「会うべくして逢う」

世界一周276日目(3/31)

 

ここまで長く
ひとつの宿に留まっていたことはない。

IMG_3989

 

 

僕がサンタナ・バラナシに
来てからまもなく二週間が経とうとしている。

僕より長く泊まっている人は
バラナシで日本人にインタビューする仕事
をしているウェブデザイナーのお兄さんと
(いつも自分の部屋でお仕事をされているため、
朝食の時間にしか顔を合わせない)

インドにシタールを習いにきたという
中谷さんという方くらい。

気がついたら僕もここの宿で古株
(という言い方は少し違う気がするが)
になってしまった。

 

ちなみに僕の次に長く泊まっているのは、
日本語の喋れるベルギー人のイヤンだ。

「なんでここに泊まっているの?」と訊いたら

「綺麗だから」

だそう。

 

老舗ゲストハウスは
汚い年期の入ったベッドはもちろんのこと、
南京虫が出てきたりする場合もある。

そう考えると、
安くて綺麗でWi-Fiまでついている
サンタナ・バラナシは
かなりいい宿なんじゃないかな
って思えるのだ。
ユキさん!宣伝しておきましたよ!

 

 

毎日入れ替わり立ち代わり、
新しいお客さんたちがサンタナへとやって来る。

新しく来た大学生はフレッシュさをまき散らす。

きっとここへ来た時の僕は
そんな感じだったのかもしれない。

特に避けてるとか人見知りとか
そういうのは全然ないんだけど、
宿に長く滞在している人間が出す
特有のオーラ的なものを感じ取ってか
新しく宿に来た者同士旅談義に花を咲かせている。

そんな彼らを横目に僕は歯を磨き、
寝間着として使っているpatagoniaの
ボーダーショーツからnudie jeansに履き替え、
漫画道具を持ってカフェへと出かけた。

 

 

 

 

 

今使わせて
もらっているカフェは
めったなことではお客さんで
満席になることはない。

そのかわり、
カフェを経営している家族の子供たちが
時折僕の漫画製作の現場に見学にくるのだ。

IMG_3986

 

 

下描きが終え、さっそくペン入れを
始めようかというタイミングで
ガキんちょたちが僕のテーブルにやって来た。

作業は中断されてしまう。頼むよ…。

IMG_3990

 

 

僕は彼らの注意を逸らすために、
インドで買ったHBの鉛筆を
ガキんちょどもにプレゼントした。

IMG_3993

 

 

鉛筆削りもつけてやった。

ほら、なんなら今なら
コピー用紙もつけちゃいますよ!

IMG_3995

 

この前そこら辺の売店で
一本5ルピーで買った鉛筆。

僕はBが欲しかったんだけど
芯の固さの表記がされておらず、
ノリで5本くらい買った後に

『あれ?これもしかしてHBじゃね?』

と気づくっていう(笑)

 

まぁ、このまま使わないで邪魔になるよりかは、
「三枚のお札」みたいに時間稼ぎに
使ってしまおうと。

この場合、やまんばではなくていた
ずらっ子だけどね。

漫画を描く上では天敵だ。

 

 

これでお絵描きに夢中になってくれれば
安心して漫画を描けるぞと考えた
僕の企みは水泡に帰した(笑)

ガキんちょどもが鉛筆を片手に
コピー用紙に向かいだしたのは僕のテーブル。

漫画製作の道具が珍しいのか、
プロッキーや定規を使って
ガートやら時計を描いていた。

しょうがないか…。

今日の作業はここ切り上げることにしよう。

 

いつも長い時間カフェを
使わせてもらっていることだし、
僕はしばらくガキんちょたちの
お絵描きに付き合い、

外の売店でノートと消しゴムを
2つ買って彼らにプレゼントした。

IMG_3996IMG_3998

 

 

 

 

 

漫画道具が入った
手提げをぶら下げて
行ったことのない路地を通り、

IMG_4002
僕はもうひとつの火葬へと出た。

IMG_4021

 

 

宿に泊まっていた誰かが

「小さい方の火葬場なら
写真撮っても大丈夫でいしたよ」

と言っていたのを思い出し
燃えている薪にカメラを向けたが、
こちらでも注意されてしまった。

まぁ、そうっすよね。
不謹慎ですものね。

 

 

 

やはりバラナシは大きな街だ。

IMG_4025

 

 

ゲストハウス周辺のきったない
石畳の路地から離れると
コンクリートで舗装された道路、
映画館の入ったショッピングモール、
アパレル店などを目にした。

僕は漫画を描くために、
宿、ゲストハウス周辺のカフェ、
メインガートくらいしか行動範囲がなかったが、
ちょっと足を伸ばしてみるだけで
ゲストハウス周辺とは違う雰囲気の
バラナシを見ることができる。

IMG_4010

 

 

 

それにしても暑い…。

IMG_4034

 

 

最近動かないせいもあってか
食欲はないんだけど、水分はすごい摂取する。

ガラス瓶入りのジュースを何本も飲み、
1リットルの水を買い、
5ルピーのカプのフルーツ・ジュースを飲んだ。

IMG_4046

 

2時間くらい写真を撮りながら
バラナシ散策を終えた頃には
サンダルの修理した部分が擦れ、
赤くなっていた。

僕はそのままの格好でメインガートへと向かう。

IMG_4041

 

 

今日、漫画を描いていたらあの、
相撲お兄さんの一人を発見したのだ。
お兄さんの名前が分からないので

「相撲おに~さ~ん!」

と大声でカフェの入り口から声をかける(笑)

 

昨日ダンスプログラムの設営をしていたため、
てっきりパフォーマンスはないと
諦めて宿に引き上げたのだが、
ばっちし昨日も尻相撲をやってた。

このパフォーマー魂は見習わなくちゃ
いけないかもしれない…。

そして今日が最後の取り組みなんだとか。
それを聞いたら行くっきゃない!

僕はすっかりこの尻相撲
兄さんたちのファンになってしまった。

 

 

4時ぴったしくらいに、
昨日と同じ場所に行って待っていたのだが、
お兄さんたいが現れる気配はない。

近くに座っているヒマそうなインド人に

「「すぅ~~~!もぉ~~~~!」
ってアレ知らない?」

と尋ねたが、
「そんなヤツ見てないよ」と言われてしまった。

あんだけ目立つ格好をしているんだ。
じゃあまだここには来てないんだろう。

 

僕は日中の日差しを受けて
太陽の熱を吸収した階段に座ってウトウトしていた。

もうバラナシに来てから連日夜更かしだよ!

この後イランのネット規制で
ブログ1ヶ月放置とかありそうだもん!
ネットできる時にやっとかなきゃ!

ってここでも貧乏性を発揮しております。

 

 

 

 

 

 

 

「オイ!アイツらだろ?」

階段の斜め後ろに座っていたインド人に
肩を叩かれて起こされた。

あの奇抜なコスチューム!
相撲おにいさんだ!

IMG_4050

 

 

マザーベイビースクールのスタッフ、
リカさん、コハルさんもいる。

 

「昨日、シミさんのこと
お兄さんたちが探してましたよ」

「え?」

「カメラ撮るの上手かったって、
絶賛してました」

 

おとといの、iPhone2台持ちの
絶妙なアングルから攻めたあの映像が
高く評価されたらしい。

ふふふ。旅する漫画家を
なめてもらっちゃあ困るよ。

 

「じゃあお願いしますね」

「へ?」

渡されたのはiPhone5Sと4S。

てか、コハルさん…、
これってまたカメラマンやれってことですか?

 

「だって、私も一台
カメラ持たされてるもん」

 

相撲お兄さんたちのこのパフォーマンスの
クオリティと言ったら、
なかなかそうはお目にかかれないだろう。

だって
キャラ作りのために
坊主にしちゃうくらいだ(笑)

IMG_4049

 

そこまでやってこその
パフォーマンスなのかもしれない。

 

 

ただ、自分たちが
パフォーマンスをしている写真や映像は
他の人に頼まなければならず、
今回はリカさんがインド人の目線から。
コハルさんが遠くからというカメラアングルで
お願いされたという。

 

 

今回の取り組みも最高に面白かった。

観客で人垣ができ、
飛び入り参加させられたした
インド人も交えてのバトルロイヤル。

てかあんなでっかい日本人に
尻相撲挑みたくないよ笑。

IMG_4052 IMG_4053

 

 

しかも前回と演出が違うところがあって
同じ尻相撲を見ているはずなのに
見飽きた感じは全くしなかった。

IMG_4062

 

 

 

 

 

 

 

「個人的な映像作品を
作るのを手伝って欲しい」

相撲お兄さんの一人である
フナカワさんにそうお願いされた。

IMG_4065

 

 

一眼レフの連写機能を使って、
コマ切れの写真を撮って欲しいとお願いされた。

撮った写真のデータをパソコンで編集して
映像作品としてまとめるそうだ。

 

「それって
どういう映像作品に
なるんですか?」

「えっと、
カレーの材料を
巨大パチンコみたいなので飛ばして、
空中で料理ができるっていうー…、
ちょっと説明するのは難しいな…」

IMG_4152

 

 

 

夕日の色から淡い水色へと
グラデーションされていくバラナシの空に向かって、
カレーの材料たちが打ち上げられた。

IMG_4078 IMG_4079 IMG_4080

 

 

一通りの撮影が終わり、
フナカワさんが打ち上げた材料を拾っている。

僕はもらったタバコをふかしながら
フナカワさんが後片付けする姿を眺めていた。

IMG_4179

 

 

こうやって
真剣にバカなことができる
ってすげえよな。

大学生のとき、
早稲田大学に現役合格する様な
尊敬すべき友人に誘われて
映像作品を作ったことがある。

新宿駅前にあるビルの
大型スクリーンに流すCMのコンペで、
脚本は二人で考えて、
僕がアホみたいに演技する
というそんな役割分担だった。

地元の駅で人の目を気にせず、
映像作品作りに取り組む僕を見て
その友人はこう言った。

 

「大人になると、
バカができないようになってくる。
だけど、
「面白いことを仕掛けていくヤツ」
ってのはバカができるヤツなんだよ」

と。

 

相撲お兄たちを見ていると、
その友人の言葉を思い出した。

従来の考え方に捕われていたら
できないことが沢山ある。
既成概念をぶちこわせ。

 

 

 

 

 

 

 

「2年間世界を
旅してたということですが、

予算はどれくらい
だったんですか?」

映像作品製作のお手伝いの報酬は、
30ルピーとチャイとタバコと
旅のインタビューだ。

IMG_4212

 

 

「80万かなぁ?」

「は、80万!!!」

 

待て待て!ちょっと待ってぇぇぇええええ!!!

世界一周する資金は一年間で150万円くらいが相場とされているんだぜ?

それを2年間で80万、
ちょ、フナカワ兄さん、
一体どんな旅をしてきたというんですか!!!

 

三年前にアメリカ大陸(南米も含む)以外を
旅したというフナカワさん。

聞く話全てがスリリングで僕を興奮させてくれた。

一年間で映画を400本見ていた時期もあったらしく、
その旅のテーマにはロケ地めぐりなども
含まれていたそうだ。

 

「フナカワさんにとっての
旅ってなんですか?」

そんなベタな質問に対して

 

「移動かな

これは僕の考え方なんだけど、
世界って根本的なところでは
「同じ」だと思うんだ。
街も人も食べ物も。
変な考え方かもしれないけどね。

だから、一つの場所から
別の場所へ移動する時の
「違い」を生み出してくれるのが
旅そのものの行為であり、
つまりは移動なんだ」

 

とここまで書いておいて、
フナカワさんの言ったことが
正しく再現できているのかは自信が持てない。

今までない考え方だったし、
こんな旅の常識から
かけはなれたところにいた人と初めて会った。

荷物の重さが60kgあったらしい。

服が好きらしく、現地で調達した服に加え、
インドで買ったタブラ(15kg)、
そして20冊の本。

 

もうぶっ飛び過ぎでしょ!

 

 

そんなフナカワさんのお話を
聞かせていただくと、
自分の旅にまだまだ可能性を感じたし、
これから行くまだ見ぬ土地に対してワクワクした。

なんだかんだで、
会うべくして僕はこの人に会ったのかもしれない。

フナカワさんと別れた後も、
興奮が覚めやらなかった。

IMG_4214

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

最近思うのが、ブログなんてやってない人の方が
「自由」なんじゃねえかなってことです。

僕は比較的に夜の時間帯にこうして日記を書いておりますが、
その日記をアップするのにも時間がかかるわけです。
Wi-Fiないとダメだし。

そう分かっていてなんでブログを書くのか?

やっぱそれは「残る」からなんですよね。

一ヶ月前、自分が何してたか覚えてる?
残念ながら僕は覚えてない(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろです。

★ゴニョゴニョTwitterも「indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!