「お、おうさま…」

世界一周160日目(12/5)

 

っしゃらっ!

今日で東南アジアをぐるぐるまわる
旅もおしまいだ。

ロシア、モンゴル、中国を第一部とし、

ベトナム、カンボジア、
ラオス、タイ、ミャンマーを第二部とするなら、

ここから
「インド、ネパール編/第三部」
が始まるわけだ。

この区切り方、
ヤバい…

 

『もうこれは、
「清水陽介」という旅人の
旅路を綴ったロードムービー
だよぉぉおぉぉお!!!』

IMG_7410

 

 

 

 

…と
一人で興奮している
次第であります。

 

 

 

 

 

 

 

出発は10:55PM。

まだまだ時間がある。

 

僕はブログの編集や下書きをして
同じ宿の日本人の方々と
お喋りをしながらして時間を過ごした。

 

今日はタイの王様の誕生日。

ネットのニュースを見たところ
この日は一日国民が
王様の誕生日を祝うそうだから
デモも沈静化するようだ。

これなら空港まで
スムーズに行けるだろう。

それにしても
デモメシに今日もありつけたのは
意外だったなぁ…

IMG_7400 IMG_7385

 

 

「で、何時に出るの?」

「3時には出ようかなと思います」

「えっ!?それ早すぎない?」

「いやぁ、空港で遊ぼうかなと。
カフェでWi-Fi使ってネットしたりしますよ」

IMG_7411

 

 

なんて会話をして
フロントに置かせてもらった
バックパックを担いで宿を出たのは
4時前だった。

ここから安く空港を目指すため
「59」番のバスに乗らなくてはならない。

デモが落ち着いたからと言っても
大通りは車が通れるようにはなっていない。

バスはちゃんとやってくるのだろうか?

 

 

 

 

 

バス停で待っていても
59番のバスはなかなか現れなかった。

IMG_7416

 

近くの服屋のおばちゃんは
僕がiPhoneの手描きアプリに書いた
「59」を見て
「ここに来るから大丈夫!」
と言ったけど、

IMG_7418

 

 

さっきから目の前を通り過ぎて行くのは
全く違う番号のバスのみ。

IMG_7412

 

 

頻繁にやって来る12番のバスに乗れば
行けないこともないのだが、
乗り換えをしなくちゃならない。

お金を節約したいのもあるし
乗り換えもめんどくさい。

なにより僕には時間がある。

 

 

 

おばちゃんの言うことが
信じられなかった僕は
側で待っていた人にも訊いてみた。

二重、三重チェックは大事だ。

彼らは知ってそうな他の人に
確認しに行ってくれた。

どうやら59番はここへやってくるそうだ。

 

「まだかぁ…?
まだかぁ…?」

だんだんとソワソワする。
40分以上待ってもバスはやって来ない。

にしてもなんで59番だけ!

 

 

一時間後、
ようやくやって来たバスに
僕は飛び乗った。

この時も
このバスが空港に行くのか
ちゃんと確認しておいた。

IMG_7420

ふう。
これで空港に行ける。

 

 

 

 

 

 

 

だが、
ようやく来たバスは
ちっとも進まない。

「ジリジリジリジリ」
ほんの少しずつしか進まないバス。

アイドリングストップなんて
ここでは通用しない。

排気ガスなんて常時出ているし、
どこもかしこも車だらけ。

車が都市に集中してしまうことも
問題なんだなぁ…

 

なぜか途中で59番から別の59番へ
乗り換えさせられて、
バックパックを席に立てかけると
僕は窓の外を眺めた。

IMG_7432

 

 

『あれ?昨日より
人が増えてないか?』

 

 

 

….

IMG_7434

 

増えてるっ!

 

 

 

 

わらわらわらわらわら
蟻の大群を見ているように
黄色いTシャツを着たタイの人々が
車道もおかまいなしに
途切れることなく渡って行く。

バスはほんとうに
少しずつしか進まない。

 

だ、大丈夫だ!

僕には時間があるんだから…!!!

 

焦る気持ちを紛らわせるために
前にいるベビーカーの女のコに向かって
変な顔をして笑わせていたんだけどー…

IMG_7429

 

 

『あれ?
ここって?』

 

 

乗り場から一時間かけて
ぐるっとまわって来た場所は
まさにデモの中心地。

てかこの場所まで
宿から15分もかからない。

前に座っていたベビーカーの家族は
途中でバスを降りた。

 

 

「15kmだったら
歩いて行けば5、6時間で
着くんじゃない?」

「はっはっは!
バックパックを背負って
そこまで歩かないっすよ!」

なんて宿の方々と冗談を言っていたが、
マジで歩いて行った方がよかったかもしれない。

 

 

 

 

 

なぜか群衆のど真ん中を
突き抜けようとするバス。

IMG_7433

おかまいなしのタイ人。
渋滞なんて気にしない。

今日は王様の誕生日なんだから
こんなところを通る車が悪いんでしょう?

と車の間を縫うように行き来する。

 

 

誰か!!!
いいかげん
交通整理してくれぇぇえええ!!!

王様の誕生日を祝うのと、
交通が麻痺するのは
違うだろぉぉおおお!!!

 

 

おうさま…

この国ではたくさんの人が
あなたの誕生日を祝っています。

IMG_7409

 

 

ですがー、

僕はー、

あなたのことが
好きになれそうも
ありません
(←逆恨み)。

 

 

 

群衆のまっただ中で
バスが立ち往生していると、
ようやく誰かがフエを鳴らして
交通整理が始めた。

それでもスムーズには進まない。

 

時計を見ると19時前。

バスを待って1時間、
バスに乗って約2時間。

進んだ距離は宿から
徒歩15分の距離。

フライトの時刻は22:55だが、
チェックインは2時間前にしなくてはならない。
リミットは8時55分。

残り2時間。

 

 

 

 

こ、このまま
バスに乗って空港まで辿り着けるのか?

もし間に合わなかったとしても
この状況を考慮してくれるのか?

そういや、
ナオト・インティライミが世界一周にでかける時、
調子のって15分前に行ったら
搭乗拒否されたんだっけ?

 

僕と一緒に乗っていたタイ人は

「This is Thailand!」とか

たぶん、
2時間で着くわよ」
とか

すげえ曖昧なことを言ってくる。

 

 

 

 

 

 

「すいません!
ここで降ります!」

 

お金のことよりも
リスクのことを考えた。

マップアプリを見て
とるべきルートを決め、
可能な限り早歩きで近くの
駅へと向かった。

 

歩き出してみると分かる。
意外と駅が遠い。

時間は僕の気持ちなんて
全く無視してコチコチ進んで行く。

ヤヴァイ…

 

車だらけの道路。

その脇に一台のバイタク。

 

「お〜い!
ちょっと待って〜!」

日本語でバイタクを停め、
空港までの値段を訊いた。

タイのバイタクやタクシーは
しょっちゅうツーリストを騙して来るから
僕は一回も使わなかったが
まさか最後の最後にお世話になるとは…

頼むからボってくるなよ…。

 

「ドンムアン空港までいくら?」

「180バーツ」

「お願いします!(即答)」

 

バイタクは車の間を
すり抜けて走り出した。

渋滞を抜けると
アホみたいに快調に走る。

ひゃほぉおおおぉぉぉいっっっ!!!

 

 

 

 

 

「ドルン…」

なんの前触れもなく停まるバイタク。

えっ?
空港ってもっと先でしょ?

目の前には
スカイラインの入り口。

「エアポート!」
狡猾なドライバーが言う。

 

ははは。
わかったよ。
電車で行けと。

 

てか、スカイラインって
空港まで走ってたっけ?

近くにいた歩行者に
空港まで行くかと尋ねると
「Yes」との返答をもらったので
僕はファッ◯ンドライバーにお金を払って
階段を駆け上がった。

現在7時20分。

 

 

 

 

「空港まで行きたいんですけど!」

「じゃあモーチットまで行って
そこからタクシーだね」

結局そうなるかぁ…

僕はウィークエンドマーケットがあった
モーチットまで34バーツ払って
カード型の切符を買った。

 

スカイラインは渋滞なんて関係ない。

下を走る車もここまで来ると
いつもと変わりなく走っていた。

問題はさっきのバスで
ここまで来るのにどれだけ時間がかかったか
ってことだ。

大丈夫。
僕の選択は間違ってない。

IMG_7436

 

終点のモーチットまで行き、
僕は再び係員に空港までの行き方を尋ねた。

「左に降りていって、
「A1」のバスに乗ればいいよ」

なに!バス!
これで交通費を抑えられるぞ!

 

バス停には何人かの人が待っていた。

僕はチェックにチェックを重ねた。

本当にここに来るバスで
空港までいけるのか?

現在7時35分。

 

「29番のバスでも空港に行けるわよ」
尋ねたおばちゃんは教えてくれた。

これでバスをゲットできる可能性が上がったぞ!

 

「だけど、
30分に一本ってところね」

ぐっ…

 

搭乗手続きなんかの時間を考えると
いつ来るか分からないバスを待っているのは
リスキーだ。

忘れてはならないのは今日が
王様の誕生日だってこと。

もしかしたらバスは遅れるかもしれない。

 

「タクシーだと空港まで
いくらくらいですか?」

「100バーツくらいじゃない?」

「タクシー!!!」

 

「ちょっと値段の確認
してもらってもいいですか?」

僕はおばちゃんに捕まえたタクシーまで
ついてきてもらい、
値段のチェックをしてもらった。

現地の人を通せばボられることもあるまい!

 

「これはメーターみたいね」

うぬ…どっちの方が安いんだ?

だが、そんなこと考えている余裕はない!
僕はタクシーに乗り込んだ。

IMG_7437

 

 

快調に飛ばすタクシー。

「空港まで20分ってとこかな」

なんとか間に合いそうだ。

 

「ハイウェイ通ると60バーツだけど…」

「ハイウェイじゃない方で!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8時15分。
タクシーはドンムアン空港に到着した。

IMG_7438 IMG_7439

 

 

僕はドライバーにお礼を言い、
ちょっと奮発してオレオを買って
糖分を摂取した後、

IMG_7451

 
手にはプリントアウトした航空券を持って
バックパック預けるカウンターへ向かう。

IMG_7442IMG_7444

この日のために買った
30キロ分の受託荷物申告。5000円。

 

そして、Penny Boardやギターをひとつにまとめた
フライト使用にカスタマイズした僕のバックパックの
重さはー…

IMG_7447

 

 

「27.4キロ」

IMG_7446

よしっ!

 

ありがとう!お姉さん!

IMG_7448

 

出発の何時間も前に来て
時間をつぶそうとした空港は
特に見るべき物はなかった。

IMG_7458

 

 

水やコーヒーの価格は2倍になり、
Wi-Fiが無料で使えるくらい。

作業をするのにぴったりな感じはしなかった。

時間配分的にはちょうどよかったのかもな。

IMG_7466

 

搭乗時間になり、僕は
エア・アジアの飛行機にのりこんだ。

IMG_7461IMG_7478

 

 

行き先はインド、コルカタ
チャンドラボース空港。

 

 

3年前に訪れた
「始まりの地」へ。

IMG_7484

——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

マジでヒヤヒヤしました。

デモよか王様の誕生日の方が
盛り上がるなんて。

もっと粛々に祝えないですかね!

楽しいのもいいですが、
今回は勘弁してくれと思わずには
いられませんでした。

ただいまインド!

メシ安い!

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!