「この道を選んでよかった」

世界一周459日目(9/30)

 

昨日寝たのは3:40。

IMG_6400 IMG_6399 IMG_6398 IMG_6396

 

 

 

深夜までずっとネスとレオは
ボンバーマンやってたな…。

男友達が遊びに来るとくだらないことに
時間使っちゃって、
『あぁ、おれは何をしてたんだろう..???』
となるのはー、

僕が日本人だからかもしれない。

 

 

 

 

10時過ぎに目を覚ました。

もう今日はバスで行こう。

次の目的地はKinsale(キンセイル)という町。

ちょっとハイウェイから外れた場所にある。
ヒッチハイクもうまくいくか分からないからね。
それにこの時間だし…。

まぁそこまで離れていないし、高くはないだろう。

 

 

 

 

朝ご飯にシリアルとパンをいただき、
荷物をまとめてお世話になったベネズエラの三人に
お礼を行って僕は町に出た。

IMG_6402

 

 

 

どこからバスで行けるのか
バス停でたむろしていた女のコに訊いてみた。

 

 

「ねぇ、キンセイルに行きたいんだけどさ、
どこからバスに乗れるか知ってる?」

「あぁ、私たちも同じ場所に行くとこなの」

「ほんと?」

「そうよ。それでね、
お金がたらないのよ。
2ユーロくれない?」

 

 

あ~~~…
そういうことですか。

アイルランドには物乞いはそこまでいない。
だけどいないわけじゃない。

 

 

てかなんだよ
「2ユーロ」って??!!

 

 

「あぁそうなんだー。またねー」
って僕はその場を後にした。

バスターミナルはメインストリートから
歩いて3分もかからないところにあった。

キンセイルまで9ユーロ(1,247yen)。

うーーーー…
やっぱヒッチハイクで行った方がよかったかな?

 

 

サブウェイで買ったサンドイッチにかぶりつき、
1ユーロのコーヒーを飲む。

最近トマト買わなくなったなぁ~。
お金も以前より使うようになった。

 

 

空港でおろした100ユーロ(13,859yen)は
20ユーロを切っていた。

バスキングで稼いでもいるけど、
その分以上に使っているのかもしれない。

まぁ、すぐにはATMには行かずに
どこまで行けるかやってみるのも面白いかもなぁ。

ホームレスの肝っ玉は太い(笑)。

 

 

 

 

バスターミナルも、
乗り込んだバスでもWi-Fiが使えた。

IMG_6405

 

 

アイルランドは比較的Wi-Fiにありつきやすい国だ。

ほとんどフォロワーさんなんていないけど、
FacebookページやTwitterを続けることは
僕にとっては大事な宣伝活動だ。

ほんとはもっともっと動かなくちゃいけないんだけどね。

なかなか時間が追っ付かないよ。

 

 

 

ふと、顔を上げて外を見る。

あいかわらずアイルランドの自然は
僕の心を休めてくれる。

IMG_6406

 

 

日本のように山に囲まれておらず、
どこまでもなだらかな丘が続いている。

その緑の陸地に時々、馬や牛の姿が見える。

以前ヒッチハイクさせてもらった時に、
アイルランド在住のスペイン人の方が
「アイルランドは落ち着くのよ」と言っていた意味が
じんわりと理解できた。

何もない暮らしと物に囲まれた暮らし、
人間は便利な方を選択しがちだけど、
僕が探しているものはこういうところにある気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

バスは30分くらいで
キンセイルの町に到着した。

IMG_6410

 

 

 

小さな港には何台も船だ泊まっていた。

ポケットからiPhoneを取り出して写真に収める。

頭に残しておけない分は、
コイツにお願いすることにしよう。

 

 

 

何の気なしに、キンセイルの町をぶらついた。

ここは港ということもあり、
魚介類を扱ったレストランの看板をいくつか見かけた。

いくらか観光客に開かれていることもあり、
何軒かのお店は僕好みだった。

IMG_6413 IMG_6418 IMG_6421 IMG_6424 IMG_6428

 

 

 

 

1時間もかからずに町の中心地を歩き終えてしまう。

スーパーで水とパンを買って、
ベンチに座ってそれをかじった。

小さな込み入った路地、時々横切る学生たち。

みんなシャツの上から
青いトレーナーみたいなのを着て、
男の子は黒いパンツ。
女のコはミニスカートとタイツという組み合わせだ。
きっと高校生だろう。

IMG_6430

 

 

 

 

もうどうしようか?

今日、ここに一泊するのか?
どうせやることは決まっている。

バスキングができそうだったらやって、
夜までの時間はファストフード店で日記を書く。
あまった時間で絵を描く。そんなだ。

 

 

 

いっそのことー、
次の町に行ってしまおうか?

IMG_6433

 

 

 

 

 

 

僕はバックパックを背負って歩き出した。

時刻は16時過ぎ。
次の街までは10kmちょい。

IMG_6435

 

 

 

途中でいい感じの文房具店を発見した。

見つけたモレスキンみたいなノートには
「Traveling Journal」と書かれていた。
8.9ユーロ(1,233yen)。

ついでに買ったペン1.9ユーロ(263yen)。

手持ちが10ユーロくらいになってしまった。
だけど、まぁ、なんとかなるか。

 

 

 

 

町から離れれば離れるほど、
この選択をしてよかったように思われた。

IMG_6436 IMG_6440 IMG_6439

 

 

 

 

道幅は細く、
ヒッチハイクできるようなスペースはない。
僕が歩くスペースさえも。
車が走ること飲みを考えて作られたような道だった。

IMG_6452

 

 

 

 

車の交通量も、ハイウェイに比べたらほとんどない。

時度後ろから車がやってくる。

僕はできるだけ道路の脇を歩く。

車は僕を避け、
真ん中の車線に大きくはみ出て走り去っていく。

 

 

西日がだだっ広い草原を照らす。

秋風が火照った僕のからだを冷やしてくれる。

長い距離を歩くと靴ズレがして、足が少し痛んだ。

IMG_6457 IMG_6462 IMG_6460

 

 

 

 

 

 

『あ~、マジで歩いて正解だったわぁ…』

まおからもらったハーモニカを吹きながら歩いた。

1時間半も歩いたところで
後ろからきたワゴン車が止まってくれた。

 

 

「あなたのことキンセイルで見たわよ?
まさか歩いてあそこから来たの!!??
信じられない!
次の街まで乗せて行ってあげるわ!」

 

 

 

そう申し出てくれたのは
アイルランドに住むチェコの三人組だった。

IMG_6470

 

 

最近三人組によく会うなぁ。

もちろん僕は旅の話をした。

IMG_6468

 

 

 

ロシアから旅を始めて、
1年と2ヶ月旅をしていること。

もちろんチェコを旅した話もした。

盗難に遭ったことを覗いて(笑)

だって言えねえっしょ。

ありがとね♪

 

 

 

 

 

 

 

静まり返ったBandon(バンドン)の町。

IMG_6473

 

 

 

いつものようにファストフード店で日記を書いた。

ピザなんかも出すイタリアン寄り。

時刻は20時過ぎでお店には
主人とバイトっぽい女のコの二人しかいなかった。

奥の方ではケバブの肉がゆっくりとまわっている。

IMG_6475

 

 

 

電話での宅配も受け付けているのか
伝票が7枚ほどたまっていた。

お店の主人は女のコに対して
「What do you think about?」
怒り口調に尋ねていた。

なんかバイト時代を思い出すな…。

微笑ましいというか、大変さが分かると言うか…。

 

 

チップスとコーヒーを頼んで
22時の営業終了時刻まえ日記を書いた。

お店が閉じると、僕はすぐ隣りのバーに行って、
もらいタバコをしながら、ギネスビールを飲んだ。

IMG_6476

 

 

 

 

昔書いた自分のブログを読む。

僕が世界一周に向けて
バイトに励んでいる時のやつで、
アメブロに書いたやつだ。

拙い文章と、世界一周への憧れが綴ってある。

載っている自撮りの写真は
連日のバイトでいくらか痩せた自分の姿。

 

 

 

大丈夫。おれは今世界を旅してるよ。

あせったってどこへも行けやしない。

自分の選んだ道だ。

前に進むしかないのだ。

胸をはって。

IMG_6485

 

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

2 件のコメント

  • ええ、もちろんその選択でよかったんだと思いますよ。
    世界一周、一度きりの人生ですもの。
    たくさん感じたいですよね。

    • >あっきーさん

      今ふと思ったんですけど、
      自分の選択を選んで「よかった!」とは
      その時点では分からないじゃないですか?

      『こっちとあっち、どっちが
      自分にとって良いのだろう?』

      そう思えなければ、
      それは選択じゃない。
      自分で決めたことですね。

      ただ、僕が思ったのは
      選択の良し悪しは
      後から自分ですることだと思います。

      つまり
      「よかった!」
      って思えるポジティブな心を
      常日頃持っておくのが
      実は大事なのかもしれません。

      世界一周せずに
      就職して働いていても、
      僕は「正解だったぜ!」
      とか言ってそうです笑。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!