「だっ…大丈夫、僕には耐えられる」

世界一周183日目(12/28)

 

インド人100%の
このドミトリーとも今日でおさらばだ。

IMG_9046

 

 

「エクストラ・チャージ」と称して
お金を要求してくる以外では、
壁際の電源コンセントがある場所に移動させてくれたり、
突然やってきた外国人にそれなりに
よくしてくれたと思う。

シラミもいなかったしね。

 

チェックインした時間にうるさかったので
朝6時半には目覚め、薄暗い中でパッキングを済ませた。

あとはデポジットの60ルピーをちゃんと返してくれるかだな。

スタッフは受け取ったレシートを見せると
すんなりとお金を返してくれた。

 

 

いつもご飯を注文すると
「一時間半かかるぞ!」
なめくさったことを言ってくるオヤジのいる
宿の近くのメシ屋で20ルピーの
プリーを注文して朝食をとった。

IMG_9051IMG_9049

 

 

 

 

 

時刻は7:30。
これからやらなくちゃならないことがあるぞ!

IMG_9046

 

 

バックパックを背負って駅に行き、
自分の持っているWLのチケットの順番を
構内にあるタッチパネル式の機械で確かめる。
順番は「54」。

IMG_9054

 

 

くそう…やっぱりダメだったか…。

となると、このWLのチケットを
キャンセルしなくちゃならない。
そして当日発券のジェネラルチケットを購入して
チェンナイ行きの列車に突入するのだ。

 

 

まずはチケットのキャンセルなのだがー…、

何人かのインド人に
チケットのキャンセルについて訊いたのだが、
情報が錯綜している。

ここに来る前に会った立ち乗りガールは
オンラインで自動的にキャンセルになる」と言い、

この街のカフェの店員は
窓口に行けばキャンセルできる」と言う。

 

このWLのシステムのファッキンなところは
席が完売しても、同じ料金で
キャンセル待ち(WL)のチケットを販売するところにある。

キャンセルしないとお金が請求されてしまうのなら、
僕は前の街からここへ来るのにWLとジェネラルチケット、
寝台への移動で3回分のお金を払わされたということになる。

 

あ~!もうややっこしい!
キャンセルすりゃあいいんでしょ!

でも当日キャンセルでキャンセル料を差し引いたお金が
戻ってくるのだろうか?

マジこのシステム、ウゼェ…。

 

 

 

 

キャッシュバックができるか窓口に行く。

WLは何回かたらい回しにあった後、
分かったことは

「ネットで購入したチケットは
ネットでしかキャンセルできない」

ってこと。

ちくしょー!次はジェネラルチケットだ!

 

プリントアウトしたWLのチケットを見せて
同じ列車のジェネラルチケットを購入しようとすると
「5時にならないと売ることはできない」とのこと。

チェンナイ行きの列車が出るのは17:20分。
ほんと直前の販売なんだな。ふぁっく。

 

 

 

 

 

 

 

朝8時。
この時間じゃネット屋はまだ開いていないし、
てか何時に開くんだ?

IMG_9057

 

 

バックパックを
ネット屋の横におろして少し考える。

まだ涼しいインドの朝。

 

 

 

『カフェに行って
漫画を仕上げてしまおうか』

 

駅のクロークにバックパックを預けることも考えたのだが、
ここはインド。どうも信用できない。

まぁパックセーフにくるんでおけば
大丈夫だろうとは思うけど、
預けること自体にめんどくささを感じてしまった
僕はそのままカフェに向かうことにした。

作業場として使っているカフェは
セカンデラバード駅から15分ちょい。

まぁ、余裕っしょ。

 

 

 

と思ったが、
やっぱり27キロの荷物は重い。

IMG_9061

 

 

涼しいインドでもバックパックを
背負って歩くと背中が汗で湿る。

これが中東とかになったら一体どーなっちゃうの!?

 

 

 

カフェは営業前だった。

IMG_9062

 

店員の女のコが私服でレジを開いて作業している。

 

店内はなぜか暖房が入っていた。
インド人は寒がりなのだろうか?

とりあえずオーダーは受けてくれるとのことだったので、
80ルピー(133yen)のアメリカーノを注文して
外のテーブルについた。

IMG_9064

 

 

お客さんは僕だけ。
汗で濡れた体が風を受けると
ここがインドだってのに
爽やかな気持ちにれた。

日陰のテーブルに座って
砂埃と排気ガスと朝もやが混じり合う
インドの通りを眺める。

また同じ様なハイデラバードの朝が
始まるってわけだ。

 

フォームのよくたったアメリカーノをすすりながら、
iPodでRADWIMPSの「有心論」を流す
(僕のiPodの中の曲たちはけっこう古い)。

自然光を頼りにベタを仕上げた。

 

ここのカフェはWi-Fiが入るのだが、
接続できるのはお店のページのみ。

いやぁ、良い商売してますね!

 

店内でブログの下書きをする。

14:40分。そろそろ駅に戻るか。
今日はこっからが勝負だぞ!

 

 

 

 

 

 

 

さすがに
帰りはローカルのバスを使う。
駅まで7ルピー(12yen)。

10ルピー札で支払ったがイスラム帽子(キッパ)を
かぶったビールっ腹の集金係放った一言は

「ノーエクシチェンジ!(お釣りなんかねえ!)

集金係のくせに小銭を持ってないのかよ。

マジ使えねえな。あんたそれで仕事やってんの?

 

駅に着けば残りの3ルピーを
返してやるとのことだったので
おとなしく駅までバスに乗っていたのだが、
どうやら他の乗客がお金を崩して
僕に返却してくれる段取りだったらしく、

バックパックが出口に挟まって
その乗客と一緒に降りられなかった僕は
3ルピーを回収し損ねた。

 

「えっ!?3ルピーは?」

「知らん!」

「まじうぜ~~~♪(日本語)」

 

たかだか5円だろうと
設定された金額があって上での
お金のやり取りなんだから、
返してもらえるはずのお金が戻ってこないと
いい気分ではない。

 

 

 

 

 

 

 

列車の出発まで
残り2時間。

ネットカフェでブログ読んで、
自分のブログを投稿してー…

ってそんなことしてる場合じゃなかった!
WLのチケットのキャンセル!キャンセル!

 

自分の使っている「Cleartrip」のアカウントから
キャンセルは簡単にすることができたのだが、
キャッシュバックがあるのかどうかは分からない。

 

「15分くらいして
メールが行くと思います」

Cleartripのページに表示されるメッセージ。

 

「おい!1時間って言っただろう?
延長するのか?」

 

いつも「えっと…何時から始めた?」とか訊いてくる
ネット屋のおっちゃんも
どういうわけだか今日はちゃんと
僕の利用時間をチェックしていた。

 

列車の時刻まで1時間半。

ぬぐ…、しかたない。駅に向かうとしよう。

(てかキャンセルするじゃない?
自分の銀行のアカウントで請求金額が確定するのって
2ヶ月後くらいじゃない?
ぶっちゃけキャッシュバックできたかわからなくない?
くされめんどくせえな

まぁ後日ちゃんとキャッシュバックしたっていうメールが来ました。
一件落着です。)

 

 

 

 

 

 

残り約1時間。

当日発券のジェネラルチケットの販売開始は5時。
窓口前で並ぶことを想定して5分前から並び始めよう。

 

30分、駅前でバスキングすることに決めた。

IMG_9068

 

 

開始10分でカーキ色の制服を着た警備員に止められる。

き、昨日の夜は止められなかったのに!!

 

ギターケースの中には100ルピー札と
10ルピー札1枚と小銭数枚。

この短時間での160円分はデカい!

ボられた分は稼ぐ。
これでWin-Windだ。
てか3年前の1万3千円は忘れたわけじゃいから!
(レスポンスくれた人には感謝です♪)

 

 

「さっさとここからどこか行け!
パーミッションがないと演奏してはダメなんだぞ!
それにお前チケット持ってるのか?」

「持ってますよ(WLだけど)!
これからチェンナイ行くんですって!」

「チケット持ってるならとっととこ構内に入れ!」

「その前にちょっとご飯食べてきますね♪」

 

めんどくさいのはごめんだ。

ブッキングカウンターから少し離れた売店の脇で待機する。
左手にしたパチもんのCASIOの時計で時刻を確認する。

5時5分前。今だ!

 

高校時代にハンドブール部で培った
サイドステップでインド人をかわし
チケット売り場の列に並ぶ。

最近思うんだけど、
そこまで窓口並んでないよな。

ここ数年でアナログなところが
ぐっと進歩したのはどこの国も同じなのかー。

みんなスマホ持ってるしな。

 

 

 

 

チェンナイ行きのジェネラルチケット
190ルピー(316yen)。

IMG_9071

 

 

なんだ。当日でもチケットは買えるんだな。
それなら次からチケット取れなかった時は
ジェネラル買えばいいんじゃない?

 

時間通りにやって来たチェンナイ・エクスプレス。
プラットフォームの電子版に
「GNR」と表示された車両に乗り込んだ。

IMG_9074IMG_9075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

席がねえ…。

IMG_9081

 

 

話には聞いてたけど、
外国人が席にありつけるほど
ジェネラルコーチは甘くなかった。

通路の狭い車両に座席は
寝台のようにして二段用意されている。
(いや、あれは荷物を置く台なのか!?)

置くを覗くと通路にも人が座っているではないか!

 

日本の通勤満員列車ほどの人口密度ではないにせよ、
この狭い通路をバックパックを背負って行くのは無理だ。

IMG_9082

 

 

 

だっ…大丈夫。
これくらい予想していた。

 

 

入り口のスペースに荷物を置いて
これから始まる長期戦を思った。

IMG_7406

 

 

13時間の列車の旅。
僕には席がない。
タバコ買っとくんだったな…

 

同じように席にありつけず
横に立っていた少年たちに冗談めかして
「タバコ吸いて~」と言ってたら、一本くれた。

IMG_9078

 

 

10ルピー支払おうとしたら

 

「プレゼント!Good relationship!!
でも気をつけてね。
ポリスに見つかったら罰金だからさ」

 

そういえば時々トイレに
タバコを吸いに行くヤツがいる。

可愛いな笑。

ここには車掌も警察もこないだろうに。

 

 

 

前回の列車と同じように
床に座るとこの前ほど不快な感じはしなかった。

IMG_7405

 

 

ちゃんとした席はないけど座れるし、
この決められた席にずっと座ってなくちゃならないより
こっちの方がいいのかも。

寝台があるに越したことはないけどね。

IMG_7403 IMG_7404

 

 

 

 

2時間くらい経った頃。

IMG_7399

 

 

「あれ何?」

「ギター」

「ちょっと弾いてよ」

「めんどくさいなぁ…」

 

と言いながらも
残り10時間あることを考えて
ギターを披露してあげた。

 

「ちょっとこっち来い!」

耳当てにヒビのはいった
サングラスのおっちゃんが食い付いてくる。

 

「や…荷物あるし、
ここでいいでしょ?」

「いいから!いいから!」

「ほらここに座って!」

 

列車のガタガタ言う走行音と
インド人の声でガヤガヤとした車両で僕の声は
向かい合う席のエリア分にしか届かない。

それでもうるさく思っている人がいるだろうと
4曲ぐらい唄ってパフォーマンス終了。

自分の席(って言っても入り口/トイレ前のスペースに戻ろうとしたら)
おっちゃんは

 

「ほれ!ここに座れ!」

と僕にスペースを用意してくれた。

4人掛けの席に僕を含めて5人。
狭いけど座れるだけありがたい♪

 

 

 

 

「それ何!?」

「ラッシーだよ?知らないの?」

「いや、知ってるけどさ、
そんなの初めて見た」

今日のアガリその1☟

IMG_7411

 

 

 

「へ~…
サラダなんて売りに来るんだ…」

「ほら!喰え!どうだ?」

「ちょっとすっぱいね!」

今日のアガリその2☟

IMG_7415

 

 

「ほらさっき
3杯も飲んでただろ!」

今日のアガリその3☟

IMG_7420

 

 

 

「これあげるわ」

今日のアガリその4☟(ラスト一口分)

IMG_7416

 

 

 

気づいたらサモサを入れる新聞紙の切れ端で
折り鶴教室みたいなことをやっていた。

IMG_7418 IMG_7419

 

 

イスラムの黒い衣装に身を包んだ女の人たちが
電車の揺れに苦戦しながら不格好な鶴を折る姿は見ていて
なんだか微笑ましかった。

なんにせよ今日の一番のアガリは
ジェネラルコーチで席にありつけたことだろう。

 

「シミ!
みんなからいっぱいもらったな!」

「へへへ。まあね♪
でもそれは”Power of Music”のおかげさ」

IMG_9085

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

超ブログ書き溜めたなぁ…一週間分あるよ…。

これからドバッと連続投稿していきたいとおもいます。
文章量の多いシミのブログにつき合ってくださる方、
マジで感謝です。

漫画も一篇できたのですが、
どのタイミングでアップしようかな?

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

そうそう!
Facebookページできました!
作ってくれた相棒には感謝です!

☞「旅する漫画家

よかったらこちらもイイねしてくださいな♪

 

餌付けされました(笑)

IMG_9086
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!