「あさうん」

世界一周184日目(12/29)

 

うんちを
踏むことから

僕の一日は始まった。

IMG_9089

 

犬のじゃなくてたぶん人間の。

 

 

駅のホームで
ちょっと太ったリードに繋がれた
ラブラドールレトリバーを見て、
『カワイイ…』と目を奪われていたら左足に
「ぺちょっ」という感覚があった。

どうせ食べ物か何かを
踏みつけてしまったのだろうと
足下を見ると黄土色の柔らかい物体が。

 

ここはチェンナイ・セントラル駅。
朝六時。日は昇っていない。

IMG_9090

 

 

インドの汚さは定評がある。

そこらへんにごみは落ちているし、
野良牛やら野良犬の糞を見ない日はない。
人間だって道端で用をたす。

小さい子どもがしゃがみこんで
プリプリ道端にうんちをしている姿は
どこか微笑ましい。

時々ね大人でもしゃがみ込んでおしっこしてるよ。

カワイイよね。

 

いや、
ぜんぜん可愛くねえよ!

トイレに行け!トイレに!

 

 

 

旅を続けていると、
多少の汚いのにも慣れっこになったが、
日本の衛生面はほんとうにすごいよ。はは…。

朝イチでうんこ踏むなんてさ、
僕ってなんてツイてるんだろう?

 

「運なんてうん踏めば
戻ってくるから!」

 

って「あたしん家」のお母さんは言ったけど、
うん…僕、泣かないよ…。

 

 

 

駅のホームに常設された水道を使おうとするが、
朝6時の水道はうんともすんとも言わない。

朝は断水してんのかよ!コノヤロウッ!

 

1ルピー払って有料トイレに駆け込み
サンダルを洗ったのだが、
臭いまでは落としきることはできなかった。

 

 

 

 

ジェネラルコーチでは4人掛けのシートに
5人も座っていたもんだから
(ついで言うと僕は通路側で半ケツで座っていたんだ)
睡眠も浅い。

これでバックパックを背負って宿を探すのはキツい。

それにうんち(さっきから「うん◯」「う◯ち」ってごめん)の臭いで
気分が悪くなってしまった。

駅のベンチに腰掛けて太陽が昇るまで睡眠をとることに。

IMG_9092

 

そういえばここに来て
久しぶりに欧米人のバックパッカーを見た気がするな。

ここは一体どんな街なんだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間程度の睡眠
を2回繰り返し、

体調の回復したところで駅の外に出た。

IMG_9098

 

 

すぐ近くに寺院のシルエットが浮かび上がる。
ここも大きな街だ。

IMG_9143

 

行き先は決まっている。
マップアプリを頼りに目指すはYMCA。

 

 

他の旅人さんのブログで
チェンナイにYMCAがあるとの情報を入手し
(まぁ、ある程度の大きさの街にはけっこうYMCAがあるんですけどね)
僕は途中にある宿の値段を訊きながら
YMCAへと近づいて行った。

IMG_9101

 

 

チェンナイ・セントラル駅の周辺には多数の宿がある。

だいたい300ルピー(498yen)以上だし、
ここでもインド人オンリーの宿はあった。

「How much?Single room?」と訊いて
ソッコーで手をヒラヒラさせてくるのがそうだ。

値段すら教えてくれない。
このリアクションにももう慣れた。

 

笑顔で
「あぁ、インディアンオンリーね!
サンキュー!」と言って
次の宿を当たるのだ。

 

 

YMCAまでは1,3キロ。
バックパックを背負って行けない距離じゃない。

安宿のありそうな路地を通り抜けて
目的地までの距離を縮めて行く。

IMG_9106

 

こんな大きな街だと言うのに
ちょっと路地に入ると
野良牛の出現率がアップした。

足下に注意を払いながら
重たいバックパックを背負って進む。

 

そしてようやく辿り着いたYMCA。

IMG_9108

 

ローカルなインド人のドミトリーも泊まったんだ。

きっとここはそれよりも綺麗な場所に違いない!

 

 

「ハウマッチ?シングルルーム?」

 

きょとんとした顔のレセプションのじいさん。

ん?英語が分からないのかしら?

 

スタッフを探して敷地内の吹き抜けに行くと
おっちゃんたちが敷地の端で団欒している。

IMG_9110

 

僕の姿を見て手招きする。近づいて行く僕。

 

 

「ここには泊まることはできないよ。
宿泊したいんだったら別のYMCA!」

 

うそ~ん…

 

 

マップアプリには確かに宿のマークが出ている。
ここは間違いなく宿のはずなんだけど…。

 

 

いつもだったらこんなピンポイントで
宿を探したりなんかはしない。

安宿の集まっていそうな場所に
値段を聞き込んでいって
できるだけ最安値の宿を見つけるのだが、

今回は事前の情報が仇になった。

 

 

どうやら宿泊可能なYMCAは
バスに乗らないと行けない場所にあるらしい。

超絶めんどくせぇ。
もうYMACAだけのために移動する気はない。

いいよ!僕には僕のスタイルがあるんだから!

仕方ない…。
駅周辺の安宿をもう一回当たってみよう。

IMG_9111

 

 

 

 

バックパックを担いで
来た道とは違う道を引き返す。

活気でにぎわう市場の通りやごちゃごちゃした路地。
ちょっと気になるデザインの建物たち。

でも新しい街にワクワクするのはー…、

 

 

 

 

 

宿にありついてからだ!

IMG_9117

 

 

 

 

27,4キロのバックパックと
7キロのサブバッグを装備した
活動時間が1時間を越えた。

 

汗で湿るTシャツとジーンズ。

バックパックのウェストベルトが擦れてきた。
このまま長期戦にもつれこむのはマズイ!

なんとか10時までにはケリをつけないと!!

 

 

 

YMCAに行く途中で参考程度に当たっていった宿とは
別の宿を一見づつチェックしていく。

目標金額は200ルピーの宿。

でもこの街にはなさそうだ。
どこを当たっても300かそれ以上。

IMG_9115

 

 

細い路地裏で見つけた宿で値段交渉の末、
一泊250ルピー(415yen)のシングルに泊まることにした。

IMG_9120

 

 

宿代を二日分払い込んで
レシートをもらうことを忘れない。

この前みたいに
「エクストラ・チャージ」とか
請求されたら嫌だもん。

 

 

 

自分だけの部屋という安心感。

 

誰にも気にせず荷物を広げることができるし、
誰かと電源を求めて競争したり
盗難のリスクと戦う必要がない。

ここにはエア・コンディショナーも
シャワーもついてないけど、
僕にとってはかなり居心地の良い部屋だ。

パソコンを広げるのに丁度良い高さの
テーブルと椅子がある。

IMG_9125IMG_9124

 

 

 

 

 

 

 

洗濯を済ませ
シャワーを浴び、ベッドにごろりと横になった。

チェンマイは「地球の歩き方」に
載っているような大きな街だ。

だけど、僕はガイドブックなんか持っていない。

知名度とフィーリングを頼りに

『この街に行ってみよう!』

気ままにここにやって来た。
一カ所行ってみたい場所がある。それだけだ。

 

 

他の旅人はどういった場所に泊まって、
どういった場所を訪れるのだろう?

 

 

そんなことを考えながら眠りに落ち、
目が覚めた時には15時をまわっていた。

このまま一日が終わってしまうのはもったいない。
せめて街の周辺だけでも探索しておきたいな。

 

 

この街では
「ビリヤニ(チキンライスみたいなもの)
看板をよく見かけるようになった。

店舗を構えるメシ屋が増え、
ご飯の値段も上がった。

IMG_9138これはチャパティ。

 

 

コルカタで5ルピーだったチャイの値段が
6~7ルピーになった。分量は少し多い。

道は比較的舗装されていて、
バスが何台も走っている。

地上からでは車で渡れない道路を渡す入り口が見える。

他の街では沢山会ったネット屋をここでは全然見かけない。

ブログは下書きを書き溜めておくことになりそうだ。

 

 

 

 

ビーチを目指したがビーチには辿り着けなかった。

IMG_9134 IMG_9144 IMG_9145 IMG_9159 IMG_9153

 

 

KEENの靴がどうも足にうまくフィットしない。

何度も靴紐を結び直して。
靴擦れしないように調整する。

IMG_9167

 

 

 

 

 

 

 

太陽は西に傾き
いつの間にか見えなくなった。

IMG_9164

 

僕は宿に戻ってギターを手にする。

 

 

大きな街でのバスキング。

インドの中規模以上の都市なら一回で
宿代分くらいは稼げることが分かった。

 

チェンナイのデカさに期待して
駅の入り口脇で壁を背にして唄ったが、
Martin Back Packerの音は雑踏に吸い込まれていった。

ギターの音がいつもと違ったように聞こえる。

 

いつもは興味津々で取り囲んでくるインド人たちも
ここでは少し遠くから眺めていたり
目の前を通り過ぎていく。

 

 

パフォーマンスの仕方を変えなきゃだめだ!

他の都市で好感触だった目を瞑って
感情を込める唄い方ではここでは目立たない。

メガネを外し、帽子を脱ぎ、
通り過ぎる人たちとできるだけ目を合わせ、体全体を使って、
できるだけパフォーマンスらしい唄い方で唄う。

 

じわじわと人垣ができはじめた。

 

ノリノリで小躍りする巻きスカートのおっちゃん。
ちょろちょろと入り始めるレスポンス。

それを盗もうとするインド人を
聴いていた人が止めてくれた。

 

 

最近、

「お前は一体何者なんだ?」

と訊かれた場合、

 

「Cartoonist」

「Performer」

 

と答えるようになった。

 

 

僕はプロのミュージシャンじゃない。
だけど、お遊びで唄っているわけでもないんだぜ?

IMG_9150

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

まぁ、やってみると路上の哲学ってのは難しいもんです。
自問自答です。答えなんてないっす。

新百合ケ丘駅前で時々大道芸をやっている人たちを見ると
「ふ~ん…」って感じでよっぽどのことがないと足を止めない僕です。

でもレスポンスの大切さも知っているので、
「何かレスポンスしたい!」と感じた時には
お財布から2~300円を出してハットに入れます。

 

「遊びならギターケースを広げるな」
と言う人もいるでしょう。

こっちも必死です。メシ代を稼ぐのに(笑)。

 

旅を終えた後に少しでも
日本を出る前の自分より何かを持っていたい。
そう思うんです。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

★Facebookページできました!
ブログには乗らない旅の一コマをアップしていきます!
「イイね」お待ちしております♪

☞「旅する漫画家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!