「ソナの何でも屋」

世界一周275日目(3/30)

 

雑貨屋はお休みだ。

今日は日曜日。
閉まっているお店も多い。

あぁ~…
せっかく雑貨の下見に
行こうと思ったんだけどなぁ…。

 

朝ご飯を食べ終わった後、
夜中に洗濯して三階に干した洗濯物を取り込んだ。

最近どんどん暑くなってきた気がする。
街を出歩くとうんざりするくらいだけど、
洗濯を干すにはもってこいの気候だ。

シャワーを浴びたついでに
洗濯物をして干しておくと、
次の日の朝には乾いている。

 

 

「今日何したらいいんだろう?
予定狂ちゃったよ」

僕のバラナシの予定なんてない等しいのに、
そんな風にグダグダしていたら、
宿に泊まっている方が

「そーだよねぇ。
インドいるとそうなっちゃうよね。
おれなんて諦めたもん」

とベンチに座って
まったりとタバコを吹かしていた。

 

 

 

世界一周の旅に出発してから
まもなく9ヶ月が経とうとしている。

その旅路の中で一日中何もしないで
ゴロゴロするようなことは
一日たりともなかった。

「何もすることがない」時間は
長距離の移動の時だったり、
列車を待っている時間だったり、

それなりにあるのだが、
自ら進んで「何もしない」ということはない。

 

「何かしてないと
ソワソワしちゃう人なんだ?」

新しく宿にやって来たお姉さんが
タバコをふかしながら僕にそう言った。

自称「旅する漫画家」。
実質、無職。

日々何かを得ようともがいています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、そうだな。

雑貨は明日見るとしよう。

僕はテスコ・ロータスの手提げバッグに
漫画道具を入れていつものカフェに向かった。

IMG_3923

 

前回の漫画を描いてから
まだ2日くらいしか経っていない。

こんな短いスパンで
次の短編を描き始めるなんて初めてだ。

いい感じで描けるんじゃないか?

 

 

次にどんなストーリーを描くのかは決めていた。

 

バラナシには
「地球の歩き方」にもばっちし載っているくらい
有名な日本人向けの「何でも屋さん」がある。

漫画から(ONE PIECEが最新刊までそろってる)、
日本食品、アクセサリーや
文庫本(一日20ルピーで借りられるそうだ)
などがお店には置いてある。

日本が恋しくなったら
ここへ行けばいいかもしれない(笑)

ちなみに僕はここでヘアゴムを買った。
だって最近髪長くて暑いんだもん。

 

そして、この何でも屋さんの名前は

 

「ソナの何でも屋」

IMG_3689 IMG_3692

 

 

ここのオーナーのソナさん
(インド人のすこしおかっぱショート・ボブのおっちゃん)
はめちゃくちゃ日本語に堪能で
日本人向けにツアーを組んでいたり
(もちろんボるとかそういうんじゃない)

香辛料を調達してきてくれたり、
列車や飛行機のチケットを取ってくれたりと、
文字通り「何でも屋」なのだ。

 

最初にソナさんに会ったと時は

『スレてんなぁ~』

と思った。

IMG_3938

 

 

インド人の人懐っこいフレンドリーさよりかは、
何回か足を運ばないと仲良くなれない
バーのマスターみたいな雰囲気。

日本語でフツーに会話できるけど、
距離感も日本のそれに近かった。

 

 

だけど、ここのお店の目の前にある
古本屋さんに看板娘がいるのだ。

IMG_3686「いえぇ〜い!!!」 

 

僕は今まで読んできた
「ホテル・ニューハンプシャー」を
読み終わってしまったので新しい本が欲しかった。

本屋はちょくちょく行って
こまめにチェックしないと、
なかなかいい本には巡り会えない
というのが僕の持論だ。

その日の漫画製作を終えた後に、
よくこの古本屋さんに遊びに行っていたのだが、
そこにいっつもいるお姉さんがいた。
キューさんと言う。

IMG_3687

「あれ?」

 

IMG_3688

「私ちょっと前よりに座ってるから
顔デカく見えるじゃ〜ん!」

 

 

スカッとした人で、
外見からは分からなけど
インドにディープに染まってて、
話が超絶面白い。

ソナさんよりもキューさんの方が
キャラ強いって言ってもいい(笑)。

てかソナさんお店にいないことの方が多いし。

 

話を聞くと、キューさんは
バラナシ大学でヒンドゥー語を勉強しているらしい。

そんな学生がなんでいつも
「ソナの何でも屋」でたむろしているかというと

IMG_3711

 

 

インドの大学は
とってもユルユルだからだ。

雨が降ったらお休みなんだとか(笑)。

学生が集まらないと教授も
やる気が出ないらしくて、
すぐに休講にしてしなう。

そんな大学だからね、ほら、
ヒマなんだよ。

 

 

キューさんは大学が終わってから
ソナの何でも屋に顔を出すみたいで、

僕が漫画製作を終えて
本屋に遊びにくる時間と丁度かぶっている。

僕が旅する漫画家であることを教えると、

 

「じゃあ、「ソナの何でも屋」描いてよ!」

とキューさんは言った。

 

「えっ?「何でも屋」って
「探偵」っすかねぇ?」

「いいねぇ~!
この本棚の後ろには秘密の階段があってね、
そこに事務所があるってのはどう?
探偵業をやる時はシャッター
「ガラガラ~」って閉めちゃってさ♪」

「ベタっすねぇ~。
そしたら、周りの人にバレないように
合い言葉が必要じゃないですか?」

「「カルダモンが入ってますねぇ~」
なんてどう?」

さっきチャイを飲んだ時に
キューさんがぽそっと言ったセリフ。

「じゃそれで笑!
その合い言葉と共に
シャッターが閉まるんですね」

 

 

その時は単なる妄想のお話だったんだけど、
形にするならこのタイミングしか
ないなと思ったのだ。

インドも残すところ10日。
次はいよいよ中東に入る。

デリーでは旅する雑貨屋Driftの仕入れも待っている。
ガッツり漫画を描くなら今しかない!

 

というわけで、原稿用紙に向かった。

やっぱり一本描き終えた後なので
いい感じに腕があったまっている。

この日の製作状況は下描き2ページまで。

目標は下描き1日~半日だけど、まいいか。

明日からペン入れいけるぞ!

IMG_3936

スタッフのアカシはヒマな時はいっつもパソコンでYouTubeとか見てる。

 

 

 

 

 

そして僕は

IMG_3929

 


昨日の(尻)相撲兄さんたちに会うべく
もう一度メインガートの近くまで行ったのが、
お兄さんたちの姿を見つけることができなかった。

しばらく階段に座りながら
僕は相撲兄さんたちのことを待っていた。

昨日と同じ場所では
何かの海上の設営が行われていた。

IMG_3927

 

 

近くにいたインド人に尋ねると
今日はダンスプログラムがあるそうだ。

それなら今日は相撲はないかな。

僕は一旦宿に引き上げた。

 

 

 

19時になってさっきのガートへダンスを観に行く。
大勢の観客が階段に座っている。

IMG_3943 IMG_3952 IMG_3945

ちょっ、目ぇ怖いって

 

 

 

トータルで3ヶ月以上インドを旅してきて、
最近タブラの音が好きになってきた。
大小2つの打楽器から実に様々な音が出る。

IMG_3979

 

 

シタール、オルガン、
ジャズのスキャットのような合いの手。

インドのセクシーなダンスに合わせ生演奏が
スピーカーから流れる。

ヒンディー・ミュージックが心地よく耳に響いた。

IMG_3975 IMG_3978

———————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

「ソナさんってけっこうスレてます?」

「いや、最近19歳、20歳の大学生たちの
相手してたから疲れてんのよ!」

らしいです(笑)

日本人ばっかりとつき合うのも疲れるよねぇ。
でも、やっぱり話してみると、ソナさんはいい人です。

インド人のしつこ過ぎるフレンドリーさに
うんざりした人はソナさんに
会いにいってみるのもいいかもしれませんね。

漫画描いてます!応援してださい(笑)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ☞ページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。

★相棒のまおくんの作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もいいねしてね♪

★最近弟(次男)にフォローされました(笑)
Twitterのアカウントは「indianlion45」
名古屋で頑張れよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!