「モンゴリアンマネー」

世界一周20日目(7/18)

 

風呂なし生活
日目。

トラックでの移動や、
今日が雨だったこともあり、

汗もかかず、体の臭いは気にならないけど、
髪がパッサパサです。

IMG_5968

 

モンゴルのみんなは
お風呂とかどうしてるんだろうね?

ばあちゃんちには溜め起きの水があって、
必要な分をそこからすくって使います。

 

ボットン便所にもトライしました。
なんだか動物園の臭いがしました。

日本ではウォシュレットがないとダメだった僕は、
今度は携帯ウォシュレットに乗り換えました。

これとトイレットパーパーさえあれば、
星空を見上げながらうんちもできるでしょう。

 

 

 

6時
目覚めるつもりだったが、

朝の冷え込みに堪え兼ねて、
再びベッドに戻った。

IMG_5940

 

9時になると雨音が聞こえた。雨か…

 

 

明日はアルタがおススメする
ゴビ3大スポットに出発するのだ。

だからお金をおろさなくっちゃ。
それにホテルでシャワーだけ使わせてもらえないか
頼んでみよう。

 

 

ばあちゃんに
パンとミルクティーをいただいて、
僕はPatagoniaのアウターを着込んで外に出た。

 

犬が

わざわざ通りまで出てきて
僕に吠えてくる。

くっそ、
モンゴルに来てから犬に吠えられっぱなしだ。

 

 

とりあえず、ホテルに行って、

 

「only shower. OK? 
I pay for money.」

 

と訊くも

 

 

「No!」

 

 

の一言。

んだよ!
宿泊者も全然いないんだから、
シャワーくらい
使わせてくれたっていいじゃないか。

 

 

 

 

 

ATM
お金をおろす時は
緊張する。

すでに1枚のクレジットカードが
ロシアのATMに食べられ、
僕に残されたのはこの一枚しかない。

 

だが、
今回も一筋縄じゃいかなかった。

何回やっても

 

「Canceled」

 

の文字が出てきてしまうのだ。

 

僕は係の人を呼んでやってみるも、
ATMは僕にお金を授けてくれなかった。

終いには係の人に

 

「違う銀行に行って
やってみてください」

 

なんて言われちゃって、
渋々隣の銀行に行った。

 

隣の銀行で事情を説明しても、
彼らはATMに行けと言う。
係の人に案内されてATMまで行った。

 

僕は夜中に一人でトイレに行けない子供の様に

「お願いだからそこで待ってて!」

と言って、
2台目のATMにもチャレンジした。

 

 

え~っと…

「PIN(暗証番号)」

「withdraw(引き出し)」

と…

 

 

おっ!
今回はおろせるぞー…

 

んっ?

「500/1,000/10,000」

しか出てこない…

 

僕はとりあえず
10,000トゥグリル(700yen)をおろして、
しばし硬直した。

 

 

 

うそ~~~~~ん…!!!!

IMG_5971

 

 

 

ロシアでも
4,000ルーブル(12,000yen)おろせたぞ!

なぜだ!
なぜおろせん!?

 

てか、ここでおろせないと
明日のツアーに行けないんだけど!

 

 

 

 

 

引き出した
お金を片手に、
僕はそのままインターネットカフェに行った。

 

カフェの受付嬢は
スチール製の定規を口にくわえてたまま
(ていうかかじってた。チョコバーをかじるみたいに)
僕のことを無言で見ていた。

 

 

「あの~…
一時間でいくらですか…?」

 

彼女は定規をくわえたまま、筆談様の手帳に

 

「1=500T」

 

と書いて僕によこした。

 

 

僕は案内されたパソコンの前に座って、
日本語入力のサイトに行き、
自分のブログをアップしようとした。

持ってきたUSBを差し込んだ。
パソコンが動かなくなった。

 

やれやれ。
僕は定規の受付嬢に訊きに行った途端、
後ろに座っていた女性が
僕の席に座った。

 

 

!!?

 

 

「あの…
ここ、僕の席なんですけど。
まだ一時間も経ってないんですよ?」

 

と英語と身振り手振りで説明するも、
彼女は

 

「へえ…それで?」

 

といった感じで
動こうとしない。

 

 

なんなんだよ!お前ら!!?

ホテルと言い、
ATMと言い、
ネットカフェと言いよぉおおおぉお!!!

 

僕は頭にきてお金も払わず
(って言っても15分も使ってなかったのです)
出てきた。

 

 

近くのパン屋で650トゥグリル(45yen)の
大きなパンを買って帰路についた。

 

 

 

ばあちゃんち
帰って手帳とにらめっこした。

IMG_5961 IMG_5963

 

日本の楽天銀行にはお金はあるが、
手持ちのお金はおよそ
280,000トゥグリル(20,000yen)…。

 

だめだ!
これじゃあツアーで
破産しちまう!

 

1キロあたり500トゥグリル(35yen)の
格安のドライバーを手配してくれたアルタ。
(一日にばあちゃんを通して何回も電話をかけてくれるのだ!優しすぎる…!!!)

でも、230キロ離れた
ホンゴリンに行った時点でアウト。

IMG_5937

 

もう考えるのも、
ブログを書くのも、
漫画を書くのも嫌になって
ふて寝した。

 

昼寝から起きると
アルタから電話がかかってきた。

ばあちゃんが僕によこす。

 

 

僕は現在の財政状況を
アルタに正直に話した。

 

「じゃあしょうがないわね。
近場のヨヒアンだけにしましょう」

 

彼女はそう言って一泊二日、
140,000トゥグリルのツアーを組んでくれた。
彼女には感謝してもしきれないや。

 

 

 

ロシアで出会った
アスカさんは言った。

 

海外を旅するのには必要最低限の手持ちと、
クレジットによる払い分けが大切

 

と。

でも、クレジットカードの使えないこの町で、
まとまったお金が必要な僕は
一体どうしたらいいのだろうか?

 

日本での引き下ろし限度額は
十分にあったと思います(確かめてないんだけどさ..)

 

 

だけどね、みんな。
海外のATMには

 

「一日の引き下ろし限度額」

 

っていうファッキンなルールが
設定されているのさ!
知らなかった~~~!!!

IMG_5969

 

他の旅人たちが、
マスターやビザやシティバンク、デビットカードって
複数枚カードを作る理由今わかった~~!!!

いや!でも!!
おれ、そん時フリーターで毎日バイトで…

って言い訳してる場合じゃねえ!
ヤヴァイ!マジでヤヴァイ!
いや、お金はあるんだけどさ、
日本円で3万円分くらいは持ってたいじゃない?
でも、一度におろせないのさ。

 

ほんと…どーしよう。

 

——————————–
世界一周ブログランキングに参加しております。

この次の日別の会社のATMで試したら
10万トゥグリル+他の会社で8万おろせました。

一体どーなってんだ!?

 

旅人の皆さんの手持ちってどーなってんでしょ?
誰か教えてください。
というより、貧乏バックパッカーはツアーとか
行っちゃダメなんでしょうか…

 

にほんブログ村のページを最後まで読み込むと
僕にポイントが入るみたいです。
ポイントが溜まったところで
僕のお金は増えないんですけどね…はは。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です