「Luba」

世界一周9日目(7月7日)

 

15時
ビタリィに原稿を渡して、
僕は暇を持て余した。

IMG_5129

 

ウランウデ行きの列車は
深夜12時にハバロフスクを出発する。

 

23時にビタリィがホステルまで
迎えに来てくれる。

それまで何をしよう?

IMG_5124

 

 

 

「クァバス」

というパンを発行させた、
ちょっとビールに似た酸っぱさの
ジュースがある。

屋台で12ルーブル(36yen)の
クァバスを飲んでいると、
日本語に達者なロシア人に出会った。

 

グシャ。

IMG_5170

 

システムアドミニストレーター(ってなんすか?)
の仕事に就く、ハバロフスク在住。
アニメ好き。

大学で2年日本語を習っただけだっていうのに、
日本人の僕が何の違和感もなく喋れちゃうんだ。

 

「なんでそんなに日本語が上手なの?」

って訊いたら

 

「アニメとかが好きで
自然に覚えちゃったんです」

だって!

 

「浪人」

とかいうワードも
アニメから覚えたってんだからすごいよ!

 

 

 

それと、
クァヴァス屋の女のコも話に加わって来て、

IMG_5157

 

「日本のアニメが大好きなの!」

とのこと。

 

日本のアニメ/漫画文化の
支持率にはほんとに驚かされるよ。

 

Lubaちゃん14歳。
昨日が誕生日だったんだって!
ロックテイストのファッション。

 

日本のアニメ
(時々アニメも漫画も一緒くたで「アニメ」って言う)
の話で盛り上がった。

気分の乗ってきた僕は
おもむろにギターを取り出す。

 

 

路上ライブだ。

 

 

グシャとLubaちゃんが見ててくれるんだ。

心強い。

だって既にオーディエンスがいるんだもの。
別に稼ぐつもりは全くなかった。

 

選曲はELLEGARDENの「風の日」と
奥田民生の「さすらい」。

 

ハバロフスクの空気を胸一杯吸い込んで唄う。

 

 

 

 

ものの数分で
クァヴァスのおつりがだろうか?

コインが「ジャラ」っと入った。

 

 

え”っ!?
ロシアでやった人生初の路上ライブで
お金がもらえた!!!

壊れて、ガムテープで修繕した、
音のひずむこのギターでだよ!

 

ハバロフスクの人たちはなんて粋なんだ!

ハニカミながらも「スパシーバ」とつぶやき、
唄い続ける僕。

時々、
CARAVANを唄うんだけど、
交通量の多いハバロフスクの路上では、
CARAVANの曲は響かなかった。

 

 

 

 

唄いだすこと十数分。

 

「日本語少シ話セマス」

 

今度は日本語が少し話せる奥さんと
おっちゃんが声をかけてきた。

 

「もっと日本語の曲を歌えや!」

 

そんな感じで僕の目の前にどんと構える。

唄ってやろうじゃないのさ!

エルレの「風の日」を
おっちゃんの目の前で唄った。

 

 

「パサッ…」

 

 

パサッ?

見るとギターケースの中に1,000ルーブルが入っていた。

IMG_5159

 

「す、す、すうすすす
すぱしぃ~~ばっっっ!!!」

 

ほんと信じられない!
おっちゃん気前良過ぎ!!

 

ここで欲張ってライブを続けて、
警察に怒られるのも嫌だったので
切り上げることに。

IMG_5160

 

 

 

でも、やっぱり
このお金は
自分で稼いだ気がしないんだ。

グシャやLubaが僕のことを
見ていてくれたからだよ。
そんな気がした。

 

 

ここで僕は
ひとつのアイデア
を思いついた。

 

Luba、
昨日が誕生日
って言ってたよね?

この稼いだお金で誕生日プレゼントを買おう!

 

「プレゼント何がいい?」

 

って訊いても、

 

「え~!別に
な、なにもいらないよっ!」

 

って遠慮するLuba。

 

何言ってんの?
別に高いもの買うわけじゃないし、
良い事はみんなでシェアしたほうがいいじゃん?

 

「ちょっと待ってな!
なんかプレゼントしてやっから!」

 

的な気前の良いあんちゃん気取りで、
グシャとハバロフスクの街の
ショッピングストリートに繰り出した。

IMG_5164

 

 

 

 

 

でも、
二人はここで

大きな過ち

を犯していた。

 

 

おれたち、
女のコにプレゼントしたことない!

いや、シミはありますよ!
けど、雑貨とかそういうもんだし、
ここはロシアのハバロフスクだし、
グシャはちょぴっとオタクだし…

 

服は好みもサイズもわからないし、
アクセサリーはセンスが問われるし、

 

僕とグシャは
2時間
ハバロフスクの街をさまよった…

IMG_5166 IMG_5174

 

 

途中、
僕と同じホステルのCindy
ばったり出会い、

IMG_5173

『これは最高の
仲間が加わったぞ!』

 

って彼女に

「なんかいいプレゼントないかなぁ?」

って訊いたら、

「ロシアチックな
アクセサリーとかいいんじゃない」

 

 

ちょっと待ってCindyちゃん、
それは自分の国の友達への
プレゼントだったらいいけど
(ちゃんとロシア人でクァヴァス屋で
昨日が誕生日だっていうLubaの説明もした上での回答でした…)

ここはロシアだぜ?

 

かなり高度なセンスが問われるし、

プレゼント内容によっては
「ダサい」
に針が振れる可能性の方が高いよ?

 

「Cindy、
もし今日他になにか予定があるなら
気にしないで行っていいからね」

って言ったら。

 

「See you again!」

 

だって!

ちくしょう!
見切りをつけられた!

 

 

 

 

「あのぉ、シミさん、
そろそろお店閉まりますよ…」

グシャが疲れた声でそういった。

 

えっ!

 

ロシアのアパレルショップの大半は
平日は20時、日曜日は19時に閉まるのだ。

 

僕たちは途方にくれた。

 

残された手段は、
20ルーブルのパンの中に
1,000ルーブルを挟んだ
リーサルウェポン的サプライズ
しかないのかぁっ!
(Cindyは「ロマンチック!」とか言ってました。そうか…?)

間違って1,000ルーブル札ごと
喰っちゃったらどうしよう?

 

 

 

「もしかしたら
いいストラップとかあるいかもしれません」

そう言ってグシャは
24時までオープンの電化製品のお店に入った。

 

うーん…微妙じゃないか?

 

「イヤホンとかいいかもしれませんよ。
でもなぁ、ロシアとかのは性能が良くないからなぁ…

すいません、
Sonyの白いイヤホンってありますか?」

 

おいおいグシャ、
それは君の好きなものだろ?
この家電好きめっ!

 

と、カウンターの裏から出て来たのは
いい感じのカナル型イヤホン。

 

あっ!これいいじゃん!

「決めたよグシャ。
これでイヤホンが1,000ルーブル以下なら買う!」

 

 

 

グシャと店員がロシア語で何か言っている。

で、いくらだって?

 

 

 

「1,590ルーブルです」

 

う”っっっっ…
おれがお金を出せば買えなくもない….

 

 

その時僕らはもう
完璧に退けないところまで来ていた。

 

 

「オーケー。
おれが500ルーブル払うよ」

 

旅人には手痛い出費だが。
もうなんの勝負だかわかんないけど、
退けなかった。

 

「じゃあ僕も250ルーブル出します」

「えっ!グシャ、
おれが勝手につき合わせたんだし、
出さなくっていいよ!」

 

「昨日給料日だったので、大丈夫です」

 

ってグシャ…なんていいヤツなんだ。

 

 

Lubaのいるクァヴァス屋に戻ると、
彼女の同級生たちが立ち寄っていた。

 

「はっぴば~すで~
とぅ~ゆ~!!!」

 

アホみたいにテンション上げて
周りを巻き込む。

 

同級生あ然…

 

 

「これ、誕生日プレゼント。
日本製だぜ?大事にしろよな!」

っていったら

「せんきゅぅ~~~~~っっっ!!!」

ってLubaが抱きついてきた。

 

そうだよ。これが欲しかったんだよ。

IMG_5176IMG_5177IMG_5158

 

日本では
笑顔や愛想までも要求されるサービス。
ありふれたものだと思っていたけど、
ここロシアに来てからは違った。

ロシアのことばを喋れない僕に、
ロシア人は時として冷たかった。

 

だからこそ、
Lubaが笑顔でクァバスを売ってくれた時、
僕は嬉しかったんだ。

だから、
お返しに君のことを喜ばせたかったんだ。

 

 

“I want to share happiness”

 

 

今日の経験はお金じゃ買えないよ。
そうだろグシャ?

 

プレゼントを渡した後は、屋台の近くで
僕らは笑い、唄って、話をした。

 

20時になるとみんな店終いをし始め、
僕くは彼女たちに別れを告げた。

ーーーーーーーーーーーーーーー
って、今日の漫画みたいな体験を
今日中に文章にしないと
色あせてしまう気がして、
今ウランウデ行きの列車の中から
テトリスみたいなかっこでこれを書いています。

バックパックがでか過ぎて、
寝台に横になれないよぉぉぉおお!!!

背骨が痛い~~~!

ピップエレキバン的に「ポチ」してください!
日本ブログ村のページの読み込みが終了すると
僕にポイントが入る仕組みです。
世界一周ブログランキングに参戦してます。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>