「この街には縁がないんだ」

世界一周74日目(9/10)

 

「カンボジアって
言ったら

どうせプノンペン」か
「シェムリアップ」しか
行くとこないでしょ?」

 

誰かがそう言った。

 

 

僕の中の
「アマノ・ジャック(天の邪鬼)
が反骨精神をむき出しにした!

 

 

『んなろう!

そんな決め
つけてんじゃねえよ!

行ってやんよ!
カンボジア
他の場所ぉ!』

 

 

CAPTAL GUEST HOUSEの
バスチケット売り場で
行き先を調べると

「シハヌーク・ビレ」

 

というところに
5ドルで行けることが分かった。

前日に購入した
朝イチのバスチケットを片手に
僕はバスを待った。

IMG_9776

 

「あ〜…
日本人の方ですか?」

 

ハットを被り、黒縁のメガネをかけ、
カリマーのバックパックを背負った
お兄さんが声をかけてきた。

お兄さんは
シェムリアップ行きのバスを
待っているらしい。

 

これから僕が
シハヌークビレに行くことを告げると
お兄さんはこう言った。

 

「あそこは
マジで気をつけた方がいい
ですよ。

 

3日前に大きなデモが
プノンペンであったんですよ。

それで警察が
大分こっちに移って来たらしくて

プノンペンのギャングが
シハヌークビレに
移動した

らしいですよ。

 

 

おれも最初は

『シハヌークビレって
けっこういいとこじゃん』

って思ってたんですけど、
向こうで
ギャングに
刺された日本人
に会いましたもん。

カンボジア人でさえ
殺されてるみたいですね。

 

夜中だけは
絶対出歩かない方がいいですよ。

路地裏とか入ったら、後ろから
「ズドンッ!」
ですから」

 

お兄さんは
そう言ってシェムリアップ行きの
バスに乗り込んでいった。

IMG_9788

 

 

 

 

 

 

ち、ち、ちょ、
超怖いんですけどっっっっ!!!

 

 

 

 

 

なに「ギャング」って!?
映画とか漫画だけの話じゃないの!?

 

しかもデモとか
めっちゃ最近じゃないですか!

んなこと誰も行ってなかったし
3日前に来た時は
そんなこと全然感じさせなかったぞ!

 

し、死にたくない…!!!

 

だが、遅れてやってきた
シハヌークビレ行きのバスに
僕は乗り込んだ。

これは地獄へ向かうバスか
それともまだ見ぬ出会いへと
僕を誘うバスなのか…

 

 

 

 

 

バスが
出発した後も
しばらく僕は頭が真っ白だった。

 

スリルや冒険を求めて
命を落とした旅人がいることを
僕は知っていた。

だけど
死んだら終わりだ。

旅も。夢も。

 

 

…いや、待てよ!

これは
運が良かった
んじゃないか?

 

あのお兄さんに会わずに
何も知らないまま
夜ふらふらと歩いていて
殺されるリスクはなくなったわけだ。

街のリアルタイムの情報を
手に入れることができたわけだし

知ってることで
回避できる危険もある。

 

そうだ!
おれは運が良いんだ!

 

 

ナオト・インティライミの
「Catch the moment」
を聴いきながら
超ポジティヴシンキング
自分を落ち着かせて
僕は浅い眠りに就いた。

 

 

 

 

 

途中休憩
立ち寄ったレストラン。

IMG_9800

 

 

乗客たちは
ご飯を食べに外に出た。

 

シハヌークビレ行きのバスの乗客は
全員カンボジア人で

短期的な仕事に向かう
赤ちゃんを連れたお母さんや

書類を読むビジネスマン。

前の方でイチャイチャしてる
カップル。

 

このバスが
ギャングの街に向かうとは
思えなくなってきた。

 

ジュースを売ってる女のコは
僕と目が合うと
いたずらっぽさそうに笑う。

IMG_9801

 

 

僕はソイ・ジュースを飲み、
レストランのスタッフに
今のシハヌークビレについて
訊いてみた。

 

「いや、
そんなニュース知らないなぁ。

I don’t care.
You don’t care」

 

とスタッフのお兄さんは言った。

 

『気にしたって
しょうがないじゃん?』

 

ってことなんだろうか?

 

でも、彼の持つ一種のお気楽さに
僕はちょっとだけ安心した。

 

 

 

 

 

 

IMG_9813
バスを
降りると
いつものように
バイタクの客引きたちが
乗客に群がっていた。

街まで5ドルで連れってってやるよ!
とか、ここまで来るのと
変わらない値段をふっかけてくる。

 

僕はマップアプリで
宿のある場所を調べた。

大体2キロか。

歩いて行けなくもないな。

だけど、
人通りのないところで
襲われたりはしないだろうか?

 

客引きをふりきって
バスターミナルから出ると
起伏のある長い道が続いていた。

 

だめだ…
歩いて行ける気がしない…

 

 

仕方なく1ドルで
バイタクをチャーターして
安宿を探してもらった。

最初に行ったホテルは
ドミトリーなしの5ドルが最低料金。

 

これではプノンペンと変わらない。
別のところを探してと
次に連れて来てもらったのは

 

UTOPIA(ユートピア)

IMG_9810 IMG_9803

 

 

という
いかにも欧米人が
バカンスを楽しみにやってきそうな宿。

宿の中央にはバーがあり、
さらにはプールまでもあった。

 

宿のスタッフに
一番安い部屋はどれかと尋ねると
1ドルのドミトリーがあった。

 

8人部屋のドミトリーに案内されると
そこは上段、下段に
マットが4枚ずつ並べられた
「THE 安宿」
的な狭い部屋だった。

空気はこもり、変な臭いがする。

 

僕は寝られるだけましだと
荷物を置いて
ひとまずWi-Fiのパスワードを訊きに行った。

 

『ユーノーイッ』よ」

 

スタッフのお姉さんは言う。

 

「えっ?
「ユノイ?」
どーいうこと?」

 

「だから「ユーノーイット」よ」

 

「?」

 

「Can you speak English?」

 

そう言われて
Wi-Fiのパスワードが
「you know it」
だということがようやく分かった。

 

レセプションのカウンター中に
けだるそうにしている
欧米人のボスみたいなヤツがいた。
ソイツが

 

「お前バカかぁ?」

 

と言ってきた。

 

「いやぁ、
呪文みたいにきこえちゃってね。

“アダブカタブラ〜”

なんてね(笑)」

 

 

 

 

 

 

スタッフの対応に
ちょっとムッとしながらも
とりあえずビーチに行ってみた。

ベトナムに引き続き
ビーチは二回目。

IMG_9824 IMG_9821

 

 

遠くの方に大きな雨雲が見え
時折雷が光った。

ビーチにはバーやレストランが
ずらっと並んでいたが
混雑はしていなかった。

IMG_9823

 

 

僕は海には入らず
写真を撮ってまわった。

IMG_9834

 

 

 

 

 

ビーチリゾートと言うこともあり
食べ物の値段はプノンペンよりも
高かった。

 

街の中心部へ向かう途中で
スーパーで80円ほどの
クッキーを買って食べた。

IMG_9850

 

 

外に出るとスコールが降り出した。

IMG_9860

 

 

Patagoniaのアウターを羽織るが
とてもじゃないが
宿まで辿り着けそうもない。

それに最近ゴアテックスの
撥水性が落ちてきた。

どこかで洗濯したいんだけど
この天気じゃ洗濯もできない。

 

 

 

スコールから逃げるように
近くの売店に入った。

店のあんちゃんと一緒に
石のベンチに座って
雨が収まるのを待つ。

IMG_9856

 

 

『この街とは
縁がなかったのかもしれないな…

明日のバスチケットが買えたら
この街を出よう』

 

 

そういう時もあるさ。

IMG_9863

 

 

 

雨がある程度収まると
僕は宿に戻り
KAMPOT行きのチケットを購入し

バーのテーブルでブログを書いた。

 

 

 

20時頃になると

バーからはジェームス・ブラウンの
ファンキーな歌声が
タテノリのベース音と共に流れ

スクリーンには
ブレイクダンスの映像が映し出され
あっという間に
欧米人とカンボジア人のお姉ちゃん
でいっぱいになった。

IMG_9904 IMG_9905

 

 

 

この街には
縁がなかったのかもしれない。

 

パッキングを済ませ
僕は誰よりも早く
マットの上に横になった。

 

—————————————
世界一周ブログランキングに参戦しております。

 

シハヌークビレは
一緒にお酒を飲むヤツがいて
晴れていれば
楽しいところだと思います。

ダイビングやランドトリップの
ツアーもありました。

今は雨期のシーズンで
観光客も少なめですが、
時期を選べば楽しいよ。きっと。

街の感じ方は人それぞれ。
シミは他の場所へ。

 

バナーをクリックして
にほんブログ村のページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

2 件のコメント

  • 旅先の相性ってありますよね 笑
    9日、トルコで旅行中の日本人女子大生が殺傷事件に巻き込まれました。
    犯罪を犯す人はどこにいるかわかりませんね、もちろん日本にいても。
    しみさんも気をつけてくださいね。

    • >ハムさん

      僕もそのニュースをたまたま
      他の方のサイトで知りました。

      親日国家として有名なトルコで起こってしまった事件。
      悲しいですよね。

      せっかくの2人旅が、
      酷いものになってしまって
      彼女たちのことを不憫に思います。

      僕も、日本に帰って
      やらなきゃいけないことが沢山あるので

      気をつけて旅をしていきたいと思います。

      コメントありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です