「夢は原動力」

世界一周75日目(9/11)

 

朝6時40分
荷物をまとめてチェックアウトした。

 

「えっと、
カンポット行きのバスは
どこにくるのかな?」

 

僕はスタッフのお姉さんに尋ねた。

 

「すぐそこよ。
ユーカフェってとこ」

 

ゲストハウスUTPIAを出て
僕はさっそくそのカフェを
探したのだが、
見つからない。

近くにいた
別のスタッフに声をかけるも

「ユーカフェ?」

 

みたいな反応をしてくる。

 

また、あのスタッフたちに会うのは
気が引けたが、
バスがどこにくるのか分からないんじゃ
しょうがない。

仕方なくレセプションに引き返し
ユーカフェがどこにあるのか訊いた。

 

昨日と同じ
レセプションのベンチ
寝そべるように腰掛けている
(あそこから動かないのだろうか?)
宿の欧米人ボスは

こんな朝っぱらだというのに
寝間着姿のカンボジア人の女のコを
はべらせていた。

 

「あぁ、ユーカフェは
歩いてすぐそこだよ。

徒歩一分。20メートル」

 

そもそも
最初からバスがどこにくるか
ちゃんと伝えろっての!

やっぱりここのスタッフは
好きになれなかった。

1日だけの滞在で正解だったな。

 

 

教えてもらった通りの場所を
10分くらいウロウロするも
「ユーカフェ」
の文字は一向に見つからない。

いつものように声をかけてくる
バイタクのおっちゃんに至っては
見当違いの場所を指差す。

 

「ユーカフェ」って言うくらいだから
このゲストハウスの一部だろうと
日本人っぽい顔をした
おっちゃんスタッフに声をかけて
ようやくバスがくる場所が分かった。

もちろん
「ユーカフェ」なんて
どこにも書いていない。

 

 

 

 

朝から
雨は降り出し、

遅れてやって来たミニバンに
僕は乗り込んだ。

IMG_9911

 

 

この街から抜け出せることが
ちょっと嬉しかった。

ミニバンの窓から見上げると
曇り空に虹が見えた。

 

「Oh!
Beautiful!!」

 

前に座っていた
おっちゃんが言った。

 

虹が見られるなんてラッキーだ。
きっと何か
いいことがあるに違いない。

IMG_9920

 

 

 

旅の中で一番

「移動」

が好きなんですよ。

 

あの狭くて精神的にもキツい中で

『旅をしているんだな』

って実感できるじゃないですか」

 

 

ベトナム、ホイアンで出会った
世界一周経験者のさぶちゃんの
言葉が今も自分の中に残っている。

 

シハヌークビレを抜け出し
ナショナルハイウェイに出て
空は一気に晴れ上がった。

僕はイヤホンをつけ
CARAVANの音楽を
流れて行く風景に重ねた。

IMG_9918

 

 

 

 

2時間で
KANPOTの街に着いた。

バンから降りると
さっそく客引きのおっちゃんが
声をかけてきた。

 

宿のある場所は調べておいたし、
バイタクを利用する必要もないかなと、
歩き出そうとすると

 

「おれには
日本人の友達がいるんだ」

 

おっちゃんは
ドライバーたちが
自分の信用度を上げようと
旅行者のレビューが書かれている
メモ帳を取り出して
僕に見せてくれた。

 

書かれていたのは
2013年8月に
カンポットを訪れた男の子、

「まこっちゃん」

のレビューだった。

 

彼は2日間この街に滞在し、
レイ(このおっちゃんの名前だ)に
胡椒農家や郊外に連れて行ってもらい
夜は二人で美味しいワインを飲んだことが
書かれていた。

 

レビューも比較的新しいものだったし、
宿くらいは連れて行ってもらおうかなと

僕はレイのバイクで
宿まで案内してもらった。

 

って言っても
すぐ裏手に
あったんだけどね。

 

わざわざバイクで行く距離じゃないな笑。
徒歩2分。

 

 

 

チェックインしたのは

Hour Keng Hotel

IMG_9943

 

IMG_9939

 

 

 

ドミトリーで3ドル。

けっこう綺麗な作りなのに
安いのはいい!

 

 

案内されたドミトリーには
先客の欧米人たちが4人ほどいた。

朝10時で
ボクサーパンツ姿でパッキングしたり
くっさいフレグランス・スプレーを
まき散らしていた。

 

まあ、昨日の宿に比べたら
こっちの方がずっといい。

 

 

 

とりあえず1日分の宿代を支払うと
レイはさっそく商談を始めた。

ツアーだ。

 

 

「ほんとなら
20ドルなんだけど

18ドルでペッパーファームと
カントリーサイドに連れて行ってやるよ

どうだ?

ん?ん?」

 

達者な英語で
一方的にツアーを薦めてくる。

 

こういう時、
ちょっと困るよね。

バイタクで送って来てもらったし
感謝や配慮の気持ちで
ツアーに申し込みそうになる。

 

だけど
18ドルは僕には高いな。

だってプノンペンから5ドルで
バスに乗って移動できるんだもん。

 

それにこの先
ツアーは山ほどあるだろう。

そのひとつずつに
申し込んでいては
旅が続けられなくなってしまう。

自分の行きたい場所は
自分で決める。

 

「悪いけど
僕は、まこっちゃんみたいに
リッチなバックパッカーじゃないんだよ。

ベトナムでお金を騙し盗られてね
(ちょっと盛った笑)

節約して旅をしてかなきゃならないんだ」

 

それでも食い下がるレイ。
商機を逃すものかという思いが
伝わってくる。

 

僕は別の提案をすることにした。

せっかく会えたレイさん。
彼の話を聞いたら面白いだろう。

 

「ツアーには行けないけど

もし今夜時間があるなら
ご飯一緒に食べるのはどうかな?」

 

 

それじゃあ
17:30に迎えに来るから
ローカルレストランでメシを喰おうぜと
レイは去って行った。

 

 

押しに弱い日本人だ。

こっちも負けじと
めちゃくちゃタバコ勧めた。

 

売られた恩は
売り返す戦法だ。

「これで貸し借りナシだぜ」的な笑。

 

 

 

なぜか
こっちでは日本のタバコの

「MEVIUS」

が1.5ドルで売られている。

 

肺がボロボロになる前に
さっさと断ちたいんだけど

タバコって
コミュニケーションツールなんだよね。

 

たまたま屋台で一緒だったおっちゃんが
勧めてくれることもあれば、

こっちが「吸う?」って言うと
ぐっと距離が縮まる場合がある。

 

タバコ自体は
そんなにいいものじゃない。

吸わない人には
不快な思いを与えるし

吸ってる本人の健康を蝕む嗜好品だ。

 

 

だけど、
旅に出てタバコが
コミュニケーションツールになるとはね。

実感なかったよ。

 

高橋歩さんの本にも
同じことが書いてあったことを
思い出した。

 

 

 

 

 

レイが
迎えに来るまで
僕は一眼レフを片手に
町歩きをすることにした。

IMG_9953 IMG_9991

 

 

欧米人のリゾート、
シハヌークビレに比べたら
のどかな町だ。

町自体はとても小さく、
すぐにまわりきれてしまうだろう。

IMG_9992

 

 

この町の観光名所は郊外の村と
ペッパーファームらしい。

町の売店にも胡椒が
売られているのが目についた。

 

 

雨期のカンボジア。

雨が降るのは避けられない。

降らなきゃ田んぼの人が困る。

 

そういう時もあるさ。

 

町歩きを終え、
僕は宿に戻って
ギターを弾いてレイを待った。

 

 

 

 

 

 

 

「ローカルな
レストラン」

 

と言って
もしかしたら観光客向けの
値段の高い場所に
連れて行かれるんじゃないかなと

ちょっと警戒していた僕だったが、

 

レイが連れて来てくれたのは

宿から歩いてすぐ近くの
同じ通りにあった。

IMG_0053

 

 

レイはワインを詰めたペットボトルを
2本持って来ていた。

1ドルで串盛りを頼んで
持って来たギターを弾いたりして
時間を稼いだ。

 

 

 

 

 

えっ?

なんでかって?

 

 

 

 

 

 

ここは
戦場だからさっ!!! 

IMG_9942

 

 

レイの持って来た
ペットボトル入りワインを見て
僕は思った。

 

『睡眠薬入ってたら
やべえな…』

 

だって、レイはここへくる前
こう言ったのだ

 

「ワインなら50セントで
ボトルが帰るぜ」

 

って。

 

ボトルって
それペットボトル!!!
IMG_0042

 

僕はつがれたワインには
口をつけず、
レイが先に飲むのを待っていた。

 

同じテーブルに同席した
スタイリストの男の子にも
ワインがつがれたんだけど
彼は「ビールのが好きなんだよね」
とかぬかして、一口も飲んでいない。

怪しい…

 

 

そんな懸念をよそに
レイは小気味よくワインを
「くいっ」
っと飲み、

僕もそれにならって
おそるおそるワインに口をつてた。

 

 

『うん。
けっこうさっぱりして
美味しいかも!』

 

お酒に弱い僕でも
飲めるワインだった。

 

 

レイはアルコールがまわってきたのか
ちょっと眠そうな目で
夢を語った。

IMG_0044

 

「おれの夢はな
自分のバーをオープンさせること
なんだ。

いつになるか分からない。
だけど3年後には
必ずオープンさせてやるんだ!」

 

 

自分の夢を語ったレイを見て
僕は一気に
このおっちゃんのことが
好きになった。

 

自分も夢追い人だ。

「旅する漫画家」

いつ、その夢が
形になるのかはわからない。

 

 

「夢」は
人を動かす原動力
だと僕は思う。

絵空事のような
大きな夢を抱いている人もいれば

堅実に、前に進むための
夢を描いている人もいるだろう。

 

だが、そのどちらも
輝いていることには違いない。

 

夢を持っているから
僕らは前に進めるんだ。

 

 

久しぶりにこんなに沢山
お酒を飲んだな。

いい気持ちになって
僕はベッドに倒れ込んだ。

IMG_0052

———————————-
世界一周ブログランキングに参戦しております。

 

つってもレイは
写真に写のが嫌いなんだよなー。

ちょっとそこは警戒しちゃうよな。

だって、
ボッてくるヤツって写真嫌いじゃん?

 

まあいいさ。
夢を語るヤツはかっこいい。

それと
ブログのカスタマイズに
着工してみようと思います!

ダウンしたら
しばらくブログの更新ないかもです…

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です