「エルサレムで出国税を稼ごう!」

世界一周528日目(12/8)

 

 

目の前に
ヘンテコなオブジェ。

IMG_2719

 

 

 

そこが僕の寝床だった。

IMG_2717

 

 

 

明るくなってから分かったことは、
ここが意外と目立つ場所にあったということだ。

工事現場を囲ったブルーシートの隙間から
中の様子は簡単に見ることがでる。

IMG_2722

 

 

 

 

ここはイスラエル、テルアビブ

まさか二日前にゲイに会って、

その次の日に
盗難(未遂)に遭うだなんて思わなかった。

ここは早急に立ち去るのがいいだろう。

IMG_2726

 

 

 

 

 

 

 

 

7時過ぎには撤収を終えた。

IMG_2725

 

 

僕は歩いて二日前にここへやって来た
ミニバス乗り場へと戻ることにした。

一度エルサレムに戻ろうと思う。

どうしてかと言うと、
イスラエルの物価の高さは意外だったからだ。

こんなに高いなんて思わなかった。

ほんの数日滞在しただけなのに
気づいたら一万円以上を使ってしまっている。

もう満足かな?

バンクシーの絵も見れたしね。
イスラエルから抜けてヨルダンに戻ろう。

 

 

歩いてミニバス乗り場へ戻る途中に
バスキングによさそうな通りも見かけたが、
僕はそのまま通り過ぎた。
これで盗難とかに遭ったらそれこそ帰国だ。

IMG_2730

 

 

 

途中売店でお菓子やジュースや
バラ売りのタバコを買い込み
(僕は吸いすぎないようにバラ売りでタバコを買っているのだ。
物価の高いところではね)

8時にエルサレム行きのミニバスに乗り込んだ。

IMG_2731

 

 

どういうわけだか、
来る時は35シュケルだったのが、
帰りは24シュケル(712yen)だった。

ミニバスはハイウェイを駆け抜け、
僕はあっという間にエルサレムへと戻って来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話に

聞いたところによると、

IMG_2729

 
ヨルダンへ戻るためのキング・フセイン橋は
午前10時までしか開いていないという。

そんなおかしな話があるもんか。

ユダヤ教の祝日かなにかの日だけであろう。
きっと戻れるに違いない。

 

 

だけど、忘れてはならないのが

 

 

出国税の存在だ。

 

 

なんとイスラエルから出国するだけで
176シュケル(5,218yen)も
かかってしまうというのだ!

これは1~2年前のデータだ。

いくらか値上がりしていたから
180シュケルくらいだろう。

 

 

ここで僕に名案がある。

バスキングで出国税を
稼いじまおう

という作戦だ。

いやはや捕らぬ狸の皮算用とは
まさにこのこと。

まぁ、半分くらい稼げたら嬉しいなぁ~♪という気持で
僕は街の中心地へと向かった。

 

 

 

何より唄うことは楽しい♪

自分の演奏をジャイアニズムに任せて
通行人に聴かせて
それでいて、お金がいただけるなんて、
なんて有り難いことなんだろう。常々思う。

 

 

バスキングに大事なのは時間と場所だと思う。

偉そうなことを言っておいてなんだが、
ヘッポコバスカーなりに僕は
色んな国で路上演奏をしてきた。

まぁ、この国なら早くても14時くらいだと思う。

 

 

マクドナルドで時間をつぶして、
14時ぴったしに路上に出た。

IMG_2743 IMG_2744

 

 

 

 

 

まだ回りに他のバスカーの姿はなかった。

前回やった時も、オープンテラスで
コーヒーをすすっている人から苦情はこない。

エルサレムの新市街は
バスカーに寛容だとういことは分かっている。

 

 

そこから一時間半、
楽しくバスキングをすることができた。

最初のバスキングの終了は
僕にご飯をおごってくれたカリムさんという名の
おっちゃんの到来によるものだった。

IMG_2746 IMG_2745

 

 

演奏中何度か僕の前を横切り、
「腹が減っているか?ケバブをおごってやろう!」
と半ば強引に僕にケバブとスプライトをおごってくれた。

 

 

「君、今どこに泊まってるんだ?」

「キャンプです!(超爽やかに!)

「なに??!!それはよくないな!
ペトラ・ホテルに来ないか?
日本人が沢山泊まっているぞ!」

 

 

自分以外の日本人宿泊客という言葉で
思い浮かんだのはブロガーのマサトさんだった。

マサトさんはまだここに泊まっているのかもしれない。

 

 

「もしかしてその人はマサトっていう名前じゃないでしょうか?」

「ん?ああ、そうだ!マサヤだ!」

『あれ?』

「なぁ、君、ペトラに来ないか?
宿泊代は私が出すぞ?」

 

 

いくら厚顔無恥な僕でも、
バスキングのレスポンスをもらったばかりか、
ケバブもおごってもらい、されにその上
宿まで提供してもらうことはできない。

っていうかこの人もしかしてーーーーー….

IMG_2747

いやいや、そんなことはないか!

 

 

カリムさんの申し出を丁重にお断りして、
僕は再びバスキングへと戻った。

 

 

 

 

 

エルサレムは思っていた以上に
レスポンスがよかった。

中には僕にジュースやケーキを差し入れてくれる人や、
日本語を学んでいる学生さんなんかもいて、
日本に興味を持っていてくれることを嬉しく思った。

時間があったりすると僕もお返しに名刺を描いた。

時間があったらちゃんと
Facebookページにアップしないとな。

IMG_2749 IMG_2748

 

 

 

地元のアコーディオン弾きのバスカーが
僕の5m隣りで当然に演奏を開始したので、
僕は一時間もやらずにその場から引き上げることにした。

ギターケースの中にはコインがたっぷり入っている。

1シュケルコインというのは
日本の一円玉よりも少し小さくて、
やや重いくらいの硬貨だ。

そのくせ価値は日本円にして約30円もある。

 

 

 

 

まだ唄い切っていないと感じた僕は
もう一回バスキングをやって
今日を終えようと新市街を彷徨った。

なかなか場所を見つけられず一休みしていると、
ジャンベを持った黒人のおっちゃんに声をかけられた。

 

 

「よう?お前さんもバスカーか?
今からマーケットでバスキングをやるんだが、
おれとセッションしないか?」

「いや~、
僕はセッションできるほど上手くはないんだよ。
でもマーケットには興味があるな。
僕もついていっていいかな?」

「もちろんさ」

 

 

ラスタマンが被るおなじみの
ベレー帽のように膨らんだカラフルで
色あせたニット帽を被っている。

おっちゃんの口ひげは白かった。

 

 

今、僕の目の前を歩いているジャンベのおっちゃんも
世界中をバスキングで旅してきたらしい。

「もう世界を旅するほど若くはないんだよ」

とおっちゃんは言ってた。

今はエルサレムに住んでいるらしい。

バスキングで暮らしていける街でも
あるのだなぁと僕は思った。

 

 

 

 

マーケットは新市街の中心地から
10分ほど歩いた場所にあった。

IMG_2750

 

 

どちらかと言えばローカルな
マーケットだったが、人で賑わっている。

 

 

「ここのどこで
バスキングができるの?」

「どこでもさ♪」

 

 

そう言っておっちゃんと僕は
それぞれ別れてバスキングを開始することにした。

最近そこまで長い時間バスキングを
やっていないせいもあって、喉が疲れて、
高いキーが出なくなっていた。

それにマーケットがにぎわっているせいもあって、
大きな声を出さなければいけない。

IMG_2752

 

 

 

肝心のレスポンスだが、
1シュケルがほどよく投げ込まれる。

演奏をしていてお会いしたのは
エルサレムの大学院で天文学を学んでいる
日本人の方だった。

「こんなところに日本人なんて珍しいね」

そう言って天文学のお兄さんは
レスポンスをくれたばかりか、
僕にイチゴの差し入れまでしてくれた。

ほんとうにありがとうございます。
イチゴはあのあとマクドナルドで美味しくいただきました♪

 

 

ジャンベのおっちゃんとも最後に
セッションまがいのことをした。

おっちゃんも長年ジャンベを叩いているだけあって、
僕の演奏に合わせてくれる。

ギターで適当なコードを繰り返したり、
おなじみのカズーでファニーな音を合わせたり。

マーケットにいた観光客も
ニコニコしながらレスポンスをくれた。

IMG_2753

 

 

そのレスポンス3分の1だけ頂戴して、
僕は引き上げることにした。

だいたい3時間くらいかな?

なかなかに楽しいバスキングだったね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものように

マクドナルドでコーヒーを注文し、
Wi-Fiにありつきながら作業ししていると、

先ほど僕にケバブをおごってくれた
カリムさんからFacebookの友達申請がきていた。

IMG_2760

 

 

 

「今どこにいるんだい?早く連絡をおくれ!」

という粘着質なメッセージと共に、

 

 
ゲイのFacebookページへの
招待が届いていた。

 

 

 

うん。

やっぱ
あのおっちゃん
ゲイだったんか。

 

 

てかイスラエル、ゲイ多くね?

IMG_2757

 

 

 

 

上がりは190シュケル(5,634yen)あった。

ありがたい。これで出国税は賄えた。

余談だが、イブラハムじいさんの
ピースハウスにあった情報ノートに
某有名ブロガーさんの書き込みがあり、
そこに日本人の宿泊客で
バスキングをしている男の子が出て来た。

彼は数時間で100ドルをかせぐらしい。

まぁ、実力があったら
もっと稼げるっつーことですね。

 

 

 

 

24時前にマクドナルドを閉め出され、
寝床に向かう途中、先日も見かけた
バイオリンとエレアコの2人組のバスカーの姿を見た。

ケースの中には僕なんかと比べ物にならないくらい
コインや紙幣が入っていた。
きっと彼らはこれで暮らしていけるだろう。

イスラエルでバスキングするヤツの気持が分かるよ。

 

 

ユダヤ教やイスラム教では

貧しい物に施しを与えると、徳が積まれる

という教えがあるらしい。

僕もバスキングをしていて時々、
無表情でコインを入れてくれる人を見た。

お国柄ということだろうな。

IMG_2761

 

 

 

 

今日の寝床は前回と一緒の
オールド・シティーの東側にある公園のような場所だ。

連日ゲイや盗人に遭遇しているので、
同じ場所でも人が簡単には来れないような場所に
テントを立てた。

最近斜面にテントを立てることが多い。

 

 

寝にくいなぁと思いながらも、
いつの間にか眠りに落ちていた。

—————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

この日記を書き始めるまでに4日かかりました。

はい。そうです沈没です。

っていうかATMからお金がおろせるようになるまで
なかなか大変でした…。

今日も読んでくれてありがとね。

どうだい?最近何か楽しいことあった?
あったら聞かせておくれ。

お便りは「旅する漫画家」まで☆

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>