「奇寺へ!!!」

世界一周213日目(1/27)

 

ぐっすり眠った。

IMG_3648

 

 

 

Wi-Fiの入る環境で、
連日夜遅くまでパソコンを開いていたもんだから
目に疲れが溜まっていた。
意識して目を休ませないとね。

体は資本。漫画家の目は命!

 

 

つっても遺伝的にメガネだし、
うちの家系はけっこう目が弱い。

漫画家に向いていない目でもある。

たぶん徹夜とかハードワークしたら
かすんで漫画なんて描けなくなっちゃう。

 

 

 

そういうわけで起きたのは10時過ぎだった。

IMG_3607

 

 

ここ数日だんだん温かくなって来たようだ。
毛布から出てくるのも苦じゃない。

外からはいつものように
子供たちがはしゃぎ回る声が聞こえる。

よっしゃ!
今日こそは奇寺に行ってやる!

IMG_3611

 

 

 

 

 

あの大きな岩の上に建つお寺の名前は
「アッダルシラ・テンプル」
と言うらしい。

IMG_3534

 

 

 

Hill View guest houseのレストランから
時計台までの距離いくつ分の距離か見当をつけ、
近くにあるものを頭に叩き込み、
僕は再び奇寺へと向かった。

だいたい30分くらいで着くはずだ。

 

いつものように朝食を時計台の向こう側で済ませ、
ブラウンの街の中へ。

IMG_3613

 

 

最初はブルー・シティーにばかり
目がいってしまったけど、
何度も足を運ぶうちに
この街の雰囲気が好きになっていく。

IMG_3622

 

 

 

だけど、遠くから眺めるのと
街の中から探すのとではやっぱり違う。

あんなに目立つお寺なのに
いつまでたっても見つからない。

IMG_3615

 

 

あれ?昨日と同じところに出てしまったぞ。

IMG_3621

 

 

何人もの人の訊いて、
|ちょっとづつ奇寺までの距離を詰めていく。

 

「あぁ、アッダルシラね。
ここを右に曲がってまっすぐだよ」

「アッダルシラ。あっち」

「アッダルシラ?
あれってヒンドゥー(教徒)しか
入れないんじゃなかったっけ?」

 

 

マージーでー!!!???

IMG_3625

 

 

ヒンドゥー教徒オンリーだったら、
ほんとショックだよ。
とりあえず、行ってみよう。

ダメだったらー…
外からお寺を撮るしかないね…。

 

 

 

そして建物の隙間から
あの大きな岩が見えた。

IMG_3623

 

 

こりゃ地上から探しても
なかなか見つからないわけだ。

ただでさえごちゃごちゃしてるのに、
そのもっと奥の方にあるんだから。

IMG_3626

 

金網が入った入り口。
は、入れるのかなぁ?

 

 

近くにいたおっちゃんに
「アッダルシラ?」と訊くと、
「そうだよ」と入ってもよさそうな応え方だった。

IMG_3645

 

 

 

僕は扉のかんぬきを表側から器用に外し、
ダッシュで中に忍び込んだ。
どっちに進めば頂上まで行けるんだ?

「こっちだよ!」近所のガキんちょが
教えてくれる方へ足早に進む。
見つかったら終わりだ…。

IMG_3642

 

 

 

 

そんな緊迫感ある潜入も
30秒もしないで終わりを迎えた。

工事中の上のフロアには
ばっちしおっちゃんたちがいた。

IMG_3628

 

 

「えっとー…
アッダルシラ・テンプルって
上です…よね?」

「ああ。そうだよ。
そこの梯子から登っていきな」

 

あれ?ヒンドゥー教徒だけじゃなかったの?

 

 

 

急な鉄の梯子を僕は興奮気味に登っていった。

IMG_3627

 

 

やっと!やっとあのお寺に行けるんだ。
頂上まで行った時、僕はどんな景色を
見ることができるんだろう?

IMG_3629

 

 

梯子とあぶなっかしい岩の階段。

IMG_3632 IMG_3633

 

 

 

上り詰めた先にはヒンドゥーの神様が祀ってあった。

IMG_3634

 

 

後ろからついて来たおっちゃんに言われ
お賽銭に財布にあったコインを全て置いた。

旗が風を受けてなびいている。

IMG_3639

 

 

見渡すとジョードプルの街。

IMG_3635

 

 

 

あぁ、
高い場所から見渡すこの街は本当に好きだ。

足下の方には人々の生活を垣間見ることができる。
この街で人々は毎日生活を送っているんだ。

IMG_3638

 

 

そして遠くの方を見渡すと、
角張った建物の中に僕の好きな
青い建物がチラホラ見える。

当たり前のことだけど、
ここから見える景色はここからじゃないと
見えないんだよね。

 

「降りるぞ!」

IMG_3640

 

 

「待って!あと5分だけ!」

IMG_3636

 

 

少し危ない場所にあるため、
長い時間ここにいることはできなかったけど、
またひとつこの街が大好きになる様な場所に出会えた。

 

 

 

 

「10ルピー!」

 

途中まで一緒について来た
ガキんちょが僕に言う。

 

うん。寝言は寝て言ってね♪

 

そのままスルーして僕は
アッダルシラ・テンプルを後にした。

IMG_3643

 

宿に戻るまでの道で犬にマジで
噛まれそうになったのは彼の呪いだろうか?

この時ばかりは自宅で飼っている愛犬
らぶ(雑種/ラブラドールレトリバーに似てるから)」に感謝した。

 

公園でリードを離してやると
飼い主に噛み付こうとしてくる
バカ犬なので対処法は分かってる。

前蹴りを繰り出し、
一定の間合いに近づけさせないようにする。

近隣住民の仲裁がなかったらマジでヤバかったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

宿に戻って昼寝をし
(あれ?今日めっちゃ寝てる)、
15:30から仲間から依頼された漫画のネーム

を描いた。

 

昨日はどうしようもないくらい描けなかったけど、
今日はいくぶんか描ける。

そういうバイオリズム
みないなものがあるんだよなぁ。
よくわかりません。

 

夕方になるといつものように
バスキングへと僕は出かけた。

「一週間同じ街でバスキング」

ついに僕は
「ハーメルンの笛吹き」と化した(笑)

IMG_7669

 

 

いつもの売店の前で3曲ほど終えた後、
ガキんちょたちは「わぁ~」っと僕についてくる。

限られたレパートリーをいかに飽きさせないか。
今日はアゲアゲな感じのアップテンポで攻める。

むちゃぶりから生まれた「Party on the night!!!」も
もはやジョードプルのヒットソングになりつつある。

顔なじみのガキんちょは
「Party on the nightやってよ!」と
必ずと言っていいほどリクエストしてくるし、
この曲が始まるとノリのいい大人たちが
チラホラ混じってくる。

 

昨日即興で作った4つのコードと
「ナマステ(ヒンドゥー語のこんにちは)」を
ひたすら繰り返す「NAMASUTE!!!」も地味にウケている。
インド人はノリがいい曲が好きなようだ。

 

 

そしてカフェの前で唄って、
バンドボーカル/ペインターのインド人と
おしゃべりしたりして、この日のバスキングを終えた。

バスキングを終えて、
稼いだお金で食べる夕食は美味しい♪

 

 

さてと、
そろそろインドと一度お別れをする頃だ。

 

この後僕が向かう先はネパール。

今年始めからビザ申請のための
オンライン・フォームの申請が必要になったんだけど、
滞在先の番地とか調べても出て来ない…。

てか滞在先なんて嘘の申請だけどね。

ネットに出ていなくても東南アジアや
インドと同じ様に安宿があるんじゃないかと
僕は踏んでいる。

 

 

「で、ここのホテルは
予約はしたの?」

「えっ?いや、
これから行こうと思って」

「困るよ。
予約とってもう一度出直して来て」

 

なんて言われたら死ねる…。

僕が入る国境の町は割と大きな街だけど、
調べても宿は値段の高いものしか出てこない。

まぁ、いいや。テキトーに入力しちゃえ!

————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

宿でたまたまお会いした方に
「ネパールの番地なんてないよ」ということを聴いて、
ちょっと安心しました。

ビザのオンライン申請はまだまだ情報が少ないっす。
もしかして向こうもテキトーなんじゃないのかな?

行ってみないとわからない。ちょっと冒険の匂いがします!

あぁ!ネパール!一体どんなとこなんだ!!!

旅する漫画家シミの
「ヒマラヤに抱かれて~バックパックが肩に食い込む!~」編、
まもなく開幕です。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒まおの作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです!

★「世界のWi-Fiから」をテーマにしたTwitterも。
アカウント名は「indianlion45」です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です