「ばあちゃんち」

世界一周19日目(7/17)

 

目覚めると
トラックは走り出していた。

IMG_5805 IMG_5807

 

 

今日引き続きも見渡す限り草原だ。

ダランザドガドの町に近づくと荒れ地となり、
景色も寂しいものとなった。

 

 

トラックは途中、
ひとつのゲルに立ち寄った。

IMG_5874

 

おっちゃんたちの家なのだろうか?

 

一面ヤギのフンが散乱し、
古びたバンが一台。
ソーラーパネルはバッテリーに繋がっていた。

 

 

 

中に入ると、
自分の想像した通りのゲルが
僕を待っていた。

IMG_5884

それでも、
Googleで得た画像と
自分の目で見たリアルとでは
全く異なることは言うまでもない。

 

 

若干薄暗い室内に、
扉から漏れる風の音。
独特の香り。

IMG_5878

 

そして、
遊牧民が何世代に渡って
築き上げてきた生活スタイルから
感じ取れる触感。

 

自分の五感をフルに活用して
得たからこそ、重みを感じる。

 

 

クッキー
ミルクティーをいただいて休憩だ。

 

それにしても、
なんでモンゴル人は
ミルクティーが好きなんだろう?

ヤギの乳からできたチーズもいただいたが、
酸味が強く、食べるのに苦労した。

 

 

 

荒野を風が吹き抜ける。

僕はゲルの裏手にある
小高い丘に登った。

IMG_5895

 

見渡すとどこまでも大地が続き、
自分がちっぽけに思えた。

IMG_5896

 

この国を支配しようとした、
チンギス・ハンたちは
すごいことを考えたんだな。

2013年の今となっても、
どこからどこまでがモンゴルなのか分からないよ。

 

この広大な大地を
自分のものと考えた彼らは
一体何を考えていたのだろうか?

 

 

 

 

少しすると、
別のモンゴル人の夫婦がやってきた。
おばちゃんは写真を撮ることを
受諾してくれたが、

おっちゃんは手を制して

「ノー」サイン

を作った。
ロシアでもそうだったが、
写真に写ることを嫌う人もいる。

 

 

 

 

休憩を終えると、
僕たちはおばちゃんを乗せ、
4人になって出発した。

アシスタントのおっちゃんが言うには
もうそろそろダランザドガドの町に着くそうだ。

 

荒野を抜け再び草原に入ると、
ゲルや馬やラクダの群れが
目に入るようになった。

そして、
ようやくダランザドガドの町が見えてきた。

 

 

 

ん…

ラクダ!?

IMG_5856

ゴビ砂漠に近い町だ。
なんだか説得力あるぞ!

 

 

 

トラックは
ガスステーションに到着し、
(アルタはそう言ってたけど、ガソリンスタンドだね)
僕はおっちゃんのケータイを借りて
アルタに電話をかけた。

彼の息子と母親がこの町に住んでいるのだ。

 

 

アルタの息子、ドルジャ
すぐにタクシーで迎えに来てくれた。

IMG_5912

 

彼と一緒にアルタの母親のゲルまで向かった。

 

 

そうなのだ。

ツアーに申し込まなければ
叶うはずないと思っていた、
ゲルへのホームステイだ!

 

一晩10,000トゥグリル(700yen)で
朝食、夕食つきのハッピープライス。

 

 

ちょっと耳の遠いばあちゃんが
僕を迎えてくれた。

IMG_5965

 

今日から2日間、ここに寝泊まりさせてもらう。

 

 

荷物を置くと
ドルジャとダランザドガドの町を歩いた。

IMG_5903

 

彼はUBの大学を今年卒業し、
2週間前に生まれ故郷のこの町に
戻ってきたそうだ。

拙い英語で会話を楽しむ。

 

 

「ねえ、ドルジャの夢ってなんだい?
おれは漫画家になることなんだ」

 

「う~ん…
おれは…

インドに
行くこと
かな?」

 

 

うおいっ!
インド!

 

ちょっと、
ナイスな夢持ってんじゃないかよ!

 

 

 

ただ、僕は彼に

 

「気をつけろよ…(笑)」

 

としか言えなかった。
僕は3年前にインドに行ったけどさ、
面白くないじゃん。

どんなことが彼を待ち受けてるのか
ネタバラししっちゃたらさ。
彼がインドを嫌いにならないことを祈るよ(笑)

 

 

先日のナーザム祭が終わったからなのだろうか?
ダランザドガドの町はちょっと寂しい印象を受けた。

IMG_5913

 

ゴビ砂漠に近い町だけあって、
ホテルの数はそこそこだった。
試しに安そうなホテルで値段を聞いてみたら
一泊30,000トゥグリル(2,100yen)。

う~ん…モンゴルにしてはちょっと高いな。

 

 

それに、Wi-Fiの状況が絶望的に遅い。

IMG_5925

 

時々フリーのWi-Fiをキャッチするのだが、
日本のサイトに繋ごうとすると、全くダメだ。

しかたない。ブログは書き溜めて、

Wi-Fi天国でアップすることにしよう。

 

 

 

ドルジャと町を回って、彼は自分の家へ。
僕はばあちゃんの家へ帰ることになった。

19時でもまだ明るい。

 

僕はGoogleマップに
ピンを落としておいたので、
それを頼りにばあちゃんちに戻った。

 

 

が、

見つからない!

IMG_5938

 

ばあちゃんちの近くには
似た様なゲルがいっぱいあるのだ!

 

それにこの時間になってくると
途端に犬が吠えだす。

何回も通りを間違えた。

IMG_5941

 

僕はここを出るまえに、
目印の石を2つ戸口に置いておいた。
それを見つけて僕はようやく
ばあちゃん家に辿り着いたのだ。

 

 

今日の夕食はばあちゃん手作りの
ボーズうどん。
美味しかった。

IMG_5943 IMG_5945

 

休める場所があることの大切さ。
ばあちゃんの温かさ。

IMG_5956

——————————
世界一周ブログランキングに参戦しております。

人と人との出会いの重なりが
時として自分の考えていなかったような
素敵な出来事を呼び起こすんですね。

やっぱばあちゃんっていいね。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

2 件のコメント

  • シミさん生きてた\(^o^)/←
    人との巡り合わせってすごいですね、感動しました!
    ゲルってあんなに密集して建ってるんですね、勉強になります。
    そして何より

    ラクダカワイイ

    • >ハムさん
      生きてますよ〜!

      ゲルって草原だけに建ってるんじゃないんですね。
      おれも行ってみて初めて知りました。
      たぶん建設費用とか安いんだろうなぁ。
      みんな似た様なのばっかでマジで迷いました!

      今はゲストハウスのWi-Fiを満喫してます。
      インターネットにつなげるありがたさかな?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!