「雑貨天国と食欲という小鬼」

世界一周116日目(10/21)

 

野宿した
ルアンプラバンのバスターミナルは
思いのほか快適だった。

朝6時には
職員さんたちや車のエンジン音で
起きざる得なかったが、

『しっかり寝れたな』
という感じがあった。

途中、上の階にあるレストランの
従業員が下に駆け下りて行く音に
ビクッと反応してしまう
シチュエーションもあったのだけど…

 

 

 

改めて自分の寝てみたところを見ると
野宿をするには恵まれた環境だったことが
改めて分かった。

IMG_3249

 

 

ベッドの代わりのベンチがあるし、

そのベンチにバックパックを
盗まれないようにダイヤル錠で
くくりつけることができた。

サブバッグとサンダルも
盗まれないように足の下に敷き、

枕はパタゴニアのアウターが
丁度よかった。

 

どんな宿にも枕があって
寝ることが自然のように思えるけど、

自分で寝床を作ってみて思うのは
枕ってけっこう重要
だってこと。

 

 

サブバッグを枕代わりにすると
中の一眼レフなんかがゴツゴツ当たって
良いポジションに頭を置かないと
とてもじゃないが眠れない。
(もちろんバッグの形が整わない場合もある)

 

バスや列車の移動で時々使う
無印良品の首枕(空気を入れるタイプ)
平面で枕にした場合、安定しない。

首枕の形状じゃ寝返りも打てないし、
平面で寝るにはむかない。

 

 

やっぱり枕には

安定性とフィット感

がないとね!

 

衣類を重ねたり丸めたりして
即席の枕を作るのが一番いいのかな
とそんなことを考えた。

 

誰かと「枕談義」したい気分だよ。

野宿をしている旅人は
どんな枕を使っているんだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッキングを済ませて
タバコを一本吹かすと

僕はバックパックを背負い
前にサブバッグをかけ
ルアンプラバンの町に出た。

IMG_3250

 

 

マップアプリによると
この町にはそうとうな数の
ゲストハウスがあるみたいだ。

これなら安宿を探すのも
難しくないだろう。

 

友達はルアンプラバンの
過ごしやすさを教えてくれた。

 

「何もないのが良い!」

 

きっとのんびりしたところで
過ごしやすい町なんだろうな♪

 

期待に胸を膨らませて
宿の密集する通りに向かった。

IMG_3253

 

 

だが、
そんなに甘くないのが旅だ。

 

 

 

僕がルアンプラバンに抱いた感想は

 
「高い」

 

 

の一言に尽きる。

 

宿の料金が今まで泊まってい金額から
2倍以上に跳ね上がるなんてザラだし、

言うまでもなく
大半の食事は10,000KIP(120yen)以上

バイクのレンタルなんて
一日からのレンタルしかできず、
千円を越えてしまう。

 

同じラオス内なのに
どうしてここまで
値段が変わってしまうのか

その急激な変化に
僕は戸惑いを隠せない。

 

 

 

バンビエンにあった
35,000KIPの

Central Backpackers

と同じ名前の宿があったが、
バックパッカーとは名ばかりの
料金設定だった。

 

 

だけど僕はどんな町にも
安宿があることを信じたい。

Central Backpackerのに泊まっていた
鼻ピアスのおねーやんの

 

「30,000の宿なら
この向こうの通りにあったわよ」

 

の一言を頼りに
僕が行き着いた宿。

 

 

 

LEMON LAOS BACKPACKER

IMG_3259IMG_3257IMG_3256

 

 

ドミトリーで30,000KIP。

この宿を見つけたとき、
僕は思わずガッツポーズをした。

 

随分と年期の入った宿らしく
(なんと1936年からある建物らしい!)
宿も綺麗とは言いがたいが、

IMG_3255

 

 

スタッフさんたちの雰囲気は
とても温かく、

居心地の良さを感じた。

IMG_3258

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この町を
歩いてみると、

ルアンプラバンを訪れた人たちが
この町を好きになる気持ちが
少し分かったような気がした。

 

観光地化されているのだが、

IMG_3267 IMG_3277 IMG_3290

でも、このやる気のない像を拝むために
20,000KIPも入場料払わされたのはしゃくだなぁ…

IMG_3282

 

 
そこまでやかましくなく、

IMG_3298

 

ちょっとこぎれいな建物や、

IMG_3297IMG_3331

 

思わず入っていきたくなる路地がある。

IMG_3335 IMG_3333

違うか笑。

 

 

 

 

それに
お土産やさんも充実している。

IMG_3327

 

 

「旅する雑貨屋さん」企画

にぴったしの雑貨を仕入れた僕は
満足でその日を終えようとしていた。

IMG_3324

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿に戻り、
僕がブログを書いていると
フランス人の女性が話しかけてきた。

 

「あれ?
誰もいないのね。
あなたは外に行かないの?」

 

「えっ?
外で何かやってるの?
昨日はお祭りだったのは
知ってるけど。」

 

「やってるもなにも
いつもお祭り
みたいになってるわよ」

 

 

まあ、これも何かの機会だと、
夜のルアンプラバンに出た僕は

IMG_3381
衝撃を受けた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざ、雑貨天国だ…!!!

IMG_3366IMG_3364IMG_3359IMG_3374

 

 

昼間は車やバイクが通っていた
メインの通りは

露店がずらっと並ぶ
マーケットになっていた。

夜のルアンプラバンは
観光客で賑わっている。

 

のど自慢なのか?
カラオケ的なことも行われていた。

IMG_3349

 

そしてショックだったのが
仕入れた雑貨が

大量に!

しかも安く!
つってもせいぜい50〜60円なんだけど

売られていることだった。

 

 

な、なんだったんだ。
あんなに値下げ交渉したのは…。

 

 

打ち拉がれた僕は
雑貨を買わずに眺めたあと、

食(しょく)に走った。

 

いつもなら絶対買わない
10,000KIP(120yen)のバゲットを喰らい、

餅米が食べたくて入った路地裏で見つけた

「10,000KIP、ワンプレート盛り放題」

IMG_3376

 

 

につられて
プレートに何種類もの炭水化物を盛り、

IMG_3377

ご覧の通り
ぺろりんちょ。

IMG_3378

 

 

 

『はぁ…
なにやってるんだおれは…』

IMG_3380

 

アホ面なのはいつものことだが、
「食い過ぎ」を突きつける
自分の写真に思わずギクリとした。

丸顔なのは母親似だが…

太れば母親の輪郭に似てくるだなんて….。

 

 

 

 

仕入れにも負け、

節約すると言った自分にも負けた。

自己嫌悪だよ。まったく…。

IMG_3308

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

どうかそんな僕に喝を入れて下さい!

「かぁあああああ〜〜〜〜つ!!!」

ってな感じでいつものように
ポチよろしくお願いします笑。

 

えっ?
お前みたいな自分をコントロールできないヤツに
くれてやるポチはないって?

まったく…

なんなんすかね?

腹減ってないのに喰ってしまうのは。

 

「おれの胃袋宇宙だ!」

ついでにカロリーもどっか行ってしまえ!

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!