「その日僕はー…」

世界一周12日目(7/10)

 

僕は
ギターだけを持って
ホステルを飛び出した。

 

『このままじゃ退けない!』

 

 

たぶんここで退いちゃうと
今後も同じ様な言い訳を重ねて
チャンスを逃して行く事は
なんとなく分かっていた。

自分の経験則として。

 

 

いいじゃなか。怒られても。

別に命が取られるわけじゃない。

 

問題はここでやめると、
自分の中の何かが失われてしまう
ということと

自分に納得ができない

ということだった。

 

 

 

 

ウランウデの
ショッピングモール化した街の一角から、

IMG_5317

IMG_5340

IMG_5338

 

 

僕はさっき
尻尾を巻いて逃げ帰ってきたのだ。

 

 

別にストリートライブで
お金を稼ぐつもりはなかったが、

その体裁をとることで気分も変わるし、

ギターケースを目の前に広げて
CARAVANの曲を2曲唄った。

 

 

ふと目線を上げると、
警官がこちらを伺っている。

建物の窓ガラス越しに
店員が嫌悪感を露骨に顔に出して
こっちを見ている。

 

僕の本能的に思った。

 

 

 

 

 

 

『ここから
逃げないと
ヤヴァイ!!!』

 

 

 

 

 

 

 

『よぉし、
今日はもう十分に唄ったし、
帰ってメシでも喰おうかなぁ〜』

 

な余裕しゃくしゃく感
ばっちしキメ、

わざわざ遠回りをして
ホステルまで逃げ帰って来たのだ。

 

 

 

 

だが、帰って来た瞬間

自分が逃げ帰って来た事

がまざまざと感じられ、

 

妥協と葛藤をくぐり抜けて
僕はホステルを出て来たのだ。

 

 

 

 

IMG_5312

今度は
場所探しから始めた。

ベンチに座って人通りや
警官がこないかを確かめる。

 

心臓がバクバクする。

アドレナリンや脳内麻薬が
分泌されているのがわかる。

 

やっぱりやめようか…?

 

いや、
やるっきゃねえんだよ!

 

 

 

 

 

 

見つけたのは
銀行とレストランの間のスペース。

目の前には車が走っていて
音はそこまで届かないけど、

これならどちらにも迷惑はかからない。

…はず!!!

IMG_5083

 

 

 

まず最初にアップがてら、
ELLEGARDENの「風の日」を唄う。

 

待ち行く人々の目は
時として冷たいが、

中には微笑んでくれる人もいる。

 

よし、ここならいける!

 

 

 

 

 

 

 

 

いくら唄っても
警官はこなかった。

 

最後にはノリのいいあんちゃんたちと
合唱してしめくくった。

IMG_5084

 

レーニンの銅像の前でも唄った。

IMG_5360

 

CARAVANの歌の持つ旅情が
夕暮れの街に溶け込んで行く。

 

「それ、日本語の歌でしょ?
なんかいいわね♪」

 

と言っておねえさんが100ルーブルを
ギターケースに置いて
立ち去って行った。

 

 

 

この日のアガリは
182ルーブル。

IMG_5082

 

 

 

僕はプロのミュージシャンでも
音楽でメシを喰ってるわけじゃい。

本気でやってる人たちから見たら
まるでお遊びだろう。

 

けど、これは

自分自身の問題だったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホステルに戻ると

 

「どうだった?
警察に捕まらなかったか!?」

 

とスイス人の

イワン

IMG_5356

 

が声をかけてきてくれた。

 

お金がもらえたよと言うと、

 

「よし!お祝いだ!
おれがメシをおごってやるよ!」

 

と言う。

 

 

ハバロフスクで同じホステルで一緒で

深夜のウランウデの駅で
一緒に夜が明けるのを待った。

IMG_5304

 

イワンとの間に
旅の仲間意識が芽生えていた。

 

 

 

 

イワンとの食事での会話、
僕はイワンに冗談めかして言った。

IMG_5362

 

 

「そういや、おれ、
まだ海外でATM使ったことないんだよね。

ほら、

『食べられちゃった!!』

とか聞くじゃん?

 

小さい子供がクローゼットを怖がるように
今のおれはATMが怖いんだよね」

 

 

「何言ってんだよ?
ATMなんて超簡単だよ!

よし、これから一緒に行って
お金をおろしてみようじゃないか!」

IMG_5363

 

こういう時に
仲間がいると頼もしい。

 

僕たちはご飯を食べた後
日の沈む前の街に繰り出した。

 

 

 

 

 

だが、
いくらやっても
お金がおろせない。

 

 

「Transaction is not completed」

 

 

という台詞が
どこのATMでやっても出てきてしまう。

 

おかしいな。

ちゃんと口座にはお金が入ってるんだけど…。

 

 

「ここで最後にしてみるよ」

と入った3カ所目のATMで試してみても
同じ文言が出てきてしまった。

 

「try again」

 

とカードが戻ってくる。

 

しかたない…
今日は時間も遅いし
明日もう一度試してみよう。

 

だが、
カードを引き抜こうとするも

カードが取り出せない!!!

 

 

外で待っていたイワンを
ジェスチャーで中に呼び寄せた瞬間ー

 

 

カードが
食べられた。

IMG_5364

 

 

 

 

 

「やべぇぇぇええええ!!!!
どーすんだよ!
やべえよ!」

 

もう英語なんて話してられない。
思わず日本語で驚愕する。

 

「落ち着け!大丈夫だ!」

 

 

イワンも動揺しつつも、
ATMの番号や、銀行の連絡先をメモする。

IMG_5365

 

ホステルに帰り
スタッフのおねえさんに
事情を説明するとすぐに電話をかけてくれた。

明日、銀行に行けば
とりあえずは対処してもらえるらしい。

 

 

 

だけど、
更なる問題が浮上した。

 

 

 

 

これ、
おれのカードじゃない。

 

 

 

 

「はっ?
なんだって?」

 

「…(首を横に振るお姉さん)」

 

 

 

 

お金の引き落とし用に
三井住友VISAカードを持っていたのだが、

それは弟に作ってもらったものだった。

 

去年フリーターで旅の資金を稼いだ僕は
社会的信用の低さから審査落ちする
リスクを減らすために

弟のタカにカードを作ってもらったのだ。

 

実際、
自分の名義じゃないクレジットカードを
使用すること自体は違法じゃないし、

とある有名なブロガーさんも
引き落とし限度額の問題に直面して
母親にカードを作ってもらった。

 

 

 

だが、
さらに悪い事には
カードにはサインが書いてなかった…

 

 

「大丈夫だ。
弟がカードを作った際に書いた
肉筆のサインがあれば
なんとかなるかもしれない!」

 

イワンのコーチングを何回も受け、

 

僕は弟にスカイプで連絡を取り
サインがあるか探してもらったのだが、

サインは見つからなかった。

 

 

そして、
調べてみると時として

他人名義のカードを海外で使用した場合
違法になる

ということが分かった。

 

 

カードがATMから出てきたとしよう。

けど、
名義が違うカードを
どうやって説明しよう?

しかもロシア語で。

 

 

 

頭が混乱を通り越して
何も考えられない無気力状態になったころ
弟からメールが届いた。

 

 

「別に陽介に落ち度はないよ。

糞詰まりをおこした
ファッ◯ンATMが悪いんだよ。

おれたちは陽介の夢を
全力でバックアップするから!」

 

 

 

 

まさか、

家族から、弟から、

こんな言葉が
かけてもらえるとは思わなかった。

 

 

そうだ。

これはおれ一人の旅じゃない。

 

 

その日のうちに自分の楽天銀行の口座に
旅の全資金を振り替えた。

 

この一枚で僕は世界と勝負する。

————————————
世界一周ブログランキングに参戦しております。

毎日が楽しい事ばかりじゃないけど
僕は色んな事を経験して
また一歩進んでいきます。

応援よろしくお願いします。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


「その日僕はー…」” への2件のコメント

  1. 旅充実していますね、色々大変な事もありますが。haha
    ギター割れた事件のあとのギターの音は大丈夫ですか?路上ライブ素敵ですね。
    でもイワンいい奴すぎる :)

    • >Shotaさん

      ほんとにイワンは「なんでこんなにいいヤツなんだ!」
      ってくらいに素敵なおっちゃんです。

      日本にも素敵な方々は沢山いますが、
      旅に出てもっともっと素敵なヤツらがいることがわかりました。
      今日でお別れだなんて寂しいぜ…

      ギターの方は大丈夫です。
      ていうか今泊まっているホステルへくる途中、
      コケて裏面も割れちゃったんですけどね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>