「再び青の街へ」

世界一周214日目(1/28)

 

外に出てみると
幻想的な光景ががそこにはあった。

IMG_3653

 

 

ここに来てから夕日も朝日も
見ていなかった僕はその光景に驚いた。

すぐにカメラを取って屋上へ行き
美しい朝日を写真に収めた。

IMG_3666 IMG_3659

 

 

隣りのレストランには
僕と同じ様に朝日を眺めているツーリストの姿が。

ジョードプル7日目。
ここに滞在する最後の日。

IMG_3658IMG_3672

 

 

 

『もう一度、青の街に行ってみよう』

IMG_3673

 

 

ふとそう思った僕は洗濯を済ませると
前回とは別の方向から
青の街へと入っていった。

IMG_3678

 

 

 

城壁に沿っていけばきっと
ブルー・シティーを見下ろせる場所があるはずだ。

やっぱり一番長めがいいフォートの
入場料400ルピー(659yen)は、
今の僕には払う気になれない。

宿のママも言っていたし、
きっと他にも良いポジションがあるはずなんだ。

IMG_3680

 

 

 

 

 

城壁を
横目に見ながらブルー・シティーへと入っていく。

IMG_3690

 

 

恥ずかしい話、ブルー・シティーは
今まで僕がHill View guest houseのレストランから
眺めていた街だと思っていた。

昨日たまたま、宿のママが
ツーリストと話している場に居合わせて、
「ブルーシティーはフォートの向こう側だよ」
言っていたのを耳にしたのだ。

 

危なかった…。

「ブルー・シティーって
そんな青くないんだぜ!」

とか知ったかこくところだった。

 

 

ブルー・シティーの中、
狭い路地がずっと続いている。

僕は少しでも高い場所に
登れそうな路地に入っていっては
何度も行き止まりにぶちあたった。

IMG_3681 IMG_3692

 

 

城壁へと続く道か!と思って入っていったら、
ふつうに誰かが住んでいる家だったり
なんてことはしばしば。

IMG_3699 IMG_3684 IMG_3700 IMG_3696

 

 

 

そして、
野良犬と
バトる率が
ハンパない!!!

IMG_3675

ちょっ、ブルー・シティーマジ危険!!!

 

 

 

犬と目が合う僕。

「と、通ってもいいっすかね…?」

「ウォン!ウォン!」

「だぁ~~~!!!
やンのかァ!!
コラァアアアアア!!!!!」

 

サブバッグのペットボトルホルダーに入れた
護身用の石を振りかざす。

投げるそぶりでひるむ犬もいれば、
道を譲らない犬もいる。

 

 

 

 

IMG_3701

 

時には遠回りし、
時には近隣のみなさんの助けを借り、
辿り着いたのはフォートの別の入り口。
これってお金払うのかなぁ?

IMG_3705

 

 

後ろからやって来たおにいさんが
スタスタと入っていくのを見て、僕もそれに習う。

門番のおっちゃんは「ちょっ!」と
僕を止めに入ったが、
時計を見るとなぜか通してくれた。

 

城壁に登ってみたが、
まだここからじゃ青の街を見下ろせない。

IMG_3704

 

チケット提示を要求されるのかと
ビクビクしながらフォート内部を進んでいった。

 

 

それにしても、すごいところに
要塞が建っているんだな。

IMG_3714

 

要塞は見応えのある岩肌と
一体化するようにして建てられている。

 

 

あそこへ行けばいい眺めかもしれない!

立ち入り禁止の鎖を越え、
落ちたら即死の城壁をつたい、
一番いい眺めの見える場所へ。

IMG_3717

 

 

近くにワイヤーアトラクションの台があった。
ここは立ち入り禁止じゃないな。

IMG_3736

 

 

 

 

これがー…

IMG_3732

 

 

 

青の街かぁあああ!!!

IMG_3733

 

 

 

僕のカメラの腕じゃ伝わらないし、
それでいいと思う。

IMG_3723

 

 

自分の目で見ないと分からないよ。
とにかくすげえんだ。

IMG_3740

 

 

太陽はフォートの影を街に投げかけている。
それだけフォートは大きく、
この街の一番高い所に建っている。

でも、今の僕にはここから見える風景で
十分だと思った。

いつかまた、この街に戻って来よう。
フォートからこの街を臨むのはその時でいい。

IMG_3739

 

 

 

ワイヤーアトラクションのスタッフが僕に
「Good View?」と言ってきた。

IMG_3745

 

 

もちろん!

ジョードプル最後に日に
この景色を見れてよかった。

 

 

ちなみに反対側からゲートをくぐり抜け
フォートへの侵入は成功したが、
ミュージアムの前でチケットの確認があったため
それ以上は進めなかった。

IMG_3747IMG_3751

 

 

 

 

 

 

 

 

昼寝した後、
ブログのアップや、
ネパール以降の航空券をチェックしたりした。

デリー発、ドバイ経由でイランかなぁ~?
そのあとどうしよっか?

陸路でアフリカまで行けないかなぁ?
船でもいいけど。

でも、安いほうがいいしなぁ?
シェンゲン協定もやっかいだなぁ…。

どうしてもスウェーデンに行きたし、
チェコの雑貨も興味がある。

てか3ヶ月じゃ足りなくないか?

でもお金が持つかどうか…。
てか僕こんなにゆっくり旅してていいのかなぁ?

 

 

 

うん。そうだ。
そろそろバスキングに出かけるとしよう。

 

ジョードプルでバスキング7日目。
なんだかんだ一日1時間半~2時間くらいで、
毎日やってたな。

唄わせてくれる場所もできたし、
何人かの顔見知りもできた。
むちゃぶりから2曲くらい作った(笑)

 

7日間の中で一番声の調子がいい。

筋トレと同じだ。
いつも唄ってないと声にハリが出ない。

 

時々チャイをごちそうしてくれるカフェは
お客さんで混んでいたため、やらなかった。

オーナーの姿は見えなかったし、
スタッフはオーダーを取るので急がしそうだった。

 

 

その代わり色んな場所で唄う。

いつものように集まってくる人たち。
時にはここでやるなと怒られたりしながら。

それでも楽しい夜だ。

IMG_7671

 

 

 

バスキングを終えた帰り道。

いつも遊びに来てくれる
ガキんちょ二人とハグして別れた。

 

「Good Luck!
お前らも頑張れよ!」

 

そう言ってバイバイした。

 

僕は旅を続けるけど、
君たちはここでの生活を続けていくんだろう。

11~12歳の君たちの未来には
何が待っているんだろう?

楽しいことばかりじゃないかもしれない。
それでも毎日を楽しく生きて欲しい。

頑張れよ。

 

 

 

 

 

ニシタニさんという
長期の旅をされている方と
お話させていただいた。

IMG_3760

 

 

 

ニシタニさんの撮った写真を
見せてもらったのだが、
良いカメラ(つっても僕よりひとつ新しい型だった)
で撮った写真はびっくりするくらい綺麗だった。

カメラの腕も僕なんかよりも
数段上をいっている。

僕もこんな写真が撮りたいと思ったのと

 

人によってこんなにも
インドの見方が違ってくる

 

ということが分かった。

IMG_3762IMG_3763IMG_3764

 

 

写真はその人の目線。
目の前の風景をどう捉えるか。

ニシタニさんの写真を見ると、
『インドってこんなに素敵な国だったんだ!』と
思わずにはいられなかった。そんな写真の数々。

持っているカメラは入門機だけど、
写真のスキルも上げていきたい。

 

ニシタニさんは僕の描いた漫画に
興味を持ってくれたのが嬉しかった。

「こんな感じで描いてるんですよ」と
広げたパソコンに表示された僕の拙い漫画を
長いこと読んでくれた。

IMG_3766

 

もちろん写真だけじゃない。
漫画のスキルも上達させていかなきゃね!

 

 

 

僕は明日の朝の列車で

Lucknaw(ラクナウ)

という街へ向かう。

 

ネパールへと続く国境の町はいくつかあるのだが、

ジョードプルからだと国境から少し離れた
ラクナウ行きの列車があるし、
ラクナウはそこそこ大きい都市だ。

たぶんそこからバスで国境を越えられるはずだ。

情報は少ない。
メジャーな国境はゴーラクプルから
バスで行くスノウリとかかな。

 

まぁ、なんとかなるだろう。
だって「LUCK NOW」なんて
縁起がよさそうじゃないか♪

———————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

と、またブログが書きたまっていってしまうわけです。
あれもやんなきゃ!これもやんなきゃ!チケット取んなきゃ!

一週間のうち一日48時間の日が3日くらいあってもいいっす。
あ~でも、疲れて他の4日間の睡眠時間10時間くらいいきそう(笑)

時間は作るものだろう?って言われるけど、

う~む…

じゃあ誰か影分身の術教えてください。

  

★甘ったれたこと言ってる僕にポチ下さい(笑)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もどうぞよろしく♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!