓球部の遠征だ。

 

市内ではそこそこに強かった我らの白山中学校。

顧問の先生の人脈もあってか
他校へよく遠征させられた。

だいたいは駅で生徒が集合し
遠征先の学校で先生と合流するわけだが、
僕はいつも誰かをあてにして

「えっと、どこまでの切符を買えばいいんだっけ?」

と誰かに訊いていた。

分からない時はとりあえず一番安い切符を買って
乗り越し清算していた。

 

 

 

母親は長男の僕を色々と
気にかけてくれていたおかげで
小学校の時から(無理矢理)外に出て行かさせられた。

なんで習っているのか分からない
週一の水泳教室や月に一度あるのYMCA。

せっかくお金を出してもらってまで
郊外へキャンプに行っているのに、
知らない土地でまず味わう感情は
不安な気持ちとホームシック。

 

 

外に出て行くことが怖かったんだと思う。

それが今じゃどこだよここ?
インドのヴィシャカパトナムって?

IMG_8524

 

 

 

 

 

 

 

 

ベープ押すだけ
シラミどもをひとまず黙らせ、

速乾性のあるパタゴニアのパンツと
1900円の少し温かい七分袖を着て、
なにもかけずに横になる。

ファンを切ってしまえば
そこまで寒くないのだが眠れない。

頭に日本の風景がフラッシュバックする。

そのどれもが「駅」に関するものだ。

 

 

大学時代、
時間つぶしに乗った小田急線各駅停車、

 

普段自分が降りない小さな駅。

 

開いたドアから見える駅のホーム

 

バイトの通勤で通り過ぎて行く
「よみうりランド前」、「生田」間。

 

卓球部で集合した新百合ケ丘の駅前。

 

いっつも僕は時間前に来て待っているのに、
時間通りにやって来ない相棒。

 

扉が開いた瞬間リアル「椅子取りゲーム」で
埋まっていく新宿発小田原行き最終列車。

 

「代々木公園前」に向かって地下に沈んで行く線路。

そこを抜けると僕らの代々木公園だ。

 

 

 

思い出そうと思えば
いくらでも頭に浮かぶんだけど、

電気を消した薄暗いこの部屋で
鮮明に浮かぶのはなぜか
僕のよく使っていた小田急線の映像。

 

この気持ちも明日になれば
消えてなくなってしまうのかなと思ったら、
パソコンを開らかずにはいられなかった。

遠くに行った時の、
どこか違う場所へ向かっている時の記憶が
自分の人生の一場面と強く結びついている。

 

 

「おれ、移動してるのが
一番好きなんですよ」

 

 

さぶちゃんが言ったそのセリフが
ますます自分のものになってくる。

 

何年か先、ふとした瞬間に
今自分がしているこの旅を
懐かしがるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目覚ましもかけずに
のろのろと目を覚ました。

IMG_8511

 

他の宿と同様、この部屋には
外からの光が入ってこない。

今太陽はどこらへんに位置しているのだろうか?

 

 

ここはインドの
ヴィシャカパトナムという街。

比較的大きな都市で
高い宿からドミトリーまでたくさんの宿がある。

ウィキトラベルで調べる限り
この街ではビーチから洞窟やお寺まで
様々な観光名所があるようだ。

IMG_8512

 

だが、僕がここですべきことはもっと別のことだ。

 

 

朝食を済ませた後、
一時間15ルピー/15yenのネットカフェで
メールのチェックやブログ購読を行い、
昨日目をつけておいたカフェに向かう。

その中、プリント屋さんで
A4二枚分のサイズ(それってA5?)の紙を5枚、
8ルピーで購入した。

 

インド版ケンタッキーのようなお店で
25ルピー/42yenのカプチーノだけ注文すると店員は

「他にご注文はありませんか」

と訊いてきた。

悪いんだけど今のところはないよ。
もしかしたら1時間後に注文するかもと
店員の催促をかわす。

IMG_8531

 

 

旅ノートに漫画の構想を書き、
『時間設定しないとずるずると
余計なことまで書いちゃうぞ』
左腕を顔の前まで持ち上げたところで気づいた。

 

 

 

 

 

 

腕時計ねえ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

おぴょぽぽぽぽぽぽぽ!!!!

IMG_8536

 

 

これで何回目だよ!!!??
わーってる!わーってるって!
あん時だよ!

 

ネットカフェで
パソコンのキーボード叩く時に

邪魔だからって
「ペッ」てはずした時ぃぃぃ!!!

 

てか同じシチュエーションで
ラオスでG-SHOCKなくしたんだった。

おれは学習してねえのか!?

 

 

 

 

まだ一時間も経ってないのに
ニセケンタを後にした。

IMG_8515

 

 

急ぎ足で宿の近くのネットカフェを目指す。

もしかしたら誰かに持って
いかれてしまったかもしれない。

いやいや、あんなパチもののCASIOの時計
誰が持ってくっていうんだ?

 

地味にカスタマイズやら修理を加えて
愛着が湧いてきたってのに
これで彼女をなくしてしまったら、
彼女を失ったショックで
これから先もうずっとひとりかもな…。

そんなハルキ的なシチュエーションを頭にめぐらせ
さっきのネットカフェで
時計が落ちていなかったか尋ねると、
受付のお兄さんはおもむろに
デスクの引き出しから僕の時計を取り出してくれた。

 

 

「マジで泣ける…」

 

 

お兄さんに
「これでラッシーでも飲んでください」と
20ルピーを差し出すと、
お兄さんはニッと笑って受け取ってくれた。

とりあえず、気持ちを切り替えるために
近くで10ルピーのラッシーをすする。

タバコを一本吹かし、
もう一度さっきのニセケンタへ。

IMG_8517

 

 

 

 

 

インドには
カフェどころか机もない。
勉強するのも大変そうだ。

こういうチェーン店みたいなところで
ようやくありつけるのだ。

IMG_8526

 

 

 

空調も効いているし、
テーブルの高さも申し分ない。

かなり大きめで音楽が流れているけど、
まぁ、それもいいか。

14時から17時半までで
構想からネーム(下書きの一歩手前)きまでやり終えた。

IMG_8527

 

 

 

途中、近くの学校の生徒たちが
店に沢山来たりしたが、

あとはお客さんも全然いない静かなお店だった。
(と言っても2回目のピーク時には
「他にご注文はありますか?」
って暗に追い出されたんだけど笑)

 

従業員たちは僕のネームを
興味津々で眺めて来る。

中には「これ飲む?」と小さなカップで
スプライトをくれる人もいた。ありがたいぜ。

ただでカプチーノももらったな。
その分、バーガーとかも頼んでしまったのだけれど。
50ルピーとかクソ高ぇし。

IMG_8525

 

 

漫画製作の後は
同じみのネットカフェで自分のパソコンを使って
できたネームをiPhoneで撮影してLINEで送った。

第3稿くらいの描き直しは覚悟しているぞ!

 

 

ここでの滞在もちょっと長引きそうだ。まぁそれもいい。
漫画を描くのに必要な条件がある程度そろっているから。

 

漫画の製作に入ると単調になる生活リズム。

だけど、これでいいんじゃないかと思う。
だってこの旅は僕にしかできないから。

IMG_8532

——————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

あれ?お母さん、

ネットカフェどこに座るかで
回線速度が全然違うよ?

しかも列車のオンラインサイトCleartripで
8:00〜12:00までは使えないよ?

彼らはちゃんと仕事しているのかなぁ?

無職の僕が言うのもなんだけどね!

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です