「ローカルバスと自由鳥」

世界一周185日目(12/30)

 

バイト時代に
モチベーションを保つために読んでいた
世界一周ブログ「チェカマメロディ」に

旅の集大成を編集したミュージック・ビデオを
YouTubeで見ることができる。

 

ブロガーの方が元DJということもあり、
リミックスされたノリノリの音楽を聴きながら
一眼レフで撮られた世界中の美しい写真を見て
自分の冒険に胸を躍らせていた。

 

 

『世界にはこんなに
ワクワクするような場所があるなんて!』

 

 

ここチェンナイにやって来た理由のひとつには
「あるもの」を見たかったからというのがある。

チェカマメロディのMVに出てくる写真に
もちろんインドも入っているんだけど、
その場所へアクセスするためには
チェンナイからバスで行けるらしい。

 

詳しい行き方は全く調べていなかったので
宿のあんちゃんたちに
「この場所に行きたいんだけど」と尋ねるも、
あんちゃんたちは「どこそこ?」と行った感じ。

そこまで有名じゃないのかな?

 

ちなみにいつも僕の指針となってくれるマップアプリ
「MapWithMe」でそれらしき場所を調べると
「アトラクション」のくくりになっていた。

アトラクション?観光名所じゃなくて?

 

 

まぁ、海岸沿いを一直線なので
バス停にいけばなんとかなるだろうと
宿の周辺で情報収集がてら
トゥクトゥクのおっちゃんにも尋ねてみた。

IMG_9172

 

 

「おー!それならママーラプラムだよ!
2000(3322yen)ルピーでどうだ?」

 

うん。おっちゃん、情報ありがとう。
絶対にトゥクトゥクなんか乗らないけどね!

 

 

チェンナイ・セントラル駅の前にあるバスターミナルで
ママーラプラム行きのバスを探す。

バスの運転手に外から大声で
「ママーラプラム?」と叫ぶが
運転手たちは手をヒラヒラさせる。

 

 

カーキ色の服を着た駅の警備員のおっちゃんに尋ねると
「おい!ママーラプラムまで行くバスはあるか?」と
バスの運転手をソッコーで捕まえ、
ママーラプラムの近くまで走るバスに僕を乗せてくれた。

サンクス!警備員さん!

 

時々打たれたら一発で絶命間違いなしの銃を持って
威圧的な彼らだが(制服は同じでも職種は違うんでしょうね)、
行儀よく道を尋ねると丁寧に教えてくれることが多い。

 

「道を尋ねるなら交番で」

カッチリした職種の人たちは職務外でもしっかりしてるぜ。

バスの料金は15ルピー(25yen)。
トゥクトゥクなんて誰が使うものか。

IMG_9175

 

 

 

 

 

 

インド人で
満員のバスに乗って走ること2時間弱。

立ちながらサブバッグを前にかけ、
ガタガタ揺れるバスの手すりに捕まって
窓の外にあるチェンナイの街並みを眺める。

 

ケンタッキーやマクドナルドも見かけた。
外国車を扱うお店の多いリッチな通りや
オフィス街を通り抜けた。

 

分かったことはチェンナイという街が
けっこう規模の大きな街だということだ。

トゥクトゥクやバイクや乗用車が
クラクションで自己主張をし合う。

そういう場所をバスが抜けるのには
けっこう時間がかかった。

 

 

 

 

 

チェンマイママラープラムに着く頃には
乗客は僕を含めて5人程度しかいなかった。

 

運転手に「ここで降りな!」と言われ、

降りるもどこだここ?土地勘なんてあるわけない。

ママラープラムまでの次のバスは
どうやって見つければいいんだろう?

IMG_9179

 

 

近くの売店の男の子に
「ママラープラム!バス?」みたいな感じの英語を駆使して
バスがどこに停まるかを教えてもらった。

IMG_9180

 

案外すぐ近く。

 

目の前に停まったバスの集金係が
大声で行き先を叫んでいる。なんつってんのかわかんねー。

 

「ママラープラム?」

 

こちらも大声で訊き返す。
「そうだ!そうだ!」と手招きする集金係。

走ってミニバスまで行き乗り込んだ。

 

 

 

 

 

さっき乗っていたヨレたバスよりも
ちょっときれいな小型のバス。
座席は20席くらいしかない。

IMG_9182

 

 

ただ、音響がすごがった。

 

後部座席の上にもスピーカーが取り付けてあり、
社内全体がミュージックボックスと化している。

運転手のチョイスでインド・ミュージックが
重低音を響かせ爆音で流れる。

ノらない曲は早送りしてしまう(笑)

隣りに座っている女子学生たちは
ノートを片手にお互い会話するのも大変そうだった。

あっ!ちょっ、せっかく聴いてたのに!

 

 

 

 

 

ミニバスが走ることおよそ1時間。

ママーラプラムってけっこう遠いな…。

 

だけど窓枠の手すりに肘をかけて外の景色を眺めていると
感じるのは自分が世界を旅をしているということ。

IMG_9183 IMG_9187

 

 

にしてもインドの大学ってでっけーなぁ…。

IMG_9184

 

 

そして辿り着いた場所には
僕が日本にいる時から見たいと焦がれていた
シルエットがあった。

IMG_9189

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バター・ロック
(または「バター・ボール」)

絶妙なバランスでそびえ立ち、
後ろにまわるとまるでー…、

IMG_9195

 

 

….。

 

 

なんか文章で書くとダメね。
ネタバラしみたいになちゃわない?
ロンリープラネットとかは文章オンリーで
読者の想像力をかき立てるって言うけどさ、

ブログだと写真も載せるからね。

まぁバターロックは
地球の歩き方にも載ってるんですけどね。

 

 

もし仮にバターロックのことを調べていて
『あ~なんだ。そんなものか』って
行く気がなくなってしまう人もいるかもしれないしね。

バターロック、見てきました!

IMG_9203

 

 

 

 

バターロックのある場所は
まるで日曜日に家族でピクニックに行く様な公園だった。

IMG_9215

 

 

 

芝生ではお父さんと小さな子供が
クリケットをして遊んでいる。

木陰ではカップルが静けさを求めるように
並んで座ってお喋りしていた。

敷地内のにある岩山は、
なんでこの場所にこんな材質の岩があるのだろう?
と思うくらい異質な感じがする。

天然のアスレチックだ。

IMG_9209

 

 

海沿いには欧米人が好きそうなカラフルな建物が並び、
宿やお土産屋さんがいくつかあった。

IMG_9238 IMG_9248

 

 

通りを抜けると海が見える。

IMG_9240

 

少し波に勢いがある。

海に入って遊ぶ人の姿は見れれなかった。

 

お互いに写真の撮りっこをしていたカップルは
間合いに入ると僕に「写真を撮って!」と声をかけてきた。

IMG_9243

 

 

うん。そんな気がしてたんだ。
『くるかなぁ~』って笑。
こっちも撮ってもらったけどね!

IMG_9242

 

手に持ってるのは
旅する雑貨屋「DRIFT」の今回の仕入れ。
まおくん!荷物くそ重い!

 

 

 

 

 

さぁてと!
またチェンナイ・セントラル駅に戻りますかね!

IMG_9230

 

 

仕入れたお店のおちゃんんは
「ERC」ってバスに乗れば
チェンナイまで帰れるって言ってたな。
チェンナイ行きは何本も出てるよって。

バスがどこに停まるか分からないので
ちょいちょい「ERC?」と尋ねながら進んで行った。

 

 

 

やって来たバスはちょっとリッチな感じ。

IMG_9253

 

 

中に入ると乗客たちはシートを倒し
気持ち良さそうに寝ている。

僕は棚にサブバッグを上げ、iPhoneから流れる
Caravanの「FREE BYRD」を聴きながら海を眺めた。

 

 

海沿いを走るローカルバス。
潮風がココナッツの木の葉を揺らす。

 

立ちっぱなしがそこまで疲れないのは、

そうだ。僕は立ち仕事をしてたんだ。

そろそろ2013年が終わるなぁ。

IMG_9246

—————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

うひぃ~~~!!!ブログけっこー書き溜めてしまったです!

というのもチェンナイにネット屋が全然なかったから。
宿から離れたところにあったり、閉まってたりで。

まぁ勝手気ままなフリバードなシミのブログにお付き合いくださいまし。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページできました!
作ってくれた相棒には感謝です!
まおもお仕事楽しんでな!
☞「旅する漫画家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!